恋愛・結婚・家族ジャンル×ひとりごとのタグまとめ

ひとりごと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはひとりごとに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ひとりごと」タグの記事(238)

  1. 七ヶ月の - sakamichi

    七ヶ月の

    職場には赤ちゃん連れのお客様もいらっしゃいます。この日は、7か月の赤ちゃんが。しかも 2 人。お座りして一人遊びもできる。人見知りもまだない。お二人とも女の子だし、上に兄弟がいるということもあってか、ママべったりじゃなくても大丈夫。よって、おばちゃん遊び放題。これ幸い二人をじっくり観察していました。おもちゃのやり取りはできないけど、互いの持っているおもちゃが気になって仕方がない。そして、お互...

  2. 久しぶりの遠出 - sakamichi

    久しぶりの遠出

    中 3 ムスコ、受験の年。進路決定にかかわる大きな試験が終わったので、塾もしばらくお休み。ムスメたちのバレーも休みだったので、久しぶりに家族でお出かけ。出かけた先は、神奈川県立生命の星・地球博物館。わたしの好み優先(笑)博物館レポートはまた後日。今回は子どもの話で。この博物館に行きたかったのは、地学の展示が豊富だったから。地球誕生のくだりをじっくり観るつもりで、家人とは別行動を申し出る。なん...

  3. ホウレンソウ - sakamichi

    ホウレンソウ

    役員仕事、子どもの所属する団体、イベントのスタッフ仕事……、LINEでやりとりをすることが多い中、どうにも不明瞭な文章の人がいる。なにが不明瞭なのかわからないが、要点がわからなかったり、やりとりに時間がかかる。それが面倒だと思うことが度々ある。そんな中、とてもナイスな人に出会った。その人は、イベントのスタッフ仕事として関わった皮の作家さん。人づてに紹介されたこの方は、初めての出店。初めてゆえ...

  4. 迷えるご婦人 - sakamichi

    迷えるご婦人

    スーパーに買い物に行くと、話しかけられること度々。この日は、50代と思われる上品なご婦人に「練乳ってどこにあるのかしら?」と話しかけられる。製菓売り場じゃないですか、と答えると、「そうだと思ったけどなかったのよ。どこかしらね~。」とつぶやきながら去っていきました。翌日、職場のコーヒーシュガーが切れていたので買いに行ったら、あったあった、練乳が!コーヒーフレッシュと一緒に陳列してあった。そうか...

  5. 生き物の友と - sakamichi

    生き物の友と

    平日休み。生き物の友とおしゃべり会。子どものこと、役員仕事のこと、作ること。たくさんたくさんしゃべってスッキリ。今日もありがとうございました。---このところ部屋が散らかっていたので、友の来宅を口実に部屋を片付ける。お風呂も掃除した。はーすっきり。友曰く、モヤモヤするときは、以前なら買い物などでウサを晴らしていたが、このごろは部屋を片付ける方がすっきりするとのこと。出かけて、いろんな刺激を受...

  6. 胃薬を飲みました - sakamichi

    胃薬を飲みました

    韓国ドラマ見たさにU-NEXT(動画配信サービス)に加入。しかし、見たい韓国ドラマは新しいものゆえ有料。有料から無料になるタイミングも遅い。せめてテレビ放送が始まったら無料にしてほしい。そこは不満。だけど、アニメなどを一気に見れるのは嬉しい。ムスメたちは『ハイキュー』をシーズン1から。わたしもイベントが終わったごほうびとして、シーズン 3 を一気見。シーズン 3も、 はらはらドキドキの連続。...

  7. 深慮遠謀 - sakamichi

    深慮遠謀

    母であるわたしが撮るよりも、子どものが撮る方がいい表情をする。ムスメ 1 のこの表情はわたしでは撮れない。相方が撮るからこその表情。ムスメたちに一眼レフを持たせ特訓をする。最終的な目標は、ムスコを撮らせること。子どもの関係性の中で、ムスコのベストショットをガシガシ撮ってほしい。この話をFBに書いたら、言葉の魔術師である編集長曰く「深慮遠謀」ですと。至言、名言。でも残念ながらピンボケなのだよ。...

  8. 主題を追い込む - sakamichi

    主題を追い込む

    年賀状用の家族写真、11月早々に撮り終わりました。家族写真はべただけど、子どもの成長と親の老化の記録として、年賀状を口実に撮る。記録ゆえに、毎年同じ構図。以前のものと見比べるのも自分たちの楽しみの一つ。今回はムスメたちが思ってた以上に大きくなってた。そういえばこの頃は、彼女らの頭にアゴをのっけられなくなってたなぁ。来年はわたしを抜かしているかもね。毎日見ているからこそ気がつかなかい成長に改め...

  9. 集中 - the way it goes ~to a fulfilling life~

    集中

    中古で買ってきた新しい(?)おもちゃに二時間ほど夢中で遊んでいます。ほんとはこれ↓に行こうと思っていたけど、家に一回戻ったら、おもちゃで遊ぶとのことで、行けず。またやるかなー。駅までの道がやたら人が多くて何かと思って調べたらやってた。なんか周辺イベントを知らせてくれるサイトとかあればいいのになぁー。

  10. 2歳5ヶ月 - the way it goes ~to a fulfilling life~

    2歳5ヶ月

    食べたものはなんですか?→たべ#♪∂℃はなんでっか?(不正解という意味の)ブブー→ググーおかあさん→おかあしゃん(トーマスのキャラの)エミリー→エビビーたくさんしゃべれるようになってきました。昨日は「すばらしいー」と急に言いだしたり、私が一人で着替えていると、がんばれ!がんばれ!と自分も一人では着替えられないのに応援してくれたり。信号赤は止まれ!と自分で言ってちゃんと止まってくれます。大きく...

  11. 小さなガス抜き - sakamichi

    小さなガス抜き

    お仕事は楽しいけれど、日々の生活でやらなければならい雑多なことがたまっていくのが難点。時間が全くないわけではない。緊急性がある用事でもない。しかしやらなければならないということが、後回しになっていく。それならさっさと済ませればいいと思いもするが、言い訳を用意してやらない。要はやる気がないんですよ、わたし(笑)。そして、虚になれず、自ら勝手にストレスを生み出している。という日が数日続いて、少々...

  12. 珍しいことをすると - sakamichi

    珍しいことをすると

    珍しくケーキを焼く。リンゴの甘煮が入ったパウンドケーキ。珍しさゆえに雨が降るかと思ったら、雨ではなく雷。雷が落ちたではなく、落としてしまったほう。修学旅行から帰ってくるムスメたちに食べさせたくて焼いたのに、ムスメたちのお迎えから帰ってきたら、ムスコがガツガツと、しかもでっかい塊を立ち食いしていた。せっかく作ったのに……しかもお前 朝もガツガツ食べてた……塊で立ち食いなんて……それで雷を落とし...

  13. ビール代わりの炭酸水 - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    ビール代わりの炭酸水

    我が家では炭酸水を常備している。息子たちにとってはコーラやジュース代わり。夫と私にとっては、ビール代わり。夏場はこれで出来るだけビールの消費を抑えている。暑い夏、強炭酸はなかなか、いい仕事をしてくれてるのだけれども強炭酸だけに、一気に飲みきるのは難しい。しかし一人、1つのペットボトルを最後まで責任を持って炭酸が抜けきるまでに飲みきる必要がある。しかし冬場だと、減りが遅くなり、1本飲みきるのは...

  14. 会いたかった人に - sakamichi

    会いたかった人に

    ご縁つながって、お互い顔も知っていて、お互いのうわさ話を人づてで頻繁に聞くにもかかわらず、ゆっくりお話ししたことのない方が お二人。うち一人はまだ会えてもいない。そのうちの一人の方が〇曜日の夕方に、あるお店にいらっしゃるとの情報が入る。〇曜日は、いつもムスメたちのバレーがあるけど、この日は修学旅行でいなかった。しかも、お昼にちょうどその方の話がでたところ。これは今日行かないと!と思い立ち、会...

  15. 虚になる練習 - sakamichi

    虚になる練習

    仕事上、毎日多くの方とお話しします。お話しのときに気をつけているのは、自分がしゃべりすぎないこと。あくまでも主役はお客様。お客様に気持ちよくお話していただくのが私の仕事です。ゆえに、よき聴き手でありたい。よき聴き手であるためには「虚」にならなければならない。虚にはいろんな意味があるが、その中の「から」と「邪心をもたない」の意。人の話についクチを挟みたくなるのは、自分の中の経験や知識がいちいち...

  16. 選択肢 - sakamichi

    選択肢

    ムスメたちの修学旅行の週、下着が不足していることが判明。買いにいける日を考えたら、仕事から帰ってきたばかりだけど今日しかない。夕食の支度を後回しにして買いに行く。時間も限られてるから、お店の選択肢はない。一番近い「し◯むら」にかけこむ。ムスメサイズの下着はたくさんあった。たくさんあったけれど、どれも派手。黒字にピンクと銀のロゴ、ハートや適当な英語やら、なんやらかんやら。そして2枚組のものは一...

  17. 泥ダンゴ - sakamichi

    泥ダンゴ

    「お母さーーん」と玄関先でムスメ 2 が呼ぶ。「ねぇー見て」と開いた手には泥ダンゴ。小 6 ですがね(笑)畑仕事の合間に作った泥ダンゴがよい出来だったのでお母さんに見せたかったと申す。かわゆいのー。---親にできる唯一のことは、子どもの「ねぇー見て」を見てあげること。そのときに評価や批判、アドバイスはいらない。してはいけない。ただ見て、ニッコリするだけ。それだけでいいのだと思う。「ねぇー見て...

  18. 心にいつもオッサンを - sakamichi

    心にいつもオッサンを

    平日休み、手仕事持参で生き物の友とおしゃべり会。話題はあれこれ。つらつらとつらつらと話しているだけなのに、思考が整理され、言葉が凝集されていく。なんでだろね。わからん。わからんけど、その凝集過程が好き。だから彼女とのおしゃべり会は楽しい。この日の結論の一つは「心にいつもオッサンを」。人をほめるとき、ほめたにもかかわらず「そんなことないよ~」と自己卑下話が延々と連なる。これがメンドクサイという...

  19. 芸術性と職人性 - sakamichi

    芸術性と職人性

    遺言。 (新潮新書)養老 孟司/新潮社undefined「芸術におけるオリジナルはほとんど絶対的である。(中)世界を感覚で捉えたら、同じものは一つもないからである。」(* 1, p108)オリジナルであり絶対的であり、他に同じものがないという意味で唯一性をもつものを芸術(アート)と呼ぶのであろう。そして、アートを言葉で説明しようとするのは野暮だとも養老さんは言う。そういう意味で、わたしの作る...

  20. 交換日記 - sakamichi

    交換日記

    小 6 ムスメ 2 のバレーノート、3 冊目。正確にいうと、2 冊 を同時使用している。書いて提出するとその日の記録が書けないため、2 冊 用意して、1 冊提出中にもう 1 冊に書く。このやりかたで彼女は週に 3 度の練習のたびに書いている。監督はそれに対して毎回たくさんのお返事を書いてくれる。ムスメと監督の交換日記のようだ。監督は「毎回出されるともう書くことがないよ~」なんてクチでは言って...

総件数:238 件

似ているタグ