恋愛・結婚・家族ジャンル×ひとりごとのタグまとめ

ひとりごと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはひとりごとに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ひとりごと」タグの記事(337)

  1. 喜びと残念と - sakamichi

    喜びと残念と

    2 週間ぶりのバレー。体は一応動く。そしてボールの動きがよく見えるようになっている。ボールというよりも、ボール周りの動き。よってフェイントカバーに入ってボールを繋げることが増えた。嬉しい。翌日は軽い筋肉痛。たいして動いていないのに筋肉痛になったことに驚く。同時に、練習の継続が確実に筋肉増加につながっていたと分かって嬉しい。そして少しでも休むと衰えることもわかった。少年団バレーを卒団したあとの...

  2. 写真の選別 - sakamichi

    写真の選別

    ムスメたち(小6)の卒団に向けて、記念品のフォトブック作成中。まずは写真の選別。ムスメたちが入団してからの2年半、ほとんどの試合と行事をカメラマンとして担当してきただけに膨大な量。だけど、その都度ファイル分けしてある。そして、その都度ピンぼけ写真を省いてある。わたし偉い(笑)。それでも、1,500枚以上。この中から100枚以下に絞りたい。---まずは、チェック用のリスト作り。ファイル名をエク...

  3. アイマスク - sakamichi

    アイマスク

    NHKオンデマンドで過去のNHKスペシャルを見ています。今見ているのは『街道を行く』シリーズ。司馬遼太郎の。これが耳だけで聞くと難しい。熟語が難しくて漢字が浮かばない。というか、司馬遼太郎なんて目で読んでも難しい文章。耳だけで理解できるはずもなく。オンデマンドの欠点は、字幕がないこと。NHKスペシャルを見るときには、この欠点は非常に痛い。---聞くのに精いっぱいで、目からの情報まで追えない。...

  4. 読む人の力量 - sakamichi

    読む人の力量

    久しぶりに行った中央図書館で、ムスメたちが『ハイキュー』を見つける。借りれたのは 2 冊。インターハイ予選の青葉城西戦と、春高予選の準決勝。ちょうどよいところ。グッドジョブ。読みながら号泣。「お母さん、また泣いてるよ」と、子どもたち。うるせぇ。しかし、『ハイキュー』のマンガを読んで思ったのですがね、マンガって読む人の力量が問われると。バレー初心者であるわたしにとって、ボールの動きスピード感、...

  5. 歩くだけ - sakamichi

    歩くだけ

    弓道をされていらっしゃる方とお話しする機会あり。弓道と茶道、分野は違えども根底で通じるものが多く、お話ししていて楽しかったです。その話の中で、弓の先生が歩く動作だけで 1 時間も稽古をなさっている、というお話を聞きました。歩く動作だけで、と普通の方は思うかもしれません。しかし、歩くという動作も道のつくものでは大事な稽古。自分の重心の置き所をとらえながら、身体の感覚のみに注力して歩くということ...

  6. 取りつかれたように - sakamichi

    取りつかれたように

    先日のお茶会。文化センターの駐車場がいっぱいだったので、少し離れた駐車場へ移動。川沿いの道を、ムスメたちと一緒に歩いていました。その道中、不思議な光景を見ました。それは、街を歩く人がみんなスマホをのぞいていたこと。川沿いの道、中央公園への道など、歩道を歩いているほとんどの人がスマホの画面を見ていた。しかも、いつもに比べて人が多い。どうもポケモンGoのスポットだったようです。スマホなしだったの...

  7. やっと~ - sakamichi

    やっと~

    『ロボットじゃない』がやっとBSで見れる!!!現地放送から一年、待った、待った、待ちました。16回放送だから、カットされるシーンは多そうだけど、それでも嬉しい。韓国ドラマの中で一番好きなドラマ。胸キュンはもちろんだけど(笑)、人の行動パターンについて色々と考えさせられた。というか、考えてしまいました。いい意味で。去年の今頃もんもんと考えていた、反応シリーズも、実はこのドラマが発端。AIの認知...

  8. 切り売りハラマキ - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    切り売りハラマキ

    お義母さんから、野菜と一緒に送られてきた「切り売りハラマキ」薄くて軽いけど、暖かい。カラーやデザインも豊富らしいけどこのハラマキの存在を全く知らなかった。どうやら都会では売っているらしい。包装もかわいい。首元が冷えるとすぐ喉が痛くなる私は早速ネックウォーマーとして活用している。説明書に書いてるように、アップリケとかちょっとしたポイントをつけると、よりオシャレになりそう。生地との組み合わせを考...

  9. 激しい喪失感 - sakamichi

    激しい喪失感

    職場にて、2ヶ月の赤ちゃんご来店。下の子で女の子。お母さんもゆったりとしてらしゃる方で。これ幸い抱っこさせてもらう。朝から夕方までスリングでべったりと。スリングの中のSちゃんは、人がオシャベリしているのを見て聞いて、周りの様子を見るのが楽しくてたまらない様子。そして、よく笑う。とにかく笑う。お腹がすいたら、わたしの袖をハムハムして教えてくれる。わたしがご飯を食べてたら、一緒にクチをもぐもぐす...

  10. 図らずも - sakamichi

    図らずも

    ムスメたちのバレーの試合の帰路、立ち寄る先で石ころ観察。バレーの監督=石ころの先生(地学の先生)ゆえに、専門科の解説つき。黄金崎で黄鉄鋼。黄鉄鋼とは、鉄と硫黄の化合物。キラキラ金色に輝くけど金ではない。しかし、素人は間違う。ゆえに「愚か者の金」との別称あり。黄鉄鋼がキラキラと反射し、かつ西日が照りつく様から、その地を黄金崎という。納得。その他、堂ヶ島のクロスラミナ、道中の工事現場の露頭でみら...

  11. ブルガリアなのに - sakamichi

    ブルガリアなのに

    100均で買ったグラス。ブルガリア産なのに、商品名が「イスタンブール」。以前の私なら何の疑問も抱かないが、今の私はわかる。イスタンブールはトルコだよ。ブルガリアはお隣の国。イスタンブールは世界史で、名前を変えながら何度も何度も出てくる場所だけに、さすがに覚えました。逆に言うと、世界史を勉強するまでは、ブルガリアもイスタンブールも場所が曖昧でした。たはは。---話はグラスに戻って、ブルガリア産...

  12. いちごがいっぱい - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    いちごがいっぱい

    ふるさと納税の返礼品。高級いちご。おお!デカイ。色艶が良い。ひとつぶずつ、ふわふわのシートの上に乗っている。しかもひとつぶの感覚が広い。小さいパックにぎゅーっと詰め込まれている姿しか普段目にしないが、しかもそのぎゅーっとなってるパックですら、割引シールを貼ってない限りどうしてもカゴに入れる踏ん切りがつかないわけだが、ともかく今回は普段決して、自ら購入する事はないであろう貴重ないちごを食するこ...

  13. 自分を知るということ - sakamichi

    自分を知るということ

    思春期の動乱期を終えたと思われる 中 3 ムスコ、思春期に入ったと思われる 小 6 ムスメたち。ということで、思春期ネタ。思春期の特徴の一つは、自分について悩むこと。しかし、大人でも自分のことを完全にわかっている人なんているのだろうか。自信がの本などを見ると「自分を知ろう」なんて書いてあるけど、完全に自分のことを知っている人なんていないと思う。そして、自分個人に特有なことってあるんだろうか。...

  14. 動じない軸 - sakamichi

    動じない軸

    職場では、ワークショップを行っています。クラフトあり、お花あり、パン作り、味噌作りなどなど。ワークショップの講師と打ち合わせするのも仕事の一つです。講師の先生はみなさん、やりたいことが定まっていて、それに向かって時間も重ね投資もしている方。ゆえに芯がある。だからお話ししていて楽しいです。講師の先生とディスカッションをしながら、できること、やりたいこと、お客さんにマッチしそうなことを探っていく...

  15. 奈良ラーメン博 - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    奈良ラーメン博

    奈良県王寺町で開催中の奈良ラーメン博に行ってきた。関西の有名ラーメン店の味を楽しめるというイベントで今年は第3回 らしい。ちなみに行った事がある店はみつ葉 とFish tons 。みつ葉 は奈良なので行きやすいのだけれど、いつも行列のイメージ。美味しいからねぇ・・仕方ないよね〜今回食べたのは《かたぐるま✖︎我豚》豚肩炙り肉醤油ラーメン大きいお肉が印象的。スープはこってり麺も食べ応えがあって、...

  16. モノ知り - sakamichi

    モノ知り

    前記事に続いて、AIが取って代わることができないこと、についての話。わからないことはスマホですぐに調べられる現代。知識をたくさん持っていることが、以前ほど重要視されない時代とも言えます。答えが一つに限られた設問にしか答えられないのはダメ。習ったことを習った通りにしかできない力(テクニカルスキル)、これはもうAIに取って代わられる。だからこそ、人間にしかできないことを模索している。AIで代替え...

  17. 台所トークのお題は…… - sakamichi

    台所トークのお題は……

    このごろ新聞や雑誌に、AI関連の記事と並んで、これからAIに取って代わられる職業について書かれているのが気になります。子どもが将来職業を選択するにあたって、AIの勢力は無視できません。わたしたち親世代とは異なる選択が、子どもたちには求められます。AIにできることは、取って代わられる。人にしかできないこととは何だろう。この先もAIが取って変わることのできない職業って何だろう。ということを、中 ...

  18. 生涯スポーツ - sakamichi

    生涯スポーツ

    大人になってからのスポーツは30歳になってから。以後 15 年、週 1 以上はスポーツ。今はムスメたちと一緒にバレーを 週 4。大人になってスポーツを始めたきっかけは、近所のおばちゃんの一言。「今からバドミントンに行くの」当時、子どもはなく、仕事もやめて、知らない土地で、今みたいに趣味もそんなになかった。さぁ、どう時間を過ごそうかと思っていた矢先に、近所の二回りぐらい年上の方のその一言がきっ...

  19. 恵方巻 - sakamichi

    恵方巻

    恵方巻、今年はムスメと一緒に作る。具が中央に寄ってるか確認したくて切る。切ったついでにのっけたら、なんだかブッシュドノエルのようになった。恵方巻だからブッシュド節分?!恵方巻を食べる間はムスメたちが静かでよろし。こんなに静かなら毎日恵方巻にするか?!とも思う。方角を確認するために出してきた方位磁石。当時ボーイスカウトをしていたムスコのために、ムスメたちがプレゼントしたもの。自分たちの誕生日プ...

  20. カゴあみ - sakamichi

    カゴあみ

    職場で籐のパンかご編みの講座。キャンセルが出たので、これ幸い受講しました。初めての籐編み。修行のようでした―。一目一目集中しないと間違う。電話などで2回中座したら、そこで間違っていた。ほどいてやり直し。一編み一編み集中しないと間違う、けれど、一つ一つ編んでいけば必ず出来上がる。出来上がりを信じて、まずは目の前の一編み。そんなこんなで集中していたからか、鼻息が荒かったようで、終わってみたら鼻と...

総件数:337 件

似ているタグ