ぶなのタグまとめ

ぶな」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはぶなに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ぶな」タグの記事(8)

  1. 夏のブナ林 - 休日はタンデムツーリング

    夏のブナ林

    真夏の涼しいげなブナ林森は命を育む

  2. ブナ - 源爺の写真館

    ブナ

    雨あがりの森も良いものです。

  3. 素肌のブナの木を見つけて思った事。 - 花立の花情報

    素肌のブナの木を見つけて思った事。

    素肌のブナの木杉の語源は、【まっすぐな木】だそうです。当地では、捨てることを「なげる」と言いますが、もっと強調して廃棄する時は、「ぶなげる」。そう言います。「叩く」ことを強調する時は、「ぶたらぐ」になります。まだら模様のブナの木いつの時代に命名されたのかは不明ですが、経済的利用価値のないブナの木は【ぶなげる木】が語源。木材にはならない木、だから【橅】と書いてブナ。これが本当だとすれば、これは...

  4. 空梅雨 - Scene of Dialy -stageⅡ-

    空梅雨

    関東では、まだ6月なのに梅雨が明けたというニュース。北関東のダムの貯水率、大丈夫かなぁと、ふと思ったり。。。 柄になく、見つければ、花を撮るようにしてます、今シーズン(笑)いつものお気に入りの沼。標高1,000mくらいにあるとは言え、今朝は、生暖かく、到着するやいなや、蚊に取り囲まれました(笑)現地に行けば、予報にない風。。。期待した靄も、わずかに発生しただけで、何事もなく。なので、無理な姿...

  5. RISE:ライズ - Scene of Dialy -stageⅡ-

    RISE:ライズ

    名詞:台頭、上がり、向上動詞:立ち上がる、立つ、起きる、上がる、などなど。 または、フライフィッシング用語で、「魚が水面上もしくは水面近くを流れているエサを捕食する時に水飛沫や波紋が広がること」大胆に、モコっと、鼻っ面だけ出して。パックンと水飛沫(笑)お気に入りの沼。いつも見れる光景。水棲昆虫やら、陸生昆虫の流下が多い、この時期。今年も、沢山のイワナたちが、夢中になってライズしてました。フラ...

  6. モヤモヤ - Scene of Dialy -stageⅡ-

    モヤモヤ

    今年も、あの沼へ。何だか、毎年入れる時期が、早くなっているような気がする(笑) 梅雨入りした山毛欅の森。ちょっとやそっとの雨では濡れない山毛欅の幹を、夢中になって撮ったり、藪蚊の猛攻に遭いながら、水辺の光景を撮ったりしてました。勿論、ツキノワグマのいるエリアなので、礼儀作法を守って、こちらの存在を発信しながら、撮影を楽しみました。この場所は、紅葉が終わる頃まで毎年通っているけれど、全然飽きな...

  7. ブナの森へ - 空ヤ畑ノコトバカリ

    ブナの森へ

    標高約800メートルの、ブナの森へ。見上げた空は青空少々、そしてブナの樹だらけ。枯れ葉の塊が見えているのは、熊棚。秋に熊が作った熊棚が、冬の風雪で崩壊している途中。幹を見ると、熊の爪のあと。笑っちゃうくらいたくさん。このあたりの熊は、ツキノワグマ。人を見ると、自分から去ってくれる(逃げてくれる?)クマ。だから、こっちもクマに気を遣わせたくない。今は冬眠しているはず、というか、していてほしい。...

  8. 新緑の鳥海山 - 庄内日和

    新緑の鳥海山

     今日は快晴。鳥海山はいつ見てもきれいだが、青空を背景にした残雪の鳥海山はひときわ美しい。その姿に誘われるように、湯ノ台口の車道(県道鳥海公園青沢線)を行けるところまで。途中には山菜採りと思われる車がところどころに止まっている。車道は荒木橋と「のぞき」の中間付近までは行けたが、その先はまだ残雪が多い。車を置いて車道を歩き、鶴間池への入口からブナ林に入る。 新緑のブナは「ブナグリーン」と呼ばれ...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ