まさこのタグまとめ

まさこ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはまさこに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「まさこ」タグの記事(23)

  1. 神戸紀行1 眼科 byマサコ - 海峡web版

    神戸紀行1 眼科 byマサコ

    自民圧勝の予想に、自分の目まで潰れそうに感じて不安定になる。まずは眼科に行くことにした。近くの眼科は大昔、数度かかっただけ。行ってみると、平成6年に診察を受けているけれど、当時のカルテは既に無いとのこと。目にあれこれ薬剤をかけられて検査が始まる。「何も問題ないようですが、今日お仕事がなければ もっと調べてみます」    ーーお仕事がある訳ないーー「はい」 と素直に返事をする。    ーー私は...

  2. マサコ原稿 これ、一体何なの? - 海峡web版

    マサコ原稿 これ、一体何なの?

    党首が勢ぞろいした会見で、安倍首相は「共産党の小池さんが『解散しろ』と言ったから、解散した」と言っていた。● 新報道2001 2017年10月08日    https://www.youtube.com/watch?v=WqMJJ4tanNk ↑ 32分12秒あたりここまで嘘つきとは思わなかった。共産党潰しなら、こんな腐った主婦がつくような嘘も平気で言う。なぜ共産党の言うことを鵜呑みにできる...

  3. ダンテ「神曲」 by マサコ - 海峡web版

    ダンテ「神曲」 by マサコ

    イタリー語講座応用編で、待望の文学講座が始まった。講師の白崎容子先生は、1990年4月初めて開設されたイタリー語講座の先生で、私は病院のベッドでテキストだけを眺めていた。子供の頃、作家の西川満氏に「『神曲』はダンテが夜毎、夢の中で地獄・煉獄・天国に出入りして、 その有様をまとめたもの」と教えられた。「夢の中で見たものをそのまま文学にできていいなぁ」と思ったものである。今回、ダンテは教皇ボニフ...

  4. 高雄とせっけん by マサコ - 海峡web版

    高雄とせっけん by マサコ

    タグ「旅・台湾」←クリックして記事一覧へ高雄に着いたとき、タクシーに乗っているだけなのに、 初めての亜熱帯の気候に圧倒された。 滞在中、知人のつてで旅行客のほとんど行かない市場に、 カラスミを買いに行った。 ほとんど車の中にいたのに、よその家でもてなされた時、 私はお茶を20杯以上飲み続けた。 市場で買い物をすませ、息子さんの漢方院に入ったら、 ガラスケースの中にせっけんを見つけた。 「あん...

  5. ニュースふたつ by マサコ - 海峡web版

    ニュースふたつ by マサコ

    ひとつ目77歳の女性が  「梅雨空に9条守れの女性デモ」という句を詠んで、さいたま市大宮区の三橋公民館の「公民館便り」に投稿した。投稿者は公民館の俳句サークルの会員であった。ところが公民館はこの句を「公民館便り」に掲載することを拒否した。作者がさいたま市に俳句の掲載を求めた裁判で10月13日、さいたま地裁で「市が俳句を不掲載としたことは違法」との判決が出た。しんぶん赤旗2017年10月13日...

  6. どうして政権を夢見ないの? byマサコ - 海峡web版

    どうして政権を夢見ないの? byマサコ

    今までに私が共産党に投票することを知った人から 「あんたら革命を考えとるんやろう」とか 「あんな人たちが政権とったらそれこそ大変」との 声を聞いてきました。 そして今回の 「共産党支持しておいでなのに、  どうして一度も共産党政権を夢見たことがないのですか ?」 との質問は私自身が考えさせられるもので感謝しています。 私は共産主義を勉強したことはありません。 マルクスもエンゲルスもレーニンも...

  7. 秋の三冊 byマサコ - 海峡web版

    秋の三冊 byマサコ

    久しぶりで姉のところで暮らしている。懐かしい本棚を調べて、三冊取り出して思い思いに拾って読む。お気に入りは「ショパンのプレリュード集 作品28」。       トーマス・ヒギンズ編、松前紀男訳。東海大学出版会全楽譜、アナリーゼ、考察と論評という構成。「考察と論評」には作曲家シューマン、リストの他、作家や詩人のこの曲への思いや形容が書かれている。中でもジョジュル・サンドとアンドレ・ジイドのは長...

  8. グレン お誕生日おめでとう!  byマサコ - 海峡web版

    グレン お誕生日おめでとう! byマサコ

    写真:グレン・グールド 写真による組曲より85歳、おめでとう。子供の時からユニークな坊やだったあなたにこの歌を贈ります。***************

  9. 韓国映画「Last Princes」 byマサコ - 海峡web版

    韓国映画「Last Princes」 byマサコ

    私にとって「ユダヤ人迫害」の映画を観るのと同じくらい辛いこの映画。日本が朝鮮に為した災いが、朝鮮の人々にとってどんなものなのか、ラスト・プリンセスの至る所に散りばめられている。「諸外国のやったのと同じこと」として片付けるのは、あまりにも無神経だと思う。朝鮮最後のプリンセスの一生は日本によって踏み潰された。丁寧なシナリオ、熱演する俳優陣は同胞の気持ちを十分に知ってのことである。だから私の頬に流...

  10. 瀬長亀次郎のドキュメントフィルムを観て by マサコ - 海峡web版

    瀬長亀次郎のドキュメントフィルムを観て by マサコ

    社会派のドキュメンタリーを観ると身体の調子が悪くなることが多い。しかしこの作品からは、1秒の苦しさも受けることはなかった。涙こそ流し続けた2時間余りの放映が、とても短く感じられた。ナポレオンは「子供の運命は母親が作る」という言葉を残した。亀次郎の母は、いつも沖縄の言葉で、「ムシロの綾のように、まっすぐ、正直に生きるんだよ」と語って亀次郎を育てた。貧しい農家の床にしくムシロの目は確かにまっすぐ...

  11. グレン・グールドの36回忌に寄せて byマサコ - 海峡web版

    グレン・グールドの36回忌に寄せて byマサコ

    新グールドへのメール4お元気ですか?いつも見守って下さってありがとうございます。1985年、あなたはもうこの世にいませんでした。私は、ツァラトストラとの約束を叶えようと、溌剌とトロントで学んでいました。この秋はその年に起った日航機ジャンボ123便の事件のことで、思うこと多く生活しています。本年はグールドファンのネット仲間のこの事件に関する報告をお供えしたいと思います。  風化させてはならない...

  12. 2017年9月3日〜YMCA(6泊7日)byマサコ - 海峡web版

    2017年9月3日〜YMCA(6泊7日)byマサコ

    タグ「旅・台湾」 ←クリックで記事一覧へ西城秀樹の「YMCA」という歌が流行っていた事がある。確かダンスもついていて....YMCAは、「CIAが人を洗脳するのに打ってつけの場所だ」とジョン・レノンを殺害した犯人のドキュメンタリーで誰かが言っていたっけ。「YMCAに泊まっている」と誇らしく言えるのも楽しい。昔、母が「むやみな贅沢は諸悪の元」と言っていた。「凶犯」を読む。著者張平(ジャン ピィ...

  13. 2017年9月5日午後  青田七六へ  byマサコ - 海峡web版

    2017年9月5日午後 青田七六へ byマサコ

    タグ「旅・台湾」 ←クリックで記事一覧へTVカメラに見送られ、次の目的地、青田街に残る、青田七六に出かける。土壌微生物の研究で砂糖を作る方法の発展に大きく寄与された足立教授の個人住宅だ。・体の弱い息子のために作ったプールは、台湾の暑さで発生する藻のため 水中にモーターを入れて水を循環させたり・「椰子」に強い憧れを持つ日本人のために、実のならないダイオウヤシ を作り出し、実が落ちて人が怪我する...

  14. 2017年9月7日 3度目のディンタイフォン(鼎泰豊) byマサコ - 海峡web版

    2017年9月7日 3度目のディンタイフォン(鼎泰豊)...

    タグ「旅・台湾」 ←クリックで記事一覧へ鼎泰豊に行くと飛行機に搭乗した気持ちになる。入り口の右側にある調理場は、台北のアーケード亭仔脚(ていしきゃく)から、ガラス越しに中が見える。ロボットのように小籠包を作っている少年たちは、この店の細長い奥行きを縦にしたような体型。↑ 2015年11月の写真から入り口(左側)で、申し込みを受け付けている女性は、日本語で話す。「一階の席でもいいですか?  暑...

  15. 2017年9月5日 @祖父母のかつての庭  byマサコ - 海峡web版

    2017年9月5日 @祖父母のかつての庭 byマサコ

    タグ「旅・台湾」 ←クリックで記事一覧へ台北の祖父母の家に人が集まることになった。朝食に台湾式お粥をいただいたら、体調が良くなって、元気リンリン。最寄り地下鉄駅から駆け足で3分ほどの家には、TV局のドキュメンタリーのクルーとA新聞の記者が先に着いていた。↑ テレビ局の人と上姉が「質問に答える人は一人でよろしい」と言うので、ムッとして門に行き、中を覗くと、なんとまあ、竜宮からのお迎えのように亀...

  16. 孫崎 享 著「日米開戦へのスパイ」東條英機とゾルゲ事件 byマサコ - 海峡web版

    孫崎 享 著「日米開戦へのスパイ」東條英機とゾルゲ事件...

    孫崎享さんの新刊、「日米開戦へのスパイ」は、 文字は大きく空間も豪華に取っている本で見た目も整然としている。 まだ67ページ読んだだけ。でもその内容の濃さにここまでの感想をまとめよう。 ロシアの大物スパイとして一般に認識されているリヒャルト・ゾルゲ。 その、「ゾルゲ事件」なるものが何の目的のためであったかを 理路整然とつないである。 東条英機と言う男が、近衛内閣を倒すために仕組んだお芝居で捕...

  17. 洋食へなちょこ もぐらたん できました - 動物キャラクターのブログ へなちょこSTUDIO

    洋食へなちょこ もぐらたん できました

    へなちょこID 170525アイデア:まさこさん絵:園長キャラクターの名まえ:もぐらたんせつめい:グラタンの中に住んでいるモグラ。グラタンを食べようとするとうらめしそうに見つめてくる。(もぐらたんの「たん」は、もぐらちゃんの「ちゃん」みたいなものです。)グラタンの具にミミズを混ぜ込んで、むやみに食べられるのを防いでいるらしい。

  18. 言葉横丁 by マサコ - 海峡web版

    言葉横丁 by マサコ

    今期の中国語・韓国語入門は全く対照的である。 韓国語の中島仁先生は、応用編で馴染みがある。 素晴らしい構成と配慮で、とても内容が濃いテキストになっている。 先生が初級の生徒の「混乱と躓き」を研究した上で作られた理路整然とした個性的な名講座。 読み手のスピードも、ゆっくりで、きっちり発音のお掃除できる。 一方、同じ初級の中国語。前期の先生の講座は無事半年続けられたけれど、 今期の先生の四声指導...

  19. 立杭焼き by マサコ - 海峡web版

    立杭焼き by マサコ

    故郷の「東山西山47」の住所にお華とお茶の先生がいらして、 20代に通っていた。 巨匠に習うには、思い出しても赤面する生徒だった。 ある日、先生と弟子たちで丹波に日帰り旅行することになった。 母が、「丹波に行くならいい機会だから、目の高い先生に花瓶を 1つ選んでいただきなさい」と言った。 母の言葉を伝えると、先生は「わかりました」と選んで下さった。 選ばれた花瓶を前にして、先生の説明は 「こ...

  20. ニーチェと台湾  byマサコ - 海峡web版

    ニーチェと台湾 byマサコ

    台湾の「黄金渓谷」というところにニーチェのツァラトストラの第一部・超人思想と第二部の永劫回帰の思想をそのまま風景にした場所があることを知った。16才の時、ツァラトストラと思しき精霊に言葉をいただいて以来、ずっと悩みだらけだった。これで長年、夢見ていたスイスの風景にニーチェの面影を偲ぶ旅に行かなくても大丈夫。その場所は、ゴルトベルクのアリアのような滝が流れて、世界にただ1つしかない、台湾の地層...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ