まちつかいのタグまとめ

まちつかい」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはまちつかいに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「まちつかい」タグの記事(32)

  1. 『徳島 阿波おどり 2018』NHK BSプレミアム - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    『徳島 阿波おどり 2018』NHK BSプレミアム

    録画していた『徳島 阿波おどり 2018』を観た。解説者が、阿波おどり情報誌編集長 南和秀さんになっていた。いつも、前半は娯茶平連の岡寿明さんが解説し、後半は、天水連の山田実さんが交代して解説していたと思う(前半後半が逆だったかも知れないが、自分も踊るので、交代交代だったわけだ)。今年紹介された連の中に天水連がないのは、阿波おどり関係のごたごたが影響しているのかどうか。少なくとも、解説者がニ...

  2. 八幡市は震度5強。淀から歩いて帰る。 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    八幡市は震度5強。淀から歩いて帰る。

    2018/6/18(月)今日は、栗東駅そばで、糸賀一雄記念音楽祭実行委員会が9時半あるので、少しいつもより遅く、7:58の電車に乗った。その直後、揺れて、このあたりは揺れないのになと思ったら、スマホが地震警報、多くの乗客のものも。1時間ぐら停まったあと、ゆるゆると淀駅へ。ここでも9時40分ぐらいまで停まっていたあと、12時以降になるとアナウンス。大学はこのときは午前中休講とのこと。タクシーに...

  3. 福祉ボランティア社協フェスタ - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    福祉ボランティア社協フェスタ

    2017/3/4(日)福祉ボランティア社協フェスタ@ひと・まち交流館京都。

  4. 鈴木勇一郎『おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    鈴木勇一郎『おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史』

    2018/2/21(水)校務の合間に、読んでいる本、『おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史』がとても面白いので、メモを作っている。その一部をアップ(研究室のパソコンがもうすぐ代わることもあり、念のためでもある)鈴木勇一郎『おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史』2013年、講談社 アマゾンから<日本各地の駅を訪れると、饅頭や羊羹、弁当などの食品が、その土地の名物として売られている。私たちにとっ...

  5. ゼミ生へのお誘い①から⑨まで - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    ゼミ生へのお誘い①から⑨まで

    2018/2/9(金)ゼミ生などが参加したら研究・学習やキャリア形成などに役立つお薦めを以下にあげるので、ぜひ、一つ以上は参加しよう!LINEで、参加する予定の番号を教えてください。 ☆①2/17,2/18京都橘大学演劇部劇団洗濯氣 本公演引退公演 〜早く出ていけ三回生公演〜『サーカスへようこそ』 作:スタイリッシュK 演出:渚ひろむ 日時:2月17日(土)①13:00 ②18:30 18日...

  6. 居場所と出会い、化学反応と創発 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    居場所と出会い、化学反応と創発

    2017/10/6(金)昼休み、植樹祭、大学内のテントの意味が今日分かる。残念ながら、今日は雨。あさ、原稿依頼があったものを書いて送る。タイトルは「居場所と出会い、化学反応と創発」。ご依頼の内容は、<「若者×エイブルアート」をテーマに、障がいの有無に限らず“その個人が尊重された空間・そこに居る人が、その人らしく過ごせる空間”など、ノーマライゼーションを創作や表現の観点から議論を進めようと構想...

  7. 「惑星ノマ」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA@近江八幡市 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    「惑星ノマ」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA@...

    2017/9/8(金)秋のNO-MA。春の企画展に行けなかったこともあり、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAのある近江八幡には久しぶりである。 展覧会鑑賞の帰りに今年の3月にできたという「GoingNuts!」というお店を覗いた。ここは一度だけ、公募展の審査会場として入ったことのあるアンドリュース記念館の2階。普通は閉まっている所だったわけで、まちの魅力が一つ増えたことにもなる。 <ア...

  8. めくるめく紙芝居の歴史などを書き足す - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    めくるめく紙芝居の歴史などを書き足す

    facebookページhttps://www.facebook.com/mekmekY/より【めくるめく紙芝居のあらまし(公的な文書などに使われるもの)】紙芝居をベースにした面白いアーツプロジェクトを企画することによって、障害者のまわりに地域の人達、多彩なアーティストや学生などが集い、創発的な環境づくりを通して、障害者はじめ地域の人びとや表現者が、楽しくて風通しのいい、寛容で自律できる社会が...

  9. 道尾秀介『ラットマン』 笑人こども食堂 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    道尾秀介『ラットマン』 笑人こども食堂

    2017/7/8(土)今日も夕方雷雨。午前中、9月までの締め切りの校務をまあいつものように早く終えておく。13時から大学院のリサーチ。今年度新しく来ていただいた方の素晴らしい環境デザイン作品を最後に堪能する。水俣に行かなくちゃ。地元学の本も読んだところだし。 17時半に、天ぷらや笑人(わろうど)。今月のこども食堂は「流しそうめんと玄米おにぎり」。いやあ、どれだけそうめんを食べたかわからないぐ...

  10. 道尾秀介『向日葵の咲かない夏』第2回市縁堂2017運営実行委員会 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    道尾秀介『向日葵の咲かない夏』第2回市縁堂2017運営...

    2017/6/13(火)授業、ふたりの課長との打ち合わせ。学生との面談、部長会、ある委員会。19時から、日曜日にお世話になった京都市市民活動総合センターで第2回市縁堂2017運営実行委員会。今日は前向きの意見が多かったな。日曜日の学外授業の写真がすでにアップされていた。https://www.facebook.com/shimisen/posts/1488333167903810 <どこまで...

  11. おもちゃの病院&子ども食堂@天ぷらや笑人 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    おもちゃの病院&子ども食堂@天ぷらや笑人

    2017/6/10(土)16時過ぎになったが、天ぷらや笑人に到着。玄関では、おもちゃの病院のお二人の先生がおもちゃの治療中。東山青年の家時代からやっていて、30歳代に突入して、依頼があったら出かける形になったそう。でもこの数月ほとんど休みがないぐらいに依頼があるのだそうだ。「入院」はなし。やはり、子供たちに治療の現場を目撃してほしいからだという。音の鳴らなくなったキーボードが鳴り出すところは...

  12. ピッコロ劇団『西海渡花香』ピッコロシアタター大ホール  紙屋高雪『どこまでやるか、町内会』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    ピッコロ劇団『西海渡花香』ピッコロシアタター大ホール ...

    2017/5/28(日)もっと長いのかと思ったら、すっきりと幕が降りて(幕が本当に降りるお芝居って久しぶりに観た)、100分弱だった。シェイクスピアの初期の喜劇。でも、韓国と日本になぞられた国をまたがる恋愛について。いまはもう理想と言うか、こうなればいいのに、という儚い夢かも。 兵庫県立ピッコロ劇団『西海渡花香(にしのうみわたるはなのか)』ピッコロシアタター大ホール。14時ジャストに始まる。...

  13. KYOTO舞踏館「 黄泉の花」作・舞踏/由良部正美 ワキ/稲垣三輪子 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    KYOTO舞踏館「 黄泉の花」作・舞踏/由良部正美 ワ...

    2017/5/16(火)由良部正美さんのKYOTO舞踏館での公演、2月にお誘いがあったのに、インフルエンザで行けなかったので、ようやく拝見できた。アンケートには、舞踏をいままで何回あなたは鑑賞したのかというのがあって、二桁か三桁か。それすら分からなかった。いいのは、見て感じて出て来るフレーズというところ。確かにダンスを言葉化するといっても説明ではなく、詩歌のフレーズが一番出てきやすい。まずは...

  14. 「笑人カフェどんげね?」~子ども食堂~。<ナイスミートin山科コンサート> - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    「笑人カフェどんげね?」~子ども食堂~。<ナイスミート...

    2017/5/13(土)大学院生の発表を聴く。音楽活動を通した地域コミュニティ課題の解決について。開放的な関係を持てるという有効性、地縁ではないことによる個人と個人の関係。緩やかな繋がり。 院生の考えも分からないわけではない。つまり、町内会とか民生委員、社会福祉協議会における見守りや居場所づくりよりも、音楽活用の方に利点があるという仮説の提示とその検証だし、実際に活動している方なので、それを...

  15. 第1回市縁堂2017運営委員会一坂太郎『吉田松陰――久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    第1回市縁堂2017運営委員会一坂太郎『吉田松陰――久...

    2017/5/8(月)3つのゼミ。2回生の教科書ゆっくり読み。抽象的なのでなかなかついてくるのが大変そう。共和制と民主制との違い。政治システムと経済システム。社会システムと言うのは、市民(社会)システム、あるいはNPOシステムとどこかで言い換えたいかも。3回生ゼミ。京都市などに応募する実践的グループワーク。まずはトライアルということで。4回生ゼミ。すこし名字とか方言とかで豆知識とか、地域文化...

  16. 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」の鑑賞 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」の鑑賞

    2017/4/23(日)「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」の鑑賞。4/21と今日で、01(虎屋京都ギャラリー)と16(4/26からの美術館「えき」)だけ残して、あとのメインヴェニュ(venue:サイト、場所)を回ったことに。朝はひんやり、途中で上着を取る。町家などのヴェニュが多いので、頻繁に靴を脱ぐ。あと、階段が急だったりするので、荷物は少ないほうがいいかも。 写真はこち...

  17. 「めくるめく紙芝居プロジェクト」リチャード・タッグル『タイトロープ』 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    「めくるめく紙芝居プロジェクト」リチャード・タッグル『...

    2017/4/22(土)12時にJR山科駅改札口前集合という「めくるめく紙芝居プロジェクト」のお出かけ回。風が強く、風邪ひきさんも出て、ちょっとためらいがちにスタート。なにせ言い出しっぺのゆう君が風邪で親子とも来なかったのだが、近いのでリアルに対応できたのは幸い。 諸羽神社。山科疏水。萼が落ちてくるのは、桜の花びらの吹雪とは違う趣。それでも、ブルーシートでお絵かきはしたし、何か、旗があったら...

  18. 戯曲×恋愛『愛情マニア』シアトリカル應典院笑人カフェどんげね?子ども食堂 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    戯曲×恋愛『愛情マニア』シアトリカル應典院笑人カフェど...

    2017/4/8(土)シアトリカルフォーラム 戯曲×恋愛『愛情マニア』13時から16時。シアトリカル應典院。演技部分はそんなに多くなく、ダイジェスト。泉寛介さんの解説で分かっていく。一番おもしろかったのは、役者さんたちのお話が、役としての話から、自分自身の話になるところで、真逆の性格だったりすると、どうやって、違う人格の役作りをするかということが分かって、なかなかに面白かった。若干、人生教訓...

  19. 第10回おてらハプンに行こう(5/4予定)と思った金曜日 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    第10回おてらハプンに行こう(5/4予定)と思った金曜日

    2017/4/7(金)小雨、ときどき。大学はひとときの静けさ。桜がほぼ満開か。午前中は、近大含めて授業用資料の作成と印刷。11日一限目、公共政策入門は、78名。12日二限目、イベントデザイン演習は47名とか。レジュメは作ったがもう一度検討。 そう言えば、3回生専門演習、第5回京都国際写真祭について話していたが、これをイベントデザイン演習に活用できないか。一応、東部文化会館の地下鉄山科駅コンサ...

  20. 山田太一(原作脚本)『岸辺のアルバム』1977年 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化政策       

    山田太一(原作脚本)『岸辺のアルバム』1977年

    2017/4/2(日)午前中は、ニトリモール枚方。出口を間違えて枚方ドライブw午後は、背割堤へ。京都橘大学4回生の一人がチラシを配っていてびっくり。就活大丈夫か。まだ桜は蕾がほとんど。でも、人出は結構あったな。 前にも書いたけれど、逃げ恥はじめ重版出来や空飛ぶ広報室などでヒットを獲得してきた野木亜紀子さんという脚本家を卒研テーマにしたいというゼミ生がいて、変わるかも知れないが、脚本家という、...

総件数:32 件

似ているタグ