めい・らいむのタグまとめ

めい・らいむ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはめい・らいむに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「めい・らいむ」タグの記事(8)

  1. 動物病院と伊集院静7月7日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    動物病院と伊集院静7月7日(日)

    毎月7日は、朝8時にサイレン吹鳴して防災の日。雛祭りも桃の開花に合わせて月遅れでやるのだから、七夕も旧暦でやれば梅雨も開けるでしょうに、と思う。深谷上柴の動物病院:めい・らいむへ。ワンコのアレルギーの薬を出してもらう。トリミングのワンコと、診察のワンコが大勢、混んでました。 「ノボさん小説正岡子規と夏目漱石」著伊集院静 ノボさんは筆を手に取ると新しい半紙を出して、そこに字を書いた。 ”...

  2. 動物病院と青山文平6月1日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    動物病院と青山文平6月1日(土)

    ワンコのアレルギーの薬、月に一度出してもらいます。都合で遅れて12時になってしまったのだが、まだまだトリミングが始まるところだった。薬を出してもらって帰宅。 「遠縁の女」著青山文平 織り機とはどういう道具なのかを、できるだけ短く語るとすれば、経糸を保持して、張りの力を与える道具、ということに尽きる。 多くの経糸を張っておいてから、緯糸を真横から入れる。 なぜ、初めに緯糸ではなく、経糸...

  3. 動物病院と鈴木輝一郎5月4日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    動物病院と鈴木輝一郎5月4日(土)

    深谷市上柴の動物病院めい・らいむへ。連休でも診療中。トリミング・シャンプーのお客さんなど、かえって混んでいる。先日の血液検査結果を聞いて(異常なし)、アレルギーの薬を出してもらう。 「幻術絵師、夢応のまぼろし」著鈴木輝一郎 「その鯉の絵、目が描いてないそうだ」 無論それは事実だった。舟の上で日がないちにち描きつづけたけれども、鯉の絵の目だけは白く残した。漁師が不思議そうにその理由をたず...

  4. 動物病院とブラタモリ3月5日(火) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    動物病院とブラタモリ3月5日(火)

    ワンコのアレルギーの薬を貰いに動物病院へ。トリミング中、おとなしいのね。20日分を1カ月飲ませます。 「ブラタモリ14箱根、鹿児島、弘前、十和田湖・奥入瀬」 箱根は何度か来ましたが、まさか、温泉をつくっているとは驚きました。本当は箱根のこと、全然知らなかったんだなあ。大涌谷も初めて見たけど、すごかったね。一カ所だけ行って帰っちゃだめだね。またぜひ遊びに来たいですね。

  5. 動物病院1月30日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    動物病院1月30日(水)

    月に一度、ワンコの薬を出してもらいに動物病院へ。上柴の動物病院めい・らいむ。いつ来てもシャンプーのお客さん。アレルギーのお薬、寒いのでかゆいのは収まっているようですが。帰り足、荒川のステーキハウスに寄ろうと思ったら、定休日。隣のがってん寿司へ、ポスターにおいしそうなメニューがあります。白子軍艦。生鯖。蒸し牡蠣、慌てて食べて画像なし。さすがに殻は食えません。

  6. めい・らいむと宇江佐真理12月24日(月) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    めい・らいむと宇江佐真理12月24日(月)

    深谷上柴の動物病院:めい・らいむへ。ワンコのアレルギーの薬を出してもらう。 「雨を見たか髪結い伊三次捕物余話」著宇江佐真理江戸の芸者は正月中、黒紋付の裾模様の着物、献上博多の帯、それに稲穂の簪を挿してめでたさを表す。彩りは着物の下の緋縮緬の蹴出し。裾を捌いた拍子にちらりと見え隠れするのが色っぽい。伊三次の女房のお文も他の芸者衆と一緒にその格好でお座敷をつとめていた

  7. めい・らいむと小杉健治11月30日(金) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    めい・らいむと小杉健治11月30日(金)

    上柴の動物病院:めい・らいむへ。ワンコのアレルギーの薬を出してもらう。片道30分で、待ち時間3分。 「地獄小僧三人左平治捕物帳」著小杉健治 定町廻り同心は南北でそれぞれ六人ずつ。合わせて十二名しかおらず、臨時廻り同心を含めて二十四名だ。これで江戸府内を巡回して治安に努めなければならないのだ。当然手が足りないので岡っ引きを自費で雇っている。 蛇の道は蛇で、犯罪の捜査には犯罪者の心理や悪人...

  8. 動物病院と伊東潤8月25日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    動物病院と伊東潤8月25日(土)

    我が家のワンコはアレルギー持ちで、薬を飲んでいる。で、ないと毛が向けて、禿禿になってしまうのだ。深谷市上柴のめい・らいむへ。20日分で一カ月延ばします。 「城をひとつ」著伊東潤 「かつてわが里に、大陸帰りの僧がおりました。 僧は京の建仁寺から派遣された一人でしたが、別当と仲違いし、寺を飛び出してわが里に隠れました。その僧は、ひそかに『孟徳新書』全巻を明国から持ち帰っていたのです」 「...

総件数:8 件

似ているタグ