ゆっくりとまったりとのタグまとめ

ゆっくりとまったりと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゆっくりとまったりとに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゆっくりとまったりと」タグの記事(7)

  1. こたつには、まだ早い秋 - ほんの寝巻きで

    こたつには、まだ早い秋

      昔、9月に入ると、衣替えだった。今は、どうか知らない。夏の陽ざしがじりじりと照りつける日々は、遠くなって、このところ雨の日が続いた。 やっと、肌寒くなる。今までの人生で、いくつかの旅はしたけれど、目くるめくような錦秋の秋は未だ、未経験である。山田線で、宮古に向かうときに、すこし、そのような気分を味わった。激しい恋のように紅蓮に燃え上がる山や、はぜる火花のように降りしきるモミジの紅葉など...

  2. あと十年たったら、クリスチャン - ほんの寝巻きで

    あと十年たったら、クリスチャン

     今年は生まれてはじめて、 脳ドックでMRI検査を受けた。MRIのトンネルに入ると、ウィーン、カンカンカン、ドヒャ、ドド~ンという工事現場みたいな騒音がする。 検査結果はすぐにわかって、異常なし。ああ、よかったぁ。ホッと胸をなでおろして、ぼっち祝杯のさなか、不穏な電話がなる。 案の上、脳の打撲で、10年前にお世話になった主治医からだった。MRI画像を仔細に見ると、動脈瘤の疑いがあるという。...

  3. やっぱり、一人がよろしいと思った夜 - ほんの寝巻きで

    やっぱり、一人がよろしいと思った夜

     還暦というのは、その人にとって、やはり、エポックメーキングなことだと思う。赤いちゃんちゃんこというのは、もう昔であって、今の時代は少し違う。でも、干支が5回繰り返されるまで、生き延びたというのは、先ずもって、めでたい。大仰に言えば、生まれ変わるということだろう。まあ、余生なのである。 そういえば、60代の半ばから、健康診断で、基準値に引っ掛かる項目が現れ、毎年、一個づつくらい増えている...

  4. 雨の日の郵便局 - ほんの寝巻きで

    雨の日の郵便局

     雨の中、郵便局に出掛ける。送付物の締切日なので、速達でお願いすると、レーターパックには、速達はないといわれる。そっか。そーなんだ。 最近になって、ボクは方向音痴なのだと、知る。郵便局から、どうやったって、家には帰れるのだからと、わき道を選んで、逸れながら帰る。案の定、何処がどこだか、わからなくなる。 目印など気にしないで、な~んとなく路地を曲がって、行きどまると、その時の気分で、右、左...

  5. 幕の内弁当の日々 - ほんの寝巻きで

    幕の内弁当の日々

     タクシーに乗って、美味しいものを食べに出掛ける。たまには、そういう贅沢もあってよいだろう。フロントガラスの脇の小さな一輪挿しみたいなポケットに、ススキがさしてある。ど~せ、造花に違いないとたかをくくって 、運転手さんに尋ねると、意外にも、本物だった。俵山かどこかで、採ってきたのをもらったようだ。 そっか、もうススキの季節か。今年は、いろいろなイベントや、個人的な事情もあって、幕の内弁当ばか...

  6. 白馬のルンナ - ほんの寝巻きで

    白馬のルンナ

     夏である。猛暑日の夏だ。この季節になると、歩きたくなくなる。散歩など、真っ平ゴメンである。仕事場へだって、還暦過ぎのころは、ペットボトルを飲みながら、ハンチングを目深に被って、ゆるゆると歩いたが、今や、熱中症で行倒れになるのが、関の山である。だから、タクシーで、移動する。 家にいて、仕事をすればよいのだが、事情があって、家事をしないといけない。還暦を過ぎたら、理想の老後のはずが、家事という...

  7. 絵日記だった頃 - ほんの寝巻きで

    絵日記だった頃

      このところ、近親者のお見舞いで、あちらこちらから病院に向かう日々だ。あ、暑い。目の前を、黒アゲハが、ヨレヨレになって、横切っていく。そりゃ、疲れるよね、ご同輩。どうやら、我が県は、やっと梅雨明けみたいだ。 このところ、よく、お見舞いに行く病院の傍に疎水が流れる。小汚い川である。どぶ川だべ。。。思ってたら、どぶ川には違いないが、それでも魚は汚い水でも棲息していて、大きくなっていると、タクシ...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ