ゆるゆるバイクライフのタグまとめ

ゆるゆるバイクライフ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゆるゆるバイクライフに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゆるゆるバイクライフ」タグの記事(13)

  1. 四国・岬巡りの旅41(山内うどん) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅41(山内うどん)

    ツーリング最終日。今日中に埼玉の自宅まで帰らないといけません。東西の岬巡りに徳島ラーメン、鰹のたたきに祖谷そば、散々楽しんだ今回の四国ツーリングですが、でもまだやり残したことがあります。讃岐うどんを食べてないのです。四国は東西は距離以上に長いですが、南北には意外と短い。ここ祖谷峡からうどんエリアは北に結構近いです。しかもうどん店は朝早くから開けてます。朝一番に、うどんを食べてから高速に乗って...

  2. 四国・岬巡りの旅40(祖谷ふれあい公園キャンプ場) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅40(祖谷ふれあい公園キャンプ場)

    祖谷ふれあい公園は、祖谷の自然を気軽に体験できるよう、フィッシング場や屋外遊戯場に遊歩道、はたまたミニモノレールまで備えたレジャー施設。敷地の中には小さいながらオートキャンプができるスペースもあります。公設で委託運営されているようです。大歩危・小歩危からかずら橋へ向かう道沿いという、少々騒がしい場所にありながら、キャンプ場などの主な施設は谷に降りた所にあって、意外と落ち着いた雰囲気で過ごせま...

  3. 四国・岬巡りの旅39(かずら橋~祖谷峡) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅39(かずら橋~祖谷峡)

    かずら橋に来ました。でも目的は かずら橋ではない???かずら橋は祖谷峡(いやけい)に架かる自生のカズラで編まれた手造りの橋。日本三大奇橋の一つにも数えられています。そして祖谷峡は四国の中でも秘境中の秘境と言われるほど山深いところです。かずら橋の標識に従って進んで行くと、あっという間に道が広がり、渓谷に突如大きな橋が現れました。そしてそのままとんでもなく大きな駐車場に誘導されてしまいました。こ...

  4. 四国・岬巡りの旅38(早明浦ダム) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅38(早明浦ダム)

    山から降りて来ると、さっきまでの雨は上がり、雲の間から薄日が差すほどの穏やかな天気になってきました。よっぽど高い所に居たんだな。国道を離れ、県道を繋いで東に進みます。いくらか標高が下がったとはいえ、この辺りも四国特有の険しい山の中。大きな岩肌や鋭い渓谷が目に飛び込む、迫力ある景色が続きます。川を埋めるちょっとスケールアウトした岩たちが圧巻です。 剣山スーパー林道の出口で聞いた、地元の方のお話...

  5. 四国・岬巡りの旅37(石鎚スカイライン~瓶ヶ森林道) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅37(石鎚スカイライン~瓶ヶ森林道)

    面河渓入口の分岐へ戻り、そこから石鎚スカイラインへ。四国ツーリングの超定番ルートです。ただ今日は雨。厚い雲と霧がかかった展望がきかないこの道を走るバイクは、ボク以外1台もいません。いつもは何度も何度も途中で立ち止まって写真を撮るため、時間がかかる17キロ程のこの道も、今日はあっという間に頂上のレストハウスに到着してしまいました。ここも霧です。ここからレストハウスの横を通り抜け、瓶ヶ森(かめが...

  6. 四国・岬巡りの旅36(面河キャンプ場) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅36(面河キャンプ場)

    昨夜遅くから雨が降り始めました。小雨の中の目覚め。静かな渓谷の静かな夜明けです。小雨で濡れた渓流の回りを少し散策しました。昨日とはまた違う瑞々しい川の流れに、岩たちがしっとり佇んでいました。川のせせらぎと時々鳥のさえずり、そして風にそよぐ木の音がするだけです。 結局昨夜は、隣りのテントには誰も戻って来ませんでした。でも少しフライが動いた跡があるような。もしかしたら、夜に帰ってきたのかも知れま...

  7. 四国・岬巡りの旅35(面河渓) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅35(面河渓)

    唯一の宿泊施設 国民宿舎も閉鎖し、すっかり寂れてますます秘境になってしまった感のある面河渓(おもごけい)ですが、ここの渓流の素晴しさは変わりません。一人でも多くの方にその魅力を伝えたい。せめてたまたまこのブログに来ていただいた方には知ってもらいたい。今回はそんな気持ちで、稚拙ながら、面河渓で撮った写真の数々をお送りしたいと思います。五色橋と五色河原、静かな流れキャンプ場横の渓流エメラルドグリ...

  8. 四国・岬巡りの旅34(内子~面河渓) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅34(内子~面河渓)

    内子から国道379号線を走り、東へ移動していきます。途中国道380号線へ。四国ならではの、素朴な風景を辿る道が続きます。久万高原の看板は、個人的には色々思うところがあります。(昔のTBI経験者ならわかりますよね)上黒岩遺跡田園風景の中にある遺跡。縄文早期の貴重な遺跡だそうです。いつもここを通るたびに気になりますが、今回も通過。いったん国道を離れ、県道にて今度は国道494号線へワープ。石鎚山方...

  9. 四国・岬巡りの旅33(内子座) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅33(内子座)

    内子に来たもう一つのお目当てがこの「内子座」。大正5年に内子の木蝋産業の財で建てられた、木造瓦葺き入母屋造りの芝居小屋です。老朽化のために一度は取り壊される運命でしたが、地元の熱意によって修復、存続されることになったそうです。見学もできるとのことで、是非見てみたいと訪れました。入ってすぐに、木造格天井(ごうてんじょう)の大空間が広がります。芝居小屋としては大きくないかもしれませんが、造り込ま...

  10. 四国・岬巡りの旅32(内子) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅32(内子)

    何度も何度も四国に来ていながら、正直ボクは内子という町があることを良く知りませんでした。せっかく四国に来てても、朝から晩までいつも目を三角にして林道を走ってばかりいたからね。反省、反省。年を重ねて、こうしてゆっくり(でもないけど)回ってみると、今まで気がつかなかった風景や街並が色んな所に散りばめられていることに気がつきます。訪れるごとに新たな発見があります。だから、ツーリングは辞められません...

  11. 四国・岬巡りの旅31(屋根付き橋) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅31(屋根付き橋)

    鮮やかに晴れ上がった青空のもと、伊予灘を眼下に今度は内陸部へ進路を取ります。これから行くのは大洲か内子か、どちらも行きたい。ちょっと悩みましたが、今回は内子に向かうことにしました。途中、屋根付き橋の案内板を見つけたので、降りてみました。屋根付き橋とは、主に農道に架かる屋根が付いた歩行用の橋のことで、日本ではこの南予地域に数多く残っているそうです。「宮の下橋」は、内子町石畳の、県道から外れた小...

  12. 四国・岬巡りの旅30(下灘駅) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅30(下灘駅)

    国道378号線は通称「夕焼けこやけライン」とも呼ばれる道。おだやかな伊予灘とそこに沈む夕日が素晴らしい道だそうです。この道に並行してJR予讃線(よさんせん)が通っていて、その駅の一つ「下灘駅(しもなだえき)」は、日本一海が近い駅、また夕日が美しい駅として、今や有名な人気スポットです。誰もいないホームのベンチでポーズをとるインスタ写真でもお馴染みです。青春18きっぷのポスターから始まり、数々の...

  13. 四国・岬巡りの旅29(長浜大橋) - たかくねんのゆるゆる〇〇ライフ

    四国・岬巡りの旅29(長浜大橋)

    このところ、すっきりしない天気が続いていましたが、今日は久々の晴れの予報。岬巡りは終わりましたが、四国にはまだまだ行きたいところがたくさんあります。今度はそんな場所を巡りながら、東に進路をとっていきたいと思います。八幡浜より378号線へ、左手に伊予灘を眺めながら走ります。伊予長浜の手前、肱川(ひじかわ)を渡る橋と並行して、旧道にクラシカルな赤い橋が架かっています。それが「長浜大橋 」です。実...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ