わたし船〜のタグまとめ

わたし船〜」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはわたし船〜に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「わたし船〜」タグの記事(3)

  1. 「源平の合戦」狂言かよヽ(=´▽`=)ノ - 憂き世忘れ

    「源平の合戦」狂言かよヽ(=´▽`=)ノ

    前記事の続きです。無理やりですが、こんな解釈。わたし船 武士は只のる 彼岸かなAわたし=裸足=安宅(赤穂)で*足=百足の「で」船=船武士=武下さ=武さ二=武蔵は=母=も=坊只=忠のる彼=のるひ=の涙=のらい=の来=の利=度岸=かむ=歌下み=歌代作か=家=屋な=下八=おは=終下と=お戸=おへ=終え赤穂で船。武蔵坊、忠度歌代作屋終え\(^_^ )Bわ=は=生=お=下=元=源たし=田四=転四=三=...

  2. 其角「わたし船〜」義経一行、大陸へ? - 憂き世忘れ

    其角「わたし船〜」義経一行、大陸へ?

    平忠度の歌、妄想解釈して、勝手にビックリしたんだけど。ふと思い浮かんだのが、其角先生のこの句。わたし船 武士は只のる 彼岸かな「幻庵」のラストの章と一致と読んでいる。この頃は、其角先生の句は、当時の出来事、つまり江戸時代のことを中心に「裏」に込めていると推理していた。「渡る」「彼岸」から連想したのが、明智秀満の琵琶湖を馬で渡った話。で、この人が天海ではってネタ。こじつければ、そんな風に読めた...

  3. 其角「わたし船〜」天海は弾正の息子Σ(°д°lll) - 憂き世忘れ

    其角「わたし船〜」天海は弾正の息子Σ(°д°lll)

    わたし船 武士は只のる 彼岸かな船に「ただのり」といえば、平忠度。川柳等でもさかんに「ギャグ」にされている。だから、絶対にそっち方面だと思ってた。其角さんの名前も「ただのり」です。別の句で、忠度は薩摩守→さつま芋名字が、榎本→屁のもともう一個の「宝井」がまた「放屁」これで「やれやれ」の意味に取れるものがあった。今になると、私の思い込みでしょう。いやいや、この句はスゴいスゴい!「幻庵」第八章、...

総件数:3 件

似ているタグ