アイアンスポーツのタグまとめ

アイアンスポーツ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアイアンスポーツに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アイアンスポーツ」タグの記事(12)

  1. 月・火・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火・水曜日の授業風景

    1976WR750MさんのWRオイルタンクマウント位置が悪く、現状の取り付けステーでは取り付け、取り出しが非常に大変でしたので、マウント位置変更、取り付けマウントステー製作。1940WL750I君のWLタイミングギア周り、T/M周りのブッシュをひたすら単品製作。100分台の精度を必要とするブッシュの単品製作は旋盤の勉強になります。1976FXE1200Hさんのショベルヘッドトランスミッション...

  2. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1978TRIUMPH T140ETさんのトライアンフはギアボックス周り。ハイギアのメインベアリングベアリング・ハイギアニードルベアリング・レイシャフトベアリング・メインシャフトベアリングとベアリング類は全交換。レイシャフトを仮組みしてスラストチェック。ギア類を仮組みしてギアチェンジチェックし問題なしなので、オイルシール・ガスケットをつけ本組み。ブッシュ類で唯一交換がキックシャフトブッシュ。...

  3. 1980XLH1000 エンジン始動 - Vintage motorcycle study

    1980XLH1000 エンジン始動

    今日はIさんのアイアンスポーツのお話。マフラーはサイヤミーズを取り付け。手に入らなかったサイレンサーマウントは単品製作し取り付け。ライトサイドエキゾーストパイプがプライマリーカバーに干渉しないよう位置決め。また左右サイレンサーの高さがなるべく合うようにステー製作しました。配線は全引きなおし。ハンドル周りはねじ切り、穴あけをして配線中通し。配線を引きなおすと電気の流れを知り、電気トラブルが怖く...

  4. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1976FXE1200Hさんのショベルヘッドカウンターシャフトブッシュを交換し、3rd&4thギアのスラスト調整。また1stギアのスラストも特製シムで調整。メインドライブギアブッシュは圧入前の内径加工をし圧入。ラッピング&ホーニング。メインドライブベアリングレースは状態良く、ニードルベアリングだけ交換。仮組みしてスラストチェック。メインシャフト・カウンターシャフト仮組みして回りっぷりチェック...

  5. 火曜日・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日・水曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。またクラッチプレートのボルトの長さ調整。NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10...

  6. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1948WL750MさんのWLはT/Mの4速化計画中ありもののスラストワッシャーではクラッチギアのスラスト、3速ギア(3速ミッションでは2速)のスラスト量の調整が出来なかったので、4速1STギアの位置につけるスラストワッシャーを製作し、それぞれクラッチギア、3速ギアのスラスト調整。カウンターシャフト側もローラー選定。メイン・カウンターともに左右ローラーサイズが違い寸法を出すWLのミッションは...

  7. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1951TRIUMPH T100[#IMAGE|a0248662_8554944.jpg|201711/06/62/|mid|700|1050#Hさんのトライアンフは車体周りの作業に。分解・調整・仮組み済のフロントフォークは化粧直しをして本組み。また、フレームも化粧直しをして組み付け。マウントボルトはずべて新品に交換。1980XLH1000久しぶりに登場のIさんのアイアンスポーツは配線作業。...

  8. 水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッド元々付いていたリアブレーキのフロント側ロッドはクラビスがロッドと溶接され、曲がりがきつくリターンスプリングマウント側のフットボードステーと干渉。そのためリターンスプリングもついていませんでした。そのフロント側ブレーキロッド周り一新しそれぞれが干渉しない位置に。リターンスプリングが付いてことで、ペダル位置も調整できるように。アウター側インナー側のボルト...

  9. 1973XLCH1000 リアホイール - Vintage motorcycle study

    1973XLCH1000 リアホイール

    今日はKさんのアイアンスポーツエンジン・ミッション周りの作業から車体周りの作業に移ります。まずはリアホイール周りから。リムは磨いてキレイキレイに。ハブも化粧直し。ベアリングロックナットは緩み防止のためカシメられています。カシメ部分を目立てしロックナットがスムーズに動くようにしておきます。ベアリング取り付け。車体左側は一個、車体右側(ドラムスプロケット側)は2連で付きます。ロックリングにはカラ...

  10. 1973XLCH キックスターター周り - Vintage motorcycle study

    1973XLCH キックスターター周り

    今日はKさんのアイアンスポーツキックスターター周りのお話。駄目駄目だったスプロケットカバーはNOSカバーに交換。クランクケースのスプロケットカバーマウント雌ネジ部はクラックが入っていましたので溶接し新たにネジ穴を作ります。まず抜けてしまっていた位置決めダウエルピンを取り付け、下側のマウントボルトを留め、専用ポンチを作り穴あけする位置決めしボール盤にセットし下穴開け、タップを立てます。新品スプ...

  11. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1948WL750MさんのWL3速ミッションから4速ミッションのギア周り交換するため、ギアボックスカバーを加工。メインローギアがカバーに干渉するため、冶具を製作しカバーを切削。カバー側のカウンターシャフトブッシュを交換。スプロケット(チェーン)に逃げがあるブッシュは圧入時一工夫してある専用工具を使いブッシュ圧入。専用で作ってあるラッピングロッドを使いラッピング。新品カウンターシャフトがガタ無...

  12. 1973XLCH コンロッドスモールエンドブッシュ・コンロッドスラスト - Vintage motorcycle study

    1973XLCH コンロッドスモールエンドブッシュ・コ...

    今日はKさんのアイアンスポーツコンロッド周りのお話。コンロッドスモールエンドブッシュはガタが多かったため抜き取りし計測。ブッシュが抜けかけていたフロント側は縦方向に0.26mmも楕円になっています。これだけ楕円になっているとボーリング加工しての真円加工が必要です。問題がなかったリア側はJIMS製のブッシュを使います。圧入しリーマーで内径加工。ホーニングしクリアランス調整しピストンピンに対し0...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ