アイノミドリシジミのタグまとめ

アイノミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアイノミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アイノミドリシジミ」タグの記事(50)

  1. アイノミドリシジミ - 飛騨山脈の自然

    アイノミドリシジミ

    アイノミドリはいつもは数頭テリハリするが今年は少なく僅か1♂しかいない。良い位置に止まらないので特徴的な色が出ない。横からのショットだが割りと色が出ている。これは金緑に光っていない。頭から狙えなかったが割と光って撮れた。脚立を使って撮ったがよいアングルの位置取りは出来なかった。それでもアイノのきらめきを長い時間見られたことが収穫だった。

  2. ジョウザンミドリ、アイノミドリシジミ - 自然を楽しむ

    ジョウザンミドリ、アイノミドリシジミ

    この日は山地性のゼフィルス狙い。早朝、ポイントに陽が差すとジョウザンミドリシジミが飛び始め、枝先でテリ張りをする姿が見られた。しばらくすると低い位置のススキの葉にも止まるようになった。日差しが強く、すぐに翅を閉じてしまうので、傘で影を作ってやるが、輝きは今一つである。ジョウザンミドリを一通り撮影した後は、アイノミドリのポイントへ。2頭が時々卍飛翔する姿が見られたが、近くに止まってくれず、ここ...

  3. 激減のウラキンと豊産のアイノ - 蝶超天国

    激減のウラキンと豊産のアイノ

    7月11日朝は5時半からウラキンシジミを探しましたが・・・・全く飛びません。しかし、2時間半粘ってついに綺麗な♀を見つけました。手を思いっきり伸ばして100mmマクロでライブビュー撮影・・・少しトリミングしてあります。小飛びして高い場所に移ったので300mm望遠の出番です。他には時々降りて来るミドリシジミだけでした。アイノミドリシジミのテリ張時間に間に合うように移動しました。到着すると沢山の...

  4. 梅雨明けの高原へ(その1) - 不思議の森の迷い人

    梅雨明けの高原へ(その1)

    梅雨明けの土曜日、どこに行くかだいぶ迷ったのですが、前回と同じ高原に前回と同じメンバーで集合しました。私とYさんはkomugiさんの車に便乗し駐車場に到着すると、さっそくNAGUさんからジョウザンミドリシジミが降りていると連絡をいただきました。急ぎ足でNAGUさんの下に向かうと、一頭のジョウザンミドリシジミが単子葉植物の長い葉に留まっていました。その翅はだいぶダメージがあり、右の尾状突起は欠...

  5. 高原撮影第3弾、嗚呼!!! アイノミドリ証拠撮りの山(2021/07/10)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第3弾、嗚呼!!! アイノミドリ証拠撮りの山...

    雨!、雨!!、雨!!!、全く撮影ができない中、フライイング覚悟で何時ものメンバー、'里山のJiiji-Kt彡' と 'Ranzan組 Kmd彡' とご一緒に先ず走った。おやおや!?何やら青空が広がってきた。うっん!?俄かに期待を持ち始めたのは皆一緒でした。当初のポイントでは、到着後すぐに 'アイノミドリシジミ' が飛び始め...

  6. 2021年6/20アイノミドリシジミ、ヒメキマダラセセリ、エゾハルゼミ、他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年6/20アイノミドリシジミ、ヒメキマダラセセ...

    山地性のゼフィルスを求めて、紀伊山地の奥深くへと分け入りました。天気は晴れとの予報でしたが、残念ながら曇りがち。時折の雲の切れ間から日が差したときに、テリ張り・巴飛翔が見られたものの、止まる場所がいずれも高くて。アイノミドリシジミ思いっきりトリミングしました。角度のせいか、見事な金緑色は拝めず、いずれも青っぽい色になってしまいました。2回だけ低いところに止まってくれたものの、いずれも後ろ向き...

  7. アイノミドリシジミ - Mag's  DiaryⅣ

    アイノミドリシジミ

    きっと晴れると思って出かけたのだけれど、ゼフの山はずっと雨模様。時々雲が流れて明るくなった。集中して撮ったよ。アイノミドリシジミに出会いがあったのが嬉しい。

  8. 早起きなチョウ~アイノミドリシジミ - チョウ!お気に入り

    早起きなチョウ~アイノミドリシジミ

    前回の続きです。ジョウザンミドリが活動し始めて程なくしてアイノミドリシジミも活動し始めました。でも思っていたように緑色に光りません。もしかして?と止まった瞬間の翅を広げる前を狙って翅裏を撮影しアイノミドリであるとことを再確認です。アイノミドリはジョウザンミドリに比べて高い位置を好むようで射程圏内になかなか降りてきてくれません。粘ってようやく、”金緑食”とは言えませんが青く光る翅は撮影すること...

  9. 令和3年夏至菖蒲華(あやめはなさく) - 紀州里山の蝶たち

    令和3年夏至菖蒲華(あやめはなさく)

    皆さん、おはようございます。県内ゼフ紀行再挑戦です。先日と同じポイントでアイノミドリが卍飛行中でした。昨日も紫外線に恵まれず・・・汗。スカッと晴れて欲しいなぁ。

  10. フジミドリシジミ - 自然を楽しむ

    フジミドリシジミ

    前週は見られなかったフジミドリですが、地元の方の話によると、数日前から本格的に発生しているとのこと。この日は天気予報に反し、一日曇りがちな天気。午前中は時々数匹の♂がブナの樹幹を飛び交い、何度か近くの葉に止まって開翅したものの、すでにスレた個体がほとんど。今年こそは新鮮な♂の開翅をと思っていたので、うまくいかないものです。唯一比較的綺麗だった♂の開翅。昼近くになって現れた♀1頭の♂がこの♀を...

  11. 令和3年夏至乃東枯(なつかれくさかるる) - 紀州里山の蝶たち

    令和3年夏至乃東枯(なつかれくさかるる)

    皆さん、こんばんはー。二週間ぶりのフィールド観察です。梅雨の晴れ間に県内ゼフ観察紀行を実行しました。谷筋のポイントで卍飛行するアイノミドリと対面出来ました。今日のアイノは、なかなか下まで降りて来ませんでした。一瞬、撮影ポイントまで来ましたが・・・(;。;)。現場でお逢いできた蝶友皆さん、お疲れさまでした。

  12. 高標高地のアイノミドリシジミ - 風任せ自由人

    高標高地のアイノミドリシジミ

    高標高地でアイノミドリシジミとの接近戦を楽しんだ。今年は6月下旬のフジミドリシジミ探索の時からアイノミドリシジミに関わってきた。その最初のポイントは初めて訪れた年には多くの個体を近くで撮影できたが、今年は数も少なく、遠くからの撮影がやっとだった。そして、7月中旬にはよく行く高原でそれなりの撮影が叶ったが、やはり近寄ってきちんと撮影するのは難しいなというのが実感だった。今回の撮影地は蝶の撮影に...

  13. エゾもアイノも降りて来て開翅するは♀ばかり - 蝶超天国

    エゾもアイノも降りて来て開翅するは♀ばかり

    7月18日つづきウスイロオナガの多い雑木林ではエゾミドリシジミも見られます。時々小雨が混じる曇りでしたが、こんな日は少し明るくなると開翅してくれます。期待通り、羽化直の個体が開翅してくれました。こちらも開翅してくれました。笹の上にも降りて来て・・・翅裏を撮る暇もなく開翅し始め・・・ゆっくりと開翅していき・・・・そして全開に・・・・。新鮮な個体を確かめる様に角度を変えて・・・斑紋の色が他より少...

  14. 山奥の一本道をひとり行く - 蝶超天国

    山奥の一本道をひとり行く

    7月5日つづきトネリコの雑木林を後に何年かぶりの場所にアイノミドリシジミの様子を見に行きました。卍が始まっていましたが、この日は何故かテリ張り場所が悪く・・写真になりません。ダメダメ証拠写真を貼っておきます。運が良いと近くに静止するのですが・・・日差しが殆どないのも影響してか、遠くから眺めるだけでした。(笑)明るさも徐々になくなり9時半すぎにテリ張は終了です。こんな状況も想定内で・・・沢山卍...

  15. ジョウザンミドリシジミ札幌ゼフの旅(その4) - 蝶のいる風景blog

    ジョウザンミドリシジミ札幌ゼフの旅(その4)

    札幌滞在も今日7月10日(金)が最終日になる。4日間のうち天気が一番良かったのは今日だったが、観察に使えるのは10時くらいまでしかない。最後の観察は昨日と同じ市内の低山にした。5時半にホテルを出て、登山道を歩き出すともうゼフが舞っていた。今日は何故か登山道に降りて来るゼフが多い。昨日は久しぶりに晴れて気温が高かったことが原因だろうか。昨日も朝のうちは晴れていたがその前2日間の天気が悪く、登山...

  16. アイノミドリシジミ他 - 風任せ自由人

    アイノミドリシジミ他

    一昨日の日曜日、最初に訪れたのはゼフが期待できる高原。駐車スペースの少し先、車道沿いにアイノミドリシジミがテリ張りする場所があり、車を停めてそっちを見ると蝶友SさんとYさんが来られていた。カメラを持たずに挨拶がてら状況を訊こうとそこに行ってびっくり、アイノミドリシジミが卍飛翔をしていて、Sさんが広角レンズをそれに触れそうなくらい近づけて連写していた。車に急いで戻り、同行の蝶友Hさんに「アイノ...

  17. 鳴呼ぁ!! 今回ゼフィルス証拠撮り(2020/07/12)群馬遠征①_1 - 里山便り

    鳴呼ぁ!! 今回ゼフィルス証拠撮り(2020/07/...

    ここの所毎日天気予報とにらめっこ。自宅前のフィールドさえ出向けない有様だった。近場の "ミニ遠征" でさえも、出向いては見たものの途中で天気が変わり、引き返す日々が続いていた。そんな中、また今回も 'maximiechanさん' に同行、'高原のゼフィルス' を楽しむ機会を戴いた。現場では 'cactussさん&#03...

  18. 再び高原へ - 不思議の森の迷い人

    再び高原へ

    そして一週間後、再び高原に集合しました。今日のメンバーはNAGUさんご夫妻、Yさん、私の4人です。Yさんと私は最寄り駅でNAGUさんの車に便乗させていただきました。お陰様でバスで行くより40分は早く着きます。長靴に履き替え、さっそくミドリシジミを探します。ミドリシジミの仲間を何頭か見ましたが、その中で1頭だけが低い位置に留っていました。アイノミドリシジミです。林の中で、スポットライトのように...

  19. アイノミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    アイノミドリシジミ

    梅雨の晴れ間のゼフ探索第2弾!(^^)!前回と同じ場所に行った。前回少なかったのは、まだ発生初めだったようで、今回はたくさん観察できた。アイノミドリシジミは卍飛翔に忙しく、なかなか止まらない、止まったかなと思ったらすぐに飛び出していく。それはそれで飛翔写真を撮るチャンスなのだけれど、中に、ときどき止まる個体がいるので、まずは静止を撮りたい・・・。で、結局、静止画像ばかりになった。ポイントにつ...

  20. ウラクロ以外のゼフ - 自然を楽しむ

    ウラクロ以外のゼフ

    今回の北陸遠征ではウラクロ以外のゼフは不調だった。早朝、草上に降りてきたアイノミドリシジミ。開翅することなく、樹上に戻って行った。8時頃になって、いつのも空間でテリを張りだした1頭のアイノミドリ。10時過ぎに居なくなるまでにこちらを向いて開翅することはなく、また少しスレていたのが残念だった。午後になって何頭かのフジミドリが飛び出したが、樹上を飛び回るばかりで、撮影できたのはこの1枚のみ。樹上...

総件数:50 件

似ているタグ