アイルランドのタグまとめ

アイルランド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアイルランドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アイルランド」タグの記事(229)

  1. ■ 四月の鶴見 - こだわり写真帳

    ■ 四月の鶴見

    最近、春はネモフィラが席巻している。舞洲のチケットが来ているが、やはり出掛けにくい。鶴見はチャリで30分かからないから、こちらにしてみたが、予想は当たり、風車の丘はネモフィラでいっぱいだった。それにしても、コロナがおさまらず緊急事態宣言がまた出そうだ。今はワクチン待ちだけど、市広報では75歳以上は5月下旬の受付のよう、枠は何人分あるのか、申込みが競争になるのが目に見える。(全てGRⅢ)風車の...

  2. セントパトリックデー - 令和氣淑

    セントパトリックデー

    ☘️セントパトリックデー☘️画像出典:アイルランド大使館久しぶりの更新です。今日はセントパトリックデーです。セントパトリックデーとは古代アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリキウス(パトリック)の命日であり記念日でもありアイルランドを中心に祝います。三つ葉を飾り、緑一色にします。ちなみにこの日は同時に日本のカトリック教会は「信徒発見の聖母」の記念日です。注:2021年のセントパトリックデー...

  3. アイルランドの風 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アイルランドの風

    今日はアイルランドの祝日、「聖パトリック・デイ」当日です。ドール用のアイルランドの民族衣装(のような物)として、聖パトリック祭の衣装を作りましたが、最初に断念したアイリッシュ・ダンスの衣装も、やっぱり可愛くて捨て難く挑戦してみました。と言うのも、このケルト文様で最もシンプルなノットを、細紐で再現出来そうだと思ったからです。これもそれも、友達の送ってくれた「コニシ木工ボンドプレミアム」の優秀さ...

  4. シャムロックのビンテージ・ブローチ 5種 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    シャムロックのビンテージ・ブローチ 5種

    アイルランドの衣装に因んでシャムロックについて書いていて、そう言えばシャムロックのビンテージ・ブローチを幾つか持っていたと言う事を思い出しました。概ね小ぶりで使い方を思い浮かばず、実用はしていませんでしたが、可憐な愛らしさが捨て難く買って置いた物達です。まず、不思議なV字型の枠にシャムロックをあしらったブローチ。シャムロックには葉脈のようなラインが入り、緑で塗装されています。中心には、無色透...

  5. アイルランドの丘 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アイルランドの丘

    もうすぐアイルランドの守護聖人セイント・パトリック(聖パトリキウス)の祝日なので、三月のドール用民族衣装のテーマはアイルランドにしてみました。聖パトリックは、アイルランド島にキリスト教を広めた司教で、今月17日はその命日に当たるそうです。イギリスは正式国名を連合王国(United Kingdom)と言うように、四つに国から成り立っていて、それぞれ守護聖人を持っています。イングランドが聖ジョー...

  6. カルマン2020 - なまらや的日々

    カルマン2020

    ハンマーダルシマーの健さん、馬頭琴の岡林さんそしてバウロンのトシさん。倍音と喉歌が渦巻いて流れるカルマ~ンな夜。◆12/21カルマンLIVE【日時】12月21日(月)19:00start(18:30open)【出演】カルマン(小松崎健、岡林立哉、トシバウロン)【料金】予約3000円/当日3300円(別途オーダー)15名限定【場所】なまらや(小樽市花園3-6-6)【問】0134-61-7930...

  7. 【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス】【フランス】新規感染者20 468人、アイルランドが再ロックダウン 2020年10月20日 - フランス落書き帳

    【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス...

    【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス】【フランス】新規感染者20 468人、アイルランドが再ロックダウン 2020年10月20日 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■仏コロナ対策公共キャンペーンスポット(ソーシャル・ディスタンシング対人距離の確保)Ensemble continuons d'appliquer les ...

  8. 叫ぶ芸術「私は金で女性を買わない」(アイルランド) - FEM-NEWS

    叫ぶ芸術「私は金で女性を買わない」(アイルランド)

    ■上の記事はI(アイ)女のしんぶん「叫ぶ芸術」サイトをクリックすると、現物に近い鮮やかなポスターが見られます。掲載紙「I(アイ)女のしんぶん」は日本に数少ない女性運動の新聞。定期購読をして女性の新聞を応援しよう。ノルウェ―の買春禁止法については、かねてから本FEM-NEWSで紹介してきたが、関心のある方は下記の学習会にどうぞ。10月17日(土)①リレートーク13時~@渋谷駅ハチ公前、②学習会...

  9. 世界ノ怖イ話 ~世界の心霊スポット - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    世界ノ怖イ話 ~世界の心霊スポット

    9月12日に、児童書の角川つばさ文庫から、世界の心霊スポットの本が出ます。👻本の題名は『世界ノ怖イ話背筋も凍る、悪夢の物語』と、すでにタイトルから怖そうです💦小学中学年~高学年向けの本なのですが、内容は結構怖いです💧。海外在住のライターたちが、それぞれの国の怪談・心霊スポットを持ち寄って、できあがりました。私はアイルラン...

  10. アイルランドで一番呪われた館、売り出し中 - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    アイルランドで一番呪われた館、売り出し中

    アイルランドで一番呪われた心霊スポットの一つ、ウェックスフォード州(Co. Wexford)のフック半島にあるロフタスホール(Loftus Hall)が250万ユーロ(≒3億円)で、売り出し中とのこと。時々有名人の豪邸が売りに出される、といったニュースはアイルランドでよく耳にしますが、ホーンテッドマンションが売りに出されるのは、そんなに多くない……かも💧。オバケの宝庫...

  11. どのマスクが一番効果あり? - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    どのマスクが一番効果あり?

    世の中は夏休みに入りましたが、夏になっている今でも、新型コロナに振り回されているなんて、今年の初めには思っていませんでした(苦笑)。さて、アイルランドでは7月20日(月)から、すべてのパブ、バー、ナイトクラブ(ディスコ)が営業再開するはず、だったのですが現在のアイルランドでの感染者の状況、そして既にこういった営業の再開をして、クラスターを起こしている他国の状況を鑑みて、8月10日(月)まです...

  12. 美味しそうだけど、甘そう🍓 - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    美味しそうだけど、甘そう🍓

    少し前に、たまたまベイリーズのイチゴ味をお店で見かけました。ストロベリー&クリーム味だそうで、イチゴの季節の今~夏に合いそうです♥今は大勢で集って飲んだりBBQしたり……が難しいですが、これを一人家飲みするのももっと悲しいなあ、と思いながら結局買わなかったのですが、それにしても甘そうですね💧。新発売、ではなく、1年ほど前から販売されているそうですが、初めて見ました。も...

  13. 北アイルランドで、パブ直送ギネスビールはいかが - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    北アイルランドで、パブ直送ギネスビールはいかが

    アイルランドもロックダウンが3月28日から2週間の予定で始まり、その後ロックダウン期間が5月5日まで延長されてしまいましたが、英国領の北アイルランドはアイルランドよりやや長い、5月9日までロックダウンが続くのだそう。レストランもパブも、スタジアムもアイルランド人が好きな所は営業停止…。パブ飲みが近年は減ってきたとはいえ、オフライセンス(酒屋)でビールを購入して家飲みするより、サーバーからフレ...

  14. イースターに関して、子どもたちが心配したこと - ヘルヴェティア備忘録―Suisse遊牧記

    イースターに関して、子どもたちが心配したこと

    イースターの週末になりましたが、今年は新型コロナのせいで旅行ができないので残念。それでもスイスの自然を楽しみたいとか、別荘がある家庭も多いでしょうから、移動は増えるのかもしれませんね……。警察も数を増やしてパトロールしたり、人気の観光地や風光明媚で人が集まってきやすい場所は閉鎖するらしいですが……。実際職場でも「イースターどうするの?」という話になり、同僚のMさんは「どこか自然があるとこに行...

  15. とうとうアイルランドでも「外出禁止令」 - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    とうとうアイルランドでも「外出禁止令」

    世界中を現在震撼させている新型コロナウィルス。2月下旬に北イタリア地方から、欧州全土にあっという間にコロナが広がり、現在も収まるどころか日々感染者が急増している状態となっています。2020年3月30日時点で、アイルランド政府が発表している新型コロナウィルス感染者の数は2,910人、亡くなられた方は54人となっています。およそ80%ぐらいの感染者の症状は軽症~普通の症状で、14%が重症、残りの...

  16. アイルランド旅行の航空券、無料でキャンセル成立(((^^;) - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    アイルランド旅行の航空券、無料でキャンセル成立(((^^;)

    4/14-22の予定で計画していたアイルランド旅行、すでにエミレーツ航空で航空券を取り、発券もしていたが、3/18の「EU、非加盟国からの入域を30日間禁止へ各国首脳が合意」の発表後、エミレーツ航空が当該便のフライト停止を決めた。航空会社都合のキャンセルとなるので、キャンセル料は免除となり、支払った代金の全額が返金されることになった。!(^^)!さっそく、WEBからキャンセルの手続きを取った...

  17. 切手代の値上げ再び - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    切手代の値上げ再び

    再び郵便切手の値上げが発表されていましたね💧。来たる3月19日より、アイルランド国内の郵便切手代は、€1から10㌣値上がりして €1.10に、国際郵便用の切手も同様に10㌣アップの €1.80になるそうです。昔はヨーロッパの中でも、アイルランドの切手代はかなり安価だったそうで、それに対して胸を張っていたようですが(苦笑)、さすがに今は手紙を出す人も激減し、他のヨーロッ...

  18. 一夜で撤退、名物パブの宿 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    一夜で撤退、名物パブの宿

    昨夜の名物パブの宿からは一夜で撤退した。(^^;連日、昼間から深夜3時近くまでライブやセッションが行われるなんて、その喧騒と騒音に絶対に耐えられそうにないから。(-_-;)そのかわりに、ここで「FESTIVE LUNCH」を食べてみようと思っているが・・・。宿予約の条件は「主要観光地が徒歩可能の市内中心部、遠出をする際の拠点交通機関に近いこと、朝食付き、バストイレ付き、出発ギリギリまでキャン...

  19. アイルランド旅行の宿―ダブリン「Oliver St. John Gogarty's Hostel」 - 一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段

    アイルランド旅行の宿―ダブリン「Oliver St. ...

    ダブリンは宿泊料金が高いので、ひえーと悲鳴をあげている。(-_-;)中心部で、かろうじて1泊1.5万円以下で予約できたのが、何と、Oliver St. John Gogarty's Hostel。ダブリンの名物パブだとは知らなかった。ここに6泊して、ダブリンとレンスター州を旅する予定だが、大丈夫かなあ・・・。(((^^;)申し訳ないけれど、ギネスもウィスキーもパブも興味がない。「求...

  20. アイルランドとコロナウィルス - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    アイルランドとコロナウィルス

    昨年12月下旬頃から中国・武漢エリアを病源地とした、コロナウィルスが今も下火になることなく、広がる一方なので心配です。死者も500人に届きそうな勢いのようなので――。日本でもクルーズ船に乗っていた、香港籍男性が発症したことから、船内でコロナウィルスが他の乗客の方にも感染し、気づいたら日本での発症者数も20人を超えていました。その他のアジアでも、シンガポールやタイなども日本と同じぐらいの患者が...

総件数:229 件

似ているタグ