アオスジアゲハのタグまとめ

アオスジアゲハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアオスジアゲハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アオスジアゲハ」タグの記事(102)

  1. 小畔川便り(ギンイチモンジセセリとアオスジアゲハ:2019/7/3) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチモンジセセリとアオスジアゲハ:20...

    7月3日は薄曇り、最高気温は27℃くらいかな。九州(鹿児島・宮崎)では大雨とのこと、明日は関東でも雨になるとか。9時半ころに川原に出るけど、蝶の姿はほとんどない。10時を過ぎてようやくギンイチのオスが出てきた。まだメスの姿はない。発生が遅れているのか、天気が悪いのであまり活動しないのか。オスの活動もあまり活発ではないので、飛翔も何とか撮れた。蝶の姿を求めてうろうろしていると、ヒメイワダレソウ...

  2. アオスジアゲハ - SWAN

    アオスジアゲハ

    前記事にアオスジアゲハのショボイ写真アップしましたがリベンジ成功飛翔力が抜群で素早い蝶です飛んでいる写真を撮るのはチョー難しいです何とも言えない美しい青色の蝶です今回は青筋が綺麗に見えるようアンダー黄身にしました脚まで青いことを初めて知りましたアオスジアゲハに比べればモンシロチョウはオコチャマですな上品な色の紫陽花今日は午後4時まで外出できず散歩は中止しようかと思っていたのですが行ってよかっ...

  3. アオスジアゲハ(蝶) - 花と葉っぱ

    アオスジアゲハ(蝶)

    撮影:6月26日(成田市・坂田ヶ池総合公園)高速道を使って、成田空港手前の成田ICで市街に降り、一路坂田ヶ池総合公園へ向かった。いつの間にか梅雨の真っただ中、花は?蝶や蛾はいるだろうか?他の昆虫はどうかな?期待に違わず、どれもこれも予測通りほとんど見られなかった。小高い林に入って間もなく、開けた斜面にオカトラノオが群生していた。カーブして垂れた花から花へ、2頭のアオスジアゲハが蜜を吸っていた...

  4. オカトラノオに集まる蝶たち - 里山の四季

    オカトラノオに集まる蝶たち

    「房総風土記の丘」には、オカトラノオの群落があちこちにあります。6月になると文字通り「虎の尾」のような花序がいっせいに丘をおおいます。梅雨の晴れ間、花の蜜をもとめて蝶たちが集まってきます。なかでも圧巻はミドリヒョウモンです。2019.6.11ミドリヒョウモンタテハチョウ科幼虫の食草はスミレ属です。春にはタチツボスミレがいっぱい!アオスジアゲハアゲハチョウ科幼虫の食草はクスノキです。

  5. 初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11) - 小畔川日記

    初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)

    前の記事でアカボシゴマダラの異常型について書いたけど、他にも異常型(変異型)を撮影していたのを思い出したので、あまり古くならないうちに載せておくことにします。北海道のヒメギフや黒系アゲハの整理をしているうちにすっかり忘れてしまいました。5月11日、この日は9日と同じ奥武蔵の渓流に、主にオナガアゲハの撮影に行きました。晴れで、気温も最高25℃以上になったような日だった。オナガアゲハはこの日も見...

  6. 公園の蝶達(2019/06/01)武蔵丘陵① - 里山便り

    公園の蝶達(2019/06/01)武蔵丘陵①

    久々に公園の蝶達を撮ってみた。本来は 'オオウラギンスジヒョウモン' と、未だ撮れていない 'ウラギンヒョウモン' の確認の為やってきた。最近 'アオスジ' を見ると興味が湧いてくる。この個体は何型? などなどと,,,,,アオスジアゲハ春型♂(青条揚羽)The Common Bluebottle(spring‐morph...

  7. アオスジアゲハの集団 - ハチミツの海を渡る風の音

    アオスジアゲハの集団

    雨上がりでカラッと晴れた午前中カメラ散策中にたくさんの「アオスジアゲハ」に遭遇いつもはすばしっこいアオスジアゲハがこんなに集まっているなんてΣ(゚д゚lll)これは全部じゃなくて全部で5~60頭は確認できました!吸水中でしょうか?大きな作業車が置いてある広場です。オレンジ色は作業車のボディカラーアオスジが美しい蝶です。一斉に飛び立つとお手上げ(笑)ここには水は無いのにな(?_?)しばらくの間...

  8. カノコソウとアオスジアゲハByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    カノコソウとアオスジアゲハByヒナ

    カノコソウはオミナエシに似た花を付け、春のオミナエシといったところです。オミナエシ同様、この花も蝶に人気です。この日はアオスジアゲハやナミアゲハが何度も吸蜜に来ていました。激しく体を動かすので、落ちていく花粉が写っています。アオスジは頻繁に移動するので、連写していると意図せず飛び立ちを撮れることがあります。広角で飛翔を撮れたら最高なのですが、高速飛翔のアオスジはかなり難しそうです~

  9. ☆イボタの周辺で☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆イボタの周辺で☆

    29日、風が強く吹きました。ウラゴマダラの開翅が撮りたく、イボタを何か所か廻りました。ウラゴマダラは飛んではいるのですが、勢いが良くかなり遠くまで飛びます。開翅は撮れませんでしたが、元気なのが確認出来ました。23日は綺麗でしたが・・・。29日のウラゴマダラです。傷んでいます。2頭いると思ったのですが・・・。奥の1頭は、ルリシジミでした。イボタの花には、アオスジアゲハも来ます。テングチョウも新...

  10. 2019.5.17東京・恵比寿センダンの木の下(3)2019.5.28 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.5.17東京・恵比寿センダンの木の下(3)2...

    2019.5.17晴れの日が続く3日目。まだ、ウラゴマダラシジミは発生してないようなので、この日も近くのアオスジアゲハを撮る。10時すぎに一度行ってみると、エサキ型が現れた。目まぐるしく枝から枝へと移動するが、何枚か撮れた。かなり遠いが、ランデブー飛行。あまり近いと背景がこのようには写らず、ただの白い壁になるはずなのでチョウとの距離が難しいところ。ただ、偶然に撮れただけで、何も御託を並べる必...

  11. 2016.5.16東京・恵比寿センダンの木の下(2)2109.5.26 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2016.5.16東京・恵比寿センダンの木の下(2)2...

    2019.5.16朝から快晴。相変わらずセンダンの花にはアオスジアゲハが集まっていた。この木の高さは10mほど。斜め下から見上げて撮るにしろ一番近くても6m、日陰になってしまうが、あえて逆光の透ける翅を狙ってみた。しかし、暗くて明るさの補正が思うようにならなかった。一番上ではなく、少し明るいその下の枝に来るのを狙う。花よりも、背景の緑のボケがいい感じだ。木のてっぺんで4頭が絡んだので追うが、...

  12. 養老公園 - 飛騨山脈の自然

    養老公園

    養老公園は、養老の滝や養老天命反転地などがあって見どころが多い。水がお酒になったいわれがこの看板にあった。滝や養老天命反転地はいかずに、ツツジがあるこどもの国エリヤに行った。広い芝生でくつろいでいる人や遊んでいる子供たちがいた。ここは中学生以上は使用できないと明記されている。実際中高生は見かけなかった。親子が遊ぶ姿は微笑ましい。冒険広場は色んな遊具があって子供たちが飽きずに遊べるようだ。カナ...

  13. 2019.5.15東京・恵比寿センダンの木の下(1)2019.5.25 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.5.15東京・恵比寿センダンの木の下(1)2...

    2019.5.15風薫る5月。近くの栴檀の花が咲き始めた。アオスジアゲハを見に行く途中で、ヤマトシジミの♂。300ミリで横着に撮ったが、背景はともかく寒冷期型は凛として美しい。時間が早いせいかまだアオスジアゲハは集まっていなかったので、Sビールの花壇に行くと、ヤマトシジミの♀。これも、まだ寒冷期型。真上から300ミリで撮影。思った以上に写っていた。他には何もいないので、センダンの木に戻る途中...

  14. アオスジアゲハの吸蜜 - 蝶超天国

    アオスジアゲハの吸蜜

    5月11日つづきミカドアゲハを撮影した時にミカンにはアオスジアゲハが良く飛んできました。ところが午前中は吸蜜時間が短く、ピントを合わせる間がありません。午後になると少し長めに吸蜜してくれました。下の写真はエサキ型と呼ばれる個体ですね。ゆっくりになっても確率はもう一つ上がりません。撮影練習のつもりでシャッターを押しますが・・・飛んだ後で・・・・ピンボケかミカンの花だけが写っている失敗写真の連続...

  15. ミカドアゲハ5月12日 - 超蝶

    ミカドアゲハ5月12日

    5月12日の日曜日、帰りに知多半島のミカドアゲハの生息地に寄りました。午後1時頃、現地に着くと2名のカメラマントベラの前で陣取っていただいてました。間も無く、現れた帝さま(^ω^)・・・ナガサキアゲハ求愛モンキアゲハミカドアゲハにちょっかいをかけるこの時ばかりは、ちょっとうざいアオスジアゲハですが・・・ハンキュウタイプでした!!!陣取っていただいた3名の同好の志ありがとうございました。またどこかで

  16. アオスジアゲハ・タンノ型 - 風任せ自由人

    アオスジアゲハ・タンノ型

    5月に入ってからアオスジアゲハのハンキュウ型(4日)、エサキ型(9日)を撮影していた。ハンキュウ型とかエサキ型というのは過剰紋の出たアオスジアゲハのタイプ名で、過剰紋の出た位置によってタイプ名が決まる。本日はまた別の位置に過剰紋が出た個体を見つけた。9日に掲載したエサキ型の記事の中で『先日撮影したハンキュウ型に続いてエサキ型が撮れたので、次はタンノ型への期待が高まった。』と書いたが、今回の個...

  17. ■アオスジアゲハ ほか19.5.9(アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ、ジャコウアゲハ) - 舞岡公園の自然2

    ■アオスジアゲハ ほか19.5.9(アオスジアゲハ、ナ...

    寒気が上空を覆っているのか、曇り空で冷たい風が吹いて寒い1日。ひさしぶりに休養日にして、12日の「まい作品展」への準備に充てた。最近の画像から「アゲハ3種」です。 アオスジアゲハ19.5.8FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/1250,F8いつもは上空をスイーと飛んでいる「青い稲妻」。ハルジオンの花を巡って吸蜜に余念がない。ナガサキアゲハ5.8〃ISO800 ...

  18. アオスジアゲハ・エサキ型 - 風任せ自由人

    アオスジアゲハ・エサキ型

    いつもの躑躅ポイントがあまりパッとしないので、やはり黒系アゲハが期待できる躑躅の咲くマイオリジナルポイントに転戦した。その周辺を探索している時にハルジオンにアオスジアゲハが飛んできた。レンズを向けて何枚か撮影したところでエサキ型であることに気づいた。これはしっかり撮らなければと気合が入ったら、アオスジアゲハにその気が伝わってしまったようで、パッと逃げられてしまった。まあ、証拠程度ではあるが、...

  19. ウスバシロチョウ裏高尾を散策(続) - 蝶のいる風景blog

    ウスバシロチョウ裏高尾を散策(続)

    昨日、アオバセセリを探して裏高尾を散策した。5月になってから一番の快晴だったが、蝶の姿は意外と少なかった。つつじはちょっと盛りを過ぎていたが、例年だと黒いアゲハがひっきりなしに訪れるのだが、時折道を横切る黒いアゲハは見かけたがつつじに集まる姿はまったくなかった。たまたま昨日は少なかったのか、今年は少ないのかは分からなかった。ウスバシロチョウがふわふわと舞っていた。その中に黒いウスバシロチョウ...

  20. アオスジアゲハ再び(2019/05/07)比企 - 里山便り

    アオスジアゲハ再び(2019/05/07)比企

    'アオバセセリ' 出現の一報を「暖蝶寒鳥撮り師」の 'Tさん' から受ける。当初天候が悪く躊躇していたが、 'アオバ' と聞いて、はせ参じるも皆さん帰った後、連絡すると戻ってきてくれた。'Tさん' からレアな画像を見せて戴く。暫らく待ったが、曇りがちで見られるチャンスも少なく、雲が切れると一斉に出てくる &#...

総件数:102 件

似ているタグ