アオハダトンボのタグまとめ

アオハダトンボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアオハダトンボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アオハダトンボ」タグの記事(12)

  1. 2020/6/14(日)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2020/6/14(日)のフィールドワーク

    探索時間:7:00~12:007時の気温:21℃8時の気温:21℃9時の気温:22℃10時の気温:23℃11時の気温:22℃12時の気温:22℃探索中の天候:曇ときどき雨探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ・モートンイトトンボ前回の探索:6/6(定期観察中)今回の探索までの現地の最高気温/最低気温6/0727℃/20℃6/0829℃/20℃6/0930℃/21℃6/1030℃/22℃...

  2. モズ - 続 鳥撮るclub

    モズ

    先日モズが巣作りしていた猛禽類だがとても可愛い♂と♀で共同で作っているようだ下の写真は♂そしてこちらは♀草の枯れ枝を嘴で引きちぎり細くなった繊維を集めて運ぶしっかり子育てして下さい二世が楽しみです下の写真は本日コマドリが撮りたくて小川にいたら目の前にふわっと小さめのトンボが頼りない飛び方でとまった初めて見るトンボで調べるとアオハダトンボのメスのようだもうトンボが出てきたのだとあらためて思う肝...

  3. 『アオハダトンボ』 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    『アオハダトンボ』

    夏の光の中ならアオハダトンボの青藍色の翅の光沢は日の光に煌めき変化し翅は金属色に輝やくばかりなのだが・・・・・。ふたたび落ちだした雨粒の中をシルエットとなってひらひらゆらゆら飛んできてとまる。腹部も青緑の金属色からこの名前がついた(アオハダトンボ)雨つぶにゆらゆらゆらゆら羽黒かな。************《画室『游』croquis・drawing・dessin・sketch》https://...

  4. グンバイトンボ ヤゴ観察 - オヤヂのご近所仲間日記

    グンバイトンボ ヤゴ観察

    ■前回のヤブヤンマ ヤゴ探しに続き、今回はグンバイトンボ ヤゴ探しこの6月、3年かかってようやく撮影出来たグンバイトンボですが、ヤゴで越冬ということで初のヤゴ探し。場所はこの6月に羽化撮影した場所と同じ。いつものように前日移動で車中泊。夜1時過ぎ着で気温は3℃。流石に今回は寝袋を出し6時過ぎまで睡眠。朝は1℃で田んぼには霜が・・。6:30から活動で約1時間の探索。●探索場所岸から突き出た砂地...

  5. キイロヤマトンボ - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    キイロヤマトンボ

    2018年7月2日晴れ気温31℃(11:43)東京からトンボ友のTさんが見えました。目的は、キイロヤマトンボです。Tさんにとっては、1年前から楽しみにしていたトンボ見です。新安城駅9:30待ち合わせで、私の車に乗って頂き、目的の川へ入りました。Tさんの日頃の行いが良いのでしょう。心配していたキイロヤマトンボでしたが、川へ入ると直ぐに、出会うことが出来ました。ただ、午後になると、あまり見ること...

  6. アオハダトンボ - Mag's DiaryⅢ

    アオハダトンボ

    アオハダトンボオスハグロトンボと同じように、翅を開いたり閉じたりする。アオハダトンボはメスも美しい。

  7. 川と池と - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    川と池と

    2018年6月8日うすぐもり気温27℃(11:30)今日は、先日の川へ行き、帰りに近くの池に寄って来ました。その① アオハダトンボのいる川川へは10時半頃入りました。いつものポイントから川へ入り、上流へ向かって川の中を歩いていると、意外なトンボがいました。↑ホソミオツネントンボの♂です。この川で見たのは初めてでした。今日もアオハダトンボを観ることが出来ました。↑アオハダトンボの♀です。↑アオ...

  8. 今シーズン初めての川へ - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    今シーズン初めての川へ

    21018年6月1日晴れ気温24~25℃(10:30~14:30)アオハダトンボを見に、川へ行って来ました。川のある流域は、お気に入りの所で、冬の間は、地形図とコンパスを使って、道のない尾根や沢を歩いています。目的地の川には、10:30頃着きました。このところの雨で水位が上がっていたので、胴長をはいて川へ入りました。この川の特徴は、大量の砂が川に入り込んでいることです。このことが、ある種のト...

  9. アオハダトンボ② - Mag's DiaryⅢ

    アオハダトンボ②

    アオハダトンボ♀縁紋が白いオスほど翅が黒くない。オスと同じように翅を開いたり閉じたりしている。ちと怖い^^;メスの大事なお仕事。産卵。オスが近くにいるので、警護しているのかなと思ったら、なんと、狙っているのだった。まだ産卵途中なのに。メスは何度か逃げて産卵を続けたけれど、最後には摑まってしまった。まあ、こういう形になるということは、メスも合意しているということであり。産卵は大仕事なので、少し...

  10. アオハダトンボ - Mag's DiaryⅢ

    アオハダトンボ

    アオハダトンボが家の近くの川にいればいいのにな。ハグロトンボとそっくりで、でも、まったく違う。なんて言ってたら、ハグロトンボと同じ色になっちゃったょ。ふうん、逆立ちもするんだぁ。今年は隙間の時間にちゃんとアオハダトンボが撮れた。いつものようにちょっぴりお尻が濡れて長靴の中に水が入り込んだけれど( ;∀;)アオハダトンボを撮るにはそのくらいはしなくっちゃね( `ー´)ノ

  11. コヤマトンボの羽化 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    コヤマトンボの羽化

    2017年5月27日(土)晴れ今日は、歩さん、イヨさん、モンさんのトンボ狂会のみなさんと一緒のトンボ観です。目的のS川には、8時頃入りました。↑入川地点から上流側を見たところです。↑ワンドです。水がないときもあります。時間的には、羽化中の個体が観れる可能性があったので、探しながら400mほど上流まで川の中を歩きました。↑コヤマトンボの羽化殻です。先日より水かさが増していて、トンボの姿も多く感...

  12. カエル谷の後、川へトンボ観 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    カエル谷の後、川へトンボ観

    2017年5月24日(水)晴れその①カエル谷県の農業総合試験場の研究員の方々が、カエル谷へ来られました。目的は、田んぼの側溝(排水路など)に落ちたカエルの脱出装置関連での調査です。正式には、「農業水路に転落したカエル類の脱出装置」と言われるものです。これまで、トノサマガエルやダルマガエル、ツチガエルなど種ごとの運動能力や、装置からの脱出率や時間は調べられています。今回は、同じトノサマガエルで...

総件数:12 件

似ているタグ