アカボシゴマダラのタグまとめ

アカボシゴマダラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアカボシゴマダラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アカボシゴマダラ」タグの記事(61)

  1. 残暑の中、河原のチョウを探す - 蝶超天国

    残暑の中、河原のチョウを探す

    9月15日コムラサキやゴマダラチョウが見られる時期になったので地元の河原の様子を見に行ってみましたが、残暑が厳しく大変でした。ヤナギの梢をコムラサキが飛んでいて1頭が近くで静止しました。同じ川の河川敷で柳の木は何処にもありますが場所によって個体数に相当のムラがあります。鮮度も様々で綺麗な個体だけ掲載しています。樹液に集まっている場所は・・と探しますが簡単には見つかりません。やっと数頭が集るヤ...

  2. 里山のタテハチョウ達(2019/09/10)荒川② - 里山便り

    里山のタテハチョウ達(2019/09/10)荒川②

    ..........POTD.........大写しです。まだまだ健在の、「美蝶」が沢山いましたが、 'アカボシゴマダラ' の多さにも驚きました。-------------------------------------------------------------樹液酒場 ”PUB 24” に群がる 'ゴマダラ達' です。滲み出ているよう...

  3. 前に見たのはいつのこと - 野鳥がいるから

    前に見たのはいつのこと

    朝から出かけようと思ったら、やんごとなき方からストップ指令が用事が終わった午後から出かけましたが、どんより曇った中で、上を向いて鳥を見ても全部シルエットでなかなか苦しい状況の中での鳥見ですそれでも渡りの鳥を少し見つけることが出来ました前回見かけたトケンの仲間は姿がありませんでしたが、今日はヒタキ類の姿が見られます中でも良かったのがエゾビタキです鳥見を始めたころは普通に見ていたように思いますが...

  4. ベストドレッサー賞 - *la nature*

    ベストドレッサー賞

    舞岡公園で出会った昆虫たちの中で、ファッショナブルな面々を集めてみました!こんなイモムシ見た事ないよ~!まるでグリーンのベストを着ているみたい^^調べたところ、ホソバシャチホコの幼虫でした。幼虫時代がこんなに複雑な模様なら成虫はどんな姿になるのかな?と思いましたが成虫はいたって地味~な蛾でした^_^;散策中、思いがけず目の前にとまっていたアカボシゴマダラこの赤と黒の模様は目立ちますね~*続い...

  5. 20190829 秋の気配なのに蒸し暑い。 - 鳥撮り散歩

    20190829 秋の気配なのに蒸し暑い。

    鳥枯れの日々。「カワセミ」もイマイチで・・・かろうじて「ルリモン」ゲット!

  6. 小畔川便り(少し変わったサトキマダラヒカゲ:2019/8/12) - 小畔川日記

    小畔川便り(少し変わったサトキマダラヒカゲ:2019/...

    8月12日は自宅前の川の上流の様子を見に行く。車を止めて歩き始めると、アカボシゴマダラが鳥の糞で吸汁していた。雑木林ではサトキマダラヒカゲが吸汁している。今年はサトキマダラヒカゲが多いような気がする。それとも他の蝶が少ないのかな。家内が翅を開いた蝶がいる!と言う。行ってみるとサトキマダラヒカゲが翅を開いて止まっていた。サトキマダラヒカゲって翅を開いて静止したっけ?と思って様子を見ているけど閉...

  7. 朝の海岸 - 朝の散歩道

    朝の海岸

    薄雲覆う早朝の海岸です。堤防の草花ツユクサとヘクソカズラ始めてみる蝶アカボシゴマダラのようです。

  8. 第39候深い霧が舞い降りる - Wind Tribe Story

    第39候深い霧が舞い降りる

    アカボシゴマダラうちの近所ではよく見る蝶だが外来種だとは思わなかった日本固有種(奄美に生息しているらしい)は樹液を吸わないらしい今年はカブトムシが大発生しているみたいだこのクヌギだけでも20匹近くいたうちでつがいになったカブトムシを2組ともこの森に離した来年またこの子たちの子供に会えると良いねぇ良き週末をお過ごしください蒼の刻

  9. ■蝶 3種19.8.17(モンキアゲハ、ジャコウアゲハ、アカボシゴマダラ) - 舞岡公園の自然2

    ■蝶 3種19.8.17(モンキアゲハ、ジャコウアゲハ...

    台風10号と入れ違いにやってきた孫娘台風の吹き荒れた3日間は、今朝まで11時過ぎに去って行った。2階の2人も加えた娘5人の賑やかなことといったらなかった。草花の合い間に蝶の写真はいかが?モンキアゲハ19.8.10FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/500,F8花盛りで独特の香りの強いクサギの花でしきりに吸蜜に忙しい姿を写しとめるのに苦労します。ジャコウアゲハ...

  10. アカボシゴマダラなど - 生きる。撮る。

    アカボシゴマダラなど

    アカボシゴマダラコミスジヒメアカタテハご覧いただきありがとうございます。

  11. 在来種ゴマダラチョウと外来種アカボシゴマダラ - 花と葉っぱ

    在来種ゴマダラチョウと外来種アカボシゴマダラ

    撮影:8月5日(千葉市・加曾利貝塚公園)月曜日でしたので、博物館は休み、縄文遺跡の発掘も休みでした。オオムラサキは完全にアウト。外来種アカボシゴマダラがヨタヨタひらひら上空を飛んでいたが高い高い梢に止まった。しばらく散策しながら、現れた蝶などを撮っていた。やがて暑くて耐えられなくなり、駐車場へ向かって歩いていると、ゴマダラチョウが通路の舗装の上に止まって翅を閉じたり開いたりしていた。炎天下の...

  12. アカボシゴマダラの白化型 - 花と葉っぱ

    アカボシゴマダラの白化型

    撮影:7月26日(千葉市・加曾利貝塚公園)オオムラサキのオスを撮りたくて、またまた行ってしまいました。残念ながらメスは数頭いて樹液を吸っていましたが、オスは現れませんでした。あちこちの樹液を出しているクヌギなどを渡り歩きましたが、一時間経っても現れないので諦めて帰ることにしました。オオムラサキのメス♀アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)タテハチョウ科 コムラサキ亜科斑紋は近縁のゴマダラチョウによ...

  13. タテハチョウ科の仲間3種 - 花と葉っぱ

    タテハチョウ科の仲間3種

    撮影:7月24日(千葉市・加曾利貝塚公園)オオムラサキが樹液を吸っていたのと同じ樹幹で、タテハチョウ科の仲間3種が、カナブンやヨツボシケシキスイと一緒に樹液を分け合っていた。アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)タテハチョウ科 コムラサキ亜科斑紋はゴマダラチョウによく似ているが、後翅の外縁に鮮やかな赤い斑紋がある。口吻(吸管)は黄色~橙色。複眼は黒色。開翅長45~75ミリ、前翅長42~52ミリ。「...

  14. 2019.7.18東京・恵比寿アゲハ2019.7.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.7.18東京・恵比寿アゲハ2019.7.21...

    2019.7.18曇っていたがアオスジアゲハがブッドレアにやって来る。ブッドレアは花の色がどぎつく、咲き終えた枯れた花弁が花穂に茶色に残るので好きではないが、曇っているとそれが目立たない。ブッドレアの英名はバタフライ・ブッシュ、納得しました。例によって花から花に飛び移る瞬間を狙っていたのだが、全くピントが合わなかった。でも、アオスジアゲハの撮影は時間を忘れるほど楽しい。アオスジアゲハがいつの...

  15. アカボシゴマダラ(蝶)(外来種) - しらこばとWeblog

    アカボシゴマダラ(蝶)(外来種)

    先日、谷津干潟公園の駐車場で、木の葉にとまっているアカボシゴマダラ(蝶)(外来種)を見つけました。夏型なので、黒地に赤い斑のある蝶ですが、蝶のフィールドガイドによると、20年ほど前、神奈川・藤沢市で確認された中国原産の蝶です。この蝶は口吻が真っ黄色なのも特徴です。これは、蝶マニアが、日本へ持ち込んで放蝶したものだといわれています。その後、関東南部を中心に、分布を広げているようです。なお、これ...

  16. ■アカボシゴマダラ(夏型)の羽化19.7.16 - 舞岡公園の自然2

    ■アカボシゴマダラ(夏型)の羽化19.7.16

    今日も「梅雨寒」で終日小雨が降り続く1日。録画してあった「ウィンブルドンテニス」決勝・ジョコビッチ対フェデラーの4時間余の熱戦を観戦しながら、食パン焼きをする。きのう予期せぬ場所で、羽化したばかりで蛹の抜け殻と一緒のアカボシゴマダラ(夏型)を見つけた。アカボシゴマダラ(夏型)19.7.15FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/400,F4エノキの幼木、おいしい...

  17. 海の日の一日 - しらこばとWeblog

    海の日の一日

    今日は、海の日でしたね。起きて、ネットのtenki.jpで天気予報を見て、これならば大丈夫かと、海を見に、千葉までドライブをしてきました。まずは、しばしば行く習志野市の谷津干潟まで、東京湾岸道路(東関東道)を片道1時間半。途中、雨雲もある中、薄日ありで、30分ほど、久々の紫外線を浴びました。谷津干潟は、ときどき、バードウォッチングで出かけるところです。今日は、残念ながら、期待していたシギ類に...

  18. 初見のミスジアツバ、再見のオオシラホシアツバ - 花と葉っぱ

    初見のミスジアツバ、再見のオオシラホシアツバ

    撮影:6月13日(流山市・市野谷の森)ミスジアツバ(三条厚翅蛾)ヤガ科クルマアツバ亜科<初見>開張:約25ミリ3本のくねくね曲がった薄いラインと1本の真っ直ぐ走る太めのライン(外横線)が特徴的。外横線は明瞭で茶褐色と淡色をしている。前翅の内横線と外横線の中央に「く」の字型の紋がある。 顔の先には針の様な鬚が突き出ている。オオシラホシアツバ(大白星厚翅蛾)ヤガ科クルマアツバ亜科開張:約40ミリ...

  19. 小畔川便り(ちょっと素敵な異常型:2019/5/30) - 小畔川日記

    小畔川便り(ちょっと素敵な異常型:2019/5/30)

    5月30日、この日は晴れで風もない穏やかな日。気温は27℃くらいに上がるようだけど、朝は気温も低く湿度も少なくてさわやかな朝だった。家内は所用があるので、家の掃除などを済ませた後、10時少し前に一人で昨日と同じ場所に出かける。前日アカシジミが多かった場所を探すけど1頭もいない。歩き回っていたら足元からウラナミアカシジミが飛び出した。羽化間もないのか不活発で、飛び立ってもすぐに止まる。それで飛...

  20. 小畔川便り(ゼフ以外の蝶の行動:2019/5/29) - 小畔川日記

    小畔川便り(ゼフ以外の蝶の行動:2019/5/29)

    5月29日に、アカシジミなどを撮影した場所では、アカボシゴマダラが多く見られた。樹液の出ている場所は、この時期スズメバチ類が来ていることも多い。アカボシゴマダラは体の割に気が弱いのか、遠巻きにして様子を見ていた。メスと思われる個体が葉の上に止まっていた。周囲を見ると何頭かのアカボシゴマダラが飛んでいたので、オスがやってくるだろうと思ってカメラを構えていると、期待した通りにオスが求愛に来た。家...

総件数:61 件

似ているタグ