アカボシゴマダラのタグまとめ

アカボシゴマダラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアカボシゴマダラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アカボシゴマダラ」タグの記事(33)

  1. 在来種キタキチョウと、外来種アカボシゴマダラ - 花と葉っぱ

    在来種キタキチョウと、外来種アカボシゴマダラ

    撮影:9月21日(千葉市・加曾利貝塚公園)下書きを作って保存したまま投稿するのを忘れていました。ボケか健忘症かが少しずつ進行しているような気がします。ああああ~キタキチョウ(旧名:キチョウ)は普通の蝶ですが、久し振りに見ました。奄美亜種を除く種アカボシゴマダラはどこかの馬鹿垂れが放蝶した要注意外来生物(外来生物法)で、防除対象に指定されています。

  2. アカボシゴマダラ初見Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    アカボシゴマダラ初見Byヒナ

    今回3種目の野鳥初撮りはアマサギ。今春の八重山遠征で初見を果たしていましたが、その時は撮れず。今回は遠くのカワウの集団の中に居て、証拠写真レベル。亜麻色の部分が少なくてコサギと間違えそうでした。もう冬羽に変わり始めているのでしょうね。フライトの時間が近づいてきたので、そろそろ撤収。帰り道でフワフワと飛ぶ蝶に遭遇しました。一瞬アサギマダラかと思いましたが、後翅の赤斑が目に入り、アカボシゴマダラ...

  3. 2018.9.18東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.9.27 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.9.18東京・恵比寿ヤマトシジミ2018.9...

    2018.9.18草刈り中作業中に頼み込んで刈られずにすんだ80cm四方のカタバミ群落に行ってみると、2~3頭のヤマトシジミが飛び回っていた。とりあえず、広角で連写する。1頭しか写らなかったがどうやらこれはメスのようだ。飛んでいるとき青く見える。カタバミにとまるのを待つ。吸蜜中、少しずつ翅を開き全開。少しだけ青鱗をつけていた。前翅の茶色の筋も美しい。翅の模様は複雑だ。なかなか後ろが抜けた場所...

  4. 田舎の庭で見た昆虫4種 - 花と葉っぱ

    田舎の庭で見た昆虫4種

    撮影:9月18日(千葉市・田舎の庭)屋敷の草地をぶらぶら何気なくのんびりと歩きながら、習性で目だけはキョロキョロと昆虫を探している自分がいた。ヤツデの大きな葉っぱが行く手をふさぐように八方に広がっていた。白い塊が不自然に動いていた。ヒメシロコブゾウムシだ。人間の接近に気づき逃げて隠れようとあたふたしているようだ。カメラを近づけたら動きがピタッと止まった。カメラを離すと再び逃げようと動き出す。...

  5. イヌキクイモとキアゲハ - あだっちゃんの花鳥風月

    イヌキクイモとキアゲハ

    エナガとコゲラしか撮れなくて、野川自然観察園に移動しました。野川に沿った道が、台風21号で木が折れて、通行止めになっており、遠回りをしました。この日は90マクロのレンズで、蝶とトンボが撮れました。イヌキクイモの黄色い花に来たキアゲハ。アザミの花に来たキアゲハ。アカボシゴマダラ。リスアカネ。

  6. アカボシゴマダラ・コミスジ・ツマグロヒョウモン(2018/09/01-07)荒川① - 里山便り

    アカボシゴマダラ・コミスジ・ツマグロヒョウモ...

    今回も撮影順不同で掲載です。今回も樹液酒場からスタートですが、前回の樹液酒場の立ち飲み状態はもう休業状態です。樹液酒場の様子を見いて振り返るとラバー・グリプに訪問、ミネラル補給をしていた大型の 'アカボシ' です。メスでもミネラル補給をするのでしょうか?アカボシゴマダラ夏型(赤星胡麻斑)The Red-ring Circe(summer-morphs) [H...

  7. 小畔川便り(アカボシゴマダラの吐水吸い戻しと産卵:2018/8/22) - 小畔川日記

    小畔川便り(アカボシゴマダラの吐水吸い戻しと産卵:20...

    8月22日は自宅前のギンイチではなくて、もう少し上流のギンイチの様子を見に行く。その前に、近くの公園の様子も見ることにする。歩き始めても蝶の姿がほとんどない。小さな渓流に差し掛かるとちらっと動く影。止まったところを見るとテングチョウだった。ニコンD500ニッコール70-2005月14日、7月9日と新鮮個体を見ているので、この個体は3化だろうか。ミドリシジミを観察した場所ではイチモンジチョウが...

  8. ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ・ルリタテハ(2018/08/19)荒川② - 里山便り

    ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ・ルリタテハ...

    樹液酒場に集まる面々禁酒法施行時代にさかのぼったの様に、我らが里山は樹液が枯渇してしまっている。今日は僅かな滲み出るような樹液に群がっていた。'アカボシ君' を先頭に 'ゴマダラチョウ達' がお行儀よく順番待ちです。アカボシゴマダラ夏型♂(赤星胡麻斑)The Red-ring Circe(summer-morphs) [Hestina as...

  9. サトキマダラヒカゲ・アカボシゴマダラ(2018/08/19)荒川 - 里山便り

    サトキマダラヒカゲ・アカボシゴマダラ(201...

    昨日から気温が下がり過ごしやすい。地元のフィールドを今日も探索です。かなり蝶影が濃い、いきなりテンションが上がる。順不同で掲載、まずは狙いの 'サトキマダラヒカゲ' の飛翔から,,,,,里山感を入れつつ、'ヤブラン' を背景に狙った。サトキマダラヒカゲ夏型(里黄斑日陰蝶)The Goschkevitschi's Labyrinth...

  10. ゴマダラチョウとアカボシゴマダラ - 花と葉っぱ

    ゴマダラチョウとアカボシゴマダラ

    撮影:7月25日(千葉市・加曾利貝塚公園)30度を超える毎日でしたが、この日は曇り空で気温がいつもより低く、涼しい風が吹いていたので、10日振りに散策に出かけました。気温が少し低いとはいえ、歩けば汗びっしょり。熱中症が心配なので一時間ほどで引きあげました。大きなクヌギの幹の高さ1メートルのところに、アカボシゴマダラが樹液を吸っていた。お腹一杯になったのか、ひらひらと近くの葉っぱに止まって休憩...

  11. 近場のアカボシゴマダラ - Sky Palace -butterfly garden- II

    近場のアカボシゴマダラ

    北海道から帰ってきた週だったので、遠出を控えて近場で蝶を楽しみました。■アカボシゴマダラHestina assimilis

  12. ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ(2018/07/13-15)②小紫公園(仮) - 里山便り

    ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ(2018/07/13...

    「樹液酒場」といえば、当然発生しているだろうと待ち受け、期待通りのご登場です。真夏の里山の ”貴公子” です。ゴマダラチョウ夏型♂(胡麻斑蝶)The Japanese Circe (summer‐morphs) [Hestina persimilis japonica]直接「樹液酒場」には行かず、様子を見ながら近寄っていきます。既に陣取っていて吸汁中の 'アカボシ君&#039...

  13. ■切り株に群れるチョウ18.7.15 - 舞岡公園の自然2

    ■切り株に群れるチョウ18.7.15

    連日の猛暑、体調を考えて散策は控える。今日は東京の「お盆の中日」だが、墓参に浅草に出かけるのも控える。許してください。9日の散策で出会ったシーンです。「きざはしの谷戸」は茂ったヨシの葉で覆われているが、アカメガシワの木のすぐ傍の切り株にチョウが3頭、樹液を吸っているのだろうか。強烈な陽光が当たっているので、撮影が難しい。切り株に群れるチョウ18.7.9FUJIFILM X-S1 24-624...

  14. 公園の七不思議 - 不思議の森の迷い人

    公園の七不思議

    沖縄と順序が逆になってしまいましたが、6月の初めです。トラフシジミの夏型を探しに行きました。春型は毎年、埼玉の公園に行っていましたが、夏型を見に行くのは初めてでした。地面に積もっているのは木から降ってくるムクロジの花です。トラフシジミは地面に落ちた花から吸蜜しています。まるで小さな王冠が落ちているみたいです。トラフシジミの夏型の裏翅は全体的に褐色で、春型のようなくっきりした模様ではありません...

  15. 2018年'東京都武蔵村山市のアカボシゴマダラ(第46号) - 【蝶フィールド日記】~チョウ屋のmoririnです!~

    2018年'東京都武蔵村山市のアカボシゴマダ...

    2018年5月27日(日)12時ー13時☀東京都武蔵村山市中藤番太池周辺【採集結果】アカボシゴマダラ(春型)1♂、ミスジチョウ1今年初ブログです!今日はアカシジミ、ウラナミアカシジミあたりが多分出ているだろうから写真を撮りに行こう!という軽い気持ちで多摩湖へ向かいました。いつもの番太池横に車を止めて外へ出た瞬間、頭上から舞い降りてくる白くて大きなチョウが目に入った❗アカボシゴマダラの春型だ❗...

  16. ウラゴマダラシジミ、アサマイチモンジ、アカボシゴマダラ等 - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    ウラゴマダラシジミ、アサマイチモンジ、アカボシゴマダラ等

    2018年5月18日MFです、蝶を探しに行きました。蝶は表と裏の模様や色合いが全くと言ってよいほど違うものがあります、しかもなかなか開かなかったり逆に閉じないのもがあるので撮影には鳥とは違った忍耐力(?)が必要です。ウラゴマダラシジミ♀かなり粘ってやっとこれだけ開いてくれました。アサマイチモンジテングチョウアカボシゴマダラかなり傷んでいますがクロアゲハ♂のようです。ヒメウラナミジャノメモンシ...

  17. こんな所に珍蝶 - 比企丘陵の自然

    こんな所に珍蝶

    最近我が家の庭へ普段あまり見る事の無い蝶が飛んで来ます。先日は何でこんな所にナガサキアゲハが居るの?余り離れて無い所に蝶を飼育している方が居ました。まだその方が飼育をしているのかもしれません。ヒョットするとナガサキアゲハはその方が放したのかもしれません。昔アサギマダラを見た時もその方が放したものと分かりました。今日はオオゴマダラの仲間と思われるような蝶が居ました。この蝶は初めて見るのでカメラ...

  18. 小畔川便り(秋色の蝶たち:2017/12/2) - 小畔川日記

    小畔川便り(秋色の蝶たち:2017/12/2)

    12月2日は午前中は晴れ、12℃くらいまで上がったかな。アラカシの葉で越冬中のムラサキツバメの5頭集団はそのままだけど体が起き始めている。ニコン1V31ニッコール70-300越冬中のウラギンシジミの背景にサザンカが咲いていたので、それが入るようにして撮影。ニコンD500シグマアポマクロ150歩いていたら、ちょっと見掛けない蝶の姿が。何だろうと思って近づくとアカボシゴマダラだった。ニコンD50...

  19. 星をなくした赤星くん - 夜つぐみの鳴くところで

    星をなくした赤星くん

    こちら特定外来種の アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)です。もうお馴染みとなった地球温暖化を象徴するような蝶ですね。実はこの蝶、発生時期により春型と夏型で印象がかなり違うんですよ。春型は、赤い斑紋が目立たずに全体に白っぽい感じです。夏型は、後翅後部に赤い斑紋があり全体は黒白のコントラストが強いです。改めてこの子を見てみると何か変な感じがします。そう全体の印象は夏型なのに特徴的な赤い斑紋がないん...

  20. ヒガンバナの咲く川原で-1(2017/9/9.14) - 小畔川日記

    ヒガンバナの咲く川原で-1(2017/9/9.14)

    9月9日はヒガンバナの様子を見に車で10分ほどの別の水系の川原に出かける。ヒガンバナはまだ咲いていなかった。ニコン1J51ニッコール10-30歩いていたら、ムラサキシジミがクヌギの幼木の芽に産卵行動をとっていた。ニコンD500ニッコール70-200カメラを向けた時にはその様子を撮れなかったけど、触覚で芽の様子を探っているような仕草をしていた。近くでは、ムラサキツバメがクヌギの葉で休んでいた。...

総件数:33 件

似ているタグ