アキアカネのタグまとめ

アキアカネ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアキアカネに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アキアカネ」タグの記事(24)

  1. 2017/11/12(日)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2017/11/12(日)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:7:30~12:00到着時の気温:10℃(気象庁発表)撤収時の気温:16℃(気象庁発表)現地実地気温:15℃(8:30) 20℃(9:00) 22℃(11:00)(持参気温計)天候:晴探索対象:ホソミイトトンボ定期観察しているフィールドで、前回の訪問は11/5。前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況★出現の様子は前回と同様だった。・11:30頃にチャノ...

  2. 今年最後のトンボ観察 - 晴れ、ときどきトンボ!

    今年最後のトンボ観察

    久しぶりに近所の池にマイコアカネを探しに行きました。この日は天気もよく久しぶりマイコアカネやアキアカネを観察できてほっとしておりました。そして日当たりのよい池のそばに行くとなんとオオアオイトトンボがいるではないか・・・今まで自然公園や秩父方面でしか見れないと思っていたトンボがこんな近所で見れてとても感動しました。ナツアカネもここまでくると全身真っ赤です。

  3. もう終盤ですね - 晴れ、ときどきトンボ!

    もう終盤ですね

    近所の池にてトンボ観察。この日は舞妓さんを観察することができませんでした。残念・・・ アキアカネはまだまだ元気です。かわいそうですね・・・

  4. アキアカネの群飛 Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    アキアカネの群飛 Byヒナ

    アサギマダラを撮った帰り、池の上空ではアキアカネが群飛していました。20~30頭前後だったと思いますが、大人になってからこれほどの数を見たのは初めて。子供の頃は当たり前の光景だったので、またいつでも見られるようになってほしいです。点にしか見えませんが、15頭ほど写っています。テリ張り中のオスも。そういえば、今年はまだ産卵シーンを撮っていません。まだチャンスはあるかな~

  5. 赤とんぼを探して 旧旭町 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    赤とんぼを探して 旧旭町

    2017年10月27日 (金) 晴れ 気温 21℃ (11:30)雨が止んで2日目なので赤とんぼの産卵に期待して、旧旭町に行って来ました。◆押井地区 途中数か所の田んぼを観ながら、最初の目的地へは10:40に着き、30分ほどで、アキアカネの交尾や産卵を観ることが出来ました。↑ 谷間にあることと、10月の長雨で、水位が上がった田んぼ。◆伊熊地区昨年はアキアカネの産卵をたくさん確認出来た田んぼ...

  6. 赤とんぼを探して 旧作手村 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    赤とんぼを探して 旧作手村

    2017年10月26日(木) うす曇り 気温20℃ (11:00) 1週間ぶりに雨が止んだので、赤とんぼ調査に旧作手村へ行って来ました。旧作手村は、標高700mほどの山々に囲まれた、平均標高550mの準平原で、「日本の重要湿地500」に選定されている「長の山湿原」などの泥炭湿地が点在し、ため池や、小川に渓流もあり、トンボにとっては良い環境で、かつては愛知県の84%に当たる種類のトンボが生息し...

  7. 陽だまり - Mag's DiaryⅢ

    陽だまり

    玄関にアキアカネのカップル!(^^)!最近やっとアキアカネの姿を見る。ナツアカネも飛んできて、仲良く日向ぼっこ(*^-^*)ブロック塀の上にもナツアカネ(#^^#)ふにもお日様が大好き。

  8. 秋色 - ぷんたのかあさん Photo徒然草

    秋色

    枯れ葉の褥でアキアカネのペアリング来年へ命を繋ぐ最後のお勤めですね

  9. 2017/10/21(土)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2017/10/21(土)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:8:00~11:00到着時の気温:17℃(気象庁発表)撤収時の気温:17℃(気象庁発表)現地最高気温:20℃(持参気温計)天候:雨探索対象:ホソミイトトンボ定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は10/9。前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況★前回観察できたポイントを探索したが、「ホソミイトトンボ」は見つからなかった。 ⇒雨の影響と、気温が...

  10. ナツアカネ・アキアカネ 産卵 - オヤヂのご近所仲間日記

    ナツアカネ・アキアカネ 産卵

    ■アカネ系産卵撮影今期の残りの課題、アカネ系産卵撮影ですがどうにも天候に恵まれません。加えて夏の疲れからか、体調もよろしくありません。前日から不調で朝方動けず休暇を頂きました。ゆっくり休みを取り、だいぶ調子も戻ってきたので様子見。●ナツアカネなぜか産卵数が少なすぎです。広い田んぼを見渡しても数組しか産卵ペアが見当たりません。産卵中のペアに近付き、向こうからこちらに来てくれそうな所で待ち伏せし...

  11. 夕焼け小焼けの赤とんぼ - 夜つぐみの鳴くところで

    夕焼け小焼けの赤とんぼ

    澄み渡る秋空に赤とんぼが飛び交う季節となりました。こちらは アキアカネ(秋茜) いわゆる 普通の赤とんぼ です。こちらは ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉)です。腰と袖の部分に色がついている着物を 「熨斗目」 というそうですね。ノシメトンボは翅の先端部分が褐色になっています。これが袖に色がついた 熨斗目模様 に似ているということなんですね。地方によっては「クルマトンボ」と呼ばれる事もあると言います。...

  12. 再びノシメトンボを探しに - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    再びノシメトンボを探しに

    2017年10月4日 (水) 晴れ 気温26℃(11:30)下山地区のアキアカネの調査の帰り、峠を越えて、旧足助町の某地へ寄りました。すると、獣害防止柵に、複数のアキアカネやノシメトンボが止まっていました。ここは、かつてノシメトンボがたくさんいた旧足助町岩谷の田んぼから3Kmほどしかありません。一部が生き残っていたようです。↑ アキアカネです。↑ ノシメトンボです。地区の方が3名見えたので、...

  13. 2017/10/5(木)の庭 - フィールドワーク撮影記

    2017/10/5(木)の庭

    前の晩に、窓を開けたら室内に迷い込んできた昆虫がいました。よく見たら、「アキアカネ」でした。そっと捕まえて、庭の植木に掴まらせました。昨年の同じ時期にも、自宅近辺で「アキアカネ」を観察しました。「アキアカネ」は、夏の間は高原などで避暑し、晩夏に里に降りて来ます。私の住んでいる地域では、10月上旬頃に来るようです。翌朝、庭の植木を確認したら、まだアキアカネは居残っていました。せっかくなので、記...

  14. 古代米とアキアカネ - 旅のかほり

    古代米とアキアカネ

    実りの秋になりました。稲穂が垂れて、稲刈りも終わっているところもありました。栄養価も高いといわれる古代米の黒米もたわわに実ってアキアカネのカップルが忙しそうに飛んでいました。日曜日は陽ざしが強くてコントラストの強い画像になりましたが、トンボが飛ぶ里山の秋の雰囲気を味わいました。カップルが稲穂にしがみついて。アマガエルもちゃっかり休憩中。黒米の稲穂おいしそ~こちらは普通にみられる稲。白米や玄米...

  15. M田圃にて - 菜奈ちゃんコーナー

    M田圃にて

    昨日もM田圃にノビタキ撮影に行きました、セイタカアワダチソウも後1週間もすると黄色くなるのだがチョット離れた休耕田にてアキアカネがあちこちで交尾していた。

  16. 赤とんぼを見に - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    赤とんぼを見に

    2017年9月24日(日) 晴れこのところ市内数ヶ所の田んぼを見ているのですが、時期が早過ぎたのか、産卵に適してなかったのか、アキアカネの産卵に出会うことが出来ない日々が続いていました。そこで、あそこならばと、家から40Kmほどの旧旭町の田んぼへ出掛けました。この田んぼは、例年アキアカネの羽化や産卵が確認されている所です。モンさんとイヨさんが同行です。そして、たくさんのアキアカネの産卵を観る...

  17. おわれてみたのは、アキアカネ - 丹馬のきょうの1枚

    おわれてみたのは、アキアカネ

    童謡「赤とんぼ」は、このアキアカネを歌ったものです。桂文枝師匠の創作落語「赤とんぼ」の中に、童謡好きの部長とその部下のこんなやりとりがあります。●「♪夕焼けぇ小焼けぇの赤とんぼぉ~、おわれてみたのは~いつの日ぃか~…意味、わかるか?」〇「借金取りに追われたんですか?」●「違うがな。守り姉ぇやに負われてや」…恥ずかしながら、僕も子どもの頃、同じような勘違いをしておりました。てっきり、赤とんぼが...

  18. 2017/9/24(土)のフィールドワーク② - フィールドワーク撮影記

    2017/9/24(土)のフィールドワーク②

    2017/9/24(土)のフィールドワーク①の続きExciteのブログはタグが3個までしか付けれないので、「ナツアカネ」「アキアカネ」はコチラに投稿。ナツアカネ連結産卵飛翔OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROナツアカネの産卵は、空中で卵をバラまく方式(打空産卵)です。(アキアカネは、打水産卵...

  19. アキアカネ? バン - 生きる。撮る。

    アキアカネ? バン

    アキアカネ?バンいつもありがとうございますにほんブログ村にほんブログ村

  20. それは、ドアップ - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    それは、ドアップ

    アキアカネのメスさんのドアップ!撮影している私を、絶対、「なにしてんのよっ」って見てるよね^^かわいい^^私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ