アクションのタグまとめ

アクション」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアクションに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アクション」タグの記事(11)

  1. 最新映画レビュー『デッドプール2』 接近型アクション、意外に真面目なメッセージありの充実作 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『デッドプール2』 接近型アクション、...

     アメコミヒーローものに全く関心ない人はスルーだろうが、好きな人はスルーできない「デッドプール」。ディズニー傘下となったMCUにはない、バイオレンスと下品ネタ、楽屋オチ満載で、子供は楽しめない(日本ではR15指定)ヒーローものだ。 偶然なのか、今回の敵は、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の悪役サノスを演じたジョシュ・ブローリン。老け顔だが、現在50歳。ってことは僕より歳下か! 映画...

  2. シックス・デイ ☆☆☆☆ - The Movie -りんごのページ-

    シックス・デイ ☆☆☆☆

    THE 6TH DAY 2000/米 監督:ロジャー・スポティスウッド 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、トニー・ゴールドウィン、ロバート・デュヴァル、マイケル・ラパポート ストーリー(allcinema解説より) 2010年。 生命科学の進歩はクローン人間を作り出すことをも可能にしていた。 ただし、実際には法律で禁じられた行為であった。 神による人類創造にちなんだ...

  3. 最新映画レビュー『ランペイジ 巨獣大乱闘』 開き直ったタイトルだが、それも納得(笑) - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ランペイジ 巨獣大乱闘』 開き直った...

    一つの仕事が終わったら、すぐ次の仕事がすぐにやってくる。ここ数日、仕事以外はお酒を飲みに行くのがやっとという椅子に座りっぱなしの体に悪い日々。ニュースを見ても、毎日誰かが改ざんと言い訳をしている。こんな大人達を見ていたら、子供もずる賢い知恵だけ身につけ、真面目にやるのが馬鹿らしくなる。思えば昔の子供(オレ)は、怪獣達が都市を破壊するのを喜ぶぐらいの単純なものだった。その血を受け継いだ息子は、...

  4. 待望の最新作『うたわれるもの斬』のジャンルは「進撃アクション」!! - 『うたわれるもの斬』お得な予約情報局

    待望の最新作『うたわれるもの斬』のジャンルは「進撃アク...

    ⇒「うたわれるもの斬」特報PVはコチラ9月27日発売の「うたわれるもの」シリーズ最新作『うたわれるもの斬』今度のジャンルは、敵をバッサバッサと切り倒していく爽快進撃アクションとなっております!!気になるPVも公開されて、発売が待ち遠しいですね!!ちなみに価格は、通常盤が7,800円(税抜き)ダウンロード版が7,000円(税抜き)特典つきプレミアムエディションが1万800円(税抜き)[特典]・...

  5. 映画レビュー『バーフバリ伝説誕生』 GW中、DVDで見る - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    映画レビュー『バーフバリ伝説誕生』 GW中、DVDで見る

    みなさま、GW後半、いかがお過ごしでしょうか?こちら特に予定も入れず、粛々と家仕事。せめて、レンタルDVDを借りて2時間の娯楽を自分へのサービスに。 昨夜観たのは、2時間半のインド映画『バーフバリ伝説誕生』。大ヒット作の、前編の方。近年は洗練されたとはいえ、そこはインド映画。ハリウッド映画では見ないような演出やCGの使い方に、はまってしまう。半分だけ見て寝ようかなー、と思っていたけど、最後ま...

  6. 『アトミック・ブロンド』 - 『HARETOEN』ハレトエンの日々。

    『アトミック・ブロンド』

    『アトミック・ブロンド』2017年/アメリカ/R-15監督:デヴィット・リーチ/主演:シャーリーズ・セロンプロデューサーにもセロンの名前一度観ではうっすらわかったような振りする感じ。映画の舞台はベルリンの壁が崩壊寸前のドイツ。見た目からクールでかっこいいセロン姉さん。すごく目立つスパイやな。中身も鋼のような精神力持ってる。男顔負け、むちゃくちゃ体張ってます。泥臭くて見てるこっちが痛い怖い。。...

  7. 最新映画レビュー『パシフィック・リム/アップライジング』レベルダウンだが、これはこれでいいのかな - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『パシフィック・リム/アップライジング...

    子供の頃は怪獣映画が大好きだった。何よりも怪獣は、ビルを破壊するほど大きくなければならない。そしてそれと戦うヒーローも。21世紀になり、ハリウッドで次々と怪獣映画が作られ始めているが、元祖となる日本では、子供達は怪獣離れ。ゲームばかりとは残念だ。 さて、前作『パシフィック・リム』は日本以外では大ヒット。しかし制作費がかかりすぎて(『シン・ゴジラ』の約10倍)、中国での大ヒットがなければこの続...

  8. 最新映画レビュー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 深みはないが、お気楽に見られる娯楽作 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャン...

    2017年/アメリカ監督:ジェイク・カスダン出演:ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギラン配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ロビン・ウィリアムズ主演の映画『ジュマンジ』は1996年の映画なので、もう20年も経ってしまったのだなあ。本作はそのリメイクではないが、時代設定的にその続編的な匂いも漂わせている。ただし、前作はゲームの中のキャラクターが...

  9. 最新映画レビュー『ブラックパンサー』MCU作品としては申し分なし。そして現代世界への警鐘も - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ブラックパンサー』MCU作品としては...

    「ワカンダ! ワカンダ!」。全米ではまさかの超特大ヒットとなり、来週には歴代興収で『アベンジャーズ』や『最後のジェダイ』を抜き、第4位に入る見込みだという。息切れを見せず、エンタメの王道を送り続けているMCUシリーズ。今回は、単体のヒーローもので、「ライオンキング」的なドラマ、横尾忠則的なSFアフロフューチャーのデザイン、そしてほぼ黒人キャストにもかかわらずクローズドな観客設定になっていな...

  10. ベイビー・ドライバー (2017年) MUSIC ON! - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    ベイビー・ドライバー (2017年) MUSIC ON!

     ギャング(ケヴィン・スペイシー)に弱味を握られているベイビー(アンセル・エルゴート)は、裏社会の“ドライバー”として生きてきた。幼いころ交通事故で両親を失くし、育ててくれた聾唖の養父と、ずっと鳴りやまない耳鳴りをかき消す音楽が、彼のパートナーだ。冒頭の走りで掴みはOK。ワクワクしながらいるけれど、味わいたい興奮は更なる盛り上がりをみせず、ブツ切れのドライビング・シーンに疾走感は長続きしてく...

  11. 『バーフバリ』シリーズ  伝説誕生/王の凱旋   - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    『バーフバリ』シリーズ  伝説誕生/王の凱旋  

     発想がぶっ飛んでる。ハリウッド超え、『ロード・オブ・ザ・リング』超えのスケール観に参りました。(エキストラに3万人だとか...)超展開だってなんのその。ボリウッドらしい、歌にメロドラマに壮絶アクションに、ホロリと来る人情まで揃った見事なごった煮。すでに後編となる『バーフバリ 王の凱旋』も上映を終えている。(あらすじ) 不思議な力に守られて川に浮かんだ赤ん坊が、大滝の下で暮らす村人たちに拾わ...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ