アゲハチョウ科のタグまとめ

アゲハチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアゲハチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アゲハチョウ科」タグの記事(55)

  1. ギフチョウの交尾も撮れました - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ギフチョウの交尾も撮れました

    春を迎えて菜の花やサクラが咲き、カタクリやスミレなどが野原を彩る時期になると、年一回だけ羽化する季節を迎えるギフチョウが、その優雅な姿を見せてくれます。「春の女神」と称されるその姿は、1年間の出現を楽しみに待ちわびていた、自然を愛する人に神様が与えてくれるご褒美です。氷河期を乗り越えて生き延びて来たギフチョウは、アゲハチョウの原始的な姿であると言われていますが、近年その数を減らし、絶滅危惧種...

  2. 吸蜜するギフチョウ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    吸蜜するギフチョウ

    数百万年前から何度かの氷河期を乗り越えて、今でもその姿を見せてくれるギフチョウは、生きた化石とも言われる、原始的なアゲハチョウの仲間です。我が国では、ギフチョウとヒメギフチョウの2種が知られていますが、特にギフチョウは日本固有の種類で、本州の秋田県から広島県の範囲だけに生息し、近年絶滅危惧種として天然記念物に指定されるなど、手厚く保護されています。東京近郊ではほぼ絶滅したと言われていましたが...

  3. コバノミツバツツジとナミアゲハ。 - 堺のチョウ

    コバノミツバツツジとナミアゲハ。

    山の尾根にコバノミツバツツジが咲きだすと、里山にも春が来たと感じます。場所によれば、コバノミツバツツジが群生していれば、山全体が紫色に包まれます。関東方面には、ミツバツツジがありますが、それより少し小さな花が咲きます。そんなコバノミツバツツジにナミアゲハが訪ねていました。満開になったツツジの花をわたるように飛んでいました。ちょっと不思議だったのは、撮影した場所が里山の尾根であったこと。低山と...

  4. スプリングエフェメラル - 紀州里山の蝶たち

    スプリングエフェメラル

    皆さん、こんばんはー。スプリングエフェメラルを求めて、蝶友さんと県外遠征しました。外気温が上昇するにつれて、ヒルトップでギフチョウのテリトリー争いが始まりました。羽化直後のような綺麗な個体でした。蝶友さん、お疲れさまでした。一年ぶりに出会えた「ダンダラ」模様は、何とも言えません。現地で久しぶりにお会いできた蝶友さん皆様、ご指導ありがとうございました。

  5. 2018年09月28日  狭山丘陵だより - 愛野緑の撮影記録

    2018年09月28日 狭山丘陵だより

    この記事は台風24号が来ているときに投稿したものだが、誤って削除してしまったので画像だけ再アップ。ウラギンシジミ♂ヤマトシジミ♂ヤマトシジミ交尾、たぶん上が♀キチョウツマグロヒョウモン♂ツマグロヒョウモン♀追飛飛翔メスグロヒョウモン左♂、黒いのが♀サトキマダラヒカゲ柿の実に来たルリタテハと飛んで来たテングチョウウラギンシジミも仲間入り。アカボシゴマダラルリタテハには追いやられた。この日唯一見...

  6. 彼岸花とアゲハ2018(2018年10月2日) - みき♂の虫撮り友人帖

    彼岸花とアゲハ2018(2018年10月2日)

    1回だけの観察であるが、今年は彼岸花にくる黒系アゲハの数は少なく、アゲハの方がかなり目立った印象。写真1〜5は翅の傷んだアゲハ♂。▼写真1アゲハ♂その1a飛翔中(ノートリミング、2018年9月23日、東京都)▼写真2アゲハ♂その1b飛び立ち(ノートリミング、2018年9月23日、東京都)右側から撮ると綺麗に見える(写真3、4)。▼写真3アゲハ♂その1c飛翔中(ノートリミング、2018年9月2...

  7. 彼岸花と黒系アゲハ2018(2018年10月1日) - みき♂の虫撮り友人帖

    彼岸花と黒系アゲハ2018(2018年10月1日)

    好天の9月23日は東京郊外の河川敷に彼岸花&黒系アゲハ狙いで出かけた。ここは近年、毎年出かけているポイントである。遠くからすでに黒系アゲハがきているのが分かったので、ザックからカメラを出して望遠系ズームレンズに換えてからおもむろに近づく。先客の「美鳥美蝶散歩」のnikaさんが手招きしておられた。それはナガサキアゲハ♀であった(写真1〜3)。ナガサキアゲハは今年初撮りなので、やや傷んだ個体とは...

  8. 9月終了♪ - 元気のゲンとcontigo

    9月終了♪

  9. 彼岸花咲く河川敷 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    彼岸花咲く河川敷

    3連休は月曜日に時間がとれたが、天気予報が良くないので遠出は諦めた。しかし起きてみると青空が広がっている。そこで朝食をゆっくり食べてヒガンバナを見に行くことにした。この河川敷は初めての場所である。ヒガンバナは5分咲きほどだったが、萎れて色褪せた花がないので清々しい。土手一面に咲いているが、人は少なく、ほとんど地元の方たちの様だった。柑橘系の樹はないので黒系アゲハは最初から期待していなかった。...

  10. 身近な蝶2種 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    身近な蝶2種

    今回も身近な蝶です。キバナコスモスに来たアゲハ。夏型のメスなのでかなり黒っぽかった。寺に咲き始めたシラハギにツバメシジミとルリシジミが飛んでいた。ルリシジミは蕾の根元に産卵していた。唯一何とかピントが合った産卵シーンでは腹端が少し離れている(泣)。卵は小さいけど拡大するとかなり美しい。ルリシジミの仲間では網状の模様が最も細かいらしい。早くもヒガンバナが咲き始めていた。

  11. 2018年08月13日 狭山丘陵だより母の誕生日 - 愛野緑の撮影記録

    2018年08月13日 狭山丘陵だより母の誕生日

    昨年夏にペットのウサギが死んでから1年になろうとしている。狭山丘陵にはペット霊園があってそこに埋葬されている。墓参りをしてから付近を散策。コナラにはシロシタバ。羽化したばかりと思われるキアゲハ。くさはらにはツマグロヒョウモン♀。綺麗な個体だったので撮影。イチモンジセセリに混じりチャバネセセリもいた。THE END

  12. 2018大雨特別警報 - 紀州里山の蝶たち

    2018大雨特別警報

    当地は、降ったり止んだり時々晴れたりでかなり蒸し暑い天候です。こんな時は、近くの公園でパチリ。池垣でよく植栽されているアベリアに絡んでいるヤブガラシで吸蜜中のアオスジアゲハ・・・。エサキ型やタンノ型などではなくて、極めて標準タイプでした。側でオオスカシバもホバリング中でした。

  13. キアゲハの吸蜜。 - 堺のチョウ

    キアゲハの吸蜜。

    里山のアザミの花にキアゲハが訪れていました。先週までは、同じ場所で見かけることがなかったですが、数頭のキアゲハに出会えました。時期的には、過去の撮影に中で一番早い時期の撮影です。▼写真12018年6月9日撮影アザミで吸密するキアゲハ。なかなかじっくり吸蜜しないので、撮影に苦労しました。

  14. ナミアゲハの求愛ダンス。 - 堺のチョウ

    ナミアゲハの求愛ダンス。

    里山でナミアゲハを撮影していたら、アザミの花で吸蜜していたメスのナミアゲハの前にオスのナミアゲハが舞い降りてきて、求愛ダンスを始めだしました。よく見ていると、メスの前でずっと求愛行動を続けていました。メスの前でパフォーマンスすると、効果が高いのでしょうか?この求愛行動は、クジャクの求愛に似ているように思えました。▼写真12018年6月3日撮影吸蜜していたメスの前にオスのナミアゲハが近づいてき...

  15. 2018信州遠征その1 - 紀州里山の蝶たち

    2018信州遠征その1

    蝶友さんと今シーズン2度目の信州遠征です。出発時点では雨模様でしたが、翌朝はすっきりと晴れ渡りました。夜露にしっぽりと濡れたウスバシロチョウと峠道で例のごとくふわふわと飛んでは日光浴をする別個体です。しばらくは遠征ファイルをUPします。

  16. オナガアゲハの求愛飛翔、ほか(2018年5月14日) - みき♂の虫撮り友人帖

    オナガアゲハの求愛飛翔、ほか(2018年5月14日)

    GW中の写真がまだ続く。渓流沿いでカワトンボを撮っているときにオナガアゲハがやってきた。と言うか一瞬何が起こったのか分からなかった。ピントは甘いが取りあえずカメラを向けてシャッターを切ったのが写真1。▼写真1オナガアゲハの求愛飛翔その1a(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)どうもオナガアゲハの求愛飛翔らしい(写真2)。▼写真2オナガアゲハの求愛飛翔その1b(ノートリミング、201...

  17. 初夏その1 - 紀州里山の蝶たち

    初夏その1

    明日は天気が崩れるという予報なので、今日行かねば・・・。イボタノキが開花しだしたので、ウラゴの様子を見に行きましたが、来週辺りが初見の気配でした。代わりにアカシジミの高所飛翔を目撃しました。帰りがけに春型のカラスアゲハの吸水場面に遭遇しました。

  18. 2018ゴールデンウィーク最終日 - 紀州里山の蝶たち

    2018ゴールデンウィーク最終日

    ゴールデンウィークの最終日、午後から天気が下り坂ということなので近場のMFへ・・・。オガタマノキの梢で産卵行動のミカドアゲハと出会いました。付近のトベラは満開から五分咲きなど、様々の開花状況です。

  19. ウツギにくる蝶、黒色系アゲハ編その3(2018年5月5日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ウツギにくる蝶、黒色系アゲハ編その3(2018年5月5日)

    黒色系アゲハの最後はクロアゲハ。クロアゲハはいつもツツジにきているイメージが強いがウツギの花にもきていた。それどころか気がついたら多分同じ個体ばかり数百枚も撮っていた。ファインダー越しに見るクロアゲハは黒と赤のコントラストがとても綺麗でついついシャッターを押してしまっていた。写真1はクロアゲハ♂。角度によって翅が白っぽく見えるのもクロアゲハの特徴だ。▼写真1クロアゲハ♂その1a(ノートリミン...

  20. ウツギにくる蝶、黒色系アゲハ編その1(2018年5月3日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ウツギにくる蝶、黒色系アゲハ編その1(2018年5月3日)

    ウツギの花で見かけた黒色系アゲハをオナガアゲハ→カラスアゲハ→クロアゲハの順で取り上げたい。当初は1回のつもりでいたのだが、山ほど写真を撮ったので少数に絞るのが難しい。まあ大した写真はないんだけどね(笑)。何しろ4月27日と29日の二日間で約3000枚の写真を撮っていて、その多くは黒色系アゲハだったのだ。おかげで29日以降は写真の整理に忙殺されてしまった。写真1はオナガアゲハ♂。オナガアゲハ...

総件数:55 件

似ているタグ