アゲハチョウ科のタグまとめ

アゲハチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアゲハチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アゲハチョウ科」タグの記事(78)

  1. ちっちゃなちっちゃなヒナっ子ちゃんほか - 星の小父さまフォトつづり

    ちっちゃなちっちゃなヒナっ子ちゃんほか

    昨日 ( 09/05 ) は、2日に行ったときに、カイツブリのヒナが間もなく孵化しそうだと聞いていたから、ちょうど頃合いかな?ってことで軽井沢レイクガーデンにまた行ってみた。で、軽井沢も秋雨前線が悪さをしているからかな?ずっと雨さえ降りだしそうな曇り空。カイツブリの巣は、湖面の真ん中辺にあって、遠い。こんな時に役に立ってもらおうとカメラは当然P1000。鳥モードで何も考えずにひたすら狙う。い...

  2. 閑散としてた丹生湖で花や虫 - 星の小父さまフォトつづり

    閑散としてた丹生湖で花や虫

    昨日 ( 09/04 ) も、いつ雨が降りだしても不思議ではないような、ぐずついた空模様だった。遠出をしてまで良い写真が撮れる場所も無いので、少し前に地元紙に載っていた丹生湖のヒマワリでも撮るか・・・と、冷やかしの気持ちでとりあえず行ってみた。一昨年から、堤の安全性確保のための調査を実施しているとかで、人造湖の水が抜かれて、湖底の大部分が露出しているのだが、その湖底にヒマワリを植えて観光資源...

  3. 榛名湖畔でチョウなどを - 星の小父さまフォトつづり

    榛名湖畔でチョウなどを

    昨日 ( 08/31 ) は、暑かった8月の最後を飾るように、日中は暑くなりそうな雰囲気が濃厚だった。だから、そんなときの緊急避難先は榛名湖畔。下界から見上げる外輪山は、重厚な雲に覆われて稜線が見えない。ということは湖畔は雨になっているかもしれない。まぁそれでも暑さを凌げれば写真は二の次でもいいや、ってことでとにかく行ってみた。下から見るより現地に着いてみれば思ったほど悪くない。爽やかな秋風...

  4. 波志江沼でアゲハの求愛や鳥さんなど - 星の小父さまフォトつづり

    波志江沼でアゲハの求愛や鳥さんなど

    昨日 ( 08/24 ) は起きた時にはもう快晴。暑くなるって、天気予報で言われるまでもなく、そうなることは見当がつく。それでも、湿度はずいぶん低くなっているから表示される数値よりはかなり涼しく感じられる。炎天下でもこんな暑さなら大丈夫だろうと、日陰のあまりない波志江沼に行ってみてその後のカイツブリっ子でも・・・と探してみた。が、この日はもうずいぶん成長したヒナたちは、親たち共々大きな群れに...

  5. 猛暑の里山 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    猛暑の里山

    携帯電話の基地局の脇に泥がたまってわずかに水が流れていた。そこにクロアゲハ、アゲハ、アオスジアゲハ、イチモンジチョウが吸水に来た。クロアゲハは2匹来たが、赤斑に違いが見られた。吸った水分を勢いよく排出している瞬間がたまたま撮れていた。休耕田ではいまだにクロスジギンヤンマが産卵していた。もっとも以前10月16日に産卵を撮っているので驚くほどではない。日が傾いてマルタンヤンマの産卵を観察。今年は...

  6. 二日連続・榛名湖畔で - 星の小父さまフォトつづり

    二日連続・榛名湖畔で

    一昨日に榛名に行って涼しかったので、昨日 ( 08/06 ) もそれに味を占めて連続して行ってしまった。行く前に山の方を見ると雄大積雲がモクモクと立ち上がっていて、この分ではさぞかし涼しいか、もしくは雷雨の真っただ中?なんて心配までしてしまった。が・・・さにあらず、逆だった。あの雄大な雲はどこへ行ってしまったの?って感じですっかり青空が広がり、真夏の太陽が燦々と・・・なんたることか‼暑いじゃ...

  7. 暑さ凌ぎは榛名のカルデラで - 星の小父さまフォトつづり

    暑さ凌ぎは榛名のカルデラで

    予報による暑さのピークはもう越えたはず?なのに、猛暑は相変わらず続いている。昨日 ( 08/05 ) だってやっぱり朝から青空で降水確率は日毎に低い数値で発表される。雷雨に気を付けようとか言われたってこのところとんとその気配も無い。そんな訳で昨日も午前中は家でゴロゴロしていて、午後になって一番暑い時間帯を榛名で過ごすことにした。さすがに榛名、涼しいなぁ。気温26℃はありがたい。あまり歩き回ら...

  8. 4年ぶりのぶら下がり - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    4年ぶりのぶら下がり

    ヤンマのぶら下がりは卒業、なんて思っていたが、4年も経つとさすがに会いたくなって近場の公園へ出かけた。最寄りのアメダス観測点では6日続けての猛暑日。ぶら下がり観察にはもってこいの日が続いている。結果は、猛暑の割には数が少なく、マルタン♂×2、ヤブ♂×1だった。今年も皆先達の見つけてくれたものだ(汗)。暗いのでいつも撮影には苦労する。いろいろ条件を試したが、結局すべてをマニュアルにして撮ったも...

  9. まだ明けてないの?梅雨 - 星の小父さまフォトつづり

    まだ明けてないの?梅雨

    昨日 ( 07/24 )は所用があってあまり時間が取れなかったので、比較的近場の箕輪城跡で撮ることにした。そこそこ草刈り部隊も投入されて虫撮り花撮りには向かなくなっている箇所もあったけれど、それでも皆無ではなかったから何とか収穫はあった。撮り始めたときはまだ雲が多めで良かったけれどそのうちに真夏の青空からたっぷりの太陽光が降り注ぎ冷夏に慣れていた躰には酷だぁ~、と音をあげたくなる。粘ってもな...

  10. ボタニックガーデンでチョウチョとアカトンボ - 星の小父さまフォトつづり

    ボタニックガーデンでチョウチョとアカトンボ

    昨日 ( 06/23 ) も大気が不安定になっているとかで、いつ雨が降りだすかも分からない状態だったから、雨になっても大丈夫なようにとアンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンに行って撮ることにした。雨の状態によってはグリーンセンターの屋根のある所でも撮れると言うのがまぁ保険みたいなものでね。実際に行ってみると、やっぱり普段の心がけが良いせいか(笑)、雨にはならなくて屋外で充分撮れたのだった...

  11. オナガアゲハの休息。 - 堺のチョウ

    オナガアゲハの休息。

    この里山でも個体数の少ないチョウ、オナガアゲハに出会えました。里山の頂上付近を歩いていたら、開けた場所で黒いチョウが飛んでいました。立ち止まって様子をうかがっていたら、木に止まって休息し始めました。チョウを驚かさないよう、そっと近づくと、オナガアゲハです。この里山でも、なかなか見ることが少ないチョウです。▼写真12019年6月16日 撮影少し遠めからの撮影です。この後、近づくと、またどこかへ...

  12. タイサンボクとチョウチョたち - 星の小父さまフォトつづり

    タイサンボクとチョウチョたち

    昨日 ( 06/04 ) は、曇りがちでも気温は高くなるとか、予報では言っていたけれどそう毎度のように涼しいところには行けない。曇りなら、近くのタイサンボクも咲き始めたことだし、アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってタイサンボクを撮ることにした。近くのは咲いているのは見えても、高木で見上げることしかできないから、やっぱり花なら花柱を見られるのも無いと・・・・。ということで、わりと手...

  13. 赤城でヒメギフチョウを撮影しました - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    赤城でヒメギフチョウを撮影しました

    氷河期を生き残り、生きた化石とも言われるギフチョウは、原始的なアゲハチョウの仲間ということです。日本にはギフチョウとヒメギフチョウの2種が生息していますが、その生息域は明確に分かれているようです。その存在を知って、10年ほど前からギフチョウが見たいと思い、神奈川県の石砂山へ通うようになりました。今年も “吸蜜するギフチョウ” として紹介していますから、ぜひ参照してください。しかし、これまでギ...

  14. カラスアゲハ - 里山の四季

    カラスアゲハ

    カラスアゲハアゲハチョウ科いつもの散歩道でみかける黒色のアゲハチョウといえば、クロアゲハ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハとカラスアゲハです。この日、谷津の休耕田で出会ったのはカラスアゲハ。耕作放棄された田にはハルジオンやキツネアザミなどが群生しています。ハルジオンがお気に入りらしく吸蜜に夢中でした。マイカメラはちっちゃなコンデジですのでこんなんですが・・・・2019.5一見、黒...

  15. 碓氷湖辺りで花と虫 - 星の小父さまフォトつづり

    碓氷湖辺りで花と虫

    今回は、手術を翌日に控えた5月13日に、念のために撮り貯めしておいた、碓氷湖での写真から選んでみた。もう一回分くらいは余裕で残してあるので、まだサボっていても大丈夫・・・かな出かけるとき見かけた、タイムの花が見事だったので、思わず撮った。オオジシバリに訪れた、ちょっとお疲れのウスバシロチョウ。今年はハルジオンが少なく、チョウもあまり見られないので貴重。ヤマツツジに一瞬だけ訪れたのは、オナガア...

  16. 今年も、クロアゲハの吸水に出会えた。 - 堺のチョウ

    今年も、クロアゲハの吸水に出会えた。

    昨年、ゴールデンウィークでクロアゲハに出会えた場所の近くで、今年もクロアゲハの吸水に出会えました。今年は、その吸水場所していた川の砂溜りまで降りることができなかったので、河川の堤防から撮影しました。若干、被写体が小さくなり残念ですが、今年の初見でした。▼写真12019年5月11日撮影川をのぞき込むと、クロアゲハが吸水中。90mmマクロでは、これが限界(トリミングあり)。▼写真22019年5月...

  17. 春のトンボの産卵 -2- - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春のトンボの産卵 -2-

    土曜日は多摩の渓流へ。ミツバウツギには例年通り数多くのアオバセセリが来ていた。アゲハはほとんどがオナガアゲハ。求愛シーンが見られた。ムカシトンボは産卵にやって来なかったが、クロサナエの産卵が撮れた。このようにホバリングしながら卵を産み落とす。その際、ナツアカネなどのように腹部で空を打って卵をばらまくのではなく、パラパラと産み落とす珍しい産卵法で、ダビドサナエ属独特のものである。停滞飛翔型放卵...

  18. 暦の上ではもう初夏~ で清しく白を基調に ~ - 星の小父さまフォトつづり

    暦の上ではもう初夏~ で清しく白を基調に ~

    昨日 ( 05/11 ) もまた晴れて暑くなりそうだったけれど、そうそう避暑地にも行っていられないのでぐんまフラワーパークで撮ることにした。そろそろヒトツバタゴやハクウンボクの花が咲いているかな?とそれが気になったので。実際、行ってみるとどちらも咲き始めたばかりで、遅すぎよりは全然いい感じ。さらに、全く期待していなかったウスバシロチョウにも出逢えたし、まだまだツキは落ちていないことが実証され...

  19. 町でも、山でも見れる、アオスジアゲハ。 - 堺のチョウ

    町でも、山でも見れる、アオスジアゲハ。

    アオスジアゲハは、5月から10月ごろまで、1年を通して長く見ることができるアゲハチョウの仲間です。見れる場所も、町でも山でも、生息する場所も広いです。飛ぶ姿は、めちゃくちゃ早く、樹木や花の周りを目まぐるしく飛び回ります。写真に収めるチャンスは、花に訪れて吸蜜しているときか、地面に降りて、吸水しているときぐらいです。▼写真12019年5月5日撮影コバナランタナでの吸密中。町の学校の花壇から垂れ...

  20. フジは外れでもチョウには大当たり - 星の小父さまフォトつづり

    フジは外れでもチョウには大当たり

    昨日 ( 05/09 ) は、曇り空だけれど雨の心配はない、と天気予報では言うのでそれなら花の写真が良いかなと藤岡市のふじの咲く丘に行ってみた。意外と空いている駐車場もそのはずで、フジはとうにピークを越えて冴えない状態になっていた。そうかぁ・・・・ここのところ暖かい日が多かったからなぁ。今年の花は色々と開花期の予測不能で、外れが多い。まぁ、GW期間中をわざと避けたのも一因だけにそれは自己責任...

総件数:78 件

似ているタグ