アサギマダラのタグまとめ

アサギマダラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアサギマダラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アサギマダラ」タグの記事(526)

  1. 2021.3.30東京・白金の森アサギマダラ2021.4.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.3.30東京・白金の森アサギマダラ2021....

    2021.3.30この日もトラフシジミは出て来なかった。しかし、アサギマダラが園内で羽化していた。トラフシジミが現れず、ツマキチョウを撮影しようと移動したとき、アサギマダラが出ているとのことで、急いで駆けつける。撮り飽きたとみえて、撮影していたのは一人だけだった。翅はまだ完全に乾いてはおらず、羽化直のようだ。通路のすぐ外側だったので一番下がって300ミリで撮るが、この♀はなかなか開翅はしなか...

  2. キジョランを食すアサギマダラの幼虫 - 蝶超天国

    キジョランを食すアサギマダラの幼虫

    3月14日つづき里山の新生蝶や越冬蝶を観察した後、少し寄り道して・・・久しぶりにキジョランのアサギマダラの幼虫の様子を見に行きました。昨年11月に確認した時はまだこんな感じでした。キジョランの葉裏にトレンチを切っていました。まだツノが殆ど見られない小さな幼虫ばかりでした。陽の入らない暗がりの葉裏なので・・・写真が綺麗に撮れません。あれから4ヶ月ほど経過したこの日(3/14)には・・・特徴であ...

  3. 10/4カバマダラ、アサギマダラ、クロツバメシジミ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    10/4カバマダラ、アサギマダラ、クロツバメシジミ他

    この日はカバマダラが見たい、という蝶友さんをお迎えしご案内。カバマダラのついでにあちこち回ってきました。先ずは朝イチにカバマダラのポントへ。園主さんにご挨拶して許可をいただき、探索開始。ところがこの日は曇り空で気温も低め。南方系のチョウには条件が厳しそう。地主(?)のナミアゲハなんかは活動してるんですけどねぇ。ナミアゲハ新鮮なように見えましたが、片方のしっぽが無くなっていました。さんざん探し...

  4. キジョランとアサギマダラ蝶 - 花と葉っぱ

    キジョランとアサギマダラ蝶

    コロナが蔓延していますので外出を自粛中です。撮影:キジョラン2005年1月9日(東京都八王子市・多摩森林科学園) アサギマダラ2005年10月29日(東京都八王子市・裏高尾)キジョラン(鬼女蘭)の綿毛種子につく長く白い冠毛を、髪を振り乱した鬼女に例えた名前です。キョウチクトウ科(以前はガガイモ科)のつる性の常緑多年草。実は冬が近づくと、弾けて中から綿毛が飛び出します。綿毛の長...

  5. 8/2その1ホソバセセリ、アサギマダラ、サカハチチョウ、他 - ブログ和歌山の里山便り2

    8/2その1ホソバセセリ、アサギマダラ、サカハチチョウ、他

    この季節、恒例のスミナガシを見たくて高標高地へ行ってきました。しかし今年は少ないようで、蝶友さんからの情報も悲観的なものばかり。よくスミナガシが樹液を吸いに来るポイントを見て回りましたが、この記事のタイトルにもないということは…結果は推して知るべし。その代わりと言っては何ですが、羽化してさほど経ってないセミを見つけました。ヒグラシ色が白っぽいのでまだ満足に飛べないだろうと思い、不用意に近付い...

  6. TMG-141【謹賀新年!!ByTuma_Aka8】2021.01.01記 - ツマミヤガラス(TMG)

    TMG-141【謹賀新年!!ByTuma_Aka8】2...

    昨年は大変お世話になりました!!今年もよろしくお願いいたしますm(__)m【全体のまとめを一言・・・(* ̄▽ ̄)~】改めまして、今年もよろしくお願いしますm(__)mというわけで、以上ツマミヤガラスでした(●▽ー)ゞ最後まで見て頂きありがとうございます(*●∇^*)ホーム(目次)へはこちらから(* ̄▽ ̄*)⇩

  7. TMG-140SP+1 【今年の総まとめ_蝶】2020.12.29記 - ツマミヤガラス(TMG)

    TMG-140SP+1 【今年の総まとめ_蝶】2020...

    2020年も残すところあと1日となってしまった。なので、2020年の総まとめを行いたいと思う。今回もその内容を3回に分けて掲載することにした。まずは、蝶から綴っていく。【2020.01-05】今年は、コツバメ探しから始まった。その後、ミヤマセセリやツマキチョウ、トラフシジミを撮影していった。特にトラフシジミはあまり撮影していなかったが、豊作になった。一方、今年の初夏は遅かった・・・ミヤマカラ...

  8. 6/21アサギマダラ、ミドリヒョウモン、ベニシジミ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    6/21アサギマダラ、ミドリヒョウモン、ベニシジミ他

    蝶友さんから興味深い情報をいただいたので、MFのひとつである高標高地へ行ってきました。ちょうどイボタやウツギの花が咲いていて、いろんなチョウが吸蜜に訪れていました。アサギマダラミドリヒョウモン♂・♀アカタテハクロアゲハヤクシマルリシジミ♀アサマイチモンジ翅先が傷んでいたのが残念でした。クロヒカゲスジグロシロチョウ食草に産卵していました。あまりにたくさん産卵しているので、すべて孵化すると餌が足...

  9. 2020年を振り返り・その8 - はっぴいでいず

    2020年を振り返り・その8

    2020年総集編の8回目は大好きなアサギマダラです今年はいつもの年より1週間ほど早くから撮り始めました1今年は10回くらい見に行きました2後ろはダム湖3青空背景4飛んでる蝶5自宅から30分の新しい場所見つけました6今年は10/9まで撮っていました7ドアップ8紅葉と蝶910いつもの過写ポチると1920✖1280になります動画は面白いですぞう余談「神の言葉をあなたに伝えに来ました」とキリスト教系...

  10. ガガイモを食すアサギマダラの幼虫 - 蝶超天国

    ガガイモを食すアサギマダラの幼虫

    12月5日つづきガガイモを食しているアサギマダラの幼虫の様子を確認してみました。そろそろ葉が落ちるころなので気になっていました。黄色くなり始めた食痕のある葉を裏返すと・・・大きな幼虫が見つかりました。通常は日陰側の葉の裏に居るので・・・こんな感じです。葉の様子を表から見ると・・・葉が黄色くなっているのが分かります。もう少し引くと・・・葉の数も減ってこんな感じです。他にももう少し小さな幼虫もい...

  11. アサギマダラの産卵と幼虫ほか - 蝶超天国

    アサギマダラの産卵と幼虫ほか

    11月14日つづきクマソの次に・・・ヤクルリの様子を見に行きました。天気も良く、気温20℃と高めだったので汗をかきました。ヤクルリの写真を撮っていると・・・バサバサ音を立てて目の前の藪からアサギマダラが飛び出してきました。暫く様子を見ていると・・・ガガイモらしき葉に産卵している様子です。お尻を葉の裏に曲げていますが、角度が悪くて上手く撮れませんでした。一旦どこかへ飛んで行きましたが・・・・暫...

  12. 荒川水系ムラサキ兄弟プチ遠征3回目 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    荒川水系ムラサキ兄弟プチ遠征3回目

    朝から今日もお天気良くて、荒川水系のムラサキ兄弟を観察に出かけた。先日、16頭の塒を形成していたポイントは何故だか3頭に規模が小さくなっており、気温も高いのであまり飛び交う個体は多くなかった。ムラサキシジミは反対に個体数も増えて来ました。ムラサキシジミは5頭の塒が形成されていた。暖かくてウラギンシジミはチラチラと飛んでいた。暖かくても活動しないウラギンシジミもいました。驚いたのはトラップのサ...

  13. 秋のチョウたち2020 - 公園昆虫記

    秋のチョウたち2020

    東京で秋のチョウといえば、まずウラナミシジミ。渡りをするチョウで、東京に移動してくるのが秋だからだ。今年は9月5日に初見。クズが繁茂する茂みの上を数頭が飛び回っていた。なかなか止まらなかったので、メスを探すオスだったのかもしれない。そこで数日見られたが、撮影のチャンスはほとんどないまま、クズが刈り取られてしまった。昨年は、コセンダングサが生える草地で多数観察できたのだが、今年はそのポイントの...

  14. イシガケチョウ、アサギマダラ、ムラサキツバメなどなど - チョウ!お気に入り

    イシガケチョウ、アサギマダラ、ムラサキツバメなどなど

    第三弾です。そのほかの出会ったチョウたちです。セイタカアワタチソウには多くのチョウがやってきます。まずはイシガケチョウ。アサギマダラやテングチョウも吸蜜に訪れていました。センダングサにはチャバネセセリと驚いて飛び立つウラナミシジミです。ウラナミシジミはたくさんいたのですが擦れた個体ばっかりだったのでまともな写真は無く、こんな通りすがりの写真ばかりとなりました。写真では種類はわからないですが右...

  15. るん♪ - お花びより

    るん♪

    い-ことありますように♡アサギマダラ3年分くらい撮ってしまったよ・・・しかも同じような写真ばかり(≧▽≦)

  16. またまたアサギマダラ - toshi の ならはまほろば

    またまたアサギマダラ

    三重のアサギマダラに会いに個人のお宅のようですが綺麗に整備されていました駐車場もあり行きやすいところです連作障害もあるようなので来年は大丈夫かな撮りやすい場所ですしかし飛んでいるのは超難しいD800+70-200F2.8撮影日:2020年11月1日

  17. 地元で秋の五目撮り - 蝶超天国

    地元で秋の五目撮り

    10月31日と11月1日つづき自宅の庭以上の成果を求めて近場のフィールドに出掛けました。地元にもサツマシジミが居るはずですが・・・今回は見つけられませんでした。お茶の葉上ではムラサキシジミが翅を広げていました。まずまずの綺麗な個体も・・・・道端に少しだけあったフジバカマではアサギマダラが1頭だけ吸蜜してました。ウラギンシジミもキラキラと飛ぶ姿があちらこちらで目立ちました。ヤクシマルリシジミの...

  18. アサギマダラの季節その2Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    アサギマダラの季節その2Byヒナ

    前回の続きで、アサギマダラの記事です。最初は青空バックの飛翔。これはちょっと背景がうるさいですが、光芒の入り方がお気に入り。翅の開き具合も良いです。ごちゃごちゃ感が強いですが、花に止まろうとする様子が良く分かります。暗い所で撮ったので、手前のヒヨドリバナとアサギマダラだけにフラッシュが当たり、背景が沈んでいるのでオリンパスのドラマチックトーンのような描写になりました。偶然の産物ですが、これも...

  19. アサギマダラの季節その1Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    アサギマダラの季節その1Byヒナ

    地元のアサギマダラは少なくなりました。正確かどうかはさておき、最低気温が10℃を下回る日が続くと移動する感じがします。暑さも寒さも苦手な、気温にデリケートな蝶です。それよりマイフィールドではアサギマダラの飛来自体が大きく減っていました。毎日訪れている訳ではありませんが、多いときでも20~30頭位だったようです。全国的にアサギマダラが減っているニュースは聞いていないので、このフィールド固有の問...

  20. love letter - お花びより

    love letter

    きれいだねあなたのことが大好きですなので撮り過ぎました( `ー´)ノひのまる特集\(_)/ゆるして・・・

総件数:526 件

似ているタグ