アサヒナカワトンボのタグまとめ

アサヒナカワトンボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアサヒナカワトンボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アサヒナカワトンボ」タグの記事(10)

  1. ミヤマカワトンボとアサヒナカワトンボ 交尾態 - オヤヂのご近所仲間日記

    ミヤマカワトンボとアサヒナカワトンボ 交尾態

    ■ムカシヤンマ産卵 産卵なしキイロヤマトンボのあと、ムカシヤンマの産卵撮影で今季羽化を撮影した場所を訪問。13時半頃まで待ってみたが、数頭飛来したが産卵なく諦め。カワトンボ撮影川で少しカワトンボを撮影。アサヒナカワトンボ交尾態縁紋にかかる翅脈(横脈)の数が4本程度なのでアサヒナカワトンボとしたが、間違いでしたらお知らせ願います。SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/2...

  2. 2021年4/18その2アサヒナカワトンボ、ニホンカワトンボ、シオヤトンボ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年4/18その2アサヒナカワトンボ、ニホンカワ...

    今度はトンボ編(その1)です。いつもの細流の近くにはアサヒナカワトンボがたくさんいました。アサヒナカワトンボ♂と♀眼が褐色なのでどちらも未熟です。♂は成熟が進むと翅の縁紋が白から褐色へと変化し、腹部は青白い粉が吹いてきます。早々と連結している子たちもいました。アサヒナカワトンボ♂の縁紋は褐色に、腹部にも少し青白い粉が吹いています。翅が褐色の♂を見つけました。ニホンカワトンボ♂翅に不透明斑がな...

  3. 4/19コチャバネセセリ、アサヒナカワトンボ、オグマサナエ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    4/19コチャバネセセリ、アサヒナカワトンボ、オグマサナエ他

    前回の探索から8日後、MFの里山を訪れました。主目的は春型のトラフシジミだったんですが、残念ながら出会いは叶わず。コチャバネセセリコツバメツマキチョウ♂と♀トンボの顔ぶれも増えてきました。アサヒナカワトンボオグマサナエホソミオツネントンボシオヤトンボMFを彩る花たち。ホタルカズラ鮮やかな青が目を引きます。チゴユリ人目を避けるかのごとく、うつむいてひっそりと咲き始めていました。倒木にキノコがた...

  4. カワトンボ - 飛騨山脈の自然

    カワトンボ

    よく行く観察地でトンボが目立ってきた。ゆっくり近づいても割と敏感なので遠くから狙った。従来ニシカワトンボ・ヒガシカワトンボ・オオカワトンボ・ヒウラカワトンボに分類されていたが。DNA解析で現在ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの2種になり、岐阜県では南部にニホンカワトンボが分布しており、アサヒナカワトンボは全域に分布しているのでアサヒナカワトンボと思われると、トンボに詳しいMさんに教えてい...

  5. 初見?のトンボ - ぷんたのかあさん Photo徒然草

    初見?のトンボ

    ションボリーナだった先日薄暗くて湿気たっぷりな森の中見慣れない感じのカワトンボをみましたまるで焼け焦げたような翅の色一瞬ミヤマカワトンボかと思ったけど全く違うびっくりな翅の色でしたこれは始めて見るなぁ~なんとかもう少しはっきり撮りたかったけど足元が悪く近寄れず、そのうちにもっと高くに逃げてしまいました今までカワトンボを見ても ”ニホンカワトンボ” なのか ”アサヒナカワトンボ” なのか同定は...

  6. ようやくトンボも - 野鳥がいるから

    ようやくトンボも

    ようやくトンボも見に行きました近所ではなかなか見に行くところが無いのでちゃんとトンボを見ることが減っていいますこの場所も昨年の様子だとそれほど魅力的ではありませんが、夏に向けて周辺で耳寄りな情報を見つけたので、その前のロケハンをかねて出かけました湿地の中は基本的にトンボとの距離が遠くあまり撮影が楽しめません周辺の流れにアサヒナカワトンボがたくさん見られるのがここの楽しみです今日はダビドサナエ...

  7. カワトンボ - Mag's DiaryⅢ

    カワトンボ

    ニホンカワトンボ♂がいた。不透明な翅の部分が広いので、わかりやすい。(アサヒナは幅が狭い。)腹部に白い粉を吹いている。(アサヒナは普通白い粉を吹かない。)これもニホンカワトンボ、腹端の形からオスだとわかる。縁紋が白いのは、まだ若い個体だからかな、腹部も粉を吹いていない。ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボはなかなか区別がつかないのだけれど、今回、「神戸のトンボデジタルトンボ図鑑」に面白い内容...

  8. 虫もついでに - 野鳥がいるから

    虫もついでに

    鳥のついでに虫なども撮影してきました期待のチョウはちょうど端境期なのか案外種類が少なく残念でしたそれでも、久しぶりにみたクモガタヒョウモンなどもいて少しは楽しめました多かったのはウスバシロチョウですが終わりの時期が近いようでボロが多かったですね池にトンボを見に行くとモリアオガエルがいましたこれまではグリーン単色のタイプしか見たことがなかったので初めてマダラ模様が見れてラッキーでした林の中の細...

  9. 今日はカエル谷 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    今日はカエル谷

    2019年5月13日(月)晴れ気温23℃(15:43)今日はカエル谷の作業日でした。先回に続き、池に繁茂した水草の間引き、そしてトンボ見や、おしゃべりです。今日は、SさんとNさんが差し入れを持って遊びに来られました。今日のトンボです。↑アサヒナカワトンボです。↑シオヤトンボの交尾です。↑シオカラトンボの産卵です。↑シオカラトンボの♂です。↑クロスジギンヤンマです。↑タベサナエです。おまけです...

  10. 寄り道のトンボ見 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    寄り道のトンボ見

    2019年5月7日(火)晴れ備中鍬が、修理可能か診てもらうため、下川口の鍛冶屋さんへ行って来ました。「治るよ。」とのことで、近日中に残りの2本も持ち込むことになりました。下川口は、矢作川の右岸に寄り添う小さな集落ですが、大半が愛知高原国定公園内にあり、縄文時代の遺跡もある、落ち着いた佇まいの所なので、冬の間は山歩きで、春から秋にかけてはトンボ見と、時間をとっては訪ねている所ですから、今回も、...

総件数:10 件

似ているタグ