アサマイチモンジのタグまとめ

アサマイチモンジ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアサマイチモンジに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アサマイチモンジ」タグの記事(49)

  1. ヒガンバナの里で-3(2021/9/15) - 小畔川日記

    ヒガンバナの里で-3(2021/9/15)

    9月14日は一日曇り。15日は予報に反して朝から晴れ。10時ころから自宅から近いヒガンバナの多い公園に行ってみる。10日に来た時にはまだ蕾だったけど、この日は3、4分咲きといったところか。家内撮影かなり咲いているところもある。家内撮影林の中を歩き回ってみるけど、ヒガンバナに来るチョウはいなかった。もともとジャコウアゲハ以外のアゲハ類は少ないけど、全く姿が見えない。家内がヒガンバナの近くに止ま...

  2. 休養日でした - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    休養日でした

    天気予報は午前中、晴れ、午後、雨でしたが雨は夕刻まで降りませんでしたが、曇り模様の決していいお天気ではなかった。従って、今日は休養日、昨日の積み残しネタをUPします。昨日の午前中、ご近所で観察したオオウラギンスジヒョウモンです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーY邸バタフライガーデンではミドリヒョウモンが多いです。ミヤマシジミも雌雄数頭飛んでる。ーーーーー...

  3. お山のタムラソウに群がる蝶達③(2021/09/recently)③ - 里山便り

    お山のタムラソウに群がる蝶達③(2021/09/rec...

    何処にでも出没、だんだん撮らなくなってしまう昨今です。それでも 'タイトル通り'、'タムラソウ' 絡みなので、ちょっとだけ指が反応しました。..........☆ My Cup of Tea ☆.........そっと近づかなくもいいですね。いきなり接近戦です。後ろの白樺が醜くなっちゃいましたね。----------------------------...

  4. 小畔川便り(アゲハの吸水-3:2021/7/29) - 小畔川日記

    小畔川便り(アゲハの吸水-3:2021/7/29)

    7月26日は明るい曇り空。何となく体がだるく、熱を計ると36.8~36.9℃。7月27日、この日は台風8号の影響で明け方はかなりの雨、その後曇り、風が強い。この日の体温は36.7~36.8℃。二日間とも気温は35℃近くか。終日家でオリンピック観戦。28日、晴れ、朝から暑い。熱の方は36.4℃と平熱に戻った。ディーラーの所で、半年に一度の車の定期点検があるので、10時にディーラーの所に行く。小...

  5. 2021年7/13モンシロチョウ、ベニシジミ、アサマイチモンジ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年7/13モンシロチョウ、ベニシジミ、アサマイ...

    普段持ちのコンデジでも、静止シーンなら何とかなるんですけどね。モンシロチョウベニシジミアサマイチモンジまぁ、元々は小さな花などをマクロで撮りたくて買ったものなので、文句は言えないんですけどね。おしまいです。

  6. 今日の蝶達 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    今日の蝶達

    今日の浅間高原はかなり暑かった。晴れ時々曇り。朝早く車の修理、代車を借りて近場をブラブラして見た。暑いので蝶影も薄い。コキマダラセセリ♀がアヤメで吸蜜してた。ベニモンマダラ1匹の発生を確認したが、証拠写真は撮れず。短時間で修理は完了、午前10時30分には帰宅した。帰宅したら、自宅の庭ではコムラサキが飛び回っていた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー午...

  7. 2021年7/7モンキアゲハ、アサマイチモンジ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年7/7モンキアゲハ、アサマイチモンジ

    今年の梅雨は、本当によく降りますね。各地で大きな災害が発生しましたし、「梅雨の中休み」もなかったような印象を受けます。もっとも、この記事を書いている時点では、近畿ではすでに梅雨明け宣言が出されていますが、四国はまだだとか。さて、今年の七夕も彦星と織姫のデートがままならなかったようで。この時期の楽しみは、職場にあるアベリアを訪れる黒系アゲハの観察です。モンキアゲハ一番よく見かけるのがこのモンキ...

  8. 今日の蝶 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    今日の蝶

    関東の天気予報は雨だったけど、でも浅間高原では局地的に晴れ間が結構あった1日でした。毎年、大量に見られるヒメシジミのフィールドに今期初めて行った。今年も沢山発生していました。ウラギンヒョウモンも数頭見られた。ヒョウモンチョウも数頭飛んでいたけど撮れなかった。ヒメキマダラセセリ午後、ご近所で見かけたアサマイチモンジ同じくご近所で見たクモガタヒョウモン

  9. 梅雨の晴れ間 - 飛騨山脈の自然

    梅雨の晴れ間

    強い日差しのもと、イチモンジチョウがブッシュにもぐりこんだ。暑さを避けるためと思い後を追った。なんとアワフキムシの泡に口吻を伸ばしている。地表から吸水、樹液や獣糞から吸汁はよく知られているが、虫が作った構造物から吸水すると思わなかった。ミスジチョウが地表に降りてきた。ウツギに今日もいろんなチョウが訪れている。まずはサカハチチョウから。アサマイチモンジも吸蜜に来てくれた。メスグロヒョウモンは1...

  10. 2021年5/31アサマイチモンジ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/31アサマイチモンジ

    早くも5月最終日となりました。ああ、時間が欲しい!当然軍資金もね(笑)。アサマイチモンジ綺麗なアサマイチモンジが止まっているのを見つけました。が、よく見ると右前翅の先に欠けが。ちょっと残念。おしまいです。

  11. ミドリシジミ吸汁(2021/6/9) - 小畔川日記

    ミドリシジミ吸汁(2021/6/9)

    6月9日はミドリシジミの別のポイントの様子を見るために、6時半ころに家を出て、7時ころにポイントに着く。周囲の様子を見るけどなにもいない。30分くらいして家内が桑の葉の間で吸汁しているミドリシジミを見つけた。家内撮影ちょっと遠い。さらに30分くらいして、目の前からミドリシジミが飛び出して、頭上の桑の葉に止まった。数枚シャッターを押したら飛んで、かなり先のハンノキの葉に止まった。5分くらい眺め...

  12. 2021年5/23その2アサマイチモンジ、イチモンジチョウ、ツマキチョウ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/23その2アサマイチモンジ、イチモンジチ...

    引き続きベニカラ待ちのときに撮ったチョウたちです。まぁ、地元でも見かける面々ですが。アサマイチモンジイチモンジチョウこの両種はよく似ています。居合わせた方によるとアサマイチモンジしかいないようなことを仰っていましたが、別の方は両方いると仰っていました。後者の方の意見が正解でしたが、アサマの方をたくさん見たのは事実。まぁ、皆さんベニカラ目的なので目的外のチョウには注目しないのかも。ツマキチョウ...

  13. 小畔川便り(アサマイチモンジの配偶行動とZ50のエラー:2021/5/30) - 小畔川日記

    小畔川便り(アサマイチモンジの配偶行動とZ50のエラー...

    5月30日は10時過ぎにいつものゼフィルスのポイントに行く。28日にはミズイロオナガシジミしかいなかったのがどうしてだかわからないので、その確認もある。歩き始めてすぐに路上で吸水するアカシジミを見つける。手元のストックを見ると、アカシジミの吸水は2004年以来だった。少し歩くと、家内が足元に止まっているウラナミアカシジミを見つけた。アカシジミは今日はぽつぽつと出てくれた。家内撮影家内撮影ちょ...

  14. オレンジを諦めクロツバメシジミ - 蝶超天国

    オレンジを諦めクロツバメシジミ

    5月15日今年は季節の進みが早いので・・・例年より早めにオレンジを狙ってみましたが・・・成果はありませんでした。麓に降りて・・帰り道でクロツバメシジミを見に立ち寄りました。見つけても風で飛ばされて一瞬で見失う状態でした。やっと見つけても・・・この個体は反対側の前羽が裂けていました。数少ない中から・・暫く探してやっと綺麗そうなのを見つけました。産卵シーンの撮影チャンスがありましたが・・・ツメレ...

  15. 見沼田んぼと荒川河川敷のイチモンジチョウ2種&ゴマダラチョウ2021.05.04~05.14 - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼと荒川河川敷のイチモンジチョウ2種&ゴマダラ...

    チョウというとギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリなどの小さなセセリチョウばかり探していると彼らに比べると颯爽とした大きな格好良い蝶が飛来して樹上に止まりました。一瞬、セセリチョウの大きさと比べてデカイのでオオイチモンジ?!と思いましたがオオイチモンジより遥かに小さい「アサマイチモンジ」↑↓でした。とは言え見沼田んぼ~荒川河川敷では少し珍しい種です。in2021.05.04見沼田んぼ荒...

  16. アサマイチモンジの羽化 - 蝶超天国

    アサマイチモンジの羽化

    4月24日アオバセセリやアゲハなどの様子を見にいつもの里山に行きました。アオバセセリはNGでしたが、以前から時々観察を継続してきた・・・アサマイチモンジの羽化直を見ることが出来ました。ほんの少し前に見た時はまだ羽化していませんでしたが・・・・目を離した暫くの間に・・・羽化したことになります。完全に翅が伸びきったように見えます。暫くすると開翅して飛んで行きました。到着時に確認した蛹の様子は・・...

  17. イチモンジチョウの幼虫をいっぱい発見 - 蝶超天国

    イチモンジチョウの幼虫をいっぱい発見

    4月3日晴れの予報に気を良くしてギフチョウを見に行ったのですが・・・・厚い雲に覆われて・・まったく飛ぶ気配はありません。近くにスイカズラがあったのでイチモンジチョウの幼虫を探してみるといっぱいついていました。(アサマイチモンジかも・・・)まだ、越冬明け直後の1cm程度の幼虫が多かったです。これまでこんなに沢山一度に見つけたことは初めてです。少し大きくなって緑色がかった幼虫も居ました。ここでは...

  18. 9/29その2コムラサキ、アサマイチモンジ - ブログ和歌山の里山便り2

    9/29その2コムラサキ、アサマイチモンジ

    カバマダラの撮影を堪能したあと、これも蝶友さんのブログにアップされていた情報を元に、コムラサキの探索に行ってきました。コムラサキと言えば、我が家の近くの河川敷でも発生していたのですが、洪水防止のために河川敷の柳がすべて伐採されてしまい、ここ何年か姿を見なくなってしまいました。それで今回の探索はとてもわくわく。ポイントであろう柳の木を見て回ると、居ました。コムラサキ最初に見つけた個体が開翅して...

  19. 小畔川便り(アサマイチモンジ:2020/9/13.16) - 小畔川日記

    小畔川便り(アサマイチモンジ:2020/9/13.16)

    9月14日は晴れ、11時頃から川原へ。土手でアゲハがセンダングサに吸蜜に来ていた。アゲハはキバナコスモスよりもセンダングサの方を好むようだ。センダングサの周りを離れずに吸蜜している。近寄れそうなので、E-M5Ⅲを1V3 に変えて10㎜(35㎜換算28mm)で広角撮影をしてみる。キアゲハはセンダングサにはあまり来ないでキバナコスモスで吸蜜している。E-M5Ⅲで動きのある写真になるように撮影。ヒ...

  20. 秋分蟄虫坏戸その2 - 紀州里山の蝶たち

    秋分蟄虫坏戸その2

    皆さん、こんにちはー。蝶友先輩の情報で、所用ついでにコムラサキを探索しましたが、もう一つでした。代わりに植物のコムラサキ(ムラサキシキブ?)が盛期でした。

総件数:49 件

似ているタグ