アサマイチモンジのタグまとめ

アサマイチモンジ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアサマイチモンジに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アサマイチモンジ」タグの記事(21)

  1. 秋の里山、新個体(2019/09/in mid)荒川 - 里山便り

    秋の里山、新個体(2019/09/in mid)荒川

    'ニラの花巡り' の合間に出会った新個体。 'キタテハ秋型' ・ 'アサマイチモンジ' の掲載です。早速飛んでいただこうかな?珍しくメス個体でした。-------------------------------------------------------------今期、極端に少ない 'キタテハ秋型' です...

  2. 里山のタテハチョウ達、第2弾(2019/09/14)荒川① - 里山便り

    里山のタテハチョウ達、第2弾(2019/09/14)荒川①

    涼しくなったとは言え、里山の中は蒸しています。蜘蛛の巣を払いながら、しつこく迫ってくる 'クロメマトイ' を追い散らし、'藪蚊' に纏わりつかれ、暗い林床に差し掛かると5,6頭驚いて飛び上がります。ヒメジャノメ♀(姫蛇目)The Chinese Bushbrown [Mycalesis gotama]小飛びしてポーズを取ってくれるのですが、撮影中...

  3. 蝶の楽園 / ご近所ポイント散策 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    蝶の楽園 / ご近所ポイント散策

    軽井沢は晴れて清々しいお天気でした。午前中、軽井沢の「蝶の楽園」に立ち寄りました。1年ぶりに訪れましたが、まだアサギマダラの渡りが始まっていないらしく、たった1頭のみ飛来してました。ブッドレアにはキアゲハが吸蜜飛来してました。アサマイチモンジが吸水しておりました。フジバカマの葉に留まった。ミドリヒョウモンは沢山、ウラギンヒョウモンも少し飛んでました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

  4. ヤマキチョウの吸蜜ほか - 蝶超天国

    ヤマキチョウの吸蜜ほか

    8月10日つづき例年ならヤマキチョウの吸蜜が見られる頃です。いつもの高原に立ち寄って様子を確認しました。飛んだヤマキチョウ♀を見つけて追いかけるとフウロで吸蜜しました。ボタンヅルの吸蜜は珍しいかもしれません。この後、急に遠くに飛翔したので・・・不覚にも見失ってしまいました。♂も見ましたが静止するのみで吸蜜しませんでした。その他にはジャノメチョウが何組か交尾していたり・・・・モンキチョウも交尾...

  5. 20アサマイチモンジ「蝶図鑑」 - 超蝶

    20アサマイチモンジ「蝶図鑑」

    イチモンジチョウとよく似た蝶アサマイチモンジ、違いはなんといっても前翅、前縁中間の白い斑紋です。アサマイチモンジ同士の求愛よく見ると、上はアサマイチモンジ下はイチモンジチョウの様です。この種の蝶の判定は難しい

  6. 午後の探索 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午後の探索

    午後、お天気がすっかり良くなったので、先ずはヤマキチョウの状況観察でした。既にオスは傷みが進んでおり、綺麗な個体は期待出来ないのは分かっているが、コンフリーにやって来るシーンが好きなのです。紫にレモンイェローの配色がとてもお気に入りなのです。コンフリーにはアサマイチモンジやウラギンヒョウモンもやって来た。アサマイチモンジは置いてあったカメラバッグに留まった。汗が浸み込んでいるからなのでしょう...

  7. イチモンジチョウ - Mag's DiaryⅢ

    イチモンジチョウ

    地元に多いのはアサマイチモンジ。裏翅もイチモンジチョウとは斑紋が違うらしいのだが・・・。こちらがイチモンジチョウ、出かけ先で撮った。アサマイチモンジとの違いはどこ?ボケ防止の頭の体操にはもってこいの問題!

  8. 天気崩れる前のヤマキチョウ探索でした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    天気崩れる前のヤマキチョウ探索でした

    梅雨入り前の貴重な時間はヤマキチョウ探索でした。産卵飛翔を繰り返していた母蝶のレンゲツツジ吸蜜でした。オスも探雌飛翔中の合間にレンゲツツジで吸密することがあります。何度か母蝶の産卵行動を観察出来ました。次から次へとクロツバラを探しながら移動するので、息を切らしながら追跡をします。数百メートルを追跡した挙句には、探雌飛翔中のオスが求愛行動にやって来た。今日も交尾には至らず、最後は雌雄揃って垂直...

  9. ウツギに集まるチョウなど - 蝶超天国

    ウツギに集まるチョウなど

    5月25日つづきベニモンの出没場所の近くにあるウツギに吸蜜に来ていないか何回も確認しました。結局、ベニモンは来ませんでしたが、他に見られたチョウをご紹介します。朝一には新鮮なアオバセセリが短時間ですが吸蜜していきました。一番多いのはイチモンジチョウでした。ヒメキマダラセセリも沢山いましたが・・・なかなか止まってくれません。ベニモンがいつもテリ張する場所はダイミョウセセリのテリ張場となっていま...

  10. 今期多産、イチモンジチョウ・アサマイチモンジ(2019/05/19~22)荒川 - 里山便り

    今期多産、イチモンジチョウ・アサマイチモンジ(20...

    時系列が少しずれましたが、 '両イチモンジ' の掲載です。'ゴマダラチョウ' 狙いの 'V字樹液酒場' で待っていると、 ’テリ張’ している個体が観えた。定点に日が当たり始めたので、椅子のセットを移動した。椅子に座ったまま振り向くと 'イチモンジチョウ' の 'テリ張' が見える。其...

  11. アサマイチモンジ新個体(2018/11/02)馬刀葉椎公園(仮)② - 里山便り

    アサマイチモンジ新個体(2018/11/02)馬刀葉...

    オット~~!!!いきなり足元に出現した。今時なのですが、ピッカピカの新個体です。この夏酷暑で 'イチモンジチョウ' と共に探すこともできなかった個体が目の前にいます。アサマイチモンジ♂(浅間一文字)The Asama White Admiral [Limenitis glorifica]ご存知の様に新個体は殆んど地上で、吸水です。樹上には止まりません。地飛びとでも...

  12. アサマイチモンジ - あだっちゃんの花鳥風月

    アサマイチモンジ

    久々に都内のS公園に行ってみました。水場にカメラマンが2人いました。此処にキビタキ♂を撮りに行ったのですが、♀しか最近は出ないようです。♀もあまり出が良くないようで、30分で止めてしまいました。撮れた鳥はモズ♂とガビチョウだけ。この日はエナガもコゲラも見る事がありませんでした。アザミの花にアサマイチモンジがいました。ヒラヤマギクに止まっていたウラナミシジミ、これがこの日一番良い写真でした。

  13. 2018年9月上旬いつもの公園 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2018年9月上旬いつもの公園

    2018年9月9日茨城県西部埼玉県北部県境いつもの公園埼玉県北部の自宅近くにオオモノサシトンボがいるということで、時期的には遅いかな?と思いまたが、場所の確認に行きました。こんなところにいるのかという小さな池の脇にある掲示板には、8月中旬の観察記録が張ってありました。トンボの項目のオオモノサシトンボにはチェックマークがありませんでした。まったくいそうな雰囲気がありませんでしたので、早々に引き...

  14. 飛騨と越中の県境(2) - 飛騨山脈の自然

    飛騨と越中の県境(2)

    林道にはブナの堅果が多数落ちているので、秋の豊作が予見される。クマは食料が豊富な時は、人とのトラブルがが少ないようなのでそう願いたいものだ。マタタビはこの時期葉が白くなるので遠くからでも分かりやすいが、よく似たサルナシは葉が白くならないので分かりづらいものだ。実はキウイフルーツそっくりだが花はどうでしょうね?陽が差し出した林道にミヤマカラスアゲハが舞い降りた。この個体は翅や胴体に花粉だか泥だ...

  15. 小畔川便り(オオチャバネセセリの吸い戻しなど:2018/6/19,22) - 小畔川日記

    小畔川便り(オオチャバネセセリの吸い戻しなど:2018...

    6月19日はコムラサキの様子を見に、14日と同じ場所に行く。14日にネムの花に来るキアゲハを撮影した木には何も来ていなかったけど、それから100mくらい離れた別のネムノキにはキアゲハが来ていた。ニコンD500ニッコール70-200ニコンD500ニッコール70-200前回より5日ほど経っているので、花の鮮度はやや悪いけど、ネムノキでの吸蜜が追加できてうれしい。ニコンD500ニッコール70-20...

  16. 福島遠征その4 - 風任せ自由人

    福島遠征その4

    折角の遠征なので、早朝出発で途中蜻蛉だけでなく、蝶のポイントにも寄った。福島に入ると天気は良くなったが、朝のうちの関東は雲が多く、立ち寄ったポイント周辺では時折霧雨も降るような生憎の天気だった。当然、蝶の飛ぶ姿はなかった。草むらに入ると、靴やズボンはすぐにびしょびしょになってしまったが、一脚で探りを入れると、ツマグロキチョウの夏型が数匹飛び出した。そのうち、草に留まってるシジミ蝶の姿を遠目に...

  17. 五目撮り - チョウ!お気に入り

    五目撮り

    ベニモンカラスシジミを探しながらの五目撮りです。イボタやガマズミに色々なチョウが訪れます。ダイミョウセセリです。関西人の私にとっては関東型を見ると思わずレンズを向けてしまいます。ゲンジボタルも点滅の周期が変わったり関ヶ原は昆虫にとっても大きな分かれ目なんですね。ヒメキマダラセセリです。交尾中のカップルも見られました。ガマズミにアサマイチモンジもやってきました。イボタでも吸蜜です。こちらはイチ...

  18. ウラゴマダラシジミ、アサマイチモンジ、アカボシゴマダラ等 - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    ウラゴマダラシジミ、アサマイチモンジ、アカボシゴマダラ等

    2018年5月18日MFです、蝶を探しに行きました。蝶は表と裏の模様や色合いが全くと言ってよいほど違うものがあります、しかもなかなか開かなかったり逆に閉じないのもがあるので撮影には鳥とは違った忍耐力(?)が必要です。ウラゴマダラシジミ♀かなり粘ってやっとこれだけ開いてくれました。アサマイチモンジテングチョウアカボシゴマダラかなり傷んでいますがクロアゲハ♂のようです。ヒメウラナミジャノメモンシ...

  19. 2017.8.26-30北アルプス・裏銀座(1) 七倉山荘2017.9.6  (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30北アルプス・裏銀座(1) 七倉...

    2017.8.26-30かねてから計画していた北アルプスの裏銀座の縦走に出かけた。裏銀座は、信濃大町近郊の高瀬ダムを起点とし、烏帽子岳→野口五郎岳→鷲羽岳→双六岳→(西鎌尾根)→槍ヶ岳へ至る北アルプス縦走コースだが、槍ヶ岳までは行かず双六岳から新穂高温泉に抜けることとした。双六岳から新穂高温泉までは、昨年、雲の平に行った時の下山で経験している。槍ヶ岳まで行かずとも、山小屋には少なくても2泊し...

  20. 小畔川便り(ギンイチモンジセセリとアサマイチモンジ:2017/7/5.7.9) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチモンジセセリとアサマイチモンジ:2...

    7月5日は自宅前にギンイチモンジセセリの発生の確認に行く。例年だとピークのはずなんだけど姿が見られなかった。発生地の周囲を歩くと、アサマイチモンジのオスがスイカズラの上のクズの葉でテリハリをしていた。ニコン1V2シグマ18-250アサマイチモンジは、一時埼玉で生息地が非常に少なくなったらしいけど、その後は増えたのか自宅前でも数は少ないけど安定して発生している。ニコン1V2シグマ18-2507...

総件数:21 件

似ているタグ