アニサキスのタグまとめ

アニサキス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアニサキスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アニサキス」タグの記事(153)

  1. 2021年7月、すすきの〇鮨にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年7月、すすきの〇鮨にお邪魔。

    さて今年初。すすきの〇鮨にお邪魔しました。ビールでかんぺ~。まずは腹を膨らませる。連れは平貝。わては肉厚のあじ。ヒラメとエンガワ。さわやか。貸し切りである。無理を言ってすまん。赤貝。焼き穴子。肉厚。水蛸。味付けが大変よろしい。鮑。頃合いの鮑です。純ちゃんに麦水割りを奢る。大層喜ぶ。わてはハイボールをもらう。積丹の雲丹。甘い。続きます。つぶやきランキング

  2. 2021年7月、回転寿司CHOJIROにお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年7月、回転寿司CHOJIROにお邪魔。

    2021年7月、回転寿司CHOJIROにお邪魔しました。外観。ビールでかんぺ~。ここへ来たらまずは連れの楽しみ、グラタン。茶碗蒸し。夏野菜の焼き浸し。ここはこういうものがうまいのです。造りセット。まぐろ、鱧、タコ、イカ雲丹のせ、キンメダイ。カツオの漬け。これはひどかった。カツオは漬けすぎてばさばさだし、付け合わせの玉ねぎはまるで紙のようだった。こんなフードコーディネーターががっちりついてる店...

  3. 夕食後半、2021年7月、中の坊瑞苑にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食後半、2021年7月、中の坊瑞苑にお邪魔。

    さて強肴。わては焼き鮑。だいたいは鮑と牛肉ですが、料理の趣向は毎回変わります。バター焼き。見た通り大変うまかった。連れは黒毛和牛の塩麹焼き。焼く。名物にんにく昆布と醤油をつけて食べる。にんにく昆布はお土産に買って帰れるが、ちと固い。ここで食べると作りたてなので昆布が柔らかくてうまい。煮物。白焼き鰻、新玉ねぎ、蕪、ミニ青梗菜、銀餡掛け、山葵。素敵に旨かった。焼き物、キンメダイ吟醸味噌焼き、大根...

  4. 夕食、2021年7月、中の坊瑞苑にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食、2021年7月、中の坊瑞苑にお邪魔。

    さて楽しみな夕食です。お部屋食。レストラン食よりも圧倒的に気楽。前菜全貌。個別に、11時方向から時計回りに、鱧寿司、ほおずきトマト、カステラ玉子、唐墨大根、海老のキャビア射込み。おかひじきの胡麻和え、スナックエンドウ海老あられ揚げ、もずく酢。どれも大変うまい。ビールでかんぺ~。お椀登場。鱧の葛叩き、ジュンサイ、梅肉、冬瓜、軸ほうれん草。ここもお出汁が大変よろしいです。夏料理ですね。造り、イカ...

  5. 握り編、2021年7月、千成寿司にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    握り編、2021年7月、千成寿司にお邪魔。

    では握り編。というか、最初はサバ棒寿司炙り。わてだけ。ここの名物の一つですが、バッテラを炙るというその発想が素晴らしい。海苔で巻いて食べると言うのも大変良い。キス。さわやか。水タコ。たまには明石のタコが食べたい。アフリカ産でも良い。わてだけ、アジ。申し訳ないがうまかった。カレイ昆布締め。良い仕事。白エビ。うまかった。漬け。良い仕事。トロ。うまい。車海老。ぷりぷり。キンメ炙り。連れは用心してわ...

  6. 2021年7月、千成寿司にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年7月、千成寿司にお邪魔。

    2021年7月、行きつけの千成寿司にお邪魔しました。外観。のれんが出ていないし明かりもついていないのは意図的なものでしょうか?追い回しの男の子がいなかったので単に忘れていただけかもしれない。。。本日のメニュー。ビールでかんぺ~。きゅうりの醤油漬け。ぱりぱり。カレイとトリガイ。カレイはぷりぷり。トリガイは旬のもの。何の臭みもなかった。アワビ塩蒸し。ここのアワビはここのでそれなりにうまい。ミシュ...

  7. 朝食、徳山鮓にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    朝食、徳山鮓にお邪魔。

    大変満足して就寝したのですが、朝3時に激しい胸やけで起きる。大変な美味であったのでしたが、惜しむらくは熊が脂っこかった。私は酒を飲みすぎた時にも胸やけを起こしますが、脂っこい食事でもしばしばやられます。30代で患った慢性膵炎が時々悪くなるのです。携帯している膵炎の薬を飲んで落ち着きました。やれやれ。なんとか二度寝して楽しみな朝食会場へ。朝食全貌。ゆで山椒と塩山椒。素晴らしい香りでした。そうい...

  8. 夕食後半、徳山鮓にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食後半、徳山鮓にお邪魔。

    ここからは移動してテラス席で食べる趣向。ロマンチックですね。翌朝はこの席でコーヒーをいただきました。BBQブース。フラッシュ炊かないので写真は悪い。ハイボールをもらう。しかし良い季節に来ましたね。冬だったら戸外では飲食できないし、第一真っ暗でしょうし。夏の余呉湖は素晴らしかったでした。余呉湖のウナギとナマズのピザ。ピザ窯で焼いたもの。のっかっている山椒がこの店のポイントです。とてもうまかった...

  9. 夕食、徳山鮓にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食、徳山鮓にお邪魔。

    さて、余呉湖に夕暮れがやってくる。我々の食事処。テラスからの余呉湖の眺め。テラスからの我々の食事処の眺め。広いですね。しかし色使いが素晴らしいところですねここは。まずは瓶ビール。かんぺ~。ここらへんは、古戦場賤ケ岳が近くにあり、それに名を取った七本槍という地酒が有名です。まだ飲んだ事がない。しかし私は醸造酒を飲むと人に絡む悪癖があるので飲めない。残念。。。前菜全貌。蓋を取る。個別に、丁子麩胡...

  10. 徳山鮓に初のお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    徳山鮓に初のお邪魔。

    昨年、武漢肺炎が猖獗をきわめていた頃、日本中の予約の取れないお店の予約を取りまくっていた事がありました。この店のその一つでした。そもそも電話でしか予約を取らないこの店は、おそらく訪れた客が次の予約を取って帰るので、そもそも電話にすら出てもらえない状況で、この店が出来て17年と言う事ですが、何度もチャレンジしましたが、予約など悪い冗談でした。それがたまたま電話に出てもらえて、折角だからと翌年7...

  11. 後半、2021年6月、タテル・ヨシノで夕食。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    後半、2021年6月、タテル・ヨシノで夕食。

    私はアルコール度数の関係上、どこでもハイボールを頼むのですが、さすがに本格フレンチでハイボールはちょっと顔がさしますね。カルヴァドスをもらう。ハイボールにしてもらう。さて後半スタート。噴火湾産活け牡丹海老と卵黄のラヴィオリヴァニラの香り。ラヴィオリは作り置きですね。非常時にいろいろ文句をつけるのは野暮でしょう。カスべのアンティボワーズ風。カスべというのは北海道で良く食べられているエイの事です...

  12. 2021年6月、タテル・ヨシノで夕食。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年6月、タテル・ヨシノで夕食。

    さて、夕食はタテル・ヨシノでいただきます。店外観。師匠のジョエル・ロブションと。カトラリーは由緒正しい。店はグラン・メゾンクラス。ビールでかんぺ~。お酒は7時までですので、店側も急いでいます。前菜、豚ソーセージと竹炭パイ、チーズシュー、連れはアニサキス対策でカニコロッケ。わてはカニコロッケではなくニシンのスモーク。サーモンミキュイのゼリー寄せ。ハスカップムース。横から見たところ。彩りは美しい...

  13. 2021年6月20日、緊急事態宣言の終結を出前寿司で祝う。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年6月20日、緊急事態宣言の終結を出前寿司で祝う。

    今回は禁酒措置がついてきたので往生しましたが、やっと今日で緊急事態宣言も解除になりました。出前寿司で祝いました。刺身。マグロ、真イカ、甘エビ、活〆ハマチ。わてだけ食べる。連れはとにかく寿司飯が食べたい一心。シャリ小さめにして美濃二人前。連れは時計方向10時のところにあるハマチにやられる。皮目が白かったので、何か白身の魚だと思っていましたら、よく説明書きを読んだらハマチだった。残念。サーモンは...

  14. 夕食後半、2021年6月、中の坊瑞苑にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食後半、2021年6月、中の坊瑞苑にお邪魔。

    さて夕食後半、わては鮑の肝鍋。具材。連れは黒毛和牛の塩麹焼き。具材。これ大事、付け合わせ。牛肉にここ瑞苑名物のニンニク昆布をつけて食べるとこたえられない。焼く。鮑を煮る。実にうまかった。煮物、冬瓜、丸茄子、赤皮栗南瓜、千石豆、芋茎、銀餡掛け。典雅なお味。焼き物、鱸の檸檬焼き、焼き蓮根美味酢漬け、茗荷。実に良いお味。ご飯はトウモロコシご飯。漬物とみそ汁。果物、季の実のゼリー寄せ。大変結構でした...

  15. 夕食、2021年6月、中の坊瑞苑にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食、2021年6月、中の坊瑞苑にお邪魔。

    さて楽しみな夕食です。前菜全貌。茶巾絞り、ヤングコーンの黒毛和牛巻き、山桃。万願寺唐辛子の焼きびたし。鮎の甘露煮、焼き枝豆、海老の艶煮。鱧の南蛮漬け。葉っぱの中身。冷やし茶碗蒸し、トマト豆腐、オクラ。格調高いですね。葭蘆葦とは素材の品質が違います。瑞苑が上ですね。葭蘆葦の方が映えますが。。。ビールでかんぺ~。椀物、連れはアニサキス対策で鱧葛叩き。わては烏賊真丈、短冊大根人参、インゲン、糸南瓜...

  16. 夕食、2021年5月、雄琴温泉葭蘆葦。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食、2021年5月、雄琴温泉葭蘆葦。

    さて、サウナを4セッションこなして楽しみな夕食です。前菜、よもぎ豆腐に雲丹を添えてオマール海老スープに浮かせたもの、エンドウ豆擦り流し季節の野菜を添えて、子芋旨煮、近江鴨低温調理、琵琶湖産・いさざ美味煮、キンメダイ香り焼き、マナガツオ香味寿司。ここの料理はいつも卒がないですね。ビールでかんぺ~。吸い物、クエの葛叩き。実に出汁のお味が良い。造り、中トロ、車海老、ヒラメキャビア包み。味わい深い。...

  17. 2021年5月、湯元館葭蘆葦で夕食。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年5月、湯元館葭蘆葦で夕食。

    2021年5月、湯元館葭蘆葦で夕食しました。先にサウナを4セッション済ませています。ビールでかんぺ~。では前菜、滋賀県産、近江鴨とほうれん草のスープ仕立て、ホワイトアスパラを添えて。柔らか胡麻豆腐雲丹添え、琵琶とオクラの白和え、琵琶湖産・諸子甘露煮を山椒の風味と共に、一寸豆旨煮、ウナギのパンのせに海苔を忍ばせて、バームクーヘン豚の角煮と新ジャガイモパニプリ射込み。つかみは完璧ですね。これが胡...

  18. 2021年5月、伊丹空港のありそ寿司から鹿児島空港36カントリークラブの宿泊施設にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年5月、伊丹空港のありそ寿司から鹿児島空港36...

    去年のゴールデンウィークは実に地味に過ごしましたので、今年は鹿児島にお邪魔してみました。まずは伊丹空港のありそ寿司にお邪魔。しかしアルコールの提供はありません。それなりに対策をしてお邪魔。まずは松前漬け。たこぶつ。この頃はタコも超高級食材でありますが、すべの飲食店に酒類提供が禁じられている関係で食材が余ってきているのではないですかね。良いタコだった。連れは握り。マグロ3貫。良い仕事。続いてタ...

  19. 夕食後半、2021年4月、葭蘆葦にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食後半、2021年4月、葭蘆葦にお邪魔。

    さて、お肉。認証近江牛ロースとひれ。ロースは赤ワインソース、ヒレはトリュフ塩で。次の焼き物、貝柱西京焼き、蓮豆腐雲丹焼き、筍香味焼。この蓮豆腐のビジュアルだけはいただけませんでした。珍しい失敗作だと思いました。その他は大変よろしい。個別に、貝柱西京焼き。蓮豆腐雲丹焼き。食感が不気味でした。筍香味焼。これは素晴らしかった。醤油のつけ焼きの塩梅が素晴らしかった。比叡湯葉~特製かつお出汁で。湯葉に...

  20. 2021年4月、葭蘆葦で夕食。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    2021年4月、葭蘆葦で夕食。

    2021年4月、雄琴温泉湯元館、葭蘆葦にまたお邪魔しました。送迎つき。ラウンジでかんぺ~。早速サウナに入る。4セッションをこなす。部屋の様子や風呂などはいつも同じなので割愛します。夕食。ビールでかんぺ~。前菜その1。甘鯛パリパリ揚げをバルサミコ酢と共に、滋賀県産・近江鴨のローストと春アスパラを麹味噌で。パパイヤなどの季節の野菜を添えて。ここはほんとに女子受けする宿ですね。おっさん向けにはもう...

総件数:153 件

似ているタグ