アバンギャルドのタグまとめ

アバンギャルド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアバンギャルドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アバンギャルド」タグの記事(7)

  1. コジコジを読む(ずっと読んでるけど) - ピンキージャンク

    コジコジを読む(ずっと読んでるけど)

    腹痛が来てトイレに行く時に雑誌とかを持って苦しむ。その時にチョイスするのが【コジコジ】だったりする。この本は当時に買ったもんじゃないけど、アニメはよく見てて、この漫画はアニメを見た方が面白さが分かるような気はする。あははははwwwwって笑えるような漫画では無い。クスって笑う感じかな?今も昔も割と中心に居るマンガがコジコジなんだよ。ほぼアニメと同じ感じかな。アニメはオリジナルを尊重した形になっ...

  2. Residentsなアバターを作る - ピンキージャンク

    Residentsなアバターを作る

    一応貼っておくけどDVD作品らしい。CDは持ってるけどこんな音楽だっけ?暫く聴いてないから忘れてしまったけど、Residentsから派生してLAFMS関係に行ったんよね。ノイズ系から知ったのはあったけどとにかく普通じゃないアメリカのフリークアウトミュージックなんだよ。LAFMSってのは【LOS ANGELES FREE MUSIC SOCIETY】の略語である。本当はL.A.F.M.S.って...

  3. David Tudor-Rainforest Version 1 (1968) - ピンキージャンク

    David Tudor-Rainforest Vers...

    結局今だに音に関してこのジャンルの祖として君臨してたThrobbing Gristleって音に熱狂もした事なけりゃ刺激的と思える年代では無いんだよ。このアーティストのこのテイクというかアルバム持ってるけどこっちの方が俺は音楽的には刺激的だしハーシュって言うと違うのかもしれないけど、クセナキスとか様々なアーティストがTG以前に居たという事実は変わらないし、彼らを大音量のノイズフォーマットとして...

  4. コンテンポラリーアート、アバンギャルド、現代アートは、同じです - José Ishiguroの前衛芸術

    コンテンポラリーアート、アバンギャルド、現代アートは、...

    よく「現代アートとコンテンポラリーアートの違いは?」という文言を見かけます。結論から言うと、一緒です。現代アートもコンテンポラリーアートも、アヴァンギャルド(前衛アート)も、同じです。日本では、現代アート(コンテンポラリーアート・アヴァンギャルド・前衛アートなど)が、遅れています。まだ、写実的な風景画を描いたり、きれいな美しい肖像画を描いたりする人がいるんです。目の前にある物や人物を、そのま...

  5. Vladimir Ussachevsky(ノイズ系というか) - ピンキージャンク

    Vladimir Ussachevsky(ノイズ系というか)

    スロッビング・グリスルがインダストリアルノイズの祖と言われているが、アンビエントの祖を辿ったりすると割とノイズ系の源流と交差する部分が多い。久々に本格的にyou tubeで探したら全く知らないアーティストがこんな昔から活動してるのも知らないし、名前もさっぱり知らなかった。1990年に他界するまで10枚ほどアルバムを発表してるみたいだが結構気にいってね。プロト・インダストリアルな時期にあたるん...

  6. Ad Lux Tenebrae (ゴシック/リチュアル系) - ピンキージャンク

    Ad Lux Tenebrae (ゴシック/リチュアル系)

    全くもって謎。なんだけど俺は持ってんだよ、これ(笑)ロシアのアーティストで正直形容しようがないゴシック?やリチュアル?的な事をやりつつ、シャンソンをコラージュして導入したり、アバンギャルド的で後半に行くにしたがって段々訳が分からなくなるアーティストでね。2006年リリースで、恐らくノイズ/インダストリアルの影響は受けてるであろう音源でね。45分真ん中からの音って繊細で俺がギターでやってそうな...

  7. クレマチスのアバンギャルド♪ - kekukoの薔薇の庭

    クレマチスのアバンギャルド♪

    人気ブログランキングへ ←ポチお願いします

総件数:7 件

似ているタグ