アフリカのタグまとめ

アフリカ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアフリカに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アフリカ」タグの記事(84)

  1. のんびり過ごしています。 - ダイアリー

    のんびり過ごしています。

    海外旅行先で必ず覗くのは書店。此れも楽しみのひとつ。そのお国がらや文化が見えて興味深い。ファッション雑誌のボーグやエルでさえも国によってテイストが随分違うので比較が面白い小さな頃から本屋さんに行くのが好きだった。でも、少しでもページをめくっていると店の店主が途端に意地悪になる。中身を見ずに本を買うことはしたくないけれど、日本の本屋の店主は本を触らず即決で購入して欲しい様だった。欧米の書店は大...

  2. 未だ未だ続くアフリカンプリント - ダイアリー

    未だ未だ続くアフリカンプリント

    今回のコレクションアニマルプリントでは有りません。渋めの色とプリントです。唯一カラフルはこれだけ夫が一緒なので彼の好みも一応聞いたら今回はこんな感じで渋めなコレクションになりました。相変わらず、ワクワクトキメキが止まりません。今年も更に続く私のアフリカンプリント

  3. コンテンポラリーアート - ダイアリー

    コンテンポラリーアート

    アフリカンコンテンポラリーアートの美術館へ行きました。真っ青に澄み切った空穏やかな海豪華なヨットがズラリ並ぶマリーナを横切って行くとコンテンポラリーアートの美術館があります。永年ジンバブエの独裁者だったムガベ元大統領とその他を政治風刺した絵アフリカンプリントのファッションに身を包むアダムとイヴの人形頭部が無いので林檎を食べる事がどちらも出来ない。アダムとイヴのアートの意味は別として…このふた...

  4. 元祖アフリカンプリントを求めて - ダイアリー

    元祖アフリカンプリントを求めて

    毎日、のんびりと過ごしています。折角、本場にいるのだから勿論アフリカンプリントの布地を探しに行きました。宿泊中のホテルで働く女性(コンゴ人)がガイドをしてくれてダウンタウンの市場へ行きました。アフリカンプリントにも色々種類があって其々お国の文化により色使いやプリントも違う。特にワックスのかかり方で本物か偽物かもわかる様にな。コンゴからのプリントも良いものが多い。最近は中国製だったり布がしなや...

  5. ヴァカンスのはじまり - ダイアリー

    ヴァカンスのはじまり

    真っ青な空、綿菓子の様な雲を抜けてカラフルな尾翼の飛行機が並ぶ空港へ乗り継ぎの便を待っている間の空港のベンチもカラフル目的地の空港にやっと到着。迎えの車でホテルへ此の方の肖像画が迎えてくれました。10年間現地在住だった友人現在在住の知人等等数人からの情報を集めて出発2日前にホテルを決めた独身の頃から長期前の旅の計画を絶対に立てられないタイプの私と夫これについては似た者夫婦なのでストレスになり...

  6. アフリカにおける三井物産の拠点 - 総合商社・日記=総合商社の三菱商事/三井物産/伊藤忠商事/住友商事/丸紅/豊田通商/双日の研究=

    アフリカにおける三井物産の拠点

    こんばんは!最近はアフリカに関連する業務にも携わっています。商社の事業分析についても調べてみたので、皆さんとクイズ形式でシェアいたします。アフリカにおいて、三井物産は金属・ガス・インフラ開発等のプロジェクトに参画しています。アフリカ大陸において経済規模の大きな国や安定している国にはすでに先手を打っています。さすが三菱商事と双璧をなす三井物産。日系企業はアフリカ事業を管理するときに、欧州or中...

  7. アフリカにおける三菱商事の拠点 - 総合商社・日記=総合商社の三菱商事/三井物産/伊藤忠商事/住友商事/丸紅/豊田通商/双日の研究=

    アフリカにおける三菱商事の拠点

    こんばんは!最近はアフリカに関連する業務にも携わっています。商社の事業分析についても調べてみたので、皆さんとクイズ形式でシェアいたします。金属・原油・ガス開発のプロジェクトに参画しています。経済規模の大きな国にはすでに先手を打っている印象です。さすが商社業界筆頭の三菱商事。日系企業はアフリカ事業を管理するときに、欧州or中東の地域統括拠点がアフリカを見ているケースが多いです。三菱商事の場合、...

  8. 世界ネコ歩きと日光浴 - nshima.blog

    世界ネコ歩きと日光浴

    BSの世界ネコ歩き(メキシコ)を見ていたら、具合のわるい猫が日なたぼっこをして回復を待っているとの解説があった。聞いたことのあるフレーズだと思った。少なくとも自分が知っている範囲の南部アフリカでも見聞きしたからだ。1980年代、90年代の話である。現在どう変わったのかは知らない。それは猫ではなく、現地の人達だった。特にマラリアに罹患してから回復を促す方法が日向ぼっこだった。最初は何をしている...

  9. マスク - シセンのカナタ

    マスク

    とてもいい、すばらしいもっとがっちり撮りたい、って思う。

  10. 止まらないコレクション - ダイアリー

    止まらないコレクション

    先週、新任地に到着したばかりのイタリア人のマダムを誘ってお買い物に行きました。彼女は過去にナイジェリアに住んでいた事が有り、やはりアフリカンプリントが大好き沢山持っているけれど、困った事に何れもハサミを入れられず布地のままだという。うーん、解るわ~、その気持ち……。プリントが素敵すぎて切れないのよね。そんな話をしていたら今回は特別にアフリカンプリントを探しに出掛けた訳でも無いのに、偶然にも、...

  11. アルジェリアからモロッコ - ダイアリー

    アルジェリアからモロッコ

    アルジェリアのナショナルデーのレセプションにお祝いに伺いました。フランスの領地となり、独立を目指してフランスの圧力に反して、流血の悲惨な戦いが続いたとても悲惨な過去があります。独立後は社会主義国となり、大きな国土からは石油産出国として経済的には安定しています。アルジェリア料理と言えばクスクス。クスクスと言っても、地域によってレシピは随分違っているそう。クスクス本体の料理の仕方はマダムからしっ...

  12. みなこいワールドフェスタに参加しました!長野県駒ヶ根市 - 特定非営利活動法人サヘルの森 スタッフブログ

    みなこいワールドフェスタに参加しました!長野県駒ヶ根市

    10月28日(日)、今年も長野県駒ヶ根市で開催された「みなこいワールドフェスタ」に参加しました。長野県駒ヶ根市は、JICA青年海外協力隊の訓練所があることで知られています。いまは治安が安定しないので、マリには協力隊員は派遣されません。以前はマリに派遣される隊員も多く、このイベントで活発な意見交換も楽しみの一つでした。もちろん今も他の国に派遣される隊員、OB・OGを始め、駒ヶ根市民の方々との出...

  13. 未知の地 その4 - ダイアリー

    未知の地 その4

    初めて見るワイルドヴァニラの木ヴァニラは蘭の仲間だそう運転技術が素晴らしい彼に命預けました再び穴だらけ土埃だらけのデコボコで上下に蛇行の道を進みますまるでロデオをしている様に体が揺れる突然キナ臭い空気辺り一面の煙山火事に遭遇風が強く火の広がりが速い何処までも延々と黒焦げあちこちで炎が…それでもひたすらに走り抜けます100キロ程更に進んだ辺りで海岸に向かい、近くの集落を抜けると変わり者のフラン...

  14. 未知の地で出逢った子供達 - ダイアリー

    未知の地で出逢った子供達

    第1目的地では新しく設立された国際機関の援助の取組みの発表と勉強会が行われた。独立以来後退が続く一方の地。オープニングの初日をお手伝いしていた町の女学生達写真展会場にて以下の写真は移動中に出逢った集落や村の子供達iPhoneで走行中の車から撮ったのでピンボケ友人が写した写真を子供達に見せている所この子達は自分が写った写真を見たのはおそらく初めてだと思う同行した友人は後進国開発援助のエキスパー...

  15. 未知の地 その3 - ダイアリー

    未知の地 その3

    始めの目的地を後に第2目的地に向います第2目的地まで到着するには川を10回以上渡ります地域の知事の命令で私達一行が波止場に到着する側にフェリーを待機させておくという計らいがあった。こんな計らいが少しでも時間の節約になりとても助かる此処でもアフリカンプリントフェリーは一艘だけなので四台の四輪駆動車は1度に運搬できず、後部に続いた二台の往復を待っている間に船着場にあったローカルのスターバックス?...

  16. 未知の地でアフリカン プリント - ダイアリー

    未知の地でアフリカン プリント

    WiFi 環境の無い地を旅しているため更新出来ず本日やっとWifiのある街に到着プログラムが押しているので大急ぎでの更新此処では元祖アフリカンプリントのレポートとても貧しい環境だが、流石にカラフルで女性達はそれなりにお洒落をしていると思う布地屋さん自動車から降りて買いたかったが先を急いでおり車中からのスナップだけ旅は続きます

  17. 海外ドキュメンタリー「ママ・コロネル」と呪術 - nshima.blog

    海外ドキュメンタリー「ママ・コロネル」と呪術

    昨晩、夜中から始まる海外ドキュメンタリー「ママ・コロネル」を見た。コンゴ民主共和国(旧ザイール)キサンガニで警察に勤務するタフな女性警察官の日常を追う。2000年頃に発生した戦争犯罪被害者やDV被害の子供たちのため、シェルター運営に関わる様々な出来事を取り上げていた。キサンガニは、地図からすると広大なコンゴ盆地の低地に位置するようだ。34年前に住んでいたザンビアの隣国といえどもとんでもなく、...

  18. 可愛いアフリカのビール瓶 - そらまめのおうち

    可愛いアフリカのビール瓶

    先日代々木公園で開催されたアフリカフェスティバルに行って来ました。チュニジアのビールと「ブリック」という三角の春巻きみたいなチュニジア料理をいただきましたよー。アフリカの生地で作られた赤いシュシュも買いました。炎天下の公園で飲む異国のビールと料理!とっても美味しかったです(о´∀`о)ビールの空き瓶が可愛かったので、持ち帰って洗って花瓶代わりに。もう一本いただいたセネガルのビールも。海外ビー...

  19. 止まらないコレクション - ダイアリー

    止まらないコレクション

    アフリカンプリントとは呼ばれているけれど実際はアフリカで作られていないらしいジャワ更紗が原点インドネシアと関係の深いオランダの会社が生産を占めているというそのせいかあるプリントは何となくアジアっぽい私達日本人が着る場合はデザインに気を付けないと東南アジアの市場のオバサン 風になってしまう西アフリカ地域の女性達はデザインに凝って独自にアフリカンファッションを創り出しているからとても新鮮でファッ...

  20. 2017冬ケニア・ナミビアの旅29(最終回)~お土産と総決算! - 次、どこ行く?

    2017冬ケニア・ナミビアの旅29(最終回)~お土産と...

    ケニア・ナミビアの旅は前回記事で終わりましたが、今後皆さまの参考になるかもしれない(し、ならないかもしれない)買ってきたお土産一覧&総決算記事を載せて完成しようと思います。では、お土産から。じゃん!左から時計回りに、赤いプレートはナイロビで買ったマサイのお皿、マサイマラのエンティムでいただいたワイン2本、青い大きな筒はヨハネスブルグで買った職場ばら撒き用ヌガー、白地に赤い何かが描かれている箱...

総件数:84 件

似ているタグ