アムステルダムのタグまとめ

アムステルダム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアムステルダムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アムステルダム」タグの記事(26)

  1. ファン・ゴッホ美術館 - リンデンの心のままに綴るフランス便り

    ファン・ゴッホ美術館

    ファン・ゴッホ美術館アムステルダム国立美術館から歩いて、ミュージアム広場にでると、ゴッホ美術館が見えてきます。特別展などが開催されるこの別館は黒川紀章氏の設計。本館内部の撮影は禁止になっています。ゴッホの作品を一度にたくさん鑑賞することができます。日本語のマルチメディアガイドがあったので、4時間たっぷりゴッホの人生と作品を深く知ることができました。別館にある特別展は撮影できました。

  2. ~ スペ~スデュ~ド ~ ワンオブザグリ~ンデイズ XⅣ ~ ロングウェイ 2 ゴ~ カワよりモットもっとナガくユルヤカに ~ ザショ~ゴ~インオン ~  懐古 ~ @ 河内 ' 18 - イナカでロックンジュエリ~@ベトナムドウカシラ

    ~ スペ~スデュ~ド ~ ワンオブザグリ~ンデイズ X...

    複写 懐古 ディス イズ ワン オブ ザ グリ~ン デイズ XⅣ @ AMS - HLD @ 2006_____ DUDE XXX越南 河内 より ベトナム お宝 ☆ ZAKU ZAKU ☆ おトドケ ☆

  3. マキューアン「アムステルダム」 - ネコと文学と猫ブンガク

    マキューアン「アムステルダム」

    イアン・マキューアンの「アムステルダム」、新潮文庫、小山太一訳。以下、本文より抜粋。

  4. アムステルダム - モカのブログ

    アムステルダム

    アムステルダムは英語とドイツ語ができればオランダ語ができなくても住めそうだなぁと思った、とってもオープンで明るい街。ここもコスモポリタンです。腕はよくありませんが写真いっぱい撮りました。運河にかかったいくつもの橋を渡り散策するのがとっても楽しい!子連れだったのでマリワナ博物館には入りませんでしたがあちこちからマリワナの匂いがしてきました。宿泊したアパートメントホテルにはこんなサインも(笑)ロ...

  5. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (4) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (4)

    帰路はクローズホールド。なかなか艇速が出ず4.5ktあたり。幸い天気は上場。帰路に出会った帆船。Sさん曰く、この場所がアップウィンドでは最高とのこと。日没前にどうにか帰港。

  6. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (3) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (3)

    この日は西風でほぼ真後ろからの追い風のため速度はあがらず。最後は機帆走でようやくレリスタットに到着。着岸に備えてフェンダーを用意。ともあれ、到着。ファクトリーアウトレット近くのレストランで昼飯。ハンバーガーでかい。フレンチフライにマヨネーズをつけるのはオランダ、ドイツ、ベルギーあたりの食いかた。これは癖になる。

  7. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (2) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (2)

    ちっちゃいけど、遠くに帆船が見える。スループリグではない複数のマストを持つ大きな帆船がいつも普通に航送しているのを見るのがオランダのすごいところ。依然、ちっちゃいけど・・・。

  8. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (1) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (1)

    山がまったく無いオランダ。そもそも山どころか国土の多くが海抜以下。そんなわけで目下、山行は年1回。代わりにやってるのがセーリング。セーリングは中学生の頃、アーサー・ランサムの作品にインスパイアされてヨットにはずって憧れを持っていた。20年くらい前に英国でディンギーに乗り始めた。ハンブルクにいた頃も時折、レンタルのディンギーに乗っていた。オランダは世界に冠たるヨット王国なので、この機会に日本人...

  9. アムステルダム都市の名前では無いです。 - 平凡な日々の中で

    アムステルダム都市の名前では無いです。

    バラには、いろんな品種が有るのはわかりますが都市の名前なんか付けなくでも・・・と、思いきや、ネットで調べてみるとこのバラ、オランダで出来た品種なんですってだからアムステルダムって名前なんですね。「オランダのハーグで開催される国際コンクールで1972年に金賞を受賞」すごい品種なんですね。アムステルダム都市の名前では無いです。でした。

  10. アイイスランドへ① - アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

    アイイスランドへ①

    ただ今、オランダ・アムステルダムにおります。11時間のフライトの後、アムステルダムで一泊し、今日、改めてアイスランドに入ります。アイスランドへ行くことになった経緯なんかはまた改めて書くとして、とりあえず旅日記です。約20年ぶりのヨーロッパ。前回行ったときはまだ通貨がユーロに変わる前にでした。今回アムステルダムは初めてでしたが、降り立った時の感覚は自分でもちょ以外でした。なんか、普通だったんで...

  11. アムステルダム、ゼロ泊弾丸!アムス支社の同僚デザイナーとパンケーキ(2) - 旅するアラフォー独身会社員デザイナーらむ、有給完全消化済

    アムステルダム、ゼロ泊弾丸!アムス支社の同僚デザイナー...

    アムスオフィスの凄腕デザイナーに会いに!めっちゃ、かわいい人だったぁ!彼女が有名なパンケーキ屋さんに連れて行ってくれたよ。@ PANCAKES Amsterdam基礎英単語をネイティブレベルで使いこなす学習とトレーニングで、あなたの英語を圧倒的に違うレベルに大改造【Nativebuster Pro】あなたのあらゆる情報を数字で表して解読する:情報推命学の電話鑑定

  12. アムステルダムの街並 - f o l i a g e  |  b l o g

    アムステルダムの街並

    この夏のオランダの旅の記録の続きです。あっという間に10月になり、旅の記録も追いついていませんが、細々とでも記憶が遠のかないうちに残していけたら・・・と思います。オランダ最後の訪問地は、アムステルダム。オランダ初めての都会になりましたが、パリやロンドン、他の国の都会とは違って、本当にのんびりとした雰囲気が漂っています。車が少なく、自転車が多いせいでしょうか。それとも、運河が至る所にあって、水...

  13. アムステルダム - オーナー末永のひとりごと

    アムステルダム

    今回最後の出張はアムステルダムです。天気予報はくもりでしたが、どうなる事やら?街を殆ど歩いて回りますので、雨が降りませんように!アムステルダム行きのフライトはいつも満席なのですが、私の隣だけ空いていてラッキーでした。 先ずは年配のご夫婦がやっていらっしゃるお店に行ってみましょう。 店に着くとお二人ともいらっしゃり、ご主人様はショーケースを綺麗にディスプレイされていました。商品を左右対象に並べ...

  14. 2年前の - My Palpitation

    2年前の

  15. 海外旅行ベネルクスオランダ④アムステルダム - タワラジェンヌな毎日

    海外旅行ベネルクスオランダ④アムステルダム

    久しぶりの旅行記です。ユトレヒト2日目は、朝8時過ぎの電車でアムステルダムに行きました。こちらがアムステルダム中央駅です。この駅は、1889年に完成したのですが、東京駅のモデルになったと言われています。向かって左側の塔は時計台、右側は風向計。帆船、風車と風を常に利用してきたオランダ人にとって、風向きを知る事は重要だそう。10時にゴッホ美術館を予約していたのですが、その前に「マヘレの跳ね橋」を...

  16. ワイン祭りを避けるついで - Wein, Weib und Gesang

    ワイン祭りを避けるついで

    ご近所さんと立ち話した。パン屋から沢沿いを走って帰って来た時のことだ。「落ち着かない時期になったね」と話しかけると、土曜日から旅行に出かけるという。その夫婦は確か毎年のようにそうしていたことを思い出した。私の部屋とは違って、お祭り会場に近く、二階三階しかないので更に酷いようだ。人込みや音楽だけでなくて、冷却ファンの音などが堪らないようで、それならば完全に十日程以上同じような状況が続くことにな...

  17. アムステルダムの朝 - Photos from London

    アムステルダムの朝

    トルコから帰ってすぐ、週末にオランダへ。オランダへはつい最近行ったばかりですが、せっかくアムステルダム在住の友人もいることだし、ということでまた行ってきました。今回は出張から戻ってすぐ(ほんとにイギリスに戻ってきた翌日にオランダへ飛んだ)だったので、あまり無理せずに友人としゃべったり、頑張らずに美術館へ行ったり。日曜日が特にきれいに晴れて、気持ちのいい朝でした。

  18. アムステルダムで出会った景色(^-^) - ザイプス ラングスジャパン小林美紀ブログ

    アムステルダムで出会った景色(^-^)

    私は色から頭に入るんですよ。キネティックサンド見つけた時も、その場所を思い出す手がかりは、絨毯色が水色ってこと。最近気がついた。私は色から目に入り記憶するって。これ、アムステルダムのデパートの文具売り場のレジアムステルダム国立美術館の窓ホテルの近くの路地カフェの窓辺日本もこんなカラーの電車あったらいいのに公共のもの、無難におさえたカラーですね~☺宿泊したホテルの朝食の場所歩いてて出会ったイン...

  19. 週末オランダ旅行(その3)~ デルフトとアムステルダム - Photos from London

    週末オランダ旅行(その3)~ デルフトとアムステルダム

    (その2からの続きです。)ロッテルダムの美術館を出たあとは、再び鉄道でハーグの方へ向かいます。が、ハーグに着く前に下車。降りたのはデルフトの街です。このデルフトは、フェルメールその人がかつて居住し、その風景を描いた街。フェルメールファンにとってはまさに聖地と言っていいのではないかと思います。新旧の教会が歩いて五分ほどの距離にあるくらいの小さな街ですが、雰囲気がとてもよく、歩き回るのはとても楽...

  20. リーケル風車冬 - てんてんinformation

    リーケル風車冬

    アムステル川の畔にある風車を四季の記録にパチリ♪ ↑クリックありがとう!

総件数:26 件

似ているタグ