アメリカ合衆国のタグまとめ

アメリカ合衆国」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアメリカ合衆国に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アメリカ合衆国」タグの記事(13)

  1. 日本国内では見かけない現地のリアルワーカー。 - highlife Times

    日本国内では見かけない現地のリアルワーカー。

    日本国内ではカルチャーが違うからかこういったスタイルのリアルワーカーはあまり見かけませんがアメリカ本国のリアルワーカーからアイテムの着こなしについて同じでは無くとも学ぶところがあると思います。そんな事で今回はアメリカのリアルワーカーのスタイルがコチラ。何気なくしているコーディネートが素敵に感じます。色使いや素材の合わせ方。そしてアイテムのセレクトに至るまで学べるところが多々あるとは思いません...

  2. 森林保護団体から学ぶWORKSTYLE。 - highlife Times

    森林保護団体から学ぶWORKSTYLE。

    過酷な仕事で広大な自然があるアメリカ合衆国という国には存在する職種であるが日本国内には存在しない職種の人物がコチラ。森林保護団体という職種。自分は渡米時にWORKBOOTSブランドの会社内でこの職種の方とお話しする機会があるのだけれどいつでもオーバーでは無いのだが彼らの話は無限大の大きさを感じる。彼らにとってアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSという存在は「人生の相棒でありWO...

  3. ビックホーンとイエローストーン4    1992 - 気ままにアウトドアー日和

    ビックホーンとイエローストーン4 1992

    イエローストーン内の観光については1989年の所で結構書いたのであまり詳しくは書かないが、まずはイエローストーン川が流れ落ちる滝とオールドフェイスフルなどの間欠泉、そしてバッファローやヘラジカを初めとする動物たち、そして大好きなオールドフェイスフルインなどなど何度行っても飽きることがない。間欠泉オールドフェイスフル?この時のオールドフェイスフルイン釣りの他にもこうしたもう一つの楽しみがあるの...

  4. ビックホーンとイエローストーン31992 - 気ままにアウトドアー日和

    ビックホーンとイエローストーン31992

    午後から長距離ドライブしてリビングストンの街に入ったはず。このリビングストンの街は鉄道が走っていてボーズマンやビリングスに比べて歴史的な古い建物が残っていたという印象がある。その辺りをもう少し見ておけばよかったのだが、その時は釣りをしたい一心で、ただ釣りの拠点としてしか見ていなかったのは今更ながら愚かなことであった。ここではたぶんデピューズ(Depuy ) というスプリングクリークで釣りをし...

  5. ビックホーンとイエローストーン21992 - 気ままにアウトドアー日和

    ビックホーンとイエローストーン21992

    4日この日はガイドと一緒にボートでビックホーンを釣り下ったはずだが全く記憶に残っていない。その時の写真から明らかにガイドと釣っている写真があるのでそれとわかるだけだ。果たしてこの小さな町でどこで何を食べたのだろう、それすら覚えていない。写真を見る限りそれなりに釣果もあり釣りも楽しめたようなのに、なぜ記憶からすっぽり抜け落ちているのだろう。それにしてもたった一年しか経っていないのだが、頼んだ会...

  6. アメリカのお気に入りの店の風景。VOL.5 - highlife Times

    アメリカのお気に入りの店の風景。VOL.5

    今回もこのブログを通じて少しでもアメリカ合衆国という国が皆様にとって少しでも近くに感じれたらという気持ちを込めて「アメリカのお気に入りの店の風景」と題して続編のブログをアップしたいと思います。今回のブログに登場するのは渡米時にほっと一息つけるお店です。渡米時にはいくらアメリカ好きでアメリカの食事が好きであっても度重なる事により飽きて来たり、長期間であれば日本食が恋しくなったりする事もあります...

  7. ビックホーンとイエローストーン1992 - 気ままにアウトドアー日和

    ビックホーンとイエローストーン1992

    ブログを再び始めるにあたって、このことを書くべきが随分迷った。みっともないようでもあるし、深刻過ぎる内容のようでもあるし、プライベートに留めておくべきものでもあるようにも思えたが、自分と同じような状況に置かれた人に何かの参考になればと思って書くことにした。自分がブログを公開するのはをやめた理由は、昨年母が亡くなったということが一番大きい。年齢的にも、身体的な衰えから言っても、いつその日が訪れ...

  8. 本国でのリアルなスタイル。 - highlife Times

    本国でのリアルなスタイル。

    今回このブログでご紹介させて頂くブランドはカジュアルブランドというカテゴリーでは無く確かにワークなカテゴリーのブランドです。そんなブランドがコチラ。カッコ良く見えてファッションブランドの様にも見えますがしっかりと基本ラインを整えたアメリカ本国が世界に放つワークブランドです。日本国内販売されているこの「Dickies」社のアイテムは直営店であってもほとんどがライセンス品の販売ばかりですので本国...

  9. アメリカンフリークなアイテム。 - highlife Times

    アメリカンフリークなアイテム。

    当店では派手さが売りな若者アイテムというよりはシンプルの中に渋さを見出す大人カジュアルを提案するお店です。別に派手さがダメだという訳ではありませんが主張が強すぎると飽きが早く来てしまう事も事実です。そんな事からもアメリカ映画に登場する様なシンプルなアメリカンアイテムをオススメします。皆さんもアメリカ映画などをご覧の際はあまり派手めなモノは目にしないと思います。派手めなモノを目にするとしたらア...

  10. ねんきんQuiz-第576問(海外の年金) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第576問(海外の年金)

    Q年金加入期間が40クレジット以上でもらえる年金を、以下のうちから選んでください。☆☆①アメリカ合衆国の退職年金②スペイン年金③ドイツ年金A①アメリカ合衆国の退職年金pointアメリカ合衆国の退職年金は、年金加入期間が40クレジット(10年相当)あると受給できます。(1クレジットは3か月分相当)なお、スペインは15年、ドイツは5年が受給要件の最低加入期間になります。(2019年現在)

  11. ブルーカラースタイル。 - highlife Times

    ブルーカラースタイル。

    アメリカ本国にはブルーカラーとホワイトカラーという呼び名で区分けされたワークジャンルのスタイルが存在します。大きく分けるとデスクワークなどの背広族の真っ白なYシャツの襟のビジネススタイルか肉体労働派のビジネススタイルかです。今回は後者の肉体労働派のブルーカラーのスタイルをご案内致します。それがコチラ。それがすべてというう訳でもないですし細かい決まりがある訳では無いので正解は有りませんがブルー...

  12. アメリカ合衆国の英語事情 - ウェブネットNAVI

    アメリカ合衆国の英語事情

    アメリカ合衆国には、国家の公用語に関する法的な文章が存在しない。ただし、州レベルでは、英語を公用語とする州や英語とスペイン語(アメリカ合衆国のスペイン語)を公用語と明文的に定める州もある。初期の頃は、西欧系(特にゲルマン系)の移民が多く、英語優位の状況が確保されていたが、次第に東欧・南欧系が増えてきた。さらにアジア・中南米(ヒスパニック・ラテン系アメリカ人問題を参照のこと)からの移民(アメリ...

  13. ドナルド・トランプ 新アメリカ合衆国大統領って、どうよ!? - パラリーガルのWEBlog【 @budgerigar2000 】

    ドナルド・トランプ 新アメリカ合衆国大統領って、どうよ!?

    【 ツイッターの発信操作に必死? 】【 誰かに、似てない?と思うのは、私だけでしょうか? 】2017年1月20日(金)(ワシントンD.C時間)午前10時、アメリカ合衆国連邦議会議事堂前の会場にて、 歴代の大統領(元カーター大統領、元クリントン大統領前ブッシュ大統領)、オバマ大統領(正午の新大統領宣誓式を以って、権限の移譲される為、この段階では、オバマ氏は、以前大統領)などの出席の下、大統領就...

総件数:13 件

似ているタグ