アメリカ映画のタグまとめ

アメリカ映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアメリカ映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アメリカ映画」タグの記事(81)

  1. バイス - 龍眼日記  Longan Diary

    バイス

    「記者たち衝撃と畏怖の真実」の向こう側の物語。どちらも観ごたえある作品だったが正統派な「記者たち~」に比べて本作は不思議なお茶目さが時折顔を覗かせる作品だった。自分の思い通りに次々と政策を通していくチェイニー(クリスチャン・ベール)を見ていると政治家というのはやろうと思えばここまで力を持ち、国民が丸め込まれてしまうのだな、としみじみ恐ろしさを感じる。それにしても学生時代あれほどクズだったチェ...

  2. 記者たち衝撃と畏怖の真実 - 龍眼日記  Longan Diary

    記者たち衝撃と畏怖の真実

    イラクが保持する大量破壊兵器を大義名分にアメリカが仕掛けたイラク戦争。アメリカ政府が発表した大量破壊兵器の存在に疑問を抱いたナイトリッダー社の記者たちが真実を追い続ける姿を描く。恋人の父親から「ニューヨーク・タイムズ」も「ワシントン・ポスト」も報じているのだから事実なのにどうしてお前の新聞社だけが間違った報道をするのだ」と責められるシーンが印象に残る。この件での真実が明らかになるまで大方の人...

  3. シンプル・フェイバー - 龍眼日記  Longan Diary

    シンプル・フェイバー

    視覚で楽しむ映画。家事や育児にいそしむシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)と華やかなファッション業界で働くエミリー(ブレイク・ライブリー)の笑ってしまうほどわかり易いキャラ設定。子供を通じて急接近する2人だがどちらの人物も裏の顔がありそうな匂いがプンプンと。エミリーのファッションや洗練された自宅は眺めているだけで眼福。ゴージャスでスタイル抜群なブレイク・ライブリーはハマリ役。何...

  4. ブラック・クランズマン - 龍眼日記  Longan Diary

    ブラック・クランズマン

    一見軽さを装いつつ鑑賞してみればその内容は実に重い。スパイク・リーだものね。比べるものでは全くないがやはり私は「グリーンブック」よりも本作の方に心を動かされる。「アメリカ・ファースト」を合唱するKKKのメンバーたちの姿にトランプが重なって胸がざわつく。KKKについては過去いくつかの映画の中でその存在を知る程度の知識のみだが「白人至上主義」という愚かな思想を理解出来る日が来ることはない。それに...

  5. グリーンブック - 吾唯足知な日々

    グリーンブック

    アカデミー賞作品賞受賞&助演男優賞受賞受賞後の公開だったためか、混んでました〜。ワタシは「ムーンライト」からマハーシャラ・アリに注目してて、今回も見事2度目の助演男優賞受賞となり、マハーシャラ見たさに行ったのですが、、、

  6. アリー/スター誕生 - 吾唯足知な日々

    アリー/スター誕生

    スター誕生のリメイクです

  7. ア・ゴースト・ストーリー - 吾唯足知な日々

    ア・ゴースト・ストーリー

    これが2018年鑑賞ラスト映画ですどちらも好きなキャストだったので観に行きました。思ってたのと全く違っていてビックリしながら鑑賞。落ち着かない気持ちで居心地悪くて、、、でもアッという間にエンディングになり、あの終わり方はすごく良かったです。(魂が儒仏したのかな?と)見ているうちに、、、これは座敷童子なのか?「ゴースト・ニューヨークの幻」とも違うし、こちらはシーツを被ったゴーストが不憫で不憫で...

  8. ミスター・ガラス - 龍眼日記  Longan Diary

    ミスター・ガラス

    一番のしくじりは「アンブレイカブル」の復習をしておかなかったこと。「スプリット」については公開からそれほど時間が経っていないためかろうじて記憶が残っていたのだが。本作でもしっかりと登場するM・ナイト・シャマラン監督の姿に思わずニヤリ。この役どころもただのエキストラではなく「アンブレイカブル」「スプリット」そして本作と全てに登場する共通のキャラクターだという。デヴィッド(ブルース・ウィリス)の...

  9. 映画「インスタント・ファミリー」 - ビタミンカラー EN VALENCIA

    映画「インスタント・ファミリー」

    アメリカ映画🎥「インスタント・ファミリー」が昨日から公開されたので、早速~家族と観に行って参りました※アメリカでは、昨年の秋に公開・日本未公開(現時点)スペインタイトルは「Familia al Instante」ストーリーは・・・ある夫婦が、里親制度から3人の子供達を迎え最終的に養子縁組をするという実話に基づいたお話しで笑いあり 涙ありの 中々、興味深い内容でした。我...

  10. アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング - 龍眼日記  Longan Diary

    アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング

    楽しかったー!今年最後の劇場鑑賞はコレで大正解。あ、新年最初の1本でも良かったかも。自分の容姿にコンプレックスを持つ主人公レネー(エイミー・シューマー)がアクシデントで頭を打ってから自分が容姿端麗に変身したと思い込んでしまう。・・・ってなんと大胆なストーリー展開なのだ。見た目そのままなのにまるで別人と化するレネーを演じるエイミー・シューマーが最高。自分に自信を持てなくていつでもうつむき加減で...

  11. おとなの恋は、まわり道 - 龍眼日記  Longan Diary

    おとなの恋は、まわり道

    ウィノナ・ライダーとキアヌ・リーヴスの恋愛モノ!となれば彼らの若かりし頃をスクリーンで観てときめいた世代である私のような妙齢女性は絶対飛びつくに違いない。はい、もちろん飛びつきましたとも。(笑)偏屈オトコと毒舌オンナがとあるリゾート・ウェディングに出席するために向った空港で偶然出会う。物語は最初から最後まで2人の会話オンリーで構成されていてまるでお芝居を見ているかのよう。とはいえその会話の内...

  12. ヘレディタリー継承 - 龍眼日記  Longan Diary

    ヘレディタリー継承

    この作品・・・オカルトホラーにするのではなく心理的サスペンス作品にしていたら私にとっては絶賛作品になっていたような気がする。物語の中盤まで・・・つまり娘のチャーリー(ミリー・シャピロ)が目を覆いたくなるような事故で死亡したことで家族それぞれの心が病んでいく様子までは思い切り物語に引き込まれた。妹を死なせてしまった兄ピーター(アレックス・ウルフ)の自分が起してしまった悲しい事故をうまく受け入れ...

  13. ソフィーの選択 - 吾唯足知な日々

    ソフィーの選択

    午前十時で鑑賞

  14. かごの中の瞳 - 吾唯足知な日々

    かごの中の瞳

    「プーと大人になった僕」と真逆な世界(同監督)

  15. 恐怖の報酬【オリジナル完全版】 - 龍眼日記  Longan Diary

    恐怖の報酬【オリジナル完全版】

    久しぶりに映画らしい映画を観た。133分の間一瞬たりとも目が離せない緊張感の連続。観客に媚びず無骨でスリリングな展開はお見事としか言いようがない。1977年公開時の本作は未鑑賞。ウィリアム・フリードキン監督に無断で約30分カットされて92分の短縮版が公開されたという。今回完全版を鑑賞して一体どの部分をカットしたのだろうと頭をひねった。なぜなら無駄なシーン、エピソードが全く思い当たらなかったか...

  16. A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー - 龍眼日記  Longan Diary

    A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

    こういう作品にノレないと感性低いと言われそうだが仕方ない。はい、私は全く惹かれない作品でした。好きな人は絶賛な作品なのだと思う。それは理解できる。だが私はまずあのシーツすっぽり的な、オバQ的なビジュアルに拒否反応が・・・。夫を失った妻が延々とパイを食べ続けるシーンでは「お願いですからもう勘弁してください」と土下座したい気分になり思い出の家が壊されるシーンではドリフのコントのエンディングを思い...

  17. search/サーチ - 龍眼日記  Longan Diary

    search/サーチ

    完全に見くびっていました。面白かった!観終えてしみじみと感じたことが2つ。1.親の我が子への思いってやっぱりスゴイ。それが正義だろうがなかろうが・・・という問題はさておき。2.やはり私はパソコンの機能の1割程度しか活用していないのね。ほぼ全編パソコンの画面を通して繰り広げられる物語。フェイスタイムで話をする相手の素性を話しながらネットで検索して探るなど当たり前の世界。す、すごすぎる。姿を消し...

  18. バトル・オブ・ザ・セクシーズ - 吾唯足知な日々

    バトル・オブ・ザ・セクシーズ

    テニスがしたくなる〜

  19. タリーと私の秘密の時間 - 吾唯足知な日々

    タリーと私の秘密の時間

    頑張ってる女性たちへ

  20. オーシャンズ8 - 吾唯足知な日々

    オーシャンズ8

    オーシャンズシリーズも必ず観ます

総件数:81 件

似ているタグ