アメリカ映画のタグまとめ

アメリカ映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアメリカ映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アメリカ映画」タグの記事(57)

  1. ジャン=フランソワ・リシェ「ブラッド・ファーザー」メル・ギブソンエリン・モリアーティ - 昔の映画を見ています

    ジャン=フランソワ・リシェ「ブラッド・ファーザー」メル...

    小気味いい快作アクション。2016年、フランス。原題BLOOD FATHER。米フロリダ州高校銃乱射 17人死亡(ネットニュースより)米フロリダ州パークランドで14日午後、高校で乱射事件があり、少なくとも17人が死亡した。容疑者は元生徒で、犯行に使われたとされる銃は「AR-15」。軍用自動小銃「MR-16」の民間向けモデルだった。銃暴力対策を掲げる市民団体「Everytown for Gun...

  2. デトロイト(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    デトロイト(アメリカ映画・2017年)

    洋18-12  ★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2018(平成30)年1月28日鑑賞2018(平成30)年2月7日記 「南北戦争」で北軍に属したミシガン州の都市デトロイトは、ラストベルト(さびついた工業地帯)の白人票として、トランプ大統領の誕生に大きな役割を果たしたが、1967年のデトロイト暴動はなぜ起きたの・・・?差別主義者の警官による黒人の射殺はなぜ?また、アルジェ・モーテル事件での...

  3. アバウト・レイ 16歳の決断 - 龍眼日記  Longan Diary

    アバウト・レイ 16歳の決断

    トランスジェンダーである16歳の少女が家族を説き伏せて男性として生きることを選ぶ物語。決して悪い作品ではないと思う。だが今になって思い起してみるとどこか印象が薄い。本来のテーマがブレてしまっているのだ。その原因はクセがあり過ぎる母親、祖母とそのパートナーの濃すぎるキャラクターといささかドタバタなエピソードなのではないか。どこか自立し切れていないシングルマザーの母親マギー(ナオミ・ワッツ)、祖...

  4. ジオストーム(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ジオストーム(アメリカ映画・2017年)

    洋18-7  ★★★(ショートコメント)<TOHOシネマズ西宮OS>2018(平成30)年1月21日鑑賞2018(平成30)年1月25日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督・脚本・製作:ディーン・デブリンジェイク・ローソン(エンジニア 兄)/ジェラルド・バトラー マックス・...

  5. 「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(ア...

    洋17-205  ★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年12月23日鑑賞2017(平成29)年12月28日記 『シンドラーのリスト』(93年)のオスカー・シンドラーはユダヤ人を自社で働かせることによって、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15年)の杉原千畝は「命のビザ」を発給することによって、それぞれ多数のユダヤ人の命を救ったが、ポーランドのワルシャワには邦題通り「ユ...

  6. スター・ウォーズ 最後のジェダイ - 吾唯足知な日々

    スター・ウォーズ 最後のジェダイ

    見てすぐ感想文書くのも憚れる作品、笑また見たいですねぇ。 BB-8は今回も大活躍。今回すごい笑ったシーンあったんだけど、忘れてしもーたわ。あ、あれだ。コインを沢山入れられて、それを、、、笑!頑固オヤジかと思ったけど、レイのこと結構気になるのよね。笑彼は修行してフォースを手にしたけれど、レイは知らないうちに力ついてたという違いで、その意味ではルークが最後のジェダイ。ルーク、、、終盤すごいよ。最...

  7. 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 - It's a wonderful cinema

    「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

     2017年/アメリカ  監督/ライアン・ジョンソン 出演/マーク・ハミル    キャリー・フィッシャー    デイジー・リドリー    アダム・ドライバー 壮大なる家族喧嘩ですよね…。ルーク、レイア、カイロ、この3人の宇宙を舞台にした喧嘩。巻き込まれた周りは大迷惑(笑)。 映画を観る前に「新キャラ大人気!」とニュースサイトに書かれていたが、あの変な鳥みたいなやつ?全っ然可愛くなかったわ!私...

  8. 「オリエント急行殺人事件」 - It's a wonderful cinema

    「オリエント急行殺人事件」

     2017年/アメリカ 監督/ケネス・ブラナー 出演/ケネス・ブラナー    ジョニー・デップ    ミシェル・ファイファー 旧作は観ています。豪華キャストで名作でした。監督はシドニー・ルメット。ポアロはアルバート・フィニー(この役だけはデビット・スーシェの方がいい!)。他にはジャクリーン・ビセット、アンソニー・パーキンス、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、ショーン・コネリー、リ...

  9. 「ブレードランナー2049」 - It's a wonderful cinema

    「ブレードランナー2049」

     2017年/アメリカ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演/ライアン・ゴズリング    ハリソン・フォード 前作が大好きなので今作も楽しみにしてました。…してたんだけど、正直期待外れというか…。 前作はちゃんと原作があって、それに沿った内容なんだけど、今作はオリジナル。レプリカントに子供ができたら?という着眼点はとてもいいと思うのです。でも、今作の主人公・K(レプリカントのブレードランナー)...

  10. STAR WARS 最後のジェダイ(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    STAR WARS 最後のジェダイ(アメリカ映画・20...

    洋17-203  ★★★(ショートコメント)<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年12月23日鑑賞2017(平成29)年12月26日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督:ライアン・ジョンソン原作:ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』レイ(最後のジェダイ)/デイ...

  11. あのウォルター・ヒル新作が面白そうなんだがシネマカリテ封切とは落ちたもんだぜ(笑) - 昔の映画を見ています

    あのウォルター・ヒル新作が面白そうなんだがシネマカリテ...

    まあ話自体も典型的B級アクションなんだが。「レディ・ガイ」という邦題だ。 なんだかB級アクションの夢とパターンをすべて詰め込んだような(笑)。 それにしてもシガニー、顔が怖すぎてマッド・サイエンティストに、ぴったり(笑)。 特に日本では映画館客は女性主流だから、B級アクション盛り上がらないのよね。ミシェル・ロドリゲス主演!『レディ・ガイ』予告編★Movie Walker★に、タイトル検索で詳...

  12. ギフテッド - 吾唯足知な日々

    ギフテッド

    『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督作品 片目のフレッド、かわいいの〜メアリーも小さな身体を大きなフランクに預け、この子もじゃれ付く猫みたいなんだ。ちょっとした表情はさすがハリウッド子役。どうか素直にスクスク育っておくれ。言葉で考えて説得させるより見せて心で感じさせるこの病院のシーンで号泣!フランクとイブリン、どちらの気持ちも分かる。でも本当に大事なのは子供の気持ち。全身で助けを求め...

  13. オリエント急行殺人事件(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    オリエント急行殺人事件(アメリカ映画・2017年)

    洋17-195  ★★★(ショートコメント)<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年12月9日鑑賞2017(平成29)年12月14日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督:ケネス・ブラナー原作:アガサ・クリスティー『オリエント急行殺人事件』エルキュール・ポアロ(世界...

  14. 否定と肯定(イギリス・アメリカ合作映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    否定と肯定(イギリス・アメリカ合作映画・2016年)

    洋17-194  ★★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2016(平成28)年12月9日鑑賞2017(平成29)年12月14日記 ホロコーストの悲惨さを描く名作は多いが、何と「ホロコーストはなかった!」と主張する学者も。それを批判したユダヤ人の女性研究者が名誉毀損で訴えられ、アーヴィングVSリップシュタット事件が1996年に勃発! イギリスの王立裁判所での審理は、「立証責任」がアメリカや日本...

  15. ゲット・アウト(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ゲット・アウト(アメリカ映画・2017年)

    洋17-184  ★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年11月11日鑑賞2017(平成29)年11月16日記 黒人差別を描く映画は多いが、黒人初の大統領まで登場した昨今のアメリカでは、娘の恋人として黒人青年を受け入れる両親も急増中・・・? 本作を見る限り、アーミテージ家はそうらしいが、そこで働く2人の黒人の使用人はかなりヘン。さらに、パーティに集まった白人たちもかなりヘン...

  16. アトミック・ブロンド(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    アトミック・ブロンド(アメリカ映画・2017年)

    洋17-175  ★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年10月21日鑑賞2017(平成29)年10月30日記 シャーリーズ・セロンがMI6の女スパイに扮して、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15年)とは異質のものすごいアクションに挑戦! ド派手な『007シリーズ』も『ボーンシリーズ』も良いが、やっぱりスパイ映画は東西冷戦の時代がシリアス。しかも、そこに“ベルリンの...

  17. ノクターナル・アニマルズ - 吾唯足知な日々

    ノクターナル・アニマルズ

    ジェイク狙いで行きました 冒頭の裸、、、アートなの?スローモーションで揺れる肉体。まさに「肉」なのである。女性の余分な肉はどこにつくのか?つきやすいのか?など、まじまじと見入ってしまった。何人かの揺れる肉体を見ていくと、やはり、、、背中!脇の後ろ!二の腕!ウエスト!太もも!わりに肘から下やスネなんかは細いのよね。と言うことは、筋肉が贅肉になってしまうのよね。ウエスト周りは内臓を守る役割もある...

  18. ブレードランナー2049 - 龍眼日記  Longan Diary

    ブレードランナー2049

    35年前の前作と同じ役で30年後の彼を本人が演じてくれるという事実。これだけでもう十分。ブレードランナーK(ライアン・ゴズリング)が持つ唯一少年時代の記憶。これが植え付けられた記憶ではなく、真実かもしれないと知った時のKの心に宿った感情を思うと愛しさが湧き上がる。普通の人間にとっては取るに足らない幼い頃の記憶のかけら。それが彼には1つの大きな希望になるのだ。Kの恋人ホログラムのジョイ(アナ・...

  19. バリー・シール(アメリカ・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    バリー・シール(アメリカ・2017年)

    洋17-174  ★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年10月21日鑑賞2017(平成29)年10月26日記 ハリウッドには「BASED OF TRUE STORY」の映画が多い。『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(15年)や『ニュートン ナイト 自由の旗をかかげた男』(16年)がそうだし、本作もそうだ。他方、「歴史に名を残す男」には、「長生き型」と「早死に型」があ...

  20. 女神の見えざる手(フランス・アメリカ合作映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    女神の見えざる手(フランス・アメリカ合作映画・2016年)

    洋17-173  ★★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年10月21日鑑賞2017(平成29)年10月27日記 去る10月22日に投開票された衆議院議員選挙はメチャ面白い政治ドラマになったが、これを演出し主演女優を演じたのは小池百合子。助演男優が前原誠司と枝野幸男で、3分の2獲得賞が安倍晋三。そこにロビイストはいなかったが、アメリカ議会で新たな銃規制法案を成立させるには、...

1 - 20 / 総件数:57 件

似ているタグ