恋愛・結婚・家族ジャンル×アメリカのタグまとめ

アメリカ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアメリカに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アメリカ」タグの記事(197)

  1. またね - ブリアンヌのお散歩日記

    またね

    娘のお友達が日本に本帰国することになり最後に公園で遊んできました同い年だけどお姉さんのような存在だったお友達すごく残念公園で娘がおもちゃを取られてしまった時お友達が取り返してくれたり遠く離れても日本でもアメリカでもまたあえるし共に切磋琢磨しあって成長していこう

  2. アメリカのバレンタイン - ブリアンヌのお散歩日記

    アメリカのバレンタイン

    もうすぐバレンタインなので娘のクラスメートと先生へのギフトを買いに行きました娘は今現地(英語)のプリに月水金と、日本のプリに火木と両方に通っているので、プレゼントの数も✖️2ですこちらではfriendshipとして男女関係なく子供同士でメッセージカードそえて小さなギフトを交換するようです日本語のプリの方は何をあげるかちょっと気をつかうチョコとかキャンディとか歯と身体に良くなさそうなものあげた...

  3. Guiding Hands の死亡事件のその後2 - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    Guiding Hands の死亡事件のその後2

    前回のニュースからの、アップデートです。死亡事故があった Guiding Hands School の閉鎖が決まった、というニュース。でも、記事を読み進めていくと、なんともしっくりこない内容。この学校が閉鎖された後、同じ敷地に、私立の学校を招きいれ、これまでのスタッフを雇用し、これまで Guiding Hands に通っていた生徒達を受け入れることができる・・・と書かれている。それで、何がか...

  4. 遺伝性疾患テストステロンの分泌が2歳からはじまった人の話 - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    遺伝性疾患テストステロンの分泌が2歳からはじまった人の話

    息子は、3q29 microdeletion syndrome という、遺伝子疾患があります。この疾患がわかるようになったのは、ほんの15年くらい前のことで、疾患自体に関して、まだはっきりとした内容はわかっていません。イギリスの Unique と呼ばれる、遺伝子疾患の人をサポートする団体に入っていますが、そこから送られてくるニュースレターやフェイスブックの投稿をみても、いろんなタイプや症状が...

  5. Weighted blanket で睡眠障害が解消? - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    Weighted blanket で睡眠障害が解消?

    まえまえから存在は知っていたけれど、結構お値段がはるものだったので、購入を躊躇していた Weighted blanket (日本だと重力毛布っていうの?)を買ってみたのです。というのも、クリスマスのちょっと前に、ターゲットで安い Weighted blanket が出た!って評判になっていたのですよ。映画で有名な テンプル・グランディンさんも言っている通り、自閉症の子にはちょっとした圧迫刺激...

  6. 仕事を続けるということ - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    仕事を続けるということ

    昨年の12月で、息子はいまの会社での勤続期間が丸3年を過ぎました。少し前に勤務時間を週に16時間までとしてもらってからは、ストレスもためることなく、彼のペースで勤務できるようになっています。息子が働きだしたとき、普通の環境で、障害を持っていない人と同じ仕事ができるようになったことに、母親ながら驚きました。正直、彼がそのような環境で働けると思っていなかったので、学校のプログラムで研修生のような...

  7. SSIの受給が決まると、やらなくてはいけないこと - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    SSIの受給が決まると、やらなくてはいけないこと

    息子の場合、知的障害があるという理由での受給ということもあり、息子自身は受給されたお金を直接受け取ることはできなくなっています。そのような場合、Representative Payee という、代理人をたてることになります。息子のケースでは、私が representative payee になっています。親がいない場合には、遠隔に住んでいる親戚や友人、結婚している場合には結婚相手、誰もいない...

  8. 自閉症の生徒を廊下をひきずり回す先生 - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    自閉症の生徒を廊下をひきずり回す先生

    ニュースがピックアップする頻度をあげているのか、ビデオというものがもっと身近になったせいなのか、障がいを持った子供にたいする虐待とも思える学校での対応が、最近メディアによくでるようになった気がします。CNNなどのメジャーニュースでも取り上げられていたそうですが、ケンタッキー州で先生が自閉症の生徒を廊下で引きずりまわしていたことがニュースになっています。立ち止まって話すとか、できなかったのかな...

  9. 冷静になってみたらそんなものかも? - 笑っていこうよ!

    冷静になってみたらそんなものかも?

    MSNに載っていた記事です。”Why I Won't Let My Daughter Sit on Santa's Laphttps://www.msn.com/en-us/lifestyle/voices/why-i-wont-let-my-daughter-sit-on-santas-lap/ar-AAAsNpi?ocid=spartanntp”In theory, ...

  10. 学校で拘束された後に、13歳の自閉症児が死亡するという事件 - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    学校で拘束された後に、13歳の自閉症児が死亡するという事件

    私も、ニュースを読んで驚きました。Student With Special Needs Dead After Being Restrained At School学校で拘束された後に、生徒が死亡カリフォルニア州での事件のようです。まだ詳細はわかっていないようなのですが、重度の自閉症の生徒が暴れだしたので、顔を地面をつけるような拘束を与えた。呼吸をしていないことがわかったので、病院へ搬送したが...

  11. おかん旅Day1+Day2* - Avenue No.8

    おかん旅Day1+Day2*

    おかんのLA8日間の旅が無事に終わりました。関空で買ってきてくれたミスドのドーナツおいしかったな~♪(ピカチュウのドーナツは売り切れやったって)

  12. guest house* - Avenue No.8

    guest house*

    おばあちゃんの部屋が完成しました~♡

  13. お医者さんとのデート - na*naの婚活物語

    お医者さんとのデート

    お医者さんとデートに行って来ました!!

  14. 障害を持った子供に手錠をかけた、という話。わからないことへの対処方法 - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    障害を持った子供に手錠をかけた、という話。わからないこ...

    ケンタッキー州の司法局が、手錠をかけられた生徒達に4,000万円近い金額を支払うことになったというニュース。手錠をかけられた生徒が写っている動画がこちらです。誰もが抱くであろう感想は、「そこまでやらなくても」だろう。実際に、この映像の中では子供はもう落ち着いているし、周りに危害を与えることもない様子ですからね。この裁判、ニュースでは、司法局やシェリフの行動や判断に焦点があたっているようですが...

  15. シニア用の施設で、障害をもった子供(大人)と住む選択 - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    シニア用の施設で、障害をもった子供(大人)と住む選択

    日本では婚活、妊活に加えて、終活という言い方が流行っているようですが、私も自分の身体の変化(老眼、頻尿・・・などなど)を感じるにつれ、自分の終活を考えるようになりました。自立ができる子供でしたら、自分の健康とお金だけを心配すればいいのでしょうが、私のような家庭環境の場合、息子のことをまず考えないといけない、ということになります。そんな私に、朗報。今日のdisabilityscoop の記事、...

  16. 9,90年代だったのね!? - 笑っていこうよ!

    9,90年代だったのね!?

    ブログ Carpe Diem(https://coastalsimplelife.exblog.jp/)の最新記事から2つ目?3つ目?の記事「'90's Kidではないけれど…」を読んでいて知りました。ポンチも「'90's Kidではないけれど…」、ご紹介してくださっているサイトの本、結構読んでいるかも!?です。あーちゃんも読んでいたというコウモリのお...

  17. luxury hotel* - Avenue No.8

    luxury hotel*

    週末、サンディエゴに行った話の続きです☻

  18. アメリカはギフテッドを認めたくない? - 笑っていこうよ!

    アメリカはギフテッドを認めたくない?

    2012年と昔の記事なのですが、人目を惹くショッキングなタイトルだったので貼り付けておきます。Three Reasons Why Americans Ignore Gifted Children(https://www.psychologytoday.com/us/blog/finding-the-next-einstein/201209/three-reasons-why-american...

  19. こういうこともありますよね - 笑っていこうよ!

    こういうこともありますよね

    いつだったかに読み始めた三銃士... どうやら読み切らずに放っておいていたらしいです。まぁ... そういう事もありますよね?(笑) 途中まで読んで怖くなったり、合わないと感じたり... なんてことは、私もあったもの。三銃士の場合は、一体何が理由だったのか?は不明ですが、話の感じだともう2冊ほど放置している本があるみたいで、理由は登場人物の言葉遣いが乱暴だから、だそうです。 許せないんだって。...

  20. 幼すぎる! - 笑っていこうよ!

    幼すぎる!

    久々にポンチのクラスメイト(女子)を見ました。お・・・大人すぎる!もう一緒のグループに入っておしゃべり出来るんじゃないか?と思わされるほど、大人です。生意気盛りなプリティーンがスタートしている予兆が盛沢山。(笑)今まではただ単に可愛かったけど、ムカつく感じもしなくもなくも・・・。そもそも服装だって、可愛いというよりはオシャレだし・・・あの調子だとポンチが女子はお喋りばっかりで何もしないと言っ...

総件数:197 件

似ているタグ