アリアケスミレのタグまとめ

アリアケスミレ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアリアケスミレに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アリアケスミレ」タグの記事(7)

  1. スミレ - 飛騨山脈の自然

    スミレ

    隣町に出た帰りにアリアケスミレの自生地を訪ねた。到着したのが15:00頃で、太陽光線が強すぎて上手く撮れなかった。アリアケスミレは花の色が変化に富むことから、有明の空の色になぞられてつけられたと言う。白色のものはシロスミレに似ているが、葉の形や葉の広げ方が違うので見分けがつく。シロスミレは葉身は葉柄より短く葉の広げ方は垂直に近い。アリアケスミレは葉身は葉柄より長く葉の広げ方は水平に近いので、...

  2. すみれ!すみれ! - 里山の四季

    すみれ!すみれ!

    スミレ菫葉はへら形で葉柄にはっきり翼があるのが同定の決め手です。濃い紫色の花弁が魅力。側弁の基部は有毛、雌しべ柱頭はカマキリ型距は長い。アリアケスミレ有明菫葉は、長楕円状披針形で水平に広がります。側弁の基部は有毛、雌しべ柱頭はカマキリ型。距は太くて短い。マルバスミレ丸葉菫名前のとおり丸っこい葉が特徴。花弁も丸くて、側弁の基部はわずかに有毛雌しべ柱頭はカマキリ型。挙には紫色の斑点、後部は上方に...

  3. 3月31日灰ヶ峰のスミレ - Mag's  DiaryⅣ

    3月31日灰ヶ峰のスミレ

    シハイスミレ、とびっきりのべっぴんさんが揃っていた。隣には、斑入りのシハイスミレ。ヒゴスミレは一輪だけ咲いていた。アリアケスミレヒナスミレ山陰型タチツボスミレだと思う。フデリンドウが咲き始めて、今、灰ヶ峰を歩くと楽しいよ。

  4. 寒い晴れ間 - 飛騨山脈の自然

    寒い晴れ間

    曇りから太陽がのぞいたので近くへ出かけた。直射日光下でも暖かくない、風が強く冷たいので寒いけれどヒオドシがセイヨウタンポポで吸蜜していた。広角で近づいてみたが植物が邪魔して良いアングルがとれなかった。耕作地の日当たりの良い斜面にヤマトシジミが飛んでいた。目撃個体は3♂のみで開翅する個体は1♂だけだったが、僅かしか開いてくれなかった。低温期の個体らしく翅表の外縁の黒帯が細い個体だった。♀は思っ...

  5. 里地の花たち - 里山の四季

    里地の花たち

    春!染井吉野も山桜も満開里地の道ばたでも次々に野の花が咲き出しています。ホタルカズラ蛍蔓ムラサキ科ムラサキ属花の色を蛍の光に例えたとか真ん中に白い隆起があります。アカクビボソハムシハムシ科枯れた蔓にしがみついていました。アリアケスミレ有明菫スミレ科スミレ属色の変化が多く、有明の空になぞられて名がつけられましたがこれは白っぽくて筋が紫色です。葉がほぼ水平に開くのが特徴です。キュウリグサ胡瓜草ム...

  6. 里山の花② - Mag's DiaryⅢ

    里山の花②

    去年初めて見たヒメカンアオイの観察に行った。ギフチョウの卵がないか、ひっくり返して葉の裏を見たけれど無し。これはなあに? もしかして蕾?バイカイカリソウが満開だった。場所を移動して別の里山へ。アリアケスミレが満開。タチツボスミレだと思って撮ったが、ケタチツボスミレなのかな? PCで見て初めて花茎に毛があると気づいた。現場で気づいていればもっとちゃんと撮ったのにねぇ。

  7. アリアケスミレ有明菫 - 里山の四季

    アリアケスミレ有明菫

    アリアケスミレスミレ科スミレ属多年草湿地の中の水につからない場所に群生していました。タチツボスミレより少し遅れてニョイスミレが開花する頃に満開になります。白地に紫色の筋がシックな感じです。2019.4.14側花弁基部の毛が目立ちます。距は太くて短い側花弁基部多毛、花柱はカマキリの頭形葉の数は多くては横に広がる。葉柄に少しだけ翼がある。

総件数:7 件

似ているタグ