アルゼンチンのタグまとめ

アルゼンチン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアルゼンチンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アルゼンチン」タグの記事(15)

  1. パタゴニア(その4)-エル・カラファテの鳥たち - oto-のPhoto Gallery

    パタゴニア(その4)-エル・カラファテの鳥たち

    エル・カラファテは、アルゼンチンのサンタ・クルス州にある都市で、世界遺産ロス・グラシアレス観光の玄関口となっています。また、パタゴニア地方にあるウブサラ氷河などの水が流れ込むアルヘンティーノ湖に面しており、とても風光明媚な都市として有名です。エル・カラファテには、アルヘンティーノ湖に面して「Laguna Nimez reserve」というたリザーブがあり、ここで多くの野鳥を観察することができ...

  2. パタゴニア(その3)-ペリト・モレノ氷河 - oto-のPhoto Gallery

    パタゴニア(その3)-ペリト・モレノ氷河

    ペリト・モレノ氷河は、アンデス山脈の南端部に存在する南パタゴニア氷原から流れ出す氷河で、一番氷の厚い場所で700mあり、最終的にアルヘンティーノ湖へ流れ込んでいます。氷河の長さは30km、終端部の幅は約5kmに広がっており、湖面からの高さは約60mあります。因みに、湖面下も含めた氷全体の高さは約170mあります。この氷河の周辺は、アルゼンチンにおいて、ロス・グラシアレス国立公園として国立公園...

  3. パタゴニア(その2)-ビーグル水道の野鳥と動物 - oto-のPhoto Gallery

    パタゴニア(その2)-ビーグル水道の野鳥と動物

    ビーグル水道は、南アメリカの南端に位置するフエゴ島と、その南側に位置するナバリノ島、オステ島を隔てる全長約240kmの海峡です。チャールズ・ダーウィンが1831年から1836年にかけて行ったビーグル号による地球一周航海の際の経路であり、この水道の名前は同船の名前に由来しています。この海峡には多くの種類の海鳥やペンギン、オタリアなどが生息しています。尚、このフエゴ島の北側と南アメリカ大陸の間に...

  4. 【2月9日】マルタ流【楽しく長く生きるコツ】日本とアルゼンチンの暮らしから - 和歌山YMCA blog

    【2月9日】マルタ流【楽しく長く生きるコツ】日本とアル...

    和歌山YMCAでは、地域の皆さまに海外の国々への理解を深めていただくことを目的に、毎年「ワイ!Y!プログラム(国際理解セミナー)」を行っています。今回は「楽しく長く生きるコツ」をテーマに、多様な経歴をもつマルタさんが分かりやすく、楽しくお話しをしてくださいます。人生100年時代を迎える日本において、新たな発見やヒントを見つけていただくきっかけとなれば幸いです。どなたでもお気軽にご参加ください...

  5. パタゴニア(その1)-ティエラ・デル・フエゴ国立公園(Parque Nacional Tierra del Fuego) - oto-のPhoto Gallery

    パタゴニア(その1)-ティエラ・デル・フエゴ国立公園(...

    ティエラ・デル・フエゴは、南アメリカ大陸の南端部に位置する諸島で、チリとアルゼンチンが分割して領有しています。アルゼンチン側はティエラ・デル・フエゴ国立公園として指定されており、アメリカ大陸を縦断しているパンアメリカーナ(国道3号線)の最南端にあたります。因みに北端のアラスカからは17,848kmとなります。ティエラ・デル・フエゴという名前ですが、1520年にマゼランが大西洋から太平洋に通じ...

  6. 完全OFF10月13日(土)6539 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    完全OFF10月13日(土)6539

    人気ブログランキング参加中です。今日明日は、完全OFF。土日2日続けての休日は久しぶりです。昼食を抜き、早めの夕食というか、飲みでした。近所の焼き鳥屋の塩レバです。ビールと、ハイボールでイイキモチになりました。木曜日に行った榎並さんの写真展で撮ってもらった写真です。沼田さん、貫禄です。私は何故か嬉しそうです。昼間は、Netflixを見ていました。今日見たのは、アルゼンチンに潜伏していた、ナチ...

  7. イグアスの滝 - oto-のPhoto Gallery

    イグアスの滝

    5年半ぶりにブログを再開しました。これから、今まで撮りためた写真を中心に、ギャラリーに掲載していきたいと思います。再開第一号はイグアスの滝です。イグアスの滝は、南米アルゼンチンとブラジルの国境をなすイグアス川の最下流部にかかる世界最大級の滝で、世界三大瀑布の一つです。因みに、世界三大瀑布は、アフリカのビクトリアの滝、アメリカのナイアガラの滝、このイグアスの滝の3つを指します。滝幅は4Km、最...

  8. トゥルース・オブ・ウォー - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    トゥルース・オブ・ウォー

    ★★★★★☆☆☆☆☆WOWOWで。フォークランド紛争をテーマにしたアルゼンチン映画。近くに住む友達同士が共に出征。現地でも顔を合わすが、任地は別となる。1人は戦死、1人は帰還するが・・・というお話。アルゼンチンではフォークランドからの帰還した兵士に差別があることは分かった。戦闘シーンも迫力はあった。しかし、ドラマ部分はその差別があったことと知った以外に観るべきところもなかった。

  9. パサデナのアルゼンチン料理といえば 「Malbec」 - パサデナ日和

    パサデナのアルゼンチン料理といえば 「Malbec」

    パサデナのアルゼンチン料理といえば 、ここが美味しいよーと言う人がいたので行ってみた。「malbec」木漏れ日の感じが、表参道に似ていて好きな"グリーン通り"沿いにあるレストランだ。いつものように昼時を外しての来店。どの店も14時前ぐらいから空いてくる。のんびりできる時間帯だ。キルメス(Quilmes)を飲みながら、チミチュリをつけてパンをかじる秋の昼下がり。まったりとし...

  10. 笑う故郷-1-El Ciudadano Ilustre - 殿様の試写室

    笑う故郷-1-El Ciudadano Ilustre

    笑う故郷-1-El Ciudadano Ilustre映画の醍醐味は行ったことのない土地、見たことのないもの、未体験のできごとを、実感できることですよね。大きなスクリーンなら、なおさら素敵です。『笑う故郷』というタイトルを見て〈笑うセールスマン〉と読み違えてしまったとのですが、本作はアルゼンチンの田舎町が舞台のちょっとブラックなお話です。『笑ウせえるすまん』とはブラックつながりですね。アルゼ...

  11. 南米フラフラ旅 - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    南米フラフラ旅

    日が経つのは早いものですな。この写真はブエノスアイレス最後の夜に街中で行われた大規模なデモンストレーション。スペイン語なので何を訴えているのか皆目見当もつかなかったけど、とても平和的でありました。その日はパレルモ競馬場にも行ってきたが、その美しさに感嘆の声をあげたほどだった。ブエノスアイレスでの滞在は4日間だったけど、とても心穏やかに過ごせた。ただ、チリのサンティアゴへ移動する時の航空会社ス...

  12. アルゼンチン・タンゴ発祥の地 - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    アルゼンチン・タンゴ発祥の地

    アルゼンチン・タンゴの発祥の地は、港町ポカという地区らしい。なるほどそのエリアへ行くと、艶やかなドレスに身を包んだカップルが練習をしていた。ただ、私はその練習を見に来たわけではない(笑)。街の一角がとてもカラフルだと聞いてやって来たのだった。ブエノスアイレスの中心街から市バス(20、29、53、64番)に乗って約20分、着くと目に楽しい景色が広がっていた。工事現場のフェンスまでカラフル。レス...

  13. ブエノスアイレスでの滞在により、五大陸制覇! - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    ブエノスアイレスでの滞在により、五大陸制覇!

    (ブエノスアイレスの公園にあった素敵な銅像)N.Y.からヒューストン経由でブエノスアイレスへ向かった。使ったのは最近ニュースになったユナイテッド航空で、徹底的な経費削減をしていることが窺えた。空港では全て自分で機械処理をしなければならず、スタッフとの対応は自分でタグを付けた荷物を預ける時だけ。まるでローコスト・キャリアの飛行機の手続きみたいだった。(ブエノスアイレスのマヨ広場にあるピンク・ハ...

  14. おかえりなさい - ひびののひび

    おかえりなさい

    5月10日(水)10日間余りのアルゼンチンとペルーの旅から日比野が帰ってきました。朝、到着した成田からそのまま仕事に向かってしまい夜、ようやく帰宅!白いご飯とお魚と野菜の煮物。土産話を聞きながら久しぶりの二人の食卓。片付けている間に日比野はソファーで眠っている。

  15. タンゴコンサート - 商家の風ブログ

    タンゴコンサート

    4月30日、アルゼンチンタンゴコンサートがありました。商家造りの古い家で聴くのもいいものですね。旧後藤家商家交流資料館のシャガ

総件数:15 件

似ているタグ