アルチューロのタグまとめ

アルチューロ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアルチューロに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アルチューロ」タグの記事(54)

  1. 北茨城ツーリング - ドカポルGS

    北茨城ツーリング

    ライダーズハイ!バカは走らなきゃ治らない?3日前に走ってきたばかりなのに、道を間違えた事が気にかかって納得がいかない。そこで、天気もいいしやることもないからリベンジしてやった。出発前は前回迷ったビーフラインの入り口確認して物産センター山桜まで走ったら、後は「かつら」「もてぎ」「益子」と道の駅巡りしながら筑波山の麓を通って帰るはずが。山桜に着いたら、時間は早いし天気も快晴。急遽計画変更で福島県...

  2. プラグ交換 - ドカポルGS

    プラグ交換

    うっかり整備ミスで痛めたマーニのプラグホールをタップで修正。ついでに、買った時から付いているv7のプラグもいつ交換してるか分からないので交換。

  3. とりあえず完成❗️ - ドカポルGS

    とりあえず完成❗️

    タイヤ交換するだけのためにバラし始めたのが1月中旬、ところが予想していなかった問題があっちもこっちもそっちもある事を知るのです。パラレモグラモのスフェリカル交換に始まりエンジンとミッションを分離してクラッチのフリクションプレート、ハブギアそしてオイルシールやOリング交換。更にはまさかのドライブシャフト破損に伴う交換!たっぷり2ヶ月掛かってしまったけれど、これはアメリカのMGサイクルに注文する...

  4. 東海岸 - ドカポルGS

    東海岸

    2週間前にマーニを乗ったら火が付いちゃいました。高速と自動車専用道路を乗継ぎ一宮PAまで。ここでトラブル発生!50キロ以上ブン回して充電したはずなのに、写真撮ろうとエンジン止めたらバッテリーが弱って始動できない。1回目は長い下り坂を使って惰力で始動できたけど。目的地の一宮PAでエンジン止めたら、以後セルは沈黙。僅かな勾配を見つけ押しがけにトライして数回、エンジンの始動に成功し自宅に帰るまでエ...

  5. ドラムブレーキ調整 - ドカポルGS

    ドラムブレーキ調整

    V7の効かないフロントブレーキですが、前々から気になっていたのがツーリーディングのアームとワイヤーの角度です。力学的な事は全く分かりませんが、多分ワイヤーが引く力がアームに対して直角であれば一番効力を得られるのではと考え、少し開き気味な角度を修正するためにアームの取付けセレーションを一つズラしてみました。二つとも同じようにズラしたはずが二枚のシューは均等に当たらず、連結するロッドで調整しなけ...

  6. 点火オーライ - ドカポルGS

    点火オーライ

    最近V7の燃費低下が気になったので、とりあえず簡単な点火系からの点検調整を実施しました。先ずはデスビのフタを外してコンタクトブレーカ隙間からチェック。ゲージを差し込むと、0.3ミリ!!!基準値の3分の2しかない。マイナスドライバーを使って基準値内に収め、ベルトカバーを外しタイミングライトで確認。点火タイミングがピッタリ取れていることとガバナーの動きも問題ないことを確認して全ての作業を終了。早...

  7. 準備完了(風になりたい) - ドカポルGS

    準備完了(風になりたい)

    私のツーリングはいつも衝動に任せて。テレビで車のCM見ていたら、尾根伝いに走る絶景が気になり検索したんです。そしたら見覚えのある地名や道路名が出てきました。走ったことがあるみたい。古いアルバムを確かめてみると、ありました「その道」が。だけど当時は舗装されていない林道です。22年の歳月が舗装された観光道路に変身していたんですね。と、分かった途端にまた走りに行きたくなってしまい準備を進めています...

  8. ギアオイル交換 - ドカポルGS

    ギアオイル交換

    整備記録として残しておきます。メーター表示58,251キロ(少なくとも一回りしてるでしょうw)で、ミッションオイルを交換しました。抜いたオイルは薄黒くなってはいましたが真っ黒というほどではなく臭いからデフオイルと思われます。交換したオイルは、先日ファイルケースに補充した余りで、トタルの85-140という硬めのLSDデファレンシャル用です。サービスマニュアルによれば90番となっているのですが、...

  9. 初めてのお散歩 - ドカポルGS

    初めてのお散歩

    V7を手に入れて自分の庭房総半島は300キロ程走りました。けれどもその後庭を走り回るだけで「お外」に出てません。それはなぜかといえば「怖い」から。何が怖いか、それはいつ何処で止まってもおかしくないから。けれどもこのV7で遠乗りしたい、おんもに出てみたい。そこで、意を決してチョイ遠乗りをしてきました。遠乗りと言っても任意保険のレッカーサービスが受けられる範囲で走ってきました。で、何処へ走りに行...

  10. キャップのテレコ - ドカポルGS

    キャップのテレコ

    盛大に唸るV7ファイナルのオイルを補充したついでに、フィラーキャップをマーニと交換しました。マーニに付いていたのは樹脂製エア抜きキャップで、このオートバイの出所があのGSJらしいので何らかの効果があると信じV7にテレコしてみました。補充したオイルは四輪FRのLSD用で、ベベルギアやハイポイドギアを使わないFFのLSD用より粘度が高いものです。明日は奇跡の?晴天予報!!!試運転してきます。頭は...

  11. 伸びたパンツのゴム - ドカポルGS

    伸びたパンツのゴム

    マーニからの移設ETCは、取付に手間取ったものの問題なく作動確認が取れました。しかしながら、その様子を動画で記録したら静かなマフラーのおかげで、やたらと擦れる音が気になります。ダイナモ周辺かデフの唸りか、それともこれが普通なのか分かりません。

  12. 超面倒くせ〜 - ドカポルGS

    超面倒くせ〜

    切れたチョークワイヤーを交換しました。案の定タイコ抜けでしたが、原因の一つに分岐パーツのグリス切れも考えられます。ワイヤーグリスを溢れるほどぶっ掛けて交換終了。ついでに、何かと話題になるデスビキャップを外して見てみましたが、なるほどコンタクトブレーカやクルクル回るローターが見えますが触りません。とりあえず普通に動くので余計なことはしません。そしてデスビの横にあるコンデンサーも位置を確認。ここ...

  13. 充電 - ドカポルGS

    充電

    殆ど二ヶ月ぶりにマーニで走り回ってみました。と言っても70キロほどで、半分は高速を使い機能点検した程度です。V7が来てから、その静粛性とスムーズさ、そしてトロさwに慣れてしまっていたところですが、久し振りに乗るマーニは同じDNAを持っているとは思えない荒々しさとパワーを感じます。パワーに関しては、コイル交換後に走った小諸までの往復が比較的大人しく走って行ったため気づかなかったのですが、明らか...

  14. ビンテージ・バッチ - ドカポルGS

    ビンテージ・バッチ

    メルカリでモトグッチ を検索したらロクなものがない。と思ったら、ちょっと目に留まったものがあったので、高くもないし買っちゃいました。年代不明、同じ製造元の別ピンバッチ(プランシングホース!)は60年代らしいので多分同じ頃なのでは。OMEAというメーカー製らしいです。アルファにも使われているヴィスコンティ家の大蛇が人を食う紋章ビショーネ(biscione)が打刻されてます。

  15. 機能確認 - ドカポルGS

    機能確認

    昼過ぎに所用があってGLを転がしたら、それほどクソ暑さを感じなかったので、最近すっかり出番がなくなったオモチャの機能点検を行いました。V7以外のオモチャは爆音で近所迷惑だから、エンジン始動後すぐに動かして1速のままトロトロと暖気しながら住宅地を抜けます。そして田んぼを貫くオープンロードに出たら全開!タコメーターの針をレブリミット近くまで跳ね上げて機能確認。TXは排気量こそ一番小さいのですが、...

  16. カタログ入手 - ドカポルGS

    カタログ入手

    北米向けディーラーカタログを入手しました。A5サイズの小さなカタログは、PRINTED IN ITALY- BOLIS7-1967と記されているので、本物?

  17. 降りそうで降らない - ドカポルGS

    降りそうで降らない

    早起きして水上までV7と自分の耐久テストのはずが、目的地の降水確率は殆ど100%近いので断念。その代わりに、午前中都内は降りそうもないので辰巳PAまでひとっ走りしてみました。とりあえずエンジンは好調で、ガラ空き東関道から湾岸線まで法定速度+を維持できます。環状線C1も快適速度を維持でき、あっという間に辰巳に着きました。到着時間が早かったのかオートバイは私を含めて3台だけと寂しかったのですが、...

  18. 夕涼みラン - ドカポルGS

    夕涼みラン

    夕方5時過ぎても気温は30度、それでも普通な夏の暑さなので近所を20キロ程お散歩してきました。その前にガレージで、夏のオーバーヒート対策のため鉄ッチン製レッグシールドを外そうとフロントバンパーやステップの取付けボルトを外していくと気付かされたのです。一枚板を曲げただけのレッグシールドですが、三角形に開けられた通風孔をエキパイが貫通しているのです。つまり、エキパイを外さないとレッグシールドは外...

  19. 試運転 - ドカポルGS

    試運転

    一通りの整備と今後のやるべきところが分かったので、とりあえず試運転してきました。チョークは効かないのですが、この暑さとキャブが濃いめのセッティングなようでエンジンは始動できます。ガソリンを満タンにして向かったのはいつもの南房総です。最寄りインターから高速を使い一気にワープして富津中央をアウト、信号に殆ど引っかからない県道里山ワインディングで遊びます。先日のチマチマワインディングで見た目以上の...

  20. ダメ出し - ドカポルGS

    ダメ出し

    止まらないガソリンコックをバラして点検。合わせて、キャブのオーバーフロー対策も実施しました。その結果は、走り回った後のダダ漏れは今のところありません。実は今回のダダ漏れする前に気になる症状が出ていました。近所を20キロ走り回ると、ガソリンはリザーブほど減っていないはずなのにガス欠症状が出ていたのです。同じ症状はTXでも経験していたので迷わず点検と対策を施しました。その対策とは、タンクキャップ...

総件数:54 件

似ているタグ