アルファロメオのタグまとめ

アルファロメオ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアルファロメオに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アルファロメオ」タグの記事(35)

  1.  Arrangement - VIVA ALFA ROMEO

    Arrangement

    予備パーツの整理、部品別に箱に入れてパーツ名を記入して保管、現在自宅ガレージと古民家ガレージに分散しています、(写真は古民家ガレージ、)GWにはアルファロメオ、BMW、その他に分別移動をしなければと・・・・・イグニッションコイル、メーター、ガソリンタンク、キャブレター、ミラー、テールランプ、ヘッドライト、オイルパン・・・・・・・・

  2. キャブレター - VIVA ALFA ROMEO

    キャブレター

    ジュリア用キャブレター新車にはウエーバー・ソレックス・デロルトが装着されていました、ストックしているのは新車時にアルファロメオ社で装着されていたもので大口径のものはありません。

  3. ガレージ - VIVA ALFA ROMEO

    ガレージ

    大切にしたい愛車ですが日常使う足車は出しやすい事も重要、自分が出来る可能な範囲で最高の環境でと思い自宅建築時には現在カーポート部分にシャッター付き2台分のみでしたが15年前にシャッター付きを敷地いっぱい迄後退させ、道路側にガルバニューム鋼板屋根のカーポートこの組み合わせにして15年経過していますが非常に便利、雨の日は濡れずに乗れ、荷物の出し入れも可能。勿論前の部分はカーポートですから埃や紫外...

  4. カーデザイン - VIVA ALFA ROMEO

    カーデザイン

    1950年同年代のトヨタとアルファロメオ自分がドライバーズシート・パッセンジャーズシートに乗ってみたいと思うか、自動車もファッションも身につけるという感覚は大切にしたいと思います。トヨタは創業時海外の自動車を徹底的に分解しデザインだけでは無くメカニズムも徹底的にコピーしたとトップがメディアで語ったのは少しびっくり。カムリとジュリア?勿論ジュリアのほうが先に発表されています。

  5. ホイール - VIVA ALFA ROMEO

    ホイール

    カンパニョーロ・クロモドラ・BBSPCD108 4穴・98 4穴・5穴のアルファロメオ用のホィールストックタイヤを外してストック分ですが、タイヤ付きのものもあるので近々タイヤを外して整理していかなけばと思っています。

  6. アルファロメオミトハブベアリング交換 - 掛川・中央自動車 

    アルファロメオミトハブベアリング交換

    みなさんこんにちは、掛川中央自動車Kです。いつもブログにアクセスしていただきありがとうございます。お近くの桜はもう満開でしょうか?弊社の前には立派な桜の木があるお店が有り、この何日かで桜吹雪が舞っています。今日のお車はこちらアルファロメオの小型モデルMITO(ミト)です。弊社でも赤のMITOは2台納めさせていただきましたが、白は珍しいですね。今回、前側のハブベアリングの交換をご依頼頂きました...

  7. スタッドレスタイヤ - VIVA ALFA ROMEO

    スタッドレスタイヤ

    スタッドレスタイヤの保管暗い場所にエアーを抜いて・・・・フラットに置いて、スタッドレスタイヤは冬のシーズンだけ使用なのですが最低3シーズンは使いたいので可能な限り劣化をしない方法でと思います。

  8. 105アルファロメオスパイダー - VIVA ALFA ROMEO

    105アルファロメオスパイダー

    105ジュリアスパイダー用ハードトップは物凄く重いので2人でなければ脱着は不可能なのですが内装もしっかり作ってあり室内灯、リアガラスには熱線も入っており装着すれば快適な2座スポーツカーになるのと同時に剛性がアップし、真夏にはエアコンを効かせて快適に走る事も可能なアイテムです。このハードトップは大沢自動車が輸入したスパイダーシリーズ3クワドリフォリオに装着販売されていましたがシリーズ2にも何の...

  9. アルファスッド - VIVA ALFA ROMEO

    アルファスッド

    アルファロメオボクサーエンジン1300ccエンジン、5速ミッションは特徴的なフロントインボードブレーキキャリパーが確認出来ます、アルファスッドのパーツは入手困難になってきておりストックしておく必要があります。エンジンストックは105ジュリア2000ccエンジン、BMW M88 3500cc Mエンジンンもストックしています。不思議と自動車パーツはストックしていると壊れない、処分すと必要になる...

  10. アルファロメオMITOを愛でる - 笑わせるなよ泣けるじゃないか2

    アルファロメオMITOを愛でる

    自損事故で多額の修理費用を費やしたMITO。事故を期に、身の丈合わずの愛車への愛情が余計に深まりました。かつてバッキーマッチョ田(松田)さん曰く、「バーブさんね、車やバイクは乗って楽しんで、見ても楽しむもんですわ」僕もまさしく今はそんな楽しみ方になりました。土日は嫁さんを職場までMITOで送った帰りに、コンビニの駐車場に停め、ドリップコーヒーを飲みながら飽きることなく眺めてホッコリしてます(...

  11. ジュリエッタSZ - VIVA ALFA ROMEO

    ジュリエッタSZ

    ジュリエッタSZは217台製造エレベーター故障で35年以上閉じこまれていた個体がオーナー死去後発見され法的相続が無くイタリア政府の管理下にて競売で7000万円で新オーナーへ。贋作が多いSZですがこの個体は完全なるオリジナルコンディションのようです、日本でもフェラーリが納屋からとかまだまだ出てくるような気がします。残念ながら我が家には納屋も地下室もありませんが。

  12. イタリア遺産車の集いin掛川 Ⅲ - VIVA ALFA ROMEO

    イタリア遺産車の集いin掛川 Ⅲ

    インターネットの無かった時代から自動車イベントに参加して来ましたが時代は紙媒体から大きく変化しており現在は個人がメディアを持てる(SNS等)になりました、自動車イベントの起源は階級社会であった戦前イギリスが発祥であるとのこと当時造る側と乗る間には大きな壁があり話すこと等無く乗り手は主に貴族層、片や生産側は経営者を除き一般平民、日常的に話す機会等なく生活をしていたのが現実。そこでオーナーが考え...

  13. バッテリー - VIVA ALFA ROMEO

    バッテリー

    自動車を維持していく為のは定期的な油脂類、冷却水等交換を余儀なくされるものが山盛りありますが最近のカルシュウム系バッテリーは突然死をするように感じます。エアコンを標準装備している自動車は冬より夏に突然死を起こすようです、エンジンルームで灼熱地獄にさらされる古い設計のES30は少しでも長持ちを願い、本体をアルミの耐熱シートで巻いて装着。年間走行距離が少ない趣味車にはマイナス遮断スイッチを付けて...

  14. イベント - VIVA ALFA ROMEO

    イベント

    18日イベント参加の為に油脂類メンテナンス、乗っても乗らなくても酸化してしまう油脂類は交換を余儀なくされます、特にエンジンオイルはミネラルに比べ酸化速度の遅いシンセティックは年間走行距離の少ない趣味車にはマストな存在。ロイヤルパープルはクリアーな紫色のオイルですが明度が低いので一見新品から汚れているように見えます。

  15. 1978 Alfa Romeo Niki Lauda Special Edition - VIVA ALFA ROMEO

    1978 Alfa Romeo Niki Lauda ...

    アルファロメオ スパイダーシリーズ2・シリーズ3オーナーとして気になる一台が「スパイダー ニキラウダ エディション」アルファロメオにフォーミラチャンピオンを齎したニキラウダを記念して1978年350台限定生産されたアルファロメオ スパイダー ニキラウダ エディションフェンダーにはこのヴァージョン専用のエンブレム、ホイールはカンパニョーロ装着。(個人的にこの専用エンブレムは欲しいアイテム)エン...

  16. 10台目購入、アルファロメオ147(1.6並行輸入車) - 20台乗り継いで、NBロードスターに乗るブログ。

    10台目購入、アルファロメオ147(1.6並行輸入車)

    起業4年目。今考えれば休まず働くはけ口がすべて欲に向かっていたのだと思います。「フェラーリを買うという事」で面白かった著者清水草一先生の言葉を借りるなら。「アルファロメオは80%フェラーリだ」たしかこんなフレーズがあったと思います。彼の著書は面白くて好きです。V6の156くらいまでのモデルによいマフラーを入れれば、というお話でしょうけど。そういえば2019現在の最新SUVアルファロメオ(何て...

  17. BMW E91 - VIVA ALFA ROMEO

    BMW E91

    オイル・水漏れが持病のE91ガスケット交換タペットカバー、エアポンプ、オイルフィルター・バックプレート取り付けの各ガスケットの交換。乗っかっているパーツをどんどん外していかなければ徹底的に後ろに搭載されたエンジンタペットカバーは外せない。可変ヴァルブを搭載したDOHCのヴァルブ周りは複雑怪奇、シム交換でタペット調整が出来るシンプルな昔のDOHCがサンデーメカニックには楽しめます。

  18. 156 2.5V6 - VIVA ALFA ROMEO

    156 2.5V6

    クラッチレリーズシリンダーからフルード漏れこの個体は2年前に45000キロワンオーナー車を譲り受け現在59000キロ走行、クラッチレリーズシリンダーは交換された形跡あり、新車からフルディーラーメンテナンス車両でメンテナスノートからフルードは毎年交換歴あり、レリーズは33450キロで交換、距離はともかく10年前の交換ですから消耗品と割り切ればと思います。ARNA1.2クラッチレリーズ交換部品番...

  19. 新年 - VIVA ALFA ROMEO

    新年

    Happy New Year and a Prosperous ...

  20. 156 - VIVA ALFA ROMEO

    156

    156 2.5V6MTが足車として稼動中ですが以前156TSMを所有していた時期がありました、TSにはTSの良さV6にはV6の良さがありますが個人的はジャーナリスト言うV6の鼻の重さがハンドリングにと書かれましたが一体彼らは何キロ試乗したのか、通勤、レジャーに数千キロ走ればそんな簡単に決めつけられない事が解ります。TSとV6をフェアに比較するには両車に6速ミッション仕様を与えなければ駄目だと...

総件数:35 件

似ているタグ