アルプスのタグまとめ

アルプス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアルプスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アルプス」タグの記事(51)

  1. 冬にこそ宿泊したい!星野リゾートのホテルをご紹介! - 旅行マニア 伊藤豊の日本巡礼

    冬にこそ宿泊したい!星野リゾートのホテルをご紹介!

    星野リゾートには、1度は泊まってみたいと思わせてくれるホテルがたくさんあります。今回は、冬にこそ宿泊したいと感じる星野リゾートのホテルを伊藤豊が3つピックアップしてご紹介します。星野リゾートへ宿泊したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!■星のや竹富島1つ目に紹介するのは、星のや竹富島です。竹富島は石垣島から船で10分の場所にある島で、冬でも平均気温が20℃とかなり過ごしやすくな...

  2. 夕照 - memory

    夕照

    夕照把山冈染上了一层金色シャモニー針峰群(フランス・アルプス)の夕暮れ氷河が目に見えて減った、と思うモンブランの頂上は岩が露出していないため本当の標高は分からない(4810m)その内、岩が露出するかも10年程度で「あれ?」と思う程なのだからスキーができなくなるのも時間の問題かクリスマス~新年の時期にル・ブレバン(スキーゲレンデ)で雨が降るんだから状況は厳しいふわふわの新雪ならともかく、風で締...

  3. スイスハイジ村 - まり子の水彩画

    スイスハイジ村

    アルプスの雄大な風景とのどかな村の景色

  4. 結ばれたロープ - 追分日乗

    結ばれたロープ

    「結ばれたロープ」ロジェ・フリゾン・ロッシュみすず書房刊です。舞台は第二次大戦前のフランスとイタリア国境付近のアルプス。登山用具など現在とまったく違ったはずですが古さは感じさせません。高山、特に岩山の登山者のガイドを務める男たちの奮闘とその家族の物語。山の厳しさと美しさの描写は秀逸で、山男たちの一人一人も魅力的に描かれています。事故と悲劇、それにもかかわらず山を愛し、山に憑かれてしまった人々...

  5. 原発汚染水「制御」は今日小金井でシンポ/  東京新聞 - 瀬戸の風

    原発汚染水「制御」は今日小金井でシンポ/ 東京新聞

    【要約】7月25日、「アンダーコントロールはどうなった?」をテーマに、F1でたまり続ける汚染水の問題を考えるシンポジュウムが小金井市で開かれる。「問題の深刻さを見つめ直したい」東京新聞20年7月22日■汚染水原発構内にたまり続けている処理済みの汚染水は放射性物質を含み、その量は約120万トンにも及ぶ。東電は2年後に限界に達すると。経産省の小委員会は2月薄めて海洋放出処分案を現実的な選択肢とす...

  6. 花いっぱいの初夏のアルプス - うららフェルトライフ

    花いっぱいの初夏のアルプス

    着物コーデの旅は今回は山の方へ私にしては珍しく花いっぱいの組み合わせです帯には山と高山植物が描かれています大きさなどおかまいなしにカラフルで自由なところが気に入ってます❤️外出自粛中に大々的な着物の整理をしたことによって全体の見通しがよくなりコーディネートの自由度がかなり広がりました⤴️それとともにサイズが小さい着物や、短い帯などの欠点がよくわかり今後直すか、断捨離するかの参考になりましたブ...

  7. 三日目もスキー(Zürs) - 夏目明美作品集*油絵・水彩画

    三日目もスキー(Zürs)

    三日目もスキーオーストリア、スキーの旅三日目。快晴で、モルゲンロート(朝日が山肌に差し込み、オレンジ色に。ドイツ語です。山岳用語はドイツ語由来のものが多いです)リフトの降り場、なんかカッコいい。リフトの座席もふかふかです(^^)こんなに素敵なヨーロッパスキー事情なのに、何故に海外から、日本のスキー場に来る⁈という素朴な疑問をツアー客が、もう一人のガイド、シゲさんに質問されました。日本はパウダ...

  8. モンブラン登山 - ヨーロッパと日本の山

    モンブラン登山

    モンブランイタリアノーマルルート登頂というKindle本を書きました。アマゾンで売ってます。よろしければポチってください。バロ避難小屋から見たモンブラン山頂です。この時点ではまだ登れる確信が無かった。それまでのイタリア側からの登高で相当に疲れてましたから。これはすでにgrand boisを過ぎてpetit boisにかかったところだと思う。ここまで来ると、「あの向こうに山頂」の期待感が出てき...

  9. ひるおび!汚染水報道。 - 渡部あつし

    ひるおび!汚染水報道。

    ひるおび!を見て、トリチウムだけの処理水は希釈して海に放出すべき。福島第一原発のタンクにある少しでも汚染水があると問題なのでアルプスで再処理してトリチウムだけにするというのが東電の考えで、原子力規制委員会も賛成している。 日本が核汚染されたのは、中国政府はこれまで46回におよぶ核実験を行ったと公式発表しているが、実際は、小規模の実験も含め、同地における核実験は50回以上に及ぶと推定されてい...

  10. ♪令和夏★私のお気に入り - MY FAVORITE SPACE

    ♪令和夏★私のお気に入り

    令和初の夏!!猛暑だった!まだ暑い日が続くけれど夏に出会ったお気に入り一挙公開備忘録も兼ねて今年の夏はかき氷何回か出会えたふんわり氷メロン桃も美味しいわお茶屋さんの宇治金時フレンチレストランの抹茶桃氷今年は大好きな桃テーマ?レモン&苺ふわふわ氷大好きなスイーツから洋バージョン桃パイ治一郎のバームクーヘンふわふわと美味しいロールケーキもお勧め白い恋人でお馴染みの六花亭詰め合わせ選ぶ!迷う楽しみ...

  11. F1 どうする汚染水処理の副産物/こちら原発取材班東京新聞 - 瀬戸の風

    F1 どうする汚染水処理の副産物/こちら原発取材班東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】F1の抱える厄介な問題の一つが、汚染水処理の副産物である超高濃度の放射能を含む汚泥だ。東京新聞19年8月28日■アルプスの汚泥1 汚泥は頑丈な容器に詰める。2 フイルタープレス機で固形に。3 粉砕し保管容器に入れ保管庫に□ストロンチウム9010億~400億Bq/l□水素ガス2015年4月、容器内部で水素ガス発生、ガス抜き穴から汚染水が溢れた。□2回処理1...

  12. 山の目的 - Photism

    山の目的

    山へ向かう目的は人それぞれ。高みに立った時の達成感、縦走をやり遂げた後の満足感、誰も見たことのない風景をカメラに収めるため、仕事のためにという事もあるでしょう。で、私の場合は「自分が小さくなるために」でしょうか。山の圧倒的な重量感や雲のどうしようもない大きさを目の当たりにすると、自分が今ここで消えたとしても世の中何も変わらないんだなあと感じることができる場所を求めてという事になるのかもしれな...

  13. 暑いのは、、、アルプスも 熱いのです!😡  doping と 勘違い??? - SPORTS 憲法  政治

    暑いのは、、、アルプスも 熱いのです!&#12...

    NHK サイトへ↓朝日サイト↓https://digital.asahi.com/articles/ASM8F64JVM8FPTIL022.html?iref=comtop_photo今日は……… 日程は 休養日…………グランドの 戦い、、、闘い!!!!!アルプスは、、、、、、容赦無い…………!!!陽射し、、、照り返し、、、、足元から立ち上がる熱気身体から発する……熱気、、、、、、わたしはね...

  14. モンブラン登山 - ヨーロッパと日本の山

    モンブラン登山

    とうとう念願のモンブラン登頂。動画(Youtube)通常のグーテルートは予約がとれずであまり知られていないイタリアノーマルルートから。標高差が3,000m以上あり、体力的、技術的にもグーテルートの趣とはかなり異なっていた。「モンブランはアルプスの中では実は容易な4,000峰。」というのはグーテルートに限定した事である事を確認したような山行だった。アルプスのスケールは広大でモンブランはその中で...

  15. ♪成城で★8か月女子会 - MY FAVORITE SPACE

    ♪成城で★8か月女子会

    6月に始まり暑くなってきた梅雨が終わると夏がもうそこまで!★★ちゃんにとって初めての夏 八か月の女子会は成城へ!まずは散策を成城コルティ駅直結は素晴らしい庭園から見下ろす成城の街成城石井本店生鮮売り場もあって案外広い!?憧れの洋菓子屋さんアルプスパン屋さんも充実しているKiriysあんフランスこちらは駅前の成城パンクロワッサンにクリームチーズ&餡人気の食パンやはりパン屋さんは食パンからね成城...

  16. 汚染水貯蔵継続議論せずF1 有識者会議で先送り/東京新聞 - 瀬戸の風

    汚染水貯蔵継続議論せずF1 有識者会議で先送り/東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】12月28日、F1汚染水の処分方法を検討する政府の有識者会議。8月に公聴会で、参加者から出た「タンク貯蔵継続」の議論はされないまま年明け以降に持ち越された。政府は海洋放出を有望視するものの、漁業関係者が強く反対しており、出口は見えない。東京新聞18年12月29日トリチウムなどを含む放射性物質を含んだ水依然、政府は海洋放出を諦めない。それどころか、「海に流...

  17. 浄化不十分だった汚染水福島第一原発/こちら原発取材班東京新聞 - 瀬戸の風

    浄化不十分だった汚染水福島第一原発/こちら原発取材班東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】F1の高濃度汚染水を浄化処理した水の一部に、法令を超える濃度の放射性物質が残っていることが判明した。これまでトリチウム以外はアルプスで基準以下まで取り除けるとしていた。公聴会で「前提がくつがえった」と批判が噴出。処分方法をめぐる議論は長期化しそうだ。東京新聞18年10月31日・・原因は?当初は除去性能が不足していた。当初は減量を優先し、吸着剤の頻度を下げ...

  18.  モンブラン タキュール(2) ・・・敗退 2017 August - ヨーロッパと日本の山

    モンブラン タキュール(2) ・・・敗退 2017 ...

    遠く背後に見えるのがミディ峰。ナイフリッジを下ったら大きく口を開けるクレバスの横をすぎ、延々と氷河を歩く。実はこのあたりでかなりバテてる。右手少し陰になってる雪のブロックがあるがこれはタキュールのセラックから落ちてきたもの。2012年にはここで9人がセラック崩壊の雪崩で亡くなっている。能天気な親子はサラサラの新雪に格闘。見上げるとセラックの亀裂が見える。・・・ん、ここで敗退を決断。我々はきび...

  19. タンク8割浄化不十分F1有識者会議で批判続出/東京新聞 - 瀬戸の風

    タンク8割浄化不十分F1有識者会議で批判続出/東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】10月1日F1の汚染水浄化後の水の処分を検討する政府の有識者会議が都内で開かれた。東電はトリチウム以外はほとんど除去できているとしてきたが、8割は浄化が不十分で、他の放射性物質が法令基準を上回っていたとする調査結果を報告。会議の前提が崩れたことで、委員から批判が続出した。東電は、処分方法が決まった場合、保管中の水を再浄化する方針という。東京新聞18年10...

  20. モンブラン タキュール ・・・敗退 2017 August - ヨーロッパと日本の山

    モンブラン タキュール ・・・敗退 2017 August

    はじめにお断りしておきますが、敗退記です。登れてません。裾野をフラフラしただけで撤退しました。理由は前日に降った新雪。ふわふわ、ふっかふっかの雪がサラサラで蟻地獄のごとく足元をすくわれて登れませんでした。というか素晴らしい晴天にもかかわらず周囲に誰も登っておらず、我々も雪崩のリスクに配慮して撤退を決断。まずはこのロープウウェイでミディ峰に登る。ここは懐かしくもその昔にN氏とトレッキングで登っ...

総件数:51 件

似ているタグ