アンティーク帯のタグまとめ

アンティーク帯」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアンティーク帯に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アンティーク帯」タグの記事(136)

  1. チャコールな秋 - うららフェルトライフ

    チャコールな秋

    最近は葉が色づく前に落ちてしまってなんか寂しいですねもみじも茶色がかって燃えるような赤にはなかなかお目にかかれませんさてチャコールグレーの地にオレンジの葉が印象的な小紋です美しい色の着物ですが帯合わせは難しくて悩みましたいつもクリスマスの時期に締める帯を思い出して合わせてみたら色があったのでフライングして合わせましたあーー、クリスマスってもうフライングじゃないですね羽織は柿や鳥などの秋の柄ア...

  2. 薔薇を纏う日は - うららフェルトライフ

    薔薇を纏う日は

    前回作品展のタイトルを公開しましたがまだまだ安定して作品を公開するには製作が追い付いていないのでフェルトはアンダーグラウンドでの製作を続けつつ今回は着物の話題ですさてアンティーク着物では薔薇のモチーフは大人気の柄ですがだからこそ余計薔薇を着る時はフツーにならないように気を配りますそこで渾身の同系色~しっとりと秋薔薇な感じをイメージしました最近よく着物を着ているね…と言われますそう、以前は「あ...

  3. 小春日和のゴルフ - うららフェルトライフ

    小春日和のゴルフ

    春色をした秋の花のアールデコ小紋です合わせた帯はゴルフをする女性となぜか天草四郎的人物のアールデコ帯私にしてはかなりロマン度の高い組み合わせです後から気づいたのだけどリズミカルなりんどうの花(?)のラインがまるでゴルフのショットの弾道のようにも見えますねこの組合せは10月前半のイメージなのでいささか季節的に遅い気がして家着物にて着用しました着物も帯も何に合わせようとずっと悩んでいた物なのです...

  4. 孤高の渡り鳥 - うららフェルトライフ

    孤高の渡り鳥

    北の方から雪の知らせがどんどん届いています季節が進むのが早すぎて麓の森の紅葉と高山の積雪の組み合わせはギリギリのタイミングでしたところでこの鳥はいったい何なのでしょう見た目はおしどりかカモのように見えますが…渡り鳥としては少々重そうです重そうだけど一生懸命飛んでいますそれに隊を成さずに一人で頑張っている姿がいじらしいですこの紅葉と山の着物はクセが強いようで意外と合わせやすく昨年は赤系を拾って...

  5. 春の野球と秋の野球 - うららフェルトライフ

    春の野球と秋の野球

    夫が巨人ファンなので毎年2回くらい球場へ足を運びますでも着物では行きません狭い球場の椅子に長時間座っていないといけないし万が一膝の上に飲み物とかこぼしたら目も当てられませんから💦…ですがアンティークの帯で野球のモチーフを2本持っています色合いから言って左が春で右が秋かな一度だけゆったりした席で観戦した時に左の帯で行きましたアンティークの場合はほとんど早慶戦でやはり伝統...

  6. 本当は怖い日本昔話 - うららフェルトライフ

    本当は怖い日本昔話

    グリム童話など海外の童話もそうですが日本の昔話も原作は実はとても残酷でこわいお話しのようですねかちかち山と桃太郎でしょうかいかにも悪そうなタヌキと白目剥いたウサギがこわいです桃太郎の連れはそんなに怖くはないけど凛として戦う決意を感じますずっと前に男物長襦袢から仕立て直した帯です帯に変更する時にあたりどちらの柄をメインにするかで怖いかちかち山の方を選んだのはワタシです永青文庫に菱田春草の「黑き...

  7. ghostlikeな洋館 - うららフェルトライフ

    ghostlikeな洋館

    ハロウィンコーデの第二弾です濡れ描きのようなヨーロッパの水辺の街灯りがともっていて空は朝焼けでしょうかそして満月と飛び立つコウモリこのコーディネートを思いついたのは偶然でした着物の整理をしていて偶然に隣り合った物同士から閃くことがよくあります💡この着物もコウモリと組み合わせるという発想は無かったのですがたまたま着物の整理をしていた時期がハロウィンだったのがよかったよう...

  8. 下弦の月の頃 - うららフェルトライフ

    下弦の月の頃

    秋いっぱいのコーディネートにしました先日着物の整理をしていたら私の着物は茶色~グレーが圧倒的に多いことに気づきましたそうだったんだと改めて認識ここ数年、老けてみえそうと敬遠していたブラウン系が今年はやけに新鮮に見えますひとつ年齢のステップを上がったってことかしら💦秋のコーディネートを楽しむにはちょうどよいのでこの機会に存分に楽しみたいと思います次に年齢のステップを上が...

  9. 秋晴れの森 - うららフェルトライフ

    秋晴れの森

    爽やかな秋晴れのような水色の着物です晴れた日には明るい色を着たいですね着物はカラスウリが描かれた単衣です今の着物の区分からすると色留になるのだけれど名古屋帯で普段に着れる雰囲気です森をイメージしてキツツキの帯にしましたジョーゼットの羽織は夏の花のモチーフですが体感的には今の時期にちょうどよい感じです帯紐は昨年ワークショップに参加して作った自作

  10. 紫色の森の中で - うららフェルトライフ

    紫色の森の中で

    大好きな森の模様の羽織が着れる季節になりました最適な季節は一瞬です暑くなく寒くなくのチャンスを逃さないようにしないと…なんとなく怪しげな模様の着物がこの羽織にぴったりでした夜の雰囲気をイメージして帯はコウモリとかフクロウとか…割りと色々遊べました🎵準備をしている間にも気候がころころ変わるので当初は夏帯だった物を袷の帯に変更しました着物は単衣、長襦袢は麻、羽織も単衣でち...

  11. ススキとお月さま - うららフェルトライフ

    ススキとお月さま

    今年の中秋の名月は本日10月1日です旅行の記録を一回中断して今回は着物の話題ですお月見にちなんだコーディネートを考えて用意していたのですがここのところの気温の変化が急激過ぎて当初と帯を変更しました着物はストライプにほっそりしたススキ模様の単衣で帯は今シーズン初めての袷のちりめんですこの日は気温30度で晴れると暑くてまだまだ侮れません…でも時折寒く、もうすぐに単衣も限界ですね洋服も着物も衣替え...

  12. 葡萄とリス - うららフェルトライフ

    葡萄とリス

    コロナ禍以来、初めて友人とランチしました🎵せっかくなのでこの機を逃すと今年も着れないと思って雨が心配でしたがお気に入りの着物で行きました着物が葡萄、帯と帯留めがリスです持っていたのは着物が先で、出合いの帯です出会ったのは2年くらい前ですがようやく実現できました最近着物を着る時は雨コートに傘が必需品ですがこの日は幸いに降られず助かりました

  13. 十五夜の着物 - うららフェルトライフ

    十五夜の着物

    十五夜が近いので月にちなんだ着物を着ました黒地の絽縮緬の着物です夏の間はザラザラ、パリパリとした手触りが心地よかったのですが絽縮緬やジョーゼットの柔らかい肌触りが恋しい陽気になりましたね短冊の中に桔梗や萩が描かれています暗闇の中に浮かび上がる景色のように感じて選びました私は夜を感じさせるモチーフが好きなのですが例えば月や星などの直接的な物もあるし春なら夜桜、夏なら花火、秋のお月見にコウモリや...

  14. ブドウの季節 - うららフェルトライフ

    ブドウの季節

    9月に入ってやっと絹の着物に手を通す気分になってきましたもう果物屋さんにはブドウが出回っていますねここ数年(もっとかな?)は巨峰やピオーネなどの紫色のブドウが主流でしたが昨年から急にシャインマスカットが台頭してきました緑系ブドウのリベンジですマスカットというよりは抹茶色かもしれないけれどカーキグリーンのジョーゼットに銀糸の朝顔ですまだまだ蒸し暑いので単色に銀糸がキリっと爽やかです緑と紫のブド...

  15. 重陽の節句 - うららフェルトライフ

    重陽の節句

    九月九日は重陽の節句です重陽の節句とは菊酒や菊ごはんなど菊にちなんだものを食べて長寿や無病息災を祝う行事とされています食べるわけではないけれど重陽の節句には菊の柄の着物を着たいと思っているのです9月になったとはいえこの時期はまだまだ夏物ですが不思議なことに夏着物に菊文様はあまり見かけません着物の世界では「先取り」といって初夏から秋の草花を身に着けるのになぜなんでしょうねでも長いこと探し続けて...

  16. 夏と秋の境目に - うららフェルトライフ

    夏と秋の境目に

    今は夏と秋の境目気候的にはまだまだ夏、どっぷりと夏ですがどこかに無理矢理秋を意識しておかないとあっという間に季節が通り過ぎてしまいそうなので💦ユリ、ナデシコ、萩、桔梗夏から秋へのモチーフが散りばめられた紅型の芭蕉小紋です最初は花の帯を合わせようかと考えていてどうもしっくりきませんでしたどんだけ考えてた?う~ん、2年くらいかな…ふと今年トンボを合わせることを思いつきまし...

  17. 私史上最強の金魚2020版 - うららフェルトライフ

    私史上最強の金魚2020版

    アンティークの夏着物では金魚柄が大人気です特にジョーゼットの生地のひらひらとエレガントな着物やこってりたっぷりとした刺繍の帯など私はあんまり持っていないなあ~数年前、金魚の値段が(着物の)高騰していた頃は高くて買えなかったしいざ価格が落ち着いてきた頃には典型的な金魚には興味を失っていたという…そのせいかちょっとひねった金魚を持っています今回のはどちらかというと正統派に近い方かも…でもジョーゼ...

  18. おさかなのあぶく - うららフェルトライフ

    おさかなのあぶく

    ふっくらとまあるいおさかなの絹小千谷ですなんとなくおさかなの顔に親近感を覚えています❤️私が作る作品たちに似てる?それとも私自身に?帯はおさかなのあぶくのような水玉にしました家着物でしたが衿無しで浴衣風にしましたまだまだ暑い💦

  19. 晩夏の花火 - うららフェルトライフ

    晩夏の花火

    真夏のパァーッとした花火ではなく少ししっとりとした感じの帯ですグレートーンでまとめました今年は花火イベントが軒並み中止となり異常な夏でしたが殺人的な猛暑もやや峠を越えた感じではあります早く涼しくなってほしいという気持ちとは裏腹に夏が終わってしまうと寂しいという矛盾は毎年陥いる不思議な感覚ですねでもそんな静かな感傷的な気分をぶち壊すような残暑という魔物は絶対に来るので体力付けて乗り切りましょう

  20. 浴衣で鳥獣戯画 - うららフェルトライフ

    浴衣で鳥獣戯画

    前回タイトルにはこだわると書いたばかりなのですが今回は まんまのタイトルです💦よいのが思いつかなかったってことで…絞りの鳥獣戯画の浴衣ですちょっとわかりにくいけれどウサギやカエルが絞ってあります❤️帯もお気に入りのカエル絞りの浴衣って肌に優しいですね今年はなんだかリラックス感のある服しか着たくない…というのは私だけではないようです外出規制であまりきちんとした服を求めら...

総件数:136 件

似ているタグ