アンティーク着物のタグまとめ

アンティーク着物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアンティーク着物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アンティーク着物」タグの記事(231)

  1. 葡萄とリス - うららフェルトライフ

    葡萄とリス

    コロナ禍以来、初めて友人とランチしました🎵せっかくなのでこの機を逃すと今年も着れないと思って雨が心配でしたがお気に入りの着物で行きました着物が葡萄、帯と帯留めがリスです持っていたのは着物が先で、出合いの帯です出会ったのは2年くらい前ですがようやく実現できました最近着物を着る時は雨コートに傘が必需品ですがこの日は幸いに降られず助かりました

  2. 十五夜の着物 - うららフェルトライフ

    十五夜の着物

    十五夜が近いので月にちなんだ着物を着ました黒地の絽縮緬の着物です夏の間はザラザラ、パリパリとした手触りが心地よかったのですが絽縮緬やジョーゼットの柔らかい肌触りが恋しい陽気になりましたね短冊の中に桔梗や萩が描かれています暗闇の中に浮かび上がる景色のように感じて選びました私は夜を感じさせるモチーフが好きなのですが例えば月や星などの直接的な物もあるし春なら夜桜、夏なら花火、秋のお月見にコウモリや...

  3. ブドウの季節 - うららフェルトライフ

    ブドウの季節

    9月に入ってやっと絹の着物に手を通す気分になってきましたもう果物屋さんにはブドウが出回っていますねここ数年(もっとかな?)は巨峰やピオーネなどの紫色のブドウが主流でしたが昨年から急にシャインマスカットが台頭してきました緑系ブドウのリベンジですマスカットというよりは抹茶色かもしれないけれどカーキグリーンのジョーゼットに銀糸の朝顔ですまだまだ蒸し暑いので単色に銀糸がキリっと爽やかです緑と紫のブド...

  4. 重陽の節句 - うららフェルトライフ

    重陽の節句

    九月九日は重陽の節句です重陽の節句とは菊酒や菊ごはんなど菊にちなんだものを食べて長寿や無病息災を祝う行事とされています食べるわけではないけれど重陽の節句には菊の柄の着物を着たいと思っているのです9月になったとはいえこの時期はまだまだ夏物ですが不思議なことに夏着物に菊文様はあまり見かけません着物の世界では「先取り」といって初夏から秋の草花を身に着けるのになぜなんでしょうねでも長いこと探し続けて...

  5. 夏と秋の境目に - うららフェルトライフ

    夏と秋の境目に

    今は夏と秋の境目気候的にはまだまだ夏、どっぷりと夏ですがどこかに無理矢理秋を意識しておかないとあっという間に季節が通り過ぎてしまいそうなので💦ユリ、ナデシコ、萩、桔梗夏から秋へのモチーフが散りばめられた紅型の芭蕉小紋です最初は花の帯を合わせようかと考えていてどうもしっくりきませんでしたどんだけ考えてた?う~ん、2年くらいかな…ふと今年トンボを合わせることを思いつきまし...

  6. 私史上最強の金魚2020版 - うららフェルトライフ

    私史上最強の金魚2020版

    アンティークの夏着物では金魚柄が大人気です特にジョーゼットの生地のひらひらとエレガントな着物やこってりたっぷりとした刺繍の帯など私はあんまり持っていないなあ~数年前、金魚の値段が(着物の)高騰していた頃は高くて買えなかったしいざ価格が落ち着いてきた頃には典型的な金魚には興味を失っていたという…そのせいかちょっとひねった金魚を持っています今回のはどちらかというと正統派に近い方かも…でもジョーゼ...

  7. おさかなのあぶく - うららフェルトライフ

    おさかなのあぶく

    ふっくらとまあるいおさかなの絹小千谷ですなんとなくおさかなの顔に親近感を覚えています❤️私が作る作品たちに似てる?それとも私自身に?帯はおさかなのあぶくのような水玉にしました家着物でしたが衿無しで浴衣風にしましたまだまだ暑い💦

  8. 晩夏の花火 - うららフェルトライフ

    晩夏の花火

    真夏のパァーッとした花火ではなく少ししっとりとした感じの帯ですグレートーンでまとめました今年は花火イベントが軒並み中止となり異常な夏でしたが殺人的な猛暑もやや峠を越えた感じではあります早く涼しくなってほしいという気持ちとは裏腹に夏が終わってしまうと寂しいという矛盾は毎年陥いる不思議な感覚ですねでもそんな静かな感傷的な気分をぶち壊すような残暑という魔物は絶対に来るので体力付けて乗り切りましょう

  9. おぼろ月夜に舞う蝙蝠 - うららフェルトライフ

    おぼろ月夜に舞う蝙蝠

    絹紅梅の蝙蝠の着物に半月の帯です蝙蝠柄は着物ファンには人気の柄で私もご多分にもれずなのですが…私は自分が蝙蝠キャラでないことを知っていますなのでコワイ蝙蝠は似合いませんこの着物の蝙蝠は怖くはないけれど帯は何を合わせたらよいのだろう…花ではないし、困った時の幾何学というのもありますがやっとイメージに沿った帯にめぐりあいましたスモーキーな色合いから朧月夜満月でも三日月でもない中途半端な形もいい感...

  10. 星空のミルキーウェイ - うららフェルトライフ

    星空のミルキーウェイ

    はくちょう座のような星座の浴衣と星の輪つなぎのような名古屋帯です家浴衣になりました💦夕方になっても外へ出る気にはなりませんでした家だけだからと無理矢理くっつけてしまった三日月ブローチ外出するときには工夫が必要ですね…

  11. シトラスなでしこの夏着物 - うららフェルトライフ

    シトラスなでしこの夏着物

    カラフルな撫子模様の麻着物を着ました画像だとブルーの比重が多いですが全体的にはオレンジや黄色のシトラス成分が多めですおっと、今気づいたのですが大きな花はなでしこではないですね~、なんだろう可愛い感じの柄なので帯は抑えめに幾何学模様の羅を選びましたマスクの色もお揃いです

  12. 浴衣で鳥獣戯画 - うららフェルトライフ

    浴衣で鳥獣戯画

    前回タイトルにはこだわると書いたばかりなのですが今回は まんまのタイトルです💦よいのが思いつかなかったってことで…絞りの鳥獣戯画の浴衣ですちょっとわかりにくいけれどウサギやカエルが絞ってあります❤️帯もお気に入りのカエル絞りの浴衣って肌に優しいですね今年はなんだかリラックス感のある服しか着たくない…というのは私だけではないようです外出規制であまりきちんとした服を求めら...

  13. シャーベットグリーンのシュプール - うららフェルトライフ

    シャーベットグリーンのシュプール

    スポーツ柄の夏帯で着物を着ました私がいつもこだわっているのは"タイトル"できるだけ◯◯の着物に△△の帯という表現を避けたいのです理由は着物、帯、小物すべてで一つのコーデと思っているからすぐに決まる時もあれば、悩みに悩むときもあります今回のはなかなかよいかな✌️スキーなどのスポーツ柄に合わせたのはリボンが巻き薔薇の模様になった着物ですリボンのラインをスキーのシュプールに見立...

  14. 紅白の帆船と道しるべ - うららフェルトライフ

    紅白の帆船と道しるべ

    6月にコーディネートした記録ですこの着物はあまり透けない単衣なので時期的に着逃してしまいましたが色が夏っぽいのであげときます大海原に紅白の帆船が描かれた着物です帯は灯台の単衣帯を合わせました…ずっと灯台だと思ってました💦今の今まででもよ~く見たら風車かも…こんな海辺に風車ってあるんだろうか…でもまわりの風景を見るとカモメが飛んでいるしヨットが浮かんでいるしどう見ても海...

  15. 雨上がりの小笠原伯爵邸 - うららフェルトライフ

    雨上がりの小笠原伯爵邸

    先日新宿河田町の小笠原伯爵邸にランチに行ってきました元は75年前に小笠原伯爵によって建てられたスペイン風の洋館で改装されてスペイン料理のレストランがあるのです存在は知っていましたが初めて行くので楽しみにしていました前日の夜、いえ当日の朝まで大雨予報でやきもきして洗える着物と洋服の両方のパターンを準備していましたところが一転、低気圧が南方を移動したため晴れ☀️突然の晴れに他の夏着物に心も動きま...

  16. サギの好物を探せ - うららフェルトライフ

    サギの好物を探せ

    新ネタが欠乏したため6月の家着物の話題をひとつ<ネイビー&グレーにシルバーアクセ>といったら洋服では鉄板のカラーコーディネーションですが着物でするとこうなります着物は透けない単衣なので今は季節的に着れませんが色合いがとても涼し気になりましたこの着物に合わせる帯を考えていた過程…水色じゃなくて青じゃなくてネイビーそう、藍色じゃなくてネイビーだと思ってこうなりましたそして帯留めをどうしようと思っ...

  17. アルプスの山々 - うららフェルトライフ

    アルプスの山々

    一週間くらい前のことになりますが東京国立博物館の「きもの展」を見に行きました当初は4月に開催される展示が延期になりオンライン予約での開催ですすっかり暑くなり、曇りの日でもとんでもない湿気💦涼を求める気持ちでアルプスの帯を選びました着物は大好きな遠州椿のモチーフの麻着物です鎌倉室町時代、江戸時代から現代までの着物が幅広く展示されてます大正から昭和にかけての着物はアンティ...

  18. 「東京モダン生活」 - うららフェルトライフ

    「東京モダン生活」

    東京都庭園美術館で行われている「東京モダン生活」を見に行きましたこの展示は美術館の建物内部を公開する、年に一度行われている行事ですが私は今まで行ったことがなかったので楽しみにしていました庭園美術館は何度も訪れていますが通常の企画展では一部の壁は隠されてしまうので建物そのものをじっくり味わえて写真も撮り放題オンライン予約ではないものの人は少なめでした素晴らしいアールデコ建築の建物と内装はいつ見...

  19. 空へ伸びる立葵 - うららフェルトライフ

    空へ伸びる立葵

    空へ向かってまっすぐ伸びていく立葵の花が好きですこれは6月に家着物をした時の写真私が立葵を好きになったのは7年前、病気のため通院していた病院の花壇に植えてあったから空に向かってまっすぐ伸びていく姿にパワーをもらいましたなので私は立葵の花には本来の姿より大分力強さを感じているのだけどこの着物の立葵はさらにもっとツヨイですここに黒い帯を合わせてさらに力強くしてもよいのだけど今回はあっさりと可愛く...

  20. 清流にアユの単衣羽織 - うららフェルトライフ

    清流にアユの単衣羽織

    6月の終わりのやや涼しい日に着た着物です今期中にどうしても着たかった単衣の羽織がありまして…清流にアユが泳いでいるような羽織です他には千鳥や撫子や朝顔などの夏の花がレース模様とともに描かれています合わせた着物は青海波に波うさぎの裾模様の着物波うさぎは筋肉系が多いのですが珍しく丸々とふっくらしていますそこらへんがちょっと私っぽいかもとても気に入っている着物なのですがアンティークの宿命ゆえ水色の...

総件数:231 件

似ているタグ