アンペルマン室内楽のタグまとめ

アンペルマン室内楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアンペルマン室内楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アンペルマン室内楽」タグの記事(24)

  1. AMPELMANN室内楽2018 春のベルリン打ち上げ! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    AMPELMANN室内楽2018 春のベルリン打ち上げ!

    アンペルマン室内楽春公演、東京で3回、伊達保原で1回でした。文京区茗荷谷のサロンホール「ラ・リール」でピアノカルテットを2回、「鴎外の縁で繋がる日独3自治体友好交流記念コンサート」を文京区主催@鴎外記念館、そして恒例の開催場所、伊達保原で弦楽トリオコンサートを行いました。コントラバスが入る室内楽は多くありません。今回もMozart、Haydnという二人の有名作曲家の作品と、イタリアのパラディ...

  2. 日本贔屓の外国の方の写真から、思う。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    日本贔屓の外国の方の写真から、思う。

    自分に自信を持つのは大事です、絶対不可欠。でも開高健氏の名台詞、青柳御大も良く口になさる(私はずっと、ちょっと違うんじゃないかと思ってる)「腕はプロであれ、心はアマチュアであれ」プロとは何か?と深く考えちゃうから「ちょっと違う」と思っちゃうんですが、もちろん意図することはわかりますし、名言です。音楽家たるもの、自分の演奏に自信がなければやってられない。それにはもちろん、段階がある。ただ自分で...

  3. ご存知でしたか?「日本で最も美しい村」連合 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    ご存知でしたか?「日本で最も美しい村」連合

    日本で最も美しい村連合ってご存知ですか?3月に初めて道東の鶴居村を訪れました。鶴居村教育委員会K教育長にも面会の時間をいただき「鶴居村ベルリン室内楽コンサート」で訪れた際に、どんな活動ができるか?などを実行委員長押味博士と話しましたが、戴いた教育長の名刺の裏にはここから検索してサイトにたどり着きました。北海道鶴居村のページです。ページには日本中の「美しい村」がずらっと並びます。私は名前も知ら...

  4. 東京新聞にアンペルマン室内楽、掲載されました! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東京新聞にアンペルマン室内楽、掲載されました!

    昨日の東京新聞朝刊にコントラバス奏者の私のこと、アンペルマン日本大使としても書いていただきました。インタビューは東京で90分以上+数回のメールと電話の補足でしたが、90分で早口で38年のベルリン生活を話しまくりましたから記者さんは決められた紙面にまとめるのは大変、大仕事だったと思います。FBでは↓電子版をすでにご紹介しましたがBLOGは日記、私的なモノとの観点から、写真と同じように記事も載せ...

  5. ロンドンからの友人と。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    ロンドンからの友人と。

    木曜日の夜、ロンドン在住のジャーナリストの友人(某新聞のヨーロッパ総局長)が来伯、晩餐を共にしました。音響デザイナーの豊田さんを介して知り合い、ホテルで深夜までモルトウイスキーを片手に語ったのも一年以上前になります。今回はベルリンでインタビューのためにおいでになりました。春も一時帰国中で鴎外記念館での「鴎外の縁で繋がる日独3自治体の友好交流」記念コンサートにご家族で聴きにきてくださったんです...

  6. 春のAMPELMANN室内楽リハin東京 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    春のAMPELMANN室内楽リハin東京

    ステファノと普嬢と昼前に、まずはアパートで合流してからお向かいのスタジオへ。このアパートに滞在するようになった時はまだなかった高層建築の地下が貸しスタジオなんです。家内の練習場所。まずは、まだ音を出してなかった高橋幸代作曲のBerlin1920sのピアノカルテットバージョンを弾きました。弦楽四重奏バージョンをベルリンで初演した時、ヴァイオリンはこの二人でした。同じ作品ですでに4パターンの編成...

  7. 鶴居村での晩餐。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    鶴居村での晩餐。

    コンサート実行委員会の重鎮のお二人、委員長の押味先生と浦先生。3/20の夕方に丹頂の美しい姿を撮影できたあと、押味先生は浦先生をお迎えに戻りました。送り迎えは押味先生の奥様だったそうでご挨拶しそびれてしまいました。さて、3人の宴は北海道限定クラシックから。 料理は前日も朝ごはんもそうでしたが、美味しい!に加えて器も盛りも美しいです。鶴居村のソーセージ。ホタテ!前日がお二人との「初めまして!」...

  8. 鶴居村ベルリン音楽祭実行委員会の皆さんと - べルリンでさーて何を食おうかな?

    鶴居村ベルリン音楽祭実行委員会の皆さんと

    まだ3/19、鶴居村初日です。ロッジの部屋からこんな景色でした。日が暮れてO先生の呼びかけで加わってくださった実行委員会の皆さん、全員ではありませんがメインメンバーの方々が集まり、私との「はじめまして!」でした。たくさんの方々と知り合い、ロッジの美味しい食事を楽しみながら会話が弾みました。まさに鶴居村異業種交流会でした。 ここは安藤さんのギャラリー、ロッジ、母屋とも別棟です。ヴィンテージバイ...

  9. 丹頂の里、鶴居村 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    丹頂の里、鶴居村

    丹頂という鶴に今回初めて出会いました。釧路湿地帯にある鶴居村。この鶴居村に世界中からカメラを持った人々が冬に集まるのには理由があります。僕も、みなさんのように渡り鳥だと思ってました。いや、普通はそうなんですが明治時代に出来た鶴居村、ここの鶴は大陸には渡りません。ずっとここにいるんです。居るんですが、僕が訪れた3月下旬は群れで見られる最後くらいだそうです。なぜ渡らないか?まずは外敵から身を守る...

  10. 春のアンペルマンコンサートは4/6です! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    春のアンペルマンコンサートは4/6です!

    おはようございます!ヴァイオリンのA嬢はすでに帰国、ステファノも週明けには飛行機に乗ります。水曜日から東京でのリハーサルを始めますAMPELMANN室内楽、プログラムが印刷所から届きました。コンサート当日に受付でお渡ししますが「クラシックのコンサートって、どこで拍手したらいいかわかんないんだよね。それでまず緊張する」と富士見小からの幼馴染八百屋の大将Sちゃんは言います。拍手、簡単に言えばみな...

  11. 28日夜、いつもの麻布に入りました - べルリンでさーて何を食おうかな?

    28日夜、いつもの麻布に入りました

    秋田から、東京の桜が早くも満開と聞いて戻ってきて、日帰りで伊達保原に行った後は北陸に向かいJRパス1週間の最終日、28日に帰京、日付が変わる頃にいつものアパートに入りました。ベルリンから32kgのトランク2つ、手荷物も2つに東京に置いてあるトランクが大小合わせて4つ。夜中に荷物整理始めて2時間くらいで秋に部屋を出た時と同じような、いつもの東京生活始まりました。唯一無かったのはKB、翌日の昼に...

  12. 伊達保原で準備OK! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    伊達保原で準備OK!

    25日、日帰りで福島県伊達保原に行って来ました。秋の伊達保原公演は遅い台風の真っ只中、大雨でもありましたが風も強く、とても楽器をまともに運べない状態で(これは夜遅くに帰京しても同じでした)伊達の御大邸に置かせてもらってました。この春の室内楽はコントラバスソロじゃないのでチューニングはオケ、GGのソロガット弦からオケ弦に張り替えねばなりません。これも本番当日では間に合わないので、御大にご挨拶が...

  13. 釧路から鶴居村へ - べルリンでさーて何を食おうかな?

    釧路から鶴居村へ

    月曜日は勝どきのアパートをチェックアウトして羽田から釧路に飛びました。このアパートはベルリンフィルOBの土屋邦雄さんに教えていただきました。もう10数年日本での滞在場所だそうです。日曜の朝、GP前にお部屋に伺いました。そこで何と、土屋さんが昔からベルリンフィルのステージで膝の上に一眼レフ載せて撮影してきた作品集からWitt先生の写真、まだ僕が見たことなかった(ということはWitt家にもない)...

  14. 鴎外記念館と肥後細川庭園 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    鴎外記念館と肥後細川庭園

    帰国した翌日、予てから予定していた鴎外記念館と肥後細川庭園でMTGでした。コンサートホールじゃない場所で行うコンサート、室内楽では可能で面白い可能性を秘めていると思っています。文京区職員のSさん、Mさんにご案内いただきました。津和野町で生まれて10年を過ごし、のちに帝国陸軍軍医としてドイツに留学、ベルリンのミッテ区に住んでました。生家は現存し、そこに津和野の鴎外記念館、ベルリンのアパートがあ...

  15. P.ブーレーズホール、一歳の誕生日 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    P.ブーレーズホール、一歳の誕生日

    音響設計家の豊田さんが誘ってくださり日曜日の一周年公演を聴いてきました。ハンスアイスラー作品とシューベルト、そしてシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」ホールに約束の30分前には到着、コートを預けようと進むと「Toyotaさんのお客様ですよね!」と顔見知りの女性アシスタント。英語でしばらく会話してから「ドイツ語でも大丈夫ですよ」顔を知っていてもベルリンに聴きに来たのかもしれないから、判らない...

  16. 春の室内楽プログラム - べルリンでさーて何を食おうかな?

    春の室内楽プログラム

    春のアンペルマン室内楽inJapan、ピアノカルテットは4/6に文京区茗荷谷のラ・リールで16時と19時の二回公演です。プログラム(変更の可能性あります)A.Vivaldi Sonata a tre Nr.1Fassung für zwei Violinen und Kontrabaß von Toru TakahashiヴィヴァルディのOpus1、ヴァイオリン2声と通奏低音のためのトリオソ...

  17. 月初、3月です。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    月初、3月です。

    おはようございます。三月一日、月初は「げっしょ」と読みます。月末の対義語です。冬らしく凛とした空気で気温は氷点下。家にいることができる僕は良いですが、外でのお仕事のみなさんは大変です。それでも0℃くらいの気温で雨よりは、きっと気持ち良い。日本人の皆さん、体感的にはそんなに感じない、湿気がないから。だからマイナス二桁の時は冷えたと思ったら=腎臓まで冷えて膀胱炎になりやすい。ダウンジャケット着て...

  18. 2月最後の日の朝。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    2月最後の日の朝。

    最低気温がマイナス二桁の日々ですが、天気が良いのが嬉しい日々でもあります。金曜に日帰りでアイゼナハに行ってから早起きグセがついて、今朝は5時前に目覚めベットから出ずにiPhoneでいろいろやってから朝風呂に入っても7時台に活動を始められるってのは◎です。こういう景色を1日の初めに見るってのは、気分良いですね。 必要な仕事を片付け10時前には楽器に触る。理想です。僕はとにかく午前中にまず弾くの...

  19. AMPELMANN室内楽ベルリンリハーサル2回目 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    AMPELMANN室内楽ベルリンリハーサル2回目

    月曜日の10時から春のアンペルマン室内楽inJapanのリハーサルでした。2回目は弦楽トリオから始めハイドン2曲とMozartの前半2楽章で2時間半、ピアノとは40分のリハでした。通して弾くことも大事ですが、それはもう少し後、弾きながら大まかな打ち合わせをします。各自がどう弾こうか考えたものが何通りかあり、それを仲間の弾き方に合わせたり、合わせてもらったり。提案もするし意見を尋ねもします。も...

  20. 日曜日、晴れ! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    日曜日、晴れ!

    今日もベルリン、良い天気です。気温は目覚めた頃はマイナス二桁でした。今は気温は-5℃くらいか?でも気温ですから日向にいて風がなければ寒いけれど外や散歩を楽しめる陽気です。写真は昨日の午後、拙宅前の湖畔カフェテラスで凍り始めた湖面を眺めながらネロダーヴォラを飲んでました。明日はアンペルマン室内楽の2回目リハーサルです。4/6のプログラム予定です。A.Vivaldi Sonata a tre N...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ