アーカイブスのタグまとめ

アーカイブス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアーカイブスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アーカイブス」タグの記事(37)

  1. 《【アーカイブス55】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス55】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス14/10/20《灰猫ニャンゴ・・・『老猫相憐れむ』》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――障子に秋の日が滲む。猫愁思。猫想何。猫外秋。猫包昏。猫亦寒。「ヨボヨボの猫が按摩の家に居る」(一柳) 「老衰をした猫が居る鬼瓦」(源氏) 「捨猫の墓場で三日泣いて死に」(○丸)『ヤマセミの谿から…ある谷の記憶と追想』》http://tana...

  2. 《【アーカイブス50】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス50】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス17/09/02《暦『九月長月』》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――九月ノ光ガ障子ニ滲ム。ハエガ一匹九月ノ空気ヲ吸ッテイル。『ヤマセミの谿から…ある谷の記憶と追想』》http://tanasita08.exblog.jp/ ―――人は自然への遠い記憶を失っては生きていけない―――************画室『游』暦「九月長月」...

  3. 《【アーカイブス49】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス49】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス16/08/28《夏の終わり》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――菓子箱の蓋を切り抜いた標本箱セロファンごしピン止めされた少年の一夏の証麦わら帽子は もうきえたたんぼの蛙は もうきえたそれでも待ってる 夏休み姉さん先生 もういないきれいな先生 もういないそれでも待ってる 夏休み絵日記つけてた 夏休み花火を買ってた 夏休み指おり待...

  4. 《【アーカイブス48】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス48】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス1/08/17《八月の嵐・・・「廃車」》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――夏の終わりの草原。蹲る廃車。黒雲が草原を走る。(エメラルドグリーン)の車体に錆び浮かび八月の嵐の予感に只管ひたすら八月の時間に朽ち逝く。――――――――――――――――――――――――――――――――――《ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想》(ht...

  5. 《【アーカイブス474-1】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス474-1】『ヤマセミの渓から――― ...

    アーカイブス18/08/16《盂蘭盆》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――日が落ちて提灯に蝋燭を灯す。(朝顔)が咲く。送り火を焚く。死者ガまよわず帰っていかれるようにと。胡瓜の(精霊馬)。茄子の(精霊牛)。盆の入り少しでも早くと胡瓜の馬で迎えお盆が終わり茄子の牛の唐辛子の赤い座布団に坐ってゆっくりと惜しむように帰っていってほしいと。 そうし...

  6. 《【アーカイブス46】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス46】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス15/08/14《「墓の裏に廻る」》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――お盆。蝉の声に早や法師蝉。訪れるものも無く草生す墓地。――――――――――――――――――――――――――――――――――《ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想》(http://tanasita08.exblog.jp/ )——人は自然への遠い記憶を失っ...

  7. 《【アーカイブス45】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス45】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス13/07/12《「風景」を往く。》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――夏。緑の風景を行く。草生う道を蜻蛉が往きまた戻り林に蝦夷蝉が鳴き森に啄木鳥が木を穿ち旅人は遠い(森閑)のなかを歩きつづける。『旅人』旅人よ旅びとよ路をいそげと海辺をくれば浪の音野末をゆけば蝉の声路となれば啄木(けら)の歌(三好達治)―――――――――――――...

  8. 《【アーカイブス44】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス44】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス16/12/05『風景・・・「荒涼」』――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――その冬のはじめての雪が風景をうっすらとおおい鈍い太陽をまとふ。こう‐りょう 〔クワウリヤウ〕 【荒涼】 [名・形動]1 荒れ果ててものさびしいこと。また、そのさま。『縹渺(ひょうびょう)たる灰色の雲間から冬の陽光が差しこみ遠くに連なる山並みの頂は太陽に明...

  9. 《【アーカイブス44】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス44】『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス2014/7/29《西瓜》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――西瓜を買ふ。ブリキのバケツに西瓜をいれる。そのアタマへ蛇口から水をちょろちょろ流して冷やしていく。「西瓜をくおう西瓜のことをかんがえるとそこだけ明るく光ったようにおもわれるはやく喰おう」西瓜をくおう(八木重吉)ちゃぶ台の俎板にのせる。菜っ切り包丁をあてる。目があつまる...

  10. 《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記...

    アーカイブス2012/6/14《『詩人の六月・・・宮澤賢治』》―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――『ところが六月もはじめになって、まだ黄いろなオリザの苗や、芽を出さない木を見ますと、ブドリはもういても立ってもいられませんでした。このままで過ぎるなら、森...

  11. 新発売メモリアルサービスアーカイブスC100編 - バイクの横輪

    新発売メモリアルサービスアーカイブスC100編

    スーパーカブを愛してくださっている皆様とスーパーカブに対して日々の感謝の気持ちを込めて、初期型スーパーカブ(C100)の「取扱説明書」や当時の「サービスマニュアル」と「パーツリスト」を楽しんでいただきく商品化いたしました。ホンダの商品説明文より品名:メモリアルサービスアーカイブスC100品番:0SYPE-19J-WF希望小売価格(税抜) :7,480円サイズ:長辺約30.5cm ×短辺約22...

  12. 《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記...

    アーカイブス2018/10/29《歌詠みのひと・・・・・『斎藤茂吉』》―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――秋深夜青磁皿黑葡萄鈍光浮「沈黙のわれに見よとぞ百房(ひやくふさ)の黒き葡萄に雨ふりそそぐ」斎藤茂吉 明治15年 山形県南村山郡金瓶村(現在の上山...

  13. 《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記...

    アーカイブス2015/5/12《 野に山に海にいた人たち。》―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――人。 老。在。(歳月への深い了解。)《五月》 「悲しめるもののために みどりかがやく くるしみ生きむとするもののために ああみどりは輝く」(室生犀星)

  14. 《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記...

    アーカイブス2014/5/20《蜉蝣誕生・・・・「-I was born-」》―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――遠き山の懐朝日射す水面あり青水湛え流れ蜉蝣一つ今誕生。『確か英語を習い始めて間もない頃だ。或る夏の宵。父と一緒に寺の境内を歩いてゆくと青い...

  15. 《【アーカイブス】130929『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 『Gallery tanasita 1735』croquis・drawing・dessin・ sketch

    《【アーカイブス】130929『ヤマセミの渓から―――...

    アーカイブス130929『吾輩ハ豚ダァ!文句アッカァーッ!』――――――――――――――――――『世界ハニンゲン以前ニ始マリニンゲン以後ニ終ルダロウラシイソウダゼヨ!』『ナンカ文句アッカァ!』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「それはほんの小さなことだ。ここに斯こう云う紙がある、この紙に斯う書いてある。死亡承諾書、私儀ぎ永々御恩顧ごおんこの次第しだいに有之候...

  16. 《【アーカイブス】170426『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】170426『ヤマセミの渓から―――...

    (archive) 170426《「尋ね人の時間」》*******************************************170426(ポータブルトランジスタラジオ)から抑揚のない声が流れる。(尋ね人の時間)(昭和20年春、○○部隊に所属の××さんの消息をご存じの方は、日本放送協会の『尋ね人』の係へご連絡下さい。)(シベリア抑留中に○○収容所で一緒だった○山○夫と名乗った方を...

  17. 《【アーカイブス】33 『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】33 『ヤマセミの渓から――― ある...

    アーカイブス(31)150115《夜ノ底デ・・・(踊ル人ガゐル。)3》―――――――――――――――――夜ノ底そこソコ。寒気ノ底ニ踊ルひとガゐル。 夜ノ底そこソコ。踊ル人ヲ ミル蛇ガゐル。**********************************************《ヤマセミの谷から・・・ある谷の記憶と追想》http://tanasita08.exblog.jp/ ――人は自然...

  18. 《【アーカイブス】32 『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】32 『ヤマセミの渓から――― ある...

    アーカイブス(31)150115《夜ノ底デ・・・(踊ル人ガゐル。)》――――――――――――――寒気ノ底。夜ノ底そこソコ。夜ノそこソコ底。踊ル人ガゐル。一升瓶ノそこソコ底。白濁シタ蛇ノ目ガアル。

  19. 《【アーカイブス】29『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】29『ヤマセミの渓から――― ある谷...

    アーカイブス140111《人老いて在り・・・「翁」》――――――――――――――音楽モセズ文学モセズ絵モ描カズ ゐやマテよ一杯呑ンデお富さんヲ唄ッタ俳句モドキヒネッタデハナイカ犬ノ小屋ノ板ニ犬ノ顔ヲ描イテミタリモシタシ アトハ岩魚ヲ一杯釣ッテ老イタ(人)。 《信愛なるテオ》かって朝露のごとき輝きをたたえた顔にはシワが刻まれ瞳は悲しみを語りだす髪は灰色となりあるいは失われていくああまこと私...

  20. 《【アーカイブス】150827『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】150827『ヤマセミの渓から―――...

    アーカイブス150827《バタバタ・・・エンジン付き自転車》――――――――――――――(バタバタバタバタ・・・)と爆音をまき散らし走るから(バタバタ)と呼ばれた自転車にエンジンをつけたエンジン付き自転車(バタバタ)。機械好き新しもの好き(アンチャン)が少ない給料を貯めこみどこからか手に入れてきた(バタバタ)。バタバタバタバタ爆音とともに(アンチャン)が餓鬼たちの丸くなった目の前を颯爽と(!...

総件数:37 件

似ているタグ