アーツ&クラフツのタグまとめ

アーツ&クラフツ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアーツ&クラフツに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アーツ&クラフツ」タグの記事(10)

  1. オリーブ。 - F R O M - L I G H T  B U L B

    オリーブ。

    ガシガシ洗って使い捲ってから、自分なりにカスタムをする。生地が良いとやりたくなってしまう。何年も先だろうが…。ARTS CRAFTSARMY DUCKONE STRAP SHOULDER L¥26,000+taxやっぱり、スプレーでステンシル。良いのありますステンシル 、少量ですが…。ペイントやワッペン、缶バッチ多数も愉しそう。そのままでも十分ですが…。ありがとうございました。

  2. ナチュラル。 - F R O M - L I G H T  B U L B

    ナチュラル。

    肩にしっくりくるONE SHOULDERのBAG!!!ARTS CRAFTSARMY DUCKONE STRAP SHOULDER L¥26,000+tax張りのある高密度のコットンダックは軍規格の物。ありがとうございました。

  3. BLACK。 - F R O M - L I G H T  B U L B

    BLACK。

    カジュアルは勿論のこと、スーツに合わせたくなってしまう新型のDAY PACKの登場です!!!STANDARD SUPPLYMATTECOMMUTE DAYPACK¥22,000+taxZIPの部分が見えない仕組みがシンプルかつスタイリッシュに。出来る大人の雰囲気ありです。ありがとうございました。

  4. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 5 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 5

    「Whightwick Monor ワイトウィック・マナー」には、この館の規模を考えると僅かな面積ですが、三階もあり、独身の女性召使い(つまりメイド)達の寮のようになっていました。其処は「タワー・ルーム」と呼ばれ、実際館の写真を上空から見ると、その部分だけ少しお城の塔のように突起しています。内部は、ちょっと屋根裏のような雰囲気です。何せリベラルさを旨としていたマンダー家なので、従者達の労働待...

  5. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 4 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 4

    「Whightwick Manor ワイトウィック・マナー」のガイドツアー終了後は、残りの部分を自分達で見て回ります。まずは二階へ行きます。公開されている二階は、主に来客用の寝室部分と子供部屋部分に分かれています。我々が最初に見学したのは、「ハニーサックルの間」と呼ばれる客室。部屋名は、主に壁紙等の装飾に因んで名付けられました。この壁紙の本当のパターン名は、「ハニーサックル&チューリップ」と...

  6. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 3 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 3

    デヴィッド・オースティンのバラ園に行く前に、ラファエル前派とアーツ&クラフツの宝庫の館「Whightwick Manorワイトウィック・マナー」に、P太と義母とで訪れました。この館で最も大きな部屋、「Great Parlour」と呼ばれる大ホールです。パーティーや音楽会は、ここで行われました。ここからは、増築部分になります。ワイトウィックは1887年に建てられましたが、施工主&所有者のセオド...

  7. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 2 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 2

    P太と義母とのシュロプシャー小旅行で、ナショナルトラスト管理の、アーツ&クラフツの国家的なコレクションを誇る館「Whightwick Manor ワイトウィック・マナー」を訪れています。この館は、地元の裕福な工場経営者セオドア・マンダーの邸宅として、19世紀末にエドワード・オールドの設計で建てられました。マンダー家は、産業革命で財を成した、フランス風に言うとブルジョワ階級でしたが、当時として...

  8. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 1

    シュロプシャー小旅行の二日目は、デヴィッド・オースティン社のバラ園へ行くのが最大の目的ですが、其処ではバラ苗を買う予定なので、最後に寄るのが理想的だと思い、その前にナショナルトラスト管理の「Whightwick Manor & Garden ワイトウィック・マナー&庭園」を訪ねる事にしました。バラ園の在るアルブライトン村より距離的に7、8km南東で、ほんの少しだけシュロプシャーではな...

  9. 初夏のスタンデン 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    初夏のスタンデン 1

    先月のハリー王子とメガンさんの結婚式の日、当然TVはその話題で持ち切りでした。P太が、国民の税金が湯水のように、この一日で費やされるのは見たくないと言い(TVを付けなきゃ良いだけの話だが)、天気も抜群に良い事だし、何処か庭園でも出掛けようと言う事になりました。午後からだったので、近場のナショナルトラスト「Standen House & Garden スタンデン」を選択。普通こんな快晴...

  10. オレンジ色系アーツ&クラフツ柄のバッグ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    オレンジ色系アーツ&クラフツ柄のバッグ

    このバッグも、チャリティショップで売られていた、何処かの誰かの手作りの未使用品です。初めに鏡で自分に合わせてみて、またしても「んまあ私のスタイルにピッタシ」と思いましたが(笑)、グッと堪えて友達へのプレゼントとして選びました。友達にプレゼントしたくなる物が、古物や手作り等の一点物しかないこの国では、自分の欲しい物を何でも自分の物にするばかりでは、プレゼントすべき物が手に入りませんので…。この...

総件数:10 件

似ているタグ