アーリーショベルのタグまとめ

アーリーショベル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアーリーショベルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アーリーショベル」タグの記事(12)

  1. 土曜日の授業風景~搭載角度も設計の内~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~搭載角度も設計の内~

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベル前回クランク本組、オイルポンプ本組終わりその続き。点火周りのものを決めてからタイミングカバーを締めたので、点火ものチェック。持ってきたマグマウント分解しチェック。実際使うマグとともに使うかどうか考えます。ヘッド周りの作業へ。ヘッドはヘッド面研まで終わっていましてその続き。フロントのシートリングは以前に打ち換えられていまして、見た目で沈み気味に...

  2. 月曜日の授業風景~年明け一発目の授業~ - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景~年明け一発目の授業~

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベルスプロケットシャフトベアリングレースをクランククランクケースに圧入。嵌め代は0.05mmで良好。ダミーシャフト取り付けエンドプレイチェック。元々付いているスペーサーは厚すぎでエンドプレイ多め。研磨機でスペーサー厚み調整。攻めすぎ少なくなったので、製作してあるシムを使い調整。ピニオンシャフトベアリング取り付け、クランクケース仮組。ピニオンシャフ...

  3. 火曜日の授業風景~1966FLH クランク芯だし完了~ - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景~1966FLH クランク芯だし完了~

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベルクランクバランスどりが終わり、組付け、コンロッドがスプロケットシャフトナットに干渉問題などありつつ、無事クランク芯だし終了。途中ドライブサイドほぼ〝0”タイミングサイド0.01mmまで聞きましたが、最終的にクランクピンナット270N.m以上、ロックタイトの添付した状態でドライブサイド0.01mmタイミングサイド0.01mmの振れに落ち着きまし...

  4. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベルカムブッシュ周りの作業が終わり、コンロッド周りの作業へ。微楕円だったベアリングレースラッピング真円加工。ローラー選択しクリアランス調整だが、.001”オーバーサイスのローラーを使いクリアランスが微妙だ。次に大きなサイズのローラーは.002”で適正クリアランスにするには、結構レースをラッピングする必要がある。というわけで、O.Sのクランクピンを...

  5. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1977 TRIUMPH T140Oさんのトライアンフ前回錘代わりの磁石取り付け、バランスが合う位置だしが終わってます。今回、磁石をつけた反対に正確に位置出し、ドリルで穴あけ。比重計算し軽くしたい分、穴掘りします。バランスチェックしつつ穴あけをしてO.K、クランクバラン終了。作業はカムブッシュへ。製作済みのカムブッシュをシャフトに取り付け、ギアのエンドプレイ(エンドフロート)計測。タイミング...

  6. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1965 TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフロッカーアーム周り組みつけ。一旦仮組みしてロッカーアームスリッパ部とバルブステム頭部分のあたり位置チェック。問題なかったため組み付け。マニホールド周りも組み付け。エキパイスカスカ問題に着手。1979 FLH 1340Dさんのショベルヘッドエキパイ交換する際、新しいエキパイフランジ部の角度が合わなかったため、元のフランジはずし、エキパイ・サイ...

  7. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1977 FXE 1200T君のショベルヘッドスプロケット23Tから24Tに交換し取り付け。ポリッシュしたキックカバー仮組みキック作動。ギアボックス本組み。ハンバーガードラム清掃チェック。オペレーティングカムシャフトブッシュ軸受け部ブッシュをつけるため、パネル側ボーリング。1966 FLH 1200Kさんのショベルヘッド前回に引き続き旋盤作業。タイミングカバーのカムブッシュとピニオンブッシュ...

  8. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1977 XLCH 1000Kさんのアイアンスポーツトルコイド式オイルポンプの動きが悪かったのでスプリングの押しっぷり調整し、クランクの回りっぷりチェック。オイルポンプ取り付け、オイルの回りっぷりチェック。やはりギア式より良い回りっぷりだ。ギアボックスのギアはほぼ新品。カウンター1速位置をシム調整し、カウンターシャフトのエンドプレイ調整。また、メインシャフトのエンドプレイ調整。1977 FX...

  9. 日曜日の授業風景~やはり社外は社外~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~やはり社外は社外~

    1972 XLH 1000Oさんのアイアンスポーツオイルタンク、バッテリーケースを付け、配線作業へ。レギュレーター・機械式スターターSWは側はそのまま、中身は新品にする予定。ステーなしで直接取り付けたウィンカーは少し斜めに付いたので、斜面ワッシャーを製作。角度調整できる磁石台を使いワッシャー7研磨。ハンドルスイッチ取り付け。配線中通しのSWはマウント螺子NO.8-32UNC 。位置決めして螺...

  10. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1977 FXE 1200Tくんのショベルヘッドコンロッドワッシャー製作し取り付け。このコンロッドワッシャーがなかなか難しく、外径が小さすぎるとフライホイールに入れたときに隙間が開き、カシメが弱くなる。大きすぎると入りが悪く、銅系のワッシャーの場合変形してします。フライホイール側ワッシャー段つき部は浅溝で0.01代の計測は出来ません。また、仮組みで適正なエンドプレイが出ていたとしても、クラン...

  11. 土曜日の授業風景~まだまだ初めてはあります~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~まだまだ初めてはあります~

    1966FLH1200Kさんのアーリーショベルメインドライブギアベアリングレース圧入しレースラッピング圧入後、結構縮んだベアイングレース内径を役0.06mm程度ラッピングしSTDローラーを使い0.03mmのクリアランスに。シムを使いメインドライブギアのエンドプレイ調整。虫食いが多かったメインシャフト3rdギアも新品に交換。同じくシムでエンドプレイ調整後、メインシャフト仮組み、回りっぷりチェッ...

  12. 今日のgeemotorcycles は!9/7 - gee motorcycles

    今日のgeemotorcycles は!9/7

    久しぶりの雨の中!!当店は本日も元気に営業中です!!前回に引き続き〜もう一台BMWお預かり中!しっかり点検!!ハプニングもありつつ!!今から車検に行って来ます!そして〜、こちらのEarly Shovel はW氏よりお預かり!ハンドル交換のご依頼です!コンパクトに変更!スイッチ周りを仕上げたら完成です!こちらのロードキングは!車検でお預かり中!S氏もう暫くお待ち下さい〜!いよいよシーズン突入で...

総件数:12 件

似ているタグ