イシガケチョウのタグまとめ

イシガケチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイシガケチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イシガケチョウ」タグの記事(20)

  1. 越冬ヒオドシチョウとイシガケチョウByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    越冬ヒオドシチョウとイシガケチョウByヒナ

    4月の上旬は越冬したヒオドシチョウを良く見ます。桜の近くの地面に止まり、近くに来た蝶を全力で追い払うので、桜とアゲハのコラボを狙っている私にとっては迷惑な奴です(^^;)そんなヒオドシチョウの吸蜜を見れました。この子は翅がボロボロですが、この時期のヒオドシチョウは大体こんな感じの子が多いです。越冬しても綺麗な個体が多いタテハの仲間も居るので、気性が荒いのでしょうね。イシガケチョウはドクダミで...

  2. 第一作「イシガケチョウ/クリの花」 - むしジオラマ

    第一作「イシガケチョウ/クリの花」

    第一作から第三作までは既に完成していますので、順次紹介していこうと思います。山道から谷側を見たら、クリの花にイシガケチョウが留まっていた時の光景です。イシガケチョウは翅を開いて留まることが多く、驚いたときには葉の裏に貼り付いて隠れます。隠れたチョウは梢をネットですくったぐらいでは飛び立たず、ちゃんとすくったはずなのに、採れていないことが良くあります。このチョウはすくったときにネットの中で暴れ...

  3. 初見・初撮りの蝶1 - 比企丘陵の自然

    初見・初撮りの蝶1

    雑草の花が咲く雨上がりの草原にいろんな蝶が飛んでいました。昔はチョッと興味が有って採取した事がありましたがその頃は名前は知っているけど目にしたことも無い蝶や全く見たこともない蝶を見る事ができました。

  4. 南の蝶達を楽しむ(2019/01/20)① - 里山便り

    南の蝶達を楽しむ(2019/01/20)①

    昨年の暮れから今日まで 'ムラサキ兄弟' に囁かれ、目の奥まで「紫色」に染まってしまった。そんな中 '浅間の煙さん'からお誘いを受け、"ぐんま昆虫の森" でフォトコンテストの表彰式があり、ご友人が最優秀賞を受賞したということでご一緒させて戴いた。流石 '受賞作' 自分には無い感性の着眼点で、撮影していた。驚きは続...

  5. 多摩動物公園の蝶 - 風任せ自由人

    多摩動物公園の蝶

    この時期でも蝶撮影の醍醐味を味わいたいなら多摩動物公園の昆虫園。イシガケチョウタイワンキチョウクロアゲハタテハモドキリュウキュウムラサキツマベニチョウオオゴマダラアオタテハモドキスジグロシロチョウ(?)カメラが結露しないようにバッグにホッカイロを入れるなどの配慮が必要。人間も急激な温度変化に対応できるように服装を工夫しないといけない。

  6. 秋のチョウ、五目撮り - チョウ!お気に入り

    秋のチョウ、五目撮り

    ヤクシマルリシジミを探しながら、他のチョウも探します。個体数はさほど多くは無いにしろ種類は見られました。朝一番はルリシジミ、チャバネセセリ、ウラナミシジミです。ムラサキシジミやアサギマダラ、テングチョウの訪花も見られました。この時期サツマシジミも撮りたいと目を凝らしてみるものの発見できず。結局ようやく見つけた一頭と、帰り際に見つけたもう一頭の証拠写真で終了となりました。チョウがメインの遠征も...

  7. サツマシジミを探して - 蝶超天国

    サツマシジミを探して

    10月21日今シーズンも残り少なくなってきたこの時期はサツマシジミが見たくなります。地元では撮影が不確実と言うことで・・・・日帰りで遠征してきました。生息地に到着してもなかなか見つからず、やっと見つけたのが電気柵の中では何ともなりません。諦めず粘って撮影できたのが下の写真です。本来は開翅のシーンを狙っていましたが、快晴だったためか撮れませんでした。現地に到着した時間帯(朝一)に見つけられなか...

  8. ツアーで沖縄、ついでに探蝶記(拾) - 不思議の森の迷い人

    ツアーで沖縄、ついでに探蝶記(拾)

    四日目、最終日の朝です。帰りの便は那覇空港を12時35分発、1時間前に空港集合です。添乗員さんは3日目のホテル到着まで、空港への移動は各自でということになります。もちろん真直ぐ空港に行くのはもったいないです。朝食を済ますとホテルを7時半にチェックアウトし、最寄りの見栄橋駅まで歩き、ゆいレールで那覇市内の公園に向かいました。コインロッカーに荷物を預け公園に、およそ2時間の探蝶です。雨雲は通り過...

  9. イシガケチョウ生態 - おらんくの自然満喫

    イシガケチョウ生態

    もう少し詳細に前回は取敢えず、速報みたいな形でしたが、動画も作ったので詳過程を追ってアップします。№2は前蛹になったものの、力尽きてしまいさした。5月4日食草のイヌビワで№3を見つけました。葉の先端部を食べて、葉柄近くの主脈上で静止しています。5日に更に2頭見つけました。№1の蛹化のビデオです。朝からビデオを回して、14時半ごろ蛹になりましいた。5月7日朝№3(右)は5日~6日にかけて虫篭の...

  10. 4月21日のチョウ - Mag's DiaryⅢ

    4月21日のチョウ

    4月21日、オオルリの姿を求めて山に行ったのだが、チョウがたくさんいて時間を使ってしまった。この日は、オオルリの声を聴きながらチョウの追っかけ。イシガケチョウがいた。トラフシジミが葉の上でストローを伸ばしていた。コチャバネセセリもいた。目立ったのはテングチョウとツマキチョウ。(おや、テングチョウは撮っていないょ。)飛んでいるところを撮るのに時間を使ったのだが("^ω^)・・・。

  11. ミカドアゲハとイシガケチョウ - 公園昆虫記

    ミカドアゲハとイシガケチョウ

    奄美大島に行く機会があったので、出会いがあればチョウも見たいと思っていた。結果、自然の中では初めて見ることができたミカドアゲハと、沖縄では目にしたが、写真を撮ることはかなわなかったイシガケチョウを撮ることができた。ミカドアゲハもっとじっくり撮りたかったが、旅先ではなかなか待っていられず、撮れたのはこんなカットのみ。ハルジオンにも吸蜜に来たが、1瞬で飛ばれてしまい、撮れなかった。でも、見られた...

  12. ☆コノハチョウ・イシガケチョウ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆コノハチョウ・イシガケチョウ☆

    今回の遠征で、どうしても見たかったコノハチョウです。一人では見つけられなかったと思いますが、同行の皆さんのお蔭で出会えました。翅を畳むと木の葉そっくりです。食草は、セイタカスズムシソウ、オキナワスズムシソウ(キツネノマゴ科)イシガケチョウは、知多半島で発見され、新聞に載った事があります。普通は見られません。地面にピタッと止まるので画になりませんが、葉の上で見る事が出来ました。食草は、イヌビワ...

  13. 12月の八重山-4(タテハチョウ・シロチョウ:2017/12/23) - 小畔川日記

    12月の八重山-4(タテハチョウ・シロチョウ:2017...

    石垣島北部で撮影した蝶の残りは、シロチョウの仲間とタテハチョウの仲間。ここにはアオタテハモドキの多い場所もある。ニコンD500シグマアポマクロ150オスの翅表のブルーは輝くようできれいだった。ニコンD500シグマアポマクロ150ニコンD500シグマアポマクロ150低温期型は裏面の模様が少し違うというので、裏面も一生懸命撮影するけど、止まるとすぐに開翅するので、きちんと撮るのは結構苦労した。。...

  14. 晩秋の蝶達1 - おらんくの自然満喫

    晩秋の蝶達1

    小春日和にはフジバカマ以外にも蝶たちが集まります台風22号が去り、11月初旬朝夕は肌寒く日中は暖かな碑が続きます。フジバカマにも11月2日からは複数のアサギマダラが訪花しています。この頃になると畑の周辺の茶の花も咲きます。テングチョウが吸蜜に来ています。キチョウがヒラヒラと飛んで来て吸蜜を始めました。日陰のテングチョウに露出を合せていたため、反射率の高いキチョウはトーンが飛んでしまいました。...

  15. フジバカマに来たチョウ達 - おらんくの自然満喫

    フジバカマに来たチョウ達

    アサギマダラ以外にもフジバカマは蝶を呼ぶタテハチョウ類シジミチョウ類はフジハカマに良く来ます。イシガケチョウこのイシガケチョウは後翅が破れています。こちらはもっと新鮮です。秋型になると鱗粉が薄くなり、半透明になります。テングチョウテングチョウは鼻に見える下唇髭が長いので天狗に見立てて名付けられています。この蝶は5,6月頃羽化した後、夏は涼しい場所で過ごし、秋になると盛んに活動し越冬します。春...

  16. ヒヨドリバナとアサギマダラとイシガケチョウByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヒヨドリバナとアサギマダラとイシガケチョウByヒナ

    アカギカメムシを十分撮り、再びアサギマダラを撮ろうとしましたが、気温が上がってしまいすぐに居なくなってしまいました。飛翔写真を撮れたのはこの1枚だけ。この後はヒヨドリバナに集う様々な蝶を撮りました。まずはイシガケチョウ。この子はメスかな。アサギマダラは多く撮れませんでしたが、久しぶりに多くの蝶を撮れて充実した1日でした。このシリーズはあと2回続きます~

  17. 秋本番 - 紀州里山の蝶たち

    秋本番

    三連休の最終日、当地は残暑(?)が厳しかったです。MFでは、成虫で越冬するイシガケチョウやテングチョウが吸蜜活動に熱中していました。

  18. イシガケチョウの求愛Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    イシガケチョウの求愛Byヒナ

    オジロサナエが下りてくるのを待っている間に、イシガケチョウが2頭居るのを見つけました。左側の子は静止したままですが、右側の子は翅を閉じたり開いたりしていたので、求愛していたのではないかと思います。イシガケチョウのこのような姿を見るのは初めてなので、見当違いの可能性も(^^;)交尾に至るか見ていましたが、この後両方とも飛んで、それぞれ別の場所へ行ってしまいました~

  19. ウラゴマダラシジミ(2017/05/28) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ウラゴマダラシジミ(2017/05/28)

    ウラゴマダラシジミのポイントへ行きました。東京転勤が決まっていたので、たぶんこの先3年は撮りにくることはないポイントです。ウラゴマダラシジミは期待通りたくさんいましたが、開翅はほとんど撮れませんでした。■ウラゴマダラシジミArtopoetes pryeriイシガケチョウも何頭かいました。沖縄ではたくさんいますが、本州では多くないのでついつい見るとうれしくなります。■イシガケチョウCyrest...

  20. 八重山の蝶たち - 風の翅

    八重山の蝶たち

    今回で10回目になる八重山撮影旅行も何とか天気にも恵まれ、楽しい5日間だったその成果をブログにもまとめることができた特集の蝶以外にも八重山諸島では多彩な蝶たちが見られたかつて迷蝶だったイワサキタテハモドキやタイワンヒメシジミ、クロテンシロチョウも今回は撮影することができたもうこれで打ち止めとならないのが八重山の蝶撮影だ今度は、いつ出掛けようかとまたまた思いを巡らしている▲イシガケチョウ(石垣...

総件数:20 件

似ているタグ