イタリア旅行のタグまとめ

イタリア旅行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイタリア旅行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イタリア旅行」タグの記事(125)

  1. ネオニアーノ洗礼堂とダンテ@ラヴェンナ - アリスのトリップ2

    ネオニアーノ洗礼堂とダンテ@ラヴェンナ

    「ラヴェンナ」の「ポポロ広場の南西」に位置する「5世紀」に建てられた「キリストの洗礼」と「十二使徒」がモチーフになっている「八角形の洗礼堂、ネオ二ア―ノ洗礼堂」がありますクーポラ天井の真ん中にキリストの洗礼が描かれていて周りには12使徒が描かれていますキリストの洗礼の拡大図です周りのモザイクはやはり紺地に金のモザイクが豪華でした~☆洗礼堂の建物右端の8角形の建物です当時の司祭ネオ―ネの命によ...

  2. ガッラプラチディア霊廟@ラヴェンナ - アリスのトリップ2

    ガッラプラチディア霊廟@ラヴェンナ

    ラヴェンナの続きになります~ガッラプラチディア霊廟のクーポラですクーポラに描かれた空に散りばめられた星と十字架天井に輝く十字架がキリストの再臨を表します左上マタイの人間右上聖ルカの牛左下聖ヨハネの鷲右下マルコの獅子ガッラ・プラチディア霊廟は、「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の構成資産のひとつサン・ヴィターレ聖堂に隣接していますローマ帝国最後の皇帝テオドシウスの娘ガッラ・プラチディアによ...

  3. アモールとプシュケの間@ファルネジ―ナ荘 - アリスのトリップ2

    アモールとプシュケの間@ファルネジ―ナ荘

    ファルネジーナ荘の続きです~次の部屋は、アモールとプシュケの間です~☆「神々の集い」の絵ここに描かれているのはアプレイウス(2世紀半の古代ローマの詩人)の「黄金のろば」の挿話の1つアムールとプシュケの物語です~なのでアモールとプシュケの物語のあらすじを説明しないとこの絵はちょっとわかりませんさらに、「黄金のロバ」のお話はギリシャ神話から来てるそうです~アモール=ギリシャ神話ではエロス美の女神...

  4. ガラティアの間@ファルネジ―ナ荘 - アリスのトリップ2

    ガラティアの間@ファルネジ―ナ荘

    ファルネジーナ荘に無事到着~☆テヴェレ河沿いに位置するファルネジ―ナ荘は1511年大富豪の銀行家アゴスティ―ノ・キ―ジの別荘として建築家のバルダッサ―レ・ぺルッティにより建造されました現在の名前が「ファルネジーナ荘」なのは16世紀末にファルネ―ジ家が購入したからだそうです~大金持ちも栄枯盛衰なのでしょうか^^;余談になりますがこちらが入り口~料金は2017年6月20日時点では6ユーロと良心的...

  5. ファルネジーナ荘までの道のり~@ローマ - アリスのトリップ2

    ファルネジーナ荘までの道のり~@ローマ

    宿泊していたチチェローネホテルから目的地のファルネジ―ナ荘までは歩いても行ける距離でしたが、6月の気温が30度超えの日でした^^;それで、バスに乗ることにしました~(^。^)バス亭がホテルの向かいに有り便利でしたが・・・バスのチケットは、タバッキで買うのがイタリアの常識近くでタバッキ探して購入しました~ただ、バス亭が工事中で少しずれた場所から乗りました~臨機応変な行動しないといけません!(笑...

  6. サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会@ローマ - アリスのトリップ2

    サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会@ローマ

    前ブログからの続きのイタリア旅行です~♫ローマの教会、サンタ・マリア・デッラ・パ―チェ教会です~聖母マリアにトルコとの戦争の終結を祈願した教皇シクトゥス4世が平和(パ―チェ)の訪れた御礼として1482年に建立した教会ですこのファサードは17世紀アレクサンドル7世の依頼で「ピエトロ・ダ・コルトナ―」によって2本のド―リス式の柱で囲まれた半円形の前室が付け加えられています入ってすぐの右側にはキ―...

  7. バビントンティールーム@ローマの休日 - アリスのトリップ2

    バビントンティールーム@ローマの休日

    2年前のイタリア旅の忘備録です~♡ローマと言えば映画「ローマの休日」が大好きです~♡へップバーンがジェラート食べていたスペイン階段~☆今は、食べるのが禁止になっちゃっていますよー注意して下さいね(^_-)-☆ええとCAFEは、スペイン階段向かって左側にあります~茶色の建物の方です~CAFEの前で記念撮影~直ぐ側には有名なバルカッチャの噴水も有ります~☆バビントンティールームイタリアでは珍しい...

  8. 涙の最終日。 - イトティン日記 -from Italy-

    涙の最終日。

    最終日。ついに来てしまった最終日。分かっちゃいるけどさ、ってやつで。やっぱり寂しくてたまらない。ゆっくりと、最後の朝食を楽しんで。お庭でのんびりして、空港へ。ヴァネがね~、これまた号泣なんだよね、毎回。えんえん泣きながら、「またすぐイタリアに来てね、すぐね、すぐ来てね」って。繰り返し言うもんだから、こっちも涙腺大崩壊。じーじも、ばーちゃんも、泣いちゃうよそりゃ。私もまた、思い出しただけで泣け...

  9. ガルダ湖でのんびり。 - イトティン日記 -from Italy-

    ガルダ湖でのんびり。

    チャリでゴー!翌日。天気が本当に不安定で残念。ただ晴れ間が見えてきたので、レッツサイクリング。とーさんは仕事で帰ってしまったので、またまたジャパン水入らず!(笑)このあと、ザーーーっと雨が降ってきたわ。ショッピングして、街をぶらぶら歩き、ホテルへ戻る。お昼はまたここで。なんだかんだで、ココが一番美味しくてゆったり出来ていい。楽しくて仕方がないっていう人。せっかくチャリを借りたので、またまた今...

  10. ガルダへ。 - イトティン日記 -from Italy-

    ガルダへ。

    小鳥の撮影に挑戦。我が家をあとにして、次はガルダ湖へ。前回と同じホテルに泊まることにしたんだけど、やっぱりここは素晴らしい。残念ながら、小鳥の撮影には失敗したよ。到着して、軽くお昼ご飯を食べる。ホテルの庭で食べたんだけど、もう優雅な気分で最高ー。少しプラッとお散歩した後は、テラスでのんびり。何もしない贅沢ってやつだね。そして朝食もね、すごいのよ、ココ。クロワッサン、どれ食べても美味しいし。イ...

  11. 本場でビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを~☆ - isolala日記

    本場でビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを~☆

    旅行記の続きです:2019年5月13日夕食カッラーラからフィレンツェに到着して、すぐに向かったのは「クワトロ・レオーニ」~地元のJさんが予約してくださった名店。Jさんを囲んで、9名揃ってスプマンテで乾杯~♪アンティパストには、☆黒キャベツのブルスケッタやっぱり美味しい・・このトスカーナパンに、黒キャベツの塩加減が丁度良く、ほろ苦さや柔らかさ加減、コレコレ、この味~こういう何気ないものが美味し...

  12. 我が家へ。 - イトティン日記 -from Italy-

    我が家へ。

    ルビーも一緒に。3日間のフィレンツェ滞在を終え。久しぶりの我が家へ。ルビーも一緒にいつものお散歩コースを一緒に歩いたり。スーパーに行って買い物したり。幼稚園やバレエ教室まで行ってみたり(といっても激近だけど)馬教室のアグリへ行って夕飯を食べたり。前回は数時間の滞在だったので、どんな生活をしているのか見せるも出来なかったけど。今回2泊してもらったので、少しゆっくり見てもらえたかな。母はスーパー...

  13. フィレンツェ観光。 - イトティン日記 -from Italy-

    フィレンツェ観光。

    天気悪ーい。とにかく朝起きるとどんより小雨の毎日。ついてないなーと思いつつ、お散歩へ。やっぱりミケランジェロ広場には言ってみたいってことだったので。雨降りの中バスを乗り継ぎ行ってみたら。雨が上がった!降ったりやんだりの天気だったのでね、まぁたまたまだけど。途中、太陽も顔を出す中、フィレンツェの美しい街並みが見られてよかった。この日は夕方から予約していたウフッツィ美術館へ。もうはるか昔に来たか...

  14. バッタバタでフィレンツェへ移動。 - イトティン日記 -from Italy-

    バッタバタでフィレンツェへ移動。

    さ、さむい・・・。ヴァネがこんな変な格好をしてるのは、想定外にすごく寒かったせい。5月の半ばなんて、いつもならもうT-シャツでいいくらい暑いのに。私なんてセーター着たくらいよ。ヴェローナに2泊してフィレンツェに電車で行くと言う旅程。仕事でフィレンツェには来れないとーさんに、車で宿まで来てもらい、いらないスーツケースを預けてヴェローナ駅まで送ってもらうことになっていた。一番大きなスーツケースは...

  15. ヴェローナちょろっと観光。 - イトティン日記 -from Italy-

    ヴェローナちょろっと観光。

    ヴェローナ到着。今回、アパートメントに宿泊したので。一軒家に住むような感覚が良かったかなー、と思ったけど。後で考えたら、けっこう面倒だしそんなに割安じゃなかったのでもうやらない。ただね、ホテルだと二部屋に分かれてしまうところ、キッチンリビング、お風呂なんかもじーじ、ばーちゃんと一緒に使うってことで。まだなんだか日本の延長と言う感じが良かったね。とーさんは今回仕事で来れないので、ジャパン水入ら...

  16. アマルフィの海が見えるリストランテで夕食☆ - isolala日記

    アマルフィの海が見えるリストランテで夕食☆

    旅行記の続きです:2019年5月12日日曜日19時30分に予約していたリストランテに行った。ホテルのことで、お世話になった女性スタッフをバールのカウンターで見かけたので、皆で丁寧にお礼を言った。案内されたのは、アマルフィの海が見える眺めの良い窓際の席だった。まずは泡もので乾杯♪コース料理を注文する予定だったが、アラカルトで。メニューを懸命に読む・・創作料理が多く、素材にこだわっているので、メ...

  17. アマルフィのアンドレア・パンサでおやつタイム☆ - isolala日記

    アマルフィのアンドレア・パンサでおやつタイム☆

    旅行記の続きです:2019年5月12日日曜日サレルノから15:30分発の予約済みのフェリーに乗った。海から臨む岸壁に連なる建物・・海から段々近づいていく景色が美しい。。4時過ぎにアマルフィに到着。大きなスーツケースはないものの、予想以上に荷物が重くなっている・・食材見学では、どうしてもお土産荷物が増えていくのは仕方がない・・アマルフィに着いたので、宿(レジデンス)に電話をして、荷物を運んでく...

  18. ロザマリーナの工房見学とチェトラーロの海辺観光 - isolala日記

    ロザマリーナの工房見学とチェトラーロの海辺観光

    旅行記の続きです:2019年6月12日日曜日昨日は、フィレンツェ→ナポリ→チェトラーロと移動し、料理レッスンを受けて疲労気味?と思いきや皆さん元気よく起床・・テーブルいっぱいに朝食が準備されていた。生ハムや果物、チーズも目に入ったけれど、カフェと甘いもので軽くすませた。後で聞いたら「昨夜のマグロの炭火焼が冷めてもまたすっごく美味しかった」と言う・・そこまで気が回らなかった。テーブルに出ていた...

  19. チェトラーロの夕陽を感じながら料理レッスン☆ - isolala日記

    チェトラーロの夕陽を感じながら料理レッスン☆

    旅行記:2019年5月11日夕方ナポリ近郊でパスタ工場とチーズ工房を見学した後、専用バスにゆられて睡眠タイム~約3時間半後カラブリア州チェトラーロに到着。イゾラーラ料理開講20周年ということで、生徒さんにとって、心に残るレッスンを・・と計画し、遠いカラブリア州のチェトラーロまで、料理上手なアニータさんに会いにやってきました。最初に生徒さんにアニータさんを紹介。「昨年、こちらに滞在し、カラブリ...

  20. ナポリのモッツァレラ工房見学☆ - isolala日記

    ナポリのモッツァレラ工房見学☆

    旅行記の続きです。2019年5月11日午後美味しいパスタのランチを済ませた後、チーズ工房に行った。ナポリと言えば、モッツァレラ~私達の見学のために、チーズ作りを見せてくださった。ご主人は、明るい方で、サービス精神にあふれている。表情が喜劇の役者さんのように豊かで、とっても楽しく実演~こちらに楽しさが伝わってきて、説明を真面目に伺いつつも笑いたくなってくる感じ^^新鮮な牛乳の説明から開始~モッ...

総件数:125 件

似ているタグ