イタリア菓子のタグまとめ

イタリア菓子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイタリア菓子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イタリア菓子」タグの記事(208)

  1. パネットーネ修行2020 その2 〜 近所のバスティッチェリアのピスタチオのパネットーネ - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    パネットーネ修行2020 その2 〜 近所のバスティッ...

    【パネットーネ修行2020その2】今年は早く始まったパネットーネ修行。早くも2つ目です。今年2個目のパネットーネは、近所のパスティッチェリアのピスタチオのパネットーネ。今週、なんだか色々あって、、、。なんだかドドーっと疲れてしまった私。ガッツリ甘いモノが食べたい!ちょうど外に出る用事があったC氏に、「プロフィテロール買ってきて~!」と頼んだのですが、、、。現在、そこのパスティッチェリアは生菓...

  2. おなじみのビスコッティ:Cantucci(Biscotti di Prato) - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    おなじみのビスコッティ:Cantucci(Biscot...

    2020年11月20日(金)日本でもすっかりおなじみのイタリア菓子、Cantucci(Biscotti di Prato)を焼きました。ビスコッティの名で親しまれていますね。油脂分ゼロで、カリッとした焼きあがり。留学したスローフードの学校があった中部イタリアの代表的なビスコッティ(クッキー)で、レストランでの食事の後にもたびたび登場していました。トスカーナ州プラート発祥とされるところから、B...

  3. コーン風味のイタリアンビスコッティ、Krumiri - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    コーン風味のイタリアンビスコッティ、Krumiri

    2020年11月12日(木)ビスケットが食べたいなぁ・・・というときに、おすすめなのが絞り出しタイプ生地を仕込んだ後、寝かせる必要がありませんというわけで、今日のおやつに作ったのは、イタリアのビスコッティ、Krumiri(クルミーリ)天板がほとんど汚れないほど油脂分が少なく、とうもろこしの風味がフワッと香ります。インパクトやコントラストがあるわけじゃないのに、なぜか食べだしたら止まらなくなる...

  4. Occhi di Bue(牛の目のビスコッティ) - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    Occhi di Bue(牛の目のビスコッティ)

    2020年11月9日(月)今日のおやつは、タルトに使った生地の切れ端で作ったOcchi di Bue(牛の目のビスコッティ)黒っぽいジャムをサンドしたクッキーです。「牛の目」って、イタリアで最初にきいたときはびっくりしたけど、なるほどねぇ(^_-)-☆イタリアだったらアマレーナというサクランボのジャムを一番よく見たけど、日本では手に入りにくいので、ラズベリージャムで。できるだけ熱が伝わらない...

  5. パネットーネ修行2020、開始です! - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    パネットーネ修行2020、開始です!

    今年はちょいと早く始まったパネットーネ修行。パネットーネはシチリアのフィアスコナーロ社のもの。カステルボーノというシチリアの小さな山の街で始まったここのパネットーネは、もはやイタリア全土、いや世界で売られるほどに成長しました。袋を開けると、ふゎ〜っと漂ってくるオレンジの香り♡私にとってはクリスマスの香りです♪うちのグルメニャンズ達も、初めてのこの香りに『なんだ、なんだ?』と寄ってくる、、、(...

  6. Crostata di Fichi(いちじくのクロスタータ) - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    Crostata di Fichi(いちじくのクロスタータ)

    2020年11月7日(土)やっと来た土曜日♪時間をかけてイタリア菓子作りにチャレンジしてみました。作ったのは、いちじくのタルト、Crostata di Fichi(クロスタータ・ディ・フィーキ)です。中にはセミドライのいちじくを甘酸っぱく煮てたっぷりと。イタリアではフルーツのジャムをフィリングにしたクロスタータは、全国で親しまれている王道のおやつ。中でもこのいちじくジャムのクロスタータは私の...

  7. 死者の日のお菓子「フルッタマルトラーナ」は和菓子そっくり? - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    死者の日のお菓子「フルッタマルトラーナ」は和菓子そっくり?

    11月2日は死者の日。イタリア語では『Festa dei morti(フェスタデイモルティ』。この日のお菓子といえば、シチリア名物『フルッタマルトラーナ』。シチリアを旅行した人なら一度は見たであろうこのお菓子、今では名物となり通年あちらこちらに並んでいますが、元々は死者の日のお菓子なのです。ベースはマジパン。マジパンというと、『あの甘くて美味しくないもの、、、』と思う方も多いと思いますが、シ...

  8. イタリアで習った焼菓子、Torta Levanto - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    イタリアで習った焼菓子、Torta Levanto

    2020年10月27日(火)昨日、せっかく型に敷きこんでおいたので、まずは空焼きのいらないタイプのTorta Levanto(トルタ・レーヴァント)を焼いてみました。イタリア各州のお料理とお菓子を学べるイタルクックという学校で習ったリグーリア州の焼菓子です。サクサクのビスケットに包まれた、ふんわり、しっとり生地は、アーモンドパウダーたっぷり!ふくよかな香りがすばらしいのです&#128...

  9. オレンジマフィンは幸せの香り - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    オレンジマフィンは幸せの香り

    シチリアは、待ちに待ったオレンジの季節が始まりました!レモンは夏でもグリーン色のサマーレモンが楽しめるけれど、オレンジは熟してこないと香りが立たずに美味しくなくて。昨日、早くも熟し始めたC氏の実家のオレンジを収穫。早速、オレンジのマフィンを作りました。しかし、シチリアのオレンジはどうしてこんなに香りがいいのであろうか?無農薬だから皮をたーぷり、オレンジ果汁も焼き込み、上にはドーンと輪切りを乗...

  10. 魅惑のプロフィッテロール - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    魅惑のプロフィッテロール

    自粛生活が始まって以来、食べるお菓子はほぼ自分で作っています。が、時折、どーしても、他の人が作ったお菓子が食べたくなる、、、。先週、そんな日が訪れ、『プロフィッテロールが食べたい‼️』と、お昼の時に叫んでいたら、夕方、『プロフィッテロールはなかったけど、、、』と、小さなビニェが6つ。C氏がお土産にもってきてくれました♪本当は、波が収まっていたら、エトナ山麓に山の幸を味わいにプチ旅に出ようと思...

  11. サクサク!ココナツのアマレッティ(Amaretti al Cocco) - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    サクサク!ココナツのアマレッティ(Amaretti a...

    2020年10月15日(木)王道のアマレッティをアレンジした私の創作(なんちゃって)イタリア菓子、Amaretti al Cocco(ココナツのアマレッティ)サックサクの歯ざわりが楽しいメレンゲ菓子です。ひび割れができたり、マカロンみたいにピエが出たり、焼きあがりが楽しみな、かわいいお菓子。おひとついかが?って、はやくお友だちよんでお茶会したいなぁまた肌寒くなりましたね。風邪ひかないように、...

  12. 収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉

    C氏のパパの畑で収穫してきたりんごで、朝ごはん用のチャンベッラを焼きました。収穫してきた田舎のりんごは、八百屋で買うりんごより固くて水分量が少なくて酸味が強く。そのまま食べても美味しいけれど、この手のりんごは火を入れると更に美味しくなり。なので、朝ごはん用のりんごのチャンベッラを作ることにしました。ちっちゃなりんごを5つほど使い(もっと入れても良かった)、卵、砂糖、バター、粉だけのシンプルな...

  13. 朝ごはん用にビスコッティを焼く - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    朝ごはん用にビスコッティを焼く

    イタリアではクッキーのようなものを『ビスコッティ』と呼びます。でも本来、ビスコッティとは『2度焼き』したもののことを指し。丸めたり、型を抜いたりして、一度で焼き上げたものは正確に言えば『ビスコッティ』ではないのですが。今日焼いたのは、正真正銘の『ビスコッティ』。『カントゥッチ』と呼ばれるこのカチカチのビスコッティは、硬いがゆえにとーっても食べ応えがあり。朝からカッフェに浸しながらガリガリ、ガ...

  14. 鮮やかな緑色!ピスタチオのトルタ - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    鮮やかな緑色!ピスタチオのトルタ

    『ピスタチオのトルタ』を作りました。まだまだ暑いけれど、真夏の猛烈な暑さは越えて。ちょっとだけコッテリしたお菓子が朝ごはんに食べたくなりました。そういえば今はちょうどピスタチオの収穫時期。2年に1回、奇数年にだけ収穫されるピスタチオ。エトナ山麓のブロンテのピスタチオは、鮮やかで、風味も濃く、焼き菓子にしてもしっかりと香りが残り絶品!久しぶりにバターを使ったピスタチオのトルタを焼いてみる事にし...

  15. シチリアのジェラートサンド(Brioche con Gelato) - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    シチリアのジェラートサンド(Brioche con G...

    2020年9月14日(月)今日から2週間、学校は夏休み♪まあ、山のような課題があるので休みとは名ばかりですが、そうはいっても時間を自分のペースで使えるのがウレシイ!なので、今日のおやつは、手のかかる豪華版!Brioche con Gelato(ブリオッシュ・コン・ジェラート)何ヵ月ぶりかしら?ジェラートは無花果とハイカカオチョコの2種類です。もちろんパンもお手製よん(^_-)-☆毎年何度か登...

  16. Gelato ai Fichi(いちじくのジェラート) - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    Gelato ai Fichi(いちじくのジェラート)

    2020年9月11日(金)やっと来た来た、金曜日~♪朝夕は少しずつ涼しくなってきましたが日中はまだまだ真夏日がつづいていますね。今日のおやつは、いちじくのジェラート先日作ったコンポートをたっぷり配合しました。煮詰めた煮汁はおいしいソースに💛いちじくのプチプチが見えるでしょうか?ねっとりとスプーンにからまる食感の中からこのプチプチが現れて楽しいです♪今年はアイスクリーマ...

  17. ザクザク食感がおいしい!レモンティーのグラニータ - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    ザクザク食感がおいしい!レモンティーのグラニータ

    2020年8月27日(木)今日のおうちカフェメニューは、レモンティーのグラニータアイスクリーマーなしで、簡単に作れます。グラニータはイタリア版かき氷。かき氷より粒がザクザクしてるのが特徴で、灼熱のシチリアの夏には欠かせない氷菓です。レモンティーのグラニータは私のオリジナル。清涼感がすばらしくて、後味すっきり♫お食事のお口直しや、お風呂上りにもうれしい💛さあ、今週も残す...

  18. おうちで作る、ピスタチオのジェラート - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    おうちで作る、ピスタチオのジェラート

    2020年8月26日(水)今日もやっぱり暑かった~(_)いやはや・・・今年の猛暑の出口はどこなんでしょうか??さて、今日のおやつは、ちょっと贅沢にピスタチオのジェラート♪作りたてのジェラートの美味しさは最高💛そのなめらかさは筆舌に尽くしがたく、ホームメイドならではの楽しみです。週の半ば、疲れも出てくる頃、ご無理のないように涼しく過ごしてどうぞご自愛くださいね。☆All...

  19. ティラミスのジェラートケーキ - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    ティラミスのジェラートケーキ

    2020年8月15日(土)今日のおうちカフェは、マスカルポーネチーズを配合したティラミスのジェラート♪今回はセルクルでケーキ風に作ってみましたが、グラス仕立てにしてもいいですね。底と間にはさんだスポンジ生地にはエスプレッソをたっぷりとしみこませて。普通のティラミスは卵を加熱しないので、お持ち帰りは厳禁!デザートとして、作った当日か翌日のうちに食べます。でも、ジェラート用には卵黄をしっかり加熱...

  20. コーヒーにおぼれた「アッフォガート・アル・カッフェ」 - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    コーヒーにおぼれた「アッフォガート・アル・カッフェ」

    2020年8月5日(水)梅雨明け以来、暑い日が続いていますね。マスクで熱中症になりませんように、暑中お見舞い申し上げます。今日のおやつは、アッフォガート・アル・カッフェジェラートにエスプレッソをかけたイタリアの代表的なデザートです。イタリアでは、たとえメニューにのっていなくても頼んだらたいてい作ってくれますよ。(ジェラートがあるレストランなら)さあて、お勉強を再開する前に、お散歩にでも行って...

総件数:208 件

似ているタグ