イタリアのタグまとめ

イタリア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイタリアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イタリア」タグの記事(1626)

  1. ジュンパ・ラヒリの「わたしのいるところ」 - カマクラ ときどき イタリア

    ジュンパ・ラヒリの「わたしのいるところ」

    インド系ベンガル人で長く英語で小説を書いていたジュンパ・ラヒリが、イタリア語を学び、イタリア語でエッセイ「べつの言葉で」を書いて、世の本好きをあっと言わせてから約4年。今度はイタリア語で小説を発表した。ああ、なるほどこの手があったのか!それなりに年を重ね、キャリアを重ねてきた物書きの女性は、どこか・・・そう、ローマを思わせるけれどそうとはわからない町に1人で暮らしている。「歩道で」、「バール...

  2. BIRRA MORETTI - ShopMasterのひとりごと

    BIRRA MORETTI

    イタリアのビール「MORETTI(モレッティ)」。赤と白でなんだかワインのような・・・ROSSA(赤)。BIANCA(白)。

  3. fashion - モン・コト

    fashion

    ETROcarré私好みの配色がお気に入り❤️めちゃくちゃ合わせやすいんです。寒くなってきたらガンガン使おう!ETROと言えば美しいペイズリー。インドの伝統的な文様を現代センスで進化させイタリアファッション界でも異彩を放っています。コレクションでも独自路線、モデルさんも個性的!エキゾチックです❣️…見惚れてたら、何かお顔に見えてきた!あっ⁈アルチンボルドのだまし絵を連想…ふふふこの人もまた、...

  4. イタリア旅行  費用概算 - 旅と数学  それとdiy

    イタリア旅行 費用概算

    イタリア旅行。9月3日出発 27日 帰国 計 25日間。費用概算関空 ローマ 往復 アシアナ 仁川経由で 75000円。この 格安チケットが イタリア旅行に 行こう と決めた 要因。行きも 帰りも 2、3時間の 乗り継ぎだったけど 韓国からの 来日客が ガタン と 減ったせいで 帰りは 予定の便が 減便 ...

  5. 暗く辛い「ドッグマン」にさす曙色に脱帽 - カマクラ ときどき イタリア

    暗く辛い「ドッグマン」にさす曙色に脱帽

    イタリアの知られざる、だが確実にそこにある現実。観光客で賑わう、風光明媚で光と鮮やかな色にあふれたイタリアも1つの事実なら、光の当たることのない、真っ暗闇ではないけれどどうしようもなく薄暗く、決して出口の見えることのない世界に暮らす人々もいるのがイタリアの厳然たる事実の1つ。いやきっとそれは、イタリアだけではないのかもしれないけれど。不条理と矛盾と、暴力の中でうごめき、もがき生きる人々を描い...

  6. スケッチ会 - まり子の水彩画

    スケッチ会

    スケッチ会帰り際にスナップ写真を

  7. イタリア滞在中。 - fermata on line! イタリア留学&欧州旅行記とか、もろもろもろ

    イタリア滞在中。

    写真はヴェネツィアです。ブログ更新が途切れてすいません…時間がつくれず……多くの拍手を本当にありがとうございます!海外滞在中にUPは久しぶり、スマホで更新するのも実ははじめてなのですが(Instagramが一番使いやすかったので、そちらは毎日更新できています…)このところマリナと完全イタリア語強化合宿みたいな日々です(日本語一切使わない日も…)。すごく勉強になりつつ…イタリアの変わらない面と...

  8. ウエスタン - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ウエスタン

    ★★★★★★★★☆☆NHK BSで。イタリアとアメリカの合作。鉄道が通り、街が出来上がりつつある時代。その時代についていけない男たちが主人公。最近の邦題は英題をそのままカタカナにした「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」。その方が「ウエスタン」よりも内容に沿っている。細かな説明がないし、必要とも思えないシーンもあるので、よく分からないのだけれど。でも、最後から20分ほど、ハーモニ...

  9. ロンドンで一番美味しい生パスタ! - Lovely! in London

    ロンドンで一番美味しい生パスタ!

    (シルクハンカチーフという名前のパスタ。このお店の看板メニュー!)手打ち生パスタが好きな方は多いと思います。ここは生パスタのお店!Banconeやっと予約が取れた!昨年の夏にオープンした注目のお店、店内は今時のスタイルでカウンター席がメイン、奥にテーブル席が配置されています。このスタイルのお店は、お店の活気がゲストに伝わり、まるでライブを見ている感覚とプレッシャーをかけずにゲストの回転を早く...

  10. ベネチアの360度パノラマ風景 - 頭のおかしい精神科医に薬漬けで殺られる

    ベネチアの360度パノラマ風景

    https://www.google.com/maps/@45.4363108,12.3326111,3a,75y,118.05h,90.28t/data=!3m7!1e1!3m5!1sq4znmJRzB6f7C7YOuwIevg!2e0!6s%2F%2Fgeo3.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3Dq4znmJRzB6f7C7YOuwIevg%26output%3Dthu...

  11. ミラノのドゥオーモ - ぶらり休暇

    ミラノのドゥオーモ

    ミラノのシンボルはこの大聖堂ミラノのドゥオーモイタリア最大のゴシック教会です。整った美しい外観が洗練された街ミラノに似合う。またピンクの観光用三輪車もデザインの街、ミラノらしい。教会の中はシンプルながら広々として荘厳。壁画がいっぱいのとにかく豪華な教会も素敵だったけどここが一番神々しさを感じられて好きだったかも。そしてここでも屋上へ。エレベーターもありましたがやっぱり階段で。たくさんの尖塔と...

  12. イタリア旅行の  思い出   乗り物編 - 旅と数学  それとdiy

    イタリア旅行の 思い出 乗り物編

    イタリアで 地下鉄バス 鉄道なんかを 利用した。一番簡単だったのが 地下鉄。システムは ほとんど 日本と一緒。均一料金なので 紛れもない。鉄道も 長距離になると 特急を使うので 全てはチケットに記載されている。これも 楽チン。ちょっと厄介なのが 中距離の 普通列車。チケットを買う時 何時発 どこ行きなんかを チェックしておかないと どの列車に乗っ...

  13. 五人の軍隊 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    五人の軍隊

    ★★★★★★★★☆☆NHK BSで。マカロニ・ウェスタン。名うての猛者たちが農民を助けるというお話。5人のキャラクターがハッキリしていて分かりやすい。その5人が順に集まっていく流れもテンポが良く、アクションも小気味良い。「七人の侍」に着想を得ているのでしょうね。特にクライマックスとなる列車襲撃シーンは迫力があって、まさに手に汗握る。スタントマンも活躍しているのだろうけど、役者自身が体を張って...

  14. DISARONNO - ShopMasterのひとりごと

    DISARONNO

    我が家にやってきたイタリアのリキュール DISARONNO(ディサローノ)。。起源は16世紀、後期ルネッサンスまで遡るようです・・・。

  15. ウラン・ガラスのリス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ウラン・ガラスのリス

    その日のフリマは、非常に珍しく、夫婦揃ってストールを順に見て回りました。たまたま歩くスピードと、見て回るピッチが一緒だっただけなのですが、そう言う事自体が滅多にありません(笑)。その時私の目に、夏の日差しの下で蛍光色がギラギラと強烈に輝く、このガラス製のリスが目に入り、P太はあやうく見落とす所でした。すかさずP太を呼び止めて、ブラックライトで確認させると、狙った通りウラン・ガラスでした。売っ...

  16. イタリアの 思い出  その 1 - 旅と数学  それとdiy

    イタリアの 思い出 その 1

    今回のイタリア旅行での 最大の出来事は やっぱり チンクエテッレでの スリ事件。詳しくは 日記に 書いたけど あれから いろいろ 考えてみた。なぜ こんな貧乏旅行者が 狙われたんだろうか?思い当たることは ただ一つ。当面の 現地通貨は 胸に ぶら下げた ビニールパックを シャツの中に しまっている。だから 普通は ウェストポーチに入れてある 財布を ...

  17. 無事  ローマ  フィーミチーノ空港まで  辿り着く - 旅と数学  それとdiy

    無事 ローマ フィーミチーノ空港まで 辿り着く

    朝10時12分 イタロ ローマ行き 定刻発車。先週 このチケットを取ったので トレニタリアの半額。いつもなら 二等に乗るんだけど 今回は プリモに これでも 50ユーロ。めっちゃ安い。一列シートに 二回も 無料の ドリンクサービスがある。これは 儲けもんだった。4時間かけて ローマ2時過ぎ到着。予定より 10分程度 遅れていたけど こちらでは 誤差の...

  18. ベルガモの教会 - ぶらり休暇

    ベルガモの教会

    絶対に行きたかった教会ベルガモの教会サンタ・マリア・マッジョーレ教会とコッレオーニ礼拝堂ピンクの大理石で造られた外観もとても魅力的なんですが内部の美しさは圧倒されてはぁ~とため息の連続でした。壁一面は絵画とタペストリーで埋め尽くされえれ天井もどこもなにもかもが豪華やはりヨーロッパの歴史ある教会ってスゴイですね。ベルガモでのランチ。ランチもお上品。見た目も綺麗で味も美味しくサービスも良く大満足...

  19. ピオ神父 - 令和より愛を込めて

    ピオ神父

    カトリック教会には様々な聖人がおり、インドで貧しい人たちと共に歩んだマザーテレサやアウシュヴィッツで囚人の身代わりとなり犠牲になったマクシミリアン・コルベ、「空飛ぶ教皇」と呼ばれ世界を飛び回ったヨハネ・パウロ2世等がおります。その中に「聖痕」と呼ばれる不思議な傷あとを持った神父がいます。彼の名はピオ・フォルジョーネ、通称「ピオ神父」。ピオ神父はあらゆるエピソードを持ち、自分の存在が別の場所に...

  20. W杯が行われる花園ラグビー場へ行ってみた - ほんじつのおすすめ

    W杯が行われる花園ラグビー場へ行ってみた

    今日は、『ラグビーワールドカップ2019』の試合、イタリアとナミビアの試合の観戦のため、花園ラグビー場へ。なんかいい雰囲気。ナミビアの人は少ないかもしれませんが、イタリア人は何人か見かけました。今日の座席は、ゴールポスト裏。試合中にゲリラ豪雨。その後、晴れ。

総件数:1626 件

似ているタグ