イットウダイのタグまとめ

イットウダイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイットウダイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イットウダイ」タグの記事(4)

  1. 名古屋港水族館~特別展「カラフルコレクション」【後編】 - 続々・動物園ありマス。

    名古屋港水族館~特別展「カラフルコレクション」【後編】

    ネオンテトラとカージナルテトラの群れ【前編】はこちらサカサナマズもいましたポップカラーにまとめられた水槽ナミマツカサタテジマキンチャクダイの成魚(左)と幼魚ストライプな水槽ニジハギやアヤメエビスなどが泳いでいました水槽内に振袖が・・・フリソデエビですヴィヴィッドカラーな水槽ウコンハネガイ外套膜の周りに光を反射する細胞を持っている為鮮やかに輝いて見えます

  2. 名古屋港水族館~「光の吸収と魚の色」(December 2019) - 続々・動物園ありマス。

    名古屋港水族館~「光の吸収と魚の色」(December...

    「光の吸収と魚の色」水槽アカマツカサやアヤメエビスといった赤い色をした魚が泳いでいるんですがこれらの魚が水深ごとでどう見えるかという事を再現したユニークな水槽先ずは水深2m水槽前のボタンを押すと照明が暗くなる・・・太陽光が少なくなっていく様を再現しています続いて水深10m水深30m赤い色の魚がどんどん黒っぽくなっていくのがよく分かります「アマモ場」水槽知多半島の海岸で採集された生き物たちハナ...

  3. #535ナミマツカサ - ランゲルハンス島の海

    #535ナミマツカサ

    【和名】ナミマツカサ【学名】Myripristis kochiensis【英名】Brick soldierfish【分類】動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科【体長】10cm【撮影地】タヒチ水深20m【特徴】体は卵形で体高がやや高く側扁する。眼が大きく下顎は顕著に突出しない。体色は赤色で鰓蓋膜から胸鰭腋部に黒帯が入る。背鰭、臀鰭、尾鰭の後縁は暗色。【生態】伊豆半島以南太...

  4. #501クラカケエビス - ランゲルハンス島の海

    #501クラカケエビス

    【和名】クラカケエビス【学名】Sargocentron caudimaculatum【英名】Silverspot squirrelfish【分類】動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科【体長】20cm【撮影地】八重山水深10m【特徴】体は側扁し鱗は大きく硬い。体色は赤色で、背鰭軟条より後半もしくは尾柄上部は白色。最大で25cmほどになる。【生態】土佐湾以南の西部太平洋、イ...

総件数:4 件

似ているタグ