イルミネーション・夜景のタグまとめ

イルミネーション・夜景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイルミネーション・夜景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イルミネーション・夜景」タグの記事(8)

  1. 富山散歩~県東部393~魚津たてもん祭 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部393~魚津たてもん祭

    たてもん祭りは、富山県魚津市の諏訪神社の夏季祭礼。祭礼は、国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、2016年にはユネスコの無形文化遺産に指定されています。たてもんとは、帆掛け舟(舟型)を模した万燈で、長さ約16メートルの太い心柱に、帆に見立てた底辺約8mの大きな二等辺三角形の枠に丸提灯または雪洞(ぼんぼり)を吊るし下げる。この三角枠上部には恵比寿を描いた提灯、心柱最上部には鉾留(ほこどめ...

  2. 突然の・・・ストロベリームーン・・・なんだそれ!? - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    突然の・・・ストロベリームーン・・・なんだそれ!?

    初夏の水田の夕暮れ日中は無機質に感じる高圧鉄塔も、夕暮れには画になる陽が沈み・・・残照の空も面白い画になりますしかし、梅雨が本格的になると暫くは見られないでしょう6月9日は"ストロベリームーン"でした。今年1年で、地球から最も離れた最小の満月です米国でイチゴの収穫時期に見えることから付けられた呼び名で、この日の月だけが、特にイチゴの様に赤く見える訳ではありません。ストロベ...

  3. 富山散歩~県西部288~伏木曳山祭「西のけんか山」 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部288~伏木曳山祭「西のけんか山」

    曳山祭りは「静々と巡行して終了する祭」と「巡行に加えてぶつけ合う喧嘩祭」の2通りがあるようです。後者の曳山は、富山では俗に"けんか山"と称されます。伏木曳山祭(ふしきひきやままつり)は、富山県高岡市伏木地区にて毎年5月15日に行われます。江戸時代後期より続く、海岸鎮護・海上安全の神である伏木神社の春季例大祭です。7基ある山車は、5月14日夕刻には勢揃いしライトアップされ、...

  4. 富山散歩~県西部284~福野夜高行燈祭 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部284~福野夜高行燈祭

    福野夜高祭(ふくのよたかまつり)は、富山県南砺市福野地域の市街地で毎年5月1日から3日に行われる江戸時代中期より続く福野神明社の春季祭礼。5月1・2日の宵祭りには夜高行燈の練り廻し、3日の本祭には4基の曳山、1台の屋台が巡行します。祭りの謂れは・・・・1652年、数十日かけて伊勢神宮からの御分霊を奉じて越中(富山)へ向かうも、加賀(石川)と越中の国境の倶利伽羅峠にさしかかったところ、日が暮れ...

  5. Sapporo Winter Night Walk - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    Sapporo Winter Night Walk

    冬の札幌(路面の凍結に多少ビビリながら)の夜散歩。北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)「赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物。現在使われている道庁新庁舎ができるまで約80年に渡って道政を担った旧本庁舎は、1888年(明治21年)に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築。イルミネーションが凝っていました。道庁から歩いて10分札幌というより北海道のシンボルでもある札幌市時計台北海道大...

  6. 越中八尾冬浪漫~夢あかり - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    越中八尾冬浪漫~夢あかり

    富山平野から飛騨の山脈に連なる街道筋の富山県と岐阜県との県境に位置する富山市八尾町。かつて「富山藩の御納戸」と称されるほど経済力豊かな町で、街道の拠点として飛騨との交易や売薬、売薬用紙の販売、養蚕による収益などで繁栄していました。そんな八尾町は「おわら風の盆」で有名です。八尾の名称の由来は、飛騨の山々から越中側へ延びる八つの山の尾に拓かれた地を意味するといわれています。おわら風の盆の開催区域...

  7. 古都金沢散策~茶屋街の冬の朝 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    古都金沢散策~茶屋街の冬の朝

    まだ 夜の色を残す冬の金沢の朝金沢にある三茶屋街の1つ「ひがし茶屋街」気温は低く、雪がチラついておりましたガス灯は、日本伝統に西洋近代化の織り交ざった大正モダンを思わせる風合いお茶屋「志摩」江戸時代から残る貴重な文化遺産ひがし茶屋街は、格子戸と大戸、それに二階の造りが高い家の町並みが特徴となっています。金沢三茶屋街では、最大の規模を誇り、南北約130m、東西約180m保存地区内の建築物140...

  8. 富山散歩~県東部379~雪の富山城 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部379~雪の富山城

    富山に雪が降り、城址公園も雪で埋もれています。富山城の天守は日没からライトアップされています。百万石の加賀藩から分藩された富山藩。史実、政庁として陣屋のような建物はありましたが、天守を構える城はありませんでした。外様大名ゆえに幕府から警戒されたとかではなく・・・築城許可は下りていましたが、僅か十万石の富山藩には築城する経済力は無かったようです。夕方6時までは青色の照明6時以降には橙色の照明へ...

総件数:8 件

似ているタグ