インドのタグまとめ

インド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはインドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「インド」タグの記事(76)

  1. 後ろ髪ひかれる出発。とにかくカトマンズ到着! - 行き先はSHANTI

    後ろ髪ひかれる出発。とにかくカトマンズ到着!

    毎年恒例の、怒涛のパッキングもどうにかこうにかすませて日本出発、カトマンズに着いてます。いつも出発前は、整理整頓の苦手意識がすごすぎて、荷造りをしなければならないシチュエーションにパブロフの犬のように緊張してしまうのがネックかなと。でも、今年は、私の尊敬するインド占星術師のけいこさんの名言「りおちゃんだいじょうぶよ、あなたが何か忘れても、誰も死なないから」を胸に格闘して、まあまあの余裕でパッ...

  2. 245 - patati patata ANNEX ~鉱物ノート~

    245

    fluorite(蛍石)CaF2共生鉱物 紫水晶、カルセドニーIndia探していた理想のお月さまたなびく雲はアメシストで出来ています。5年前ぐらいに買わないで後悔した「まんまる」から理想のものに出会うまで我慢我慢…でした。球状蛍石は人間が成形したものも出回っているそうなので注意が必要です。星座柄の箱に入れています。クリスタルワークス にほんブログ村

  3. ダージリン旅行記 食べたもの - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 食べたもの

    インド・ダージリンで食べたものの写真アップします!まずはモモ!チベットでもネパールでも食べられているモモ。ダージリンはこのふたつととても近いですからね。ベジタリアン用のモモも用意してあることが多いです。チベット人姉妹が営んでいる定食屋へ。モモとバター茶を。中には玉ねぎが入っていて、とっても素朴で優しい味です。チベットのうどん・トゥクパ。これもとっても優しい味。塩と鶏のお出汁の効いた味です。こ...

  4. BLOCK PRINT~スウィシュドット - 雑貨店PiPPi

    BLOCK PRINT~スウィシュドット

    こんにちは。今日は色鮮やかな水玉模様が楽しい「BLOCK PRINT~スウィシュドット」を紹介します。木彫りのスタンプを使い1柄ずつ 1色ずつ手押しで模様を繋げてゆくブロックプリントのハンカチ。.そのため、自然な染めムラやズレが生じ、温かな風合いとなっています。.大判サイズで55×55cm。.ネイビー×ライトブルー、マスタード×グレーの2色展開。.鮮やかなテキスタイルは、フレームに入れて飾っ...

  5. ダージリン旅行記 トイ・トレイン - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 トイ・トレイン

    「ダージリン急行」という映画がありましたが、それは実際に存在する列車ではありません。しかし!ダージリン・ヒマラヤ鉄道、通称トイ・トレインというものはここに存在します!イギリスの植民地だった時代に建設が始まり、高低差2000メートルを登って行く登山列車で、世界遺産にも登録されています。登山列車で馬力が必要ですが、今でも石炭で走っております。馬力はあるんですが、本当におもちゃみたいです。幅がこれ...

  6. ダージリン旅行記 紅茶のお買い物 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 紅茶のお買い物

    ダージリン街中で紅茶ショッピングです。グアテマラやコロンビアのコーヒー農園、スリランカの紅茶農園では農園に併設された売店が一番充実していましたが、ダージリンでは農園よりも街中にある紅茶専門店の方が充実していました。それに紙幣パニック真っ只中にいた私としてはカード払いができるところがありがたかったのです。農園では農園が本業なので、クレジットカード非対応です。対して、小売店、ダージリンの土産物を...

  7. ダージリン旅行記 ヒマラヤを眺める - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 ヒマラヤを眺める

    ダージリンからはカンチェンジュンガ(8586m)という世界第3位の高さを誇る山を見ることができます。街にいながらにしてこの景色。ホントはこの街から早朝にシェアジープで出かけてこの山から上る日の出なんかを見る人が多いのですが。フォートラの世界攻略者さんの記事に詳しいです、是非こちらを。私はタクシーで来たり、札がないなど、とにかくお金ないない人間なので行くことは断念。それでもこの街から立派なカン...

  8. ダージリン旅行記 マカイバリ農園へ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 マカイバリ農園へ

    カッスルトンからさらに歩いて、続いてはマカイバリ農園です。この辺りの山々は一面茶畑。オータムナルの収穫を終えて、春を待つダージリン。木々が冬の色をしています。収穫時期よりもずっと労働者は減りますが、こうやって木の植え替えなどをしている姿をぽつりぽつり見かけます。このグネグネした道をトラクターで、摘んだ茶の葉を入れた茶袋を工場に持って上がり、茶に加工します。看板発見!さらに進むと!日本語!!こ...

  9. ダージリン旅行記 カッスルトン紅茶農園へ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 カッスルトン紅茶農園へ

    ダージリンから自力で行ける農園は数カ所あります。ダージリンからだと、Happy Valley Tea Estateというところもあるのですが、時間の関係で行けず。今回私はKurseong(クォーション、と聞こえる)まで出て2箇所の農園を自力で行ってきました。お金をかければ、車をチャーターしていろんな農園に行くことができます。多くの人はそうでしょう。しかし!私は仕事で来ているわけでもないし、お...

  10. ダージリン旅行記 ダージリンの遊び方 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 ダージリンの遊び方

    長かった移動も終えていよいよダージリン!ダージリンは名前では”紅茶”で知られていますが、それ以外でも遊べる町です。大きく分けて4つご紹介します!ヒマラヤダージリンからカンチェンジュンガを見ることができます。美しすぎる。標高8586m。エベレスト、K2に次ぐ世界第3位の高さを誇る山です。ダージリン自体も標高が高いのでこんな風に見ることができます。ただしガスで見えなくなるのでこんな綺麗な姿は朝だ...

  11. 旅フォト:インド・リシケシ(ウッタラーカンド州) - 映画を旅のいいわけに。

    旅フォト:インド・リシケシ(ウッタラーカンド州)

    以上、サイレントムービーモードでお送りしました。リアルタイム旅日記 in リシケシ食べ物写真が多いのは、リシケシではちろっとのヨガ以外は、カフェにいたか散歩してたか寝てたかしかしてないからです。

  12. 『落下の王国』ロケ地巡り Scene 3b:シカンドラ/インド - 映画を旅のいいわけに。

    『落下の王国』ロケ地巡り Scene 3b:シカンドラ...

    いつまで昨年のインドロケ地旅更新やってるんだという話ですがようやくラストです。『落下の王国』全世界ロケ地制覇の野望。忘れてはおりませぬ。というわけで、地道に回収。霊者のおしりぷりっとシーン。 ←説明手抜きすぎ。********************************************シーン3b:5人衆「霊者だかなんだか知らないけどさあ、戦いには使えないっしょ」霊者「うでっぷしも...

  13. ダージリン旅行記 ニューデリーからダージリンへ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 ニューデリーからダージリンへ

    ニューデリーで一泊して、翌朝出発です。マヤのママが朝ごはんを作ってくれた!マグカップにはもちろんチャイです。インドのお母さんはスパイスの調合を美味しさだけではなく、身体の健康面も考えているそうです。チャイが大好きなオーストラリア人が泊まっていて、マヤのママがチャイのスパイスについて朝から熱く語っていました。さすがアーユルヴェーダの根付く国!マンゴーが美味しすぎる。準備を済ませて出発!マヤがU...

  14. ダージリン旅行記 インドへ飛ぶ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    ダージリン旅行記 インドへ飛ぶ

    ナインアワーズをチェックアウトして成田空港第2ターミナルへ向かいます。と言っても目の前ですからね、ターミナル。チェックインカウンターで荷物をドロップして、チケット発券してもらいます。なん年くらい前だろう?昔は緑色の、ぶー厚い航空券を持ち歩いていましたが、今となってはチケットレスです。チェックインはただパスポートをはいーって出せばそれで発券してくれるのです。インドの場合、ビザが必要なのでビザを...

  15. 息子、無事に帰宅。 - グルグルつばめ食堂

    息子、無事に帰宅。

    息子とは、朝の7時50分に駅で無事に会うことが出来ました~(ほっ)携帯のない息子、携帯持っているけど充電が切れそうなもう一人。もう連絡も取れない状況の中、偶然にも大学側の先生の知人が同じ新幹線に乗っていたおかげで、助かりました~(滝涙)真夜中1時を過ぎても復旧の目処が立たない状況、トンネル内に取り残されていること、心配は同じでも、せめて様子がわかるのは有り難かったです。こちらは真夜中3時くら...

  16. 【募集開始】笑いヨガ・インド研修ツアー2018・1月 - ほしこさんの笑いヨガ・大阪&京都

    【募集開始】笑いヨガ・インド研修ツアー2018・1月

    こんにちは、笑いヨガのほしこさんことはやしさえです。来年2018年1月21日(日)〜30日(火)開催、笑いヨガ・インド研修ツアーの募集が始まりました。(株)レイラインさんのサイトにて募集行なっています。http://www.rayline.co.jp/laughteryoga201801/インターナショナルな場での学びはインドのみならず、様々な国の方との異文化交流の場となります。そして国は違...

  17. ジャイアン効果について - 行き先はSHANTI

    ジャイアン効果について

    前回のブログは、自分の鼻ピアスの話をしたのだけど、ちょっと違う見た目に対する、人々の反応についてもうひとつ。私は、初対面の人に、ちょっとびっくりされることが多い。やたらピアスが多いからか、変わった布とか巻いてたりすることもあるので私もちょっと変わった人と思われるんだろうな。ただ、そんなん今に始まったことじゃなく、もうずーっと長いことこうなのだ。自分なりの対処法が、あるにはある。ずいぶん前に、...

  18. うれしいインド土産。SAN-CHA、ahujasonsのストールなど - おみやげMYラブ ~ブログ版~

    うれしいインド土産。SAN-CHA、ahujasons...

    最近いろいろと、いいもの頂きました!こちらはSAN-CHAのお茶セット。インドの紅茶メーカーですが、インドにしては珍しくパッケージがかわいい★左のグリーンティーは、茶葉とスパイスが別の袋に入っていて、煮だした茶葉にスパイス+ナッツを入れて飲むらしい。右はマサラチャイ。これからの季節チャイ気分になります。それから、開封したとたん包装を見て旦那が「おおっ!!」と色めきたったこれ。ahujason...

  19. 『カラー版 インド・カレー紀行』辛島 昇、大村 次郷 - 1000日読書

    『カラー版 インド・カレー紀行』辛島 昇、大村 次郷

    前々から気になっていたが、トウガラシから、スパイスつながりで読むことにした。インドの料理は、北は小麦、南は米が多いが、それだけにとどまらない。そもそも「カレー」はどうやってできたのか?インドには「カレー」というものはない。北の乳製品(ギーやヨーグルト)と南の香辛料が出会って初めて現在のインド料理が出来上がった、と著者は言う。これは新鮮だ!ちなみにマレーシアやインドネシアの料理に欠かせない「サ...

  20. みんなちがってみんないい。 - 行き先はSHANTI

    みんなちがってみんないい。

    私は、鼻の横と下に、それぞれピアスをしています。ここは日本で、私は鼻に輪っかとかしてるから、まあしょうがないのだけど、よく二度見される。今朝、ホームで電車を待っていたら、血色のいい、ジャージにキャップ、みたいな格好のおじさんが、言いにくそうに、でも顔をまじまじ覗き込んで聞いてきた。「えっと、その鼻は、その鼻は、なんなんですか?」あまりに「超不思議だから聞いちゃった!」という悪気ない感じだった...

1 - 20 / 総件数:76 件

似ているタグ