ウィリエールのタグまとめ

ウィリエール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウィリエールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウィリエール」タグの記事(228)

  1. Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)目線⑥Mt.富士ヒルクライム編 - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)目線...

    Mt.富士ヒルクライムに参加したお話し。今回の相棒は「Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)」しなやかでありながら、登りで立ちこぎ(ダンシング)でもサクサク進んでくれました。年間走行距離12,000km(月間1,000km)を通勤メインで達成するには、継続的に乗り続けることが重要。疲れすぎると途切れてしまうので快適さが大切です。Zero(ゼロ)系やCento10(チェントディエチ...

  2. 今日のお仕事(配達中)④ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    今日のお仕事(配達中)④

    東永山園の「カワハラダサイクル」さんへ寄った時に納車前のウィリエールチェントディエチPROを見かけました~「大安」に引き取りに来られる予定!シルヴァン・シャバネルが乗っていた「ラマートカラー」に惚れ込んだお客様が注文した至極の一台です。52✖36Tのフロントチェンリングに男気を感じさせられますね!?いつか一緒に走りに行きましょう~これとは別に「カワハラダサイクル」のオリジナルジャージを作る話...

  3. 2020 ウィリエールニューモデル⑨ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル⑨

    ウィリエールのエントリークラスで最軽量アルミフレームは「3代目モンテグラッパ」です。10年以上前はアルミフレームの全盛期!スカンディウム製の「チームアル」は軽かったですね!?何十万円もする高級品でした(エントリークラスではありませんので除外)ちなみに「3代目モンテグラッパ」XSサイズで実測「1320g」です。(個体差は多少ありますので・・・)「4代目のモンテクワトロ」はサンプル段階でSサイズ...

  4. 2020 ウィリエールニューモデル⑧ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル⑧

    2020モデルで最注目の「Zero SLR」です!「Zero シリーズ」のディスクブレーキ仕様で完全なるレーシングモデルです。電動シフト&油圧ディスクブレーキ専用設計で、「トタル ディレクトエネルジー」がツールで使用するバイク~軽量モデルに位置付けされていながらリアルレースに投入できるのは、新しい「HUSーMOD カーボン」と「リキッド クリスタル ポリマー」を採用しているおかげなのです。「...

  5. チェントディエチ・プロ特別仕様 - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    チェントディエチ・プロ特別仕様

    チェントディエチ・プロのラマートカラーです。カタログには載っていない仕様なのです~イタリア本国でオーダーが通ってから一台ずつペイントする特別なフレームで納期も長く、価格もレギュラー仕様に比べるとかなりアップします~このフレームは展示会用に日本からオーダーしたもので、既に嫁入り先も決まっています~ラマートとクロームの切り返しが入荷ごとで微妙に違うから面白いですね?(同じ時もありますが)場合によ...

  6. お客様が~ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    お客様が~

    六月某日、服部産業本社にお客様が来られました~冬季オリンピック(平昌)ショートトラック競技 日本代表選手の渡邊啓太さんと記念撮影です。夏季のバイクトレーニングで「ウィリエール」に乗っている関係で訪問されました。1ヶ月の半分以上を合宿に費やしていて、少ない休日にショールームの見学&挨拶にお越しいただきました~普段トレーニングに使用しているバイクは「ゼロセッテ」、この次は「ゼロセーイ」に乗ってみ...

  7. 2020 ウィリエールニューモデル⑦ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル⑦

    Monte 4 (モンテ・クワトロ)の富士山「最終形態」です。ホイールをローハイトへモディファイしました!ペダルレスですが、実測「4655g」まで軽くなりました。もう少し軽くできる所はないか、現在考えている最中です~可能であれば「4.5kgアンダー」を達成できると真のアルミバイク最軽量といえるのではないでしょうか?@服部産業サイクリング部エントリーバイクでここまで頑張らなくても良いのでは?と...

  8. 2020 ウィリエールニューモデル⑥ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル⑥

    ウィリエールのエアロロードの定番である「チェントウノ・エアー」のニューカラーです。グロスブラックにホワイトのラインをデザインしたシンプルかつ力強さを感じさせられるカラーリングです。欧州では「チェントウノ・エアー」にアラバルダを組み合わせるのが流行っているようなので、展示してみました!本当にマッチしていますね!?これでけでかなりイメージが変わるせいか、新型フレームだと思われる方もいました。「チ...

  9. 2020 ウィリエールニューモデル⑤ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル⑤

    既に紹介しているMonte 4 (モンテ・クワトロ)です!前回は数量限定カラーのマットブラック/イエローでしたが、今回はレギュラーカラーのマットブラックです。画像のフレームは「Sサイズ」でシートチューブ長さは460mmになっています。サイズ展開はXS~XLまでの5種類を用意する予定、XXSサイズはありませんがXSサイズのシートチューブ長さが420mmに設定されているのでカバーできると思います...

  10. 2019年Mt富士ヒルクライムで見かけたウィリエール - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2019年Mt富士ヒルクライムで見かけたウィリエール

    2019年6月8日毎年出展している『Mt富士ヒルクライム』で見かけたウィリエールオーナーを紹介します。神奈川県から来られたCento10Airにお乗りの『アキタス』さんです。以前はウィリエールのグランツーリズモRに乗っていたが、レースでいい結果を出したいと購入を決めたそうです。富士ヒルクライムは初めてとのことですが、頑張ってください!

  11. Mt富士ヒルクライムに出展しています - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Mt富士ヒルクライムに出展しています

    6月8日山梨県富士吉田市の富士北麓公園にて『Mt富士ヒルクライム』に出展しています!朝の天気は濃い霧で回りが見えませんでした。8時30分には曇りながらたまに日差しも…雨だけはカンベンです~各メーカーも準備で忙しそうです。服部ブースでは新商品のバイクスタンドやスポーツバイクに取り付けれる籠の展示をしています!新型アルミロードバイク『モンテ4(クワトロ)』も展示していますョ!皆さん自慢のバイクで...

  12. 2020 ウィリエールニューモデル④ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル④

    クロモリ3兄弟、最後の一人(?)であるガスタルデッロ・フィレットです!ガスタルデッロ同様、ラグを使わずにパイプどうしを溶接する工法なのですが、溶接部(外側)にロウを盛り付けている「フィレットブレイジング」で作られています。パイプの細さと溶接部の滑らかさ(美しさ)が今までにないウィリエールの魅力を引き出させていますね。パイプは同じくコロンバス社の「CROMOR」ダブルバテッド管を使用していてい...

  13.  2020 ウィリエールニューモデル③ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル③

    ザフィーロと同じく2019モデルで「comming soon」になっていたクロモリ3兄弟の一人(?)であるガスタルデッロです!ラグを使わずにパイプどうしを溶接してる工法なのですが、一般的な「TIG溶接」ではなく、ロウをパイプの内部に盛り付けている特殊な「インターナルウエルディング」で作られています。パイプはコロンバス社の「CROMOR」ダブルバテッド管を使用していてヘッドパーツは1-1/8サ...

  14. 2020 ウィリエールニューモデル② - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル②

    2020ウィリエールで一番の自信作(?)Monte 4 (モンテ・クワトロ)です!エントリーモデルのアルミフレームロードバイクです!画像は数量限定のマットブラック/イエローです~フロントフォークは諸事情がございまして旧ゼロセッテの物をインストールしています。正規のフロントフォークと組み合わせてフレーム重量(小物なし)は1650gほどしかありません。これ以上の軽量化も検討したのですが、指で押し...

  15. 2020 ウィリエールニューモデル① - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    2020 ウィリエールニューモデル①

    2019の展示会で「cooming soon」になっていた、ラグドスティールモデルです。「ザフィーロ」というネーミングは日本で決めました~宝石のサファイヤをイメージした透き通ったブルーが自慢です~急遽、週末の「Mt.富士ヒルクライム」で実戦投入する事になりました!フレームはまだプロトタイプなのですが、ほぼ量産モデルと同じです~細かなスケルトンやパイプが異なるだけで、外観だけでは区別する事がで...

  16. HTRのニュープロダクツ テスト編 ① - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    HTRのニュープロダクツ テスト編 ①

    ウィリエールのマウンテンバイクです!101XBに3Tのルーテウスを装着したヒルクライムイベント参加用のスペシャル軽量バイクなのです!ポンプなど備品をすべて外すと7kg前半の軽さです!元々、27.5用フレームに26インチホイールを装着してあります。タイヤは超軽量の「Maxxlite 285 」を嵌めているのですが・・・長い間使用しているのでトレッドに傷や剥がれがあり補修して使っていてかなりの不...

  17. クロモリとアルミ  Mt.富士ヒルクライム編① - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    クロモリとアルミ Mt.富士ヒルクライム編①

    「クロモリとアルミ④」 からお読みください。こんなクロモリバイクでヒルクライムに参戦してみたいですね~と、書いてみたので丁度6月に「Mt.富士ヒルクライム」へテント出展する予定なので用意する事になりました。朝はいつもコーヒータイムから始まります~精神統一の時間です! コーヒーを飲んで一息ついたら気持ちが高まってきたので「クロモリフレーム」を出してきました~ヘッドパーツ、シートピン付きで実測「...

  18. 吉野大峰ヒルクライムで見かけたウィリエール - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    吉野大峰ヒルクライムで見かけたウィリエール

    5月12日奈良県吉野町の桜で有名な吉野山を舞台に熱いヒルクライム大会が行われました!総勢500人以上の参加です。第3回吉野大峰ヒルクライムで見かけたウィリエールオーナーを紹介します~兵庫県からモンテグラッパで出場の『マツオ』さんです。大学に入りスポーツバイクを始めて6年。初めてヒルクライム大会に参加されたそうです!今日は友達と2人で参加されていました。目標は完走すること!無事に完走しゴール地...

  19. 令和壱号? - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    令和壱号?

    新元号になって初めて「鍋谷峠」へ行ってきました~先月末まで通行止めになっていたせいと10連休という事で多くのサイクリストが走っていました!天気は良好です~去年の台風により倒木はまだ手付かずの状態ですね?地元父鬼町の方々は早く撤去を望んでいるのですが、道のりは遠そうです?(でもここの場所は和歌山側になるのかな?) という事で、早速ウィリエールオーナーに遭遇しました。堺市内に在住の「大城さん」で...

  20. Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)目線③ - 服部産業株式会社サイクリング部(2冊目)

    Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)目線③

    Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)に乗り始めてあわいちも経験し、走行距離は2,000kmを超えました~目指せ月間1,000km!NDR=New Dual Racing(ニューデュアルレーシング)数年でロードバイクでもディスクブレーキが当たり前になる?ディスクブレーキって今が「買い」なのかと聞くと、「??」同じフレームでキャリパー(ダイレクトマウント)とディスク(フラットマウン...

総件数:228 件

似ているタグ