ウィーンのタグまとめ

ウィーン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウィーンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウィーン」タグの記事(320)

  1. 森岡書店にてイベント - MARKTE DIARY

    森岡書店にてイベント

    「ウィーンこだわり旅ブック」の出版にあたり森岡書店でイベントをすることになりました。本の販売とウィーンで買い付けてきた雑貨も並びます。会期:2019年8月20(火)〜8月25日(日)時間:13時〜20時場所:森岡書店東京都中央区銀座1丁目28-15鈴木ビルまた、8月24日(土)14時から森岡書店の森岡さんと著者の塚本太朗のトークイベントを開催します。スペシャルゲストとして、一青窈さんがいらし...

  2. ウィーンガイドブック出ます - MARKTE DIARY

    ウィーンガイドブック出ます

    ついに完成しました、ウィーンのガイドブック!前回のウィーンガイドブックから10年経っていました。。できたてほやほやで、今のウィーンの見所がたくさん載っています。今年は、日本とオーストリアの国交樹立150周年にあたりたくさんのイベントや展覧会が開催されています。また、羽田からも直航便ができてよりアクセスしやすくなりました。ウィーンというとその歴史から、音楽やクラシックなカフェなど浮かびますがそ...

  3. ミュージカル『エリザベート』@シェーンブルン宮殿 - 小国での日々 第7章

    ミュージカル『エリザベート』@シェーンブルン宮殿

    ウィーンで生まれたミュージカル『エリザベート』実際にシシィ(エリザベートの愛称)の住んだシェーンブルン宮殿で公演されると聞いて行かないわけない!日本では宝塚版の「死神トートとシシィの恋愛劇」として普及されていると思いますが、”ウィーン版”は滅びゆくハプスブルク家と世界情勢を波乱万丈なシシィの人生を絡めて描くお話です。なので、(ハンガリー)民族独立運動食料(ミルク)を求めての市民革命ナチスの民...

  4. オペラ『アイーダ AIDA』@ウィーン国立歌劇場 - 小国での日々 第7章

    オペラ『アイーダ AIDA』@ウィーン国立歌劇場

    WIENER STAATSOPER ウィーン国立歌劇場オペラ「アイーダ AIDA」を観ました。古代エジプトで起こる、敵国エチオピアの姫とエジプト軍将軍との恋愛悲劇ですね。折しも、外はサハラ砂漠から上昇してきたヒートウェーブ内は古代エジプト、ナイル河の世界観”大陸”を存分に感じる!絢爛豪華な王道中の王道ともいえるオペラ「アイーダ」は期待通り素晴らしかったです。ぶっちゃけて言ってしまえばストーリ...

  5. 【欧州を列車移動】ウィーン→ブダペスト、列車に乗れないが何とかなる - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【欧州を列車移動】ウィーン→ブダペスト、列車に乗れない...

    荷物をウィーンのエアビーの家に置きっぱなしにし、ブダペストに1泊2日のミニ旅行に行くことにした。ちなみにブダペストは初めての訪問。ウィーンは空港も近いし、飛行機でも良いなと思ったけど、なんとなくヨーロッパならではの移動手段っぽいという理由で、電車で行くことにした。チケットはオーストリアの国営列車の会社″QBB”のHPで予約をした。そして旅行当日。ここで私はやってしまったのだが、駅の名前は『ウ...

  6. 【王室御用達のケーキ屋】カフェ スルーカ@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【王室御用達のケーキ屋】カフェ スルーカ@ウィーン

    王室御用達というカフェ『スルーカ』ケーキもおいしいが、奥のコンディトライの食事がボリューミーでおいしいらしい。1品選ぶと副菜を添えて持ってくれて、それだけで軽く1食分になってしまうくらいとのこと。本当はこれを目当てに行ったけど、何だかお腹が空かない。4月下旬だったけど、まるで夏のようになったウィーン。暑い。天気も良いし、シャルニガルデンと呼ばれるオープンカフェでケーキを食べてみる事にした。場...

  7. 【毎日無料でオルガンコンサート】聖ペーター教会のメディテーション@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【毎日無料でオルガンコンサート】聖ペーター教会のメディ...

    聖ペーター教会では、毎日15時から無料のオルガンメディテーション(コンサート)をやっている。ちなみに中はこういう感じ。15時になると、信者の方と合わせて、観光客の方がやってきてコンサートを聴きに来る。ちなみにオルガンはこちら。演奏曲リストももらえる。ヨーロッパの教会はオルガンがきれいに響くように作られているようで、音が上から降ってくるという表現がぴったりな音の響き方をしておりとても美しく、日...

  8. 【世界で最も美しいカフェ】ウィーン美術史美術館のカフェ@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【世界で最も美しいカフェ】ウィーン美術史美術館のカフェ...

    ウィーンの美術史博物館。世界の色々な美術館に比べると日本ではやや地味?な印象を勝手ながら持っていたが、コレクションが割と世界屈指なレベルで充実しており、ブリューゲルやフェルメールの絵などから彫刻や美術品など多数の美術品が展示してある。1人1700円。しかも建物も皇帝の命令で作られたそうで、ウィーンの美が集結したような美しい館内だけでも、1日見ていられるほど素敵な場所だった。まず入り口からすご...

  9. 【多分、優雅さウィーンで一番】カフェ インペリアル @ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【多分、優雅さウィーンで一番】カフェ インペリアル @...

    国賓も利用するという『ウィーンの迎賓館』と呼ばれているらしい、ホテルインペリアル。確かにたたずまいも何か違う。めちゃくちゃカジュアルなので入るのを憚られたが入ってみると、丁寧にあいさつをして席に通してくれた。ここではかつて皇帝に献上したという「インペリアルトルテ」を頂きに。これまた余裕な感じの店員さんが、絶妙なタイミングですっと現れ、注文を取っていく。周りのお客さん、観光客風の人もいるけど地...

  10. 【欧州最大】ショッピングモール『SCS Shopping Center Sued』@ウィーン郊外 - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【欧州最大】ショッピングモール『SCS Shoppin...

    シェーンブルン宮殿のカフェ・グロリエッテ に、行ってさて午後はどこ行こうかなと調べていたら、ここから40分くらいで欧州最大というショッピングモールに行けることが分かった。ドナウ川のそばやウィーン中央駅のモールは行ったことあるけど、欧州最大とはどの程度か…想像がつかない。なので、行ってみることにした。なので、グロリエッテ側の出口から出てバスに乗って、Meidling駅(U6)まで出る。この駅は...

  11. 【女王気分?】シェーンブルン宮殿にあるカフェ・グロリエッテ@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【女王気分?】シェーンブルン宮殿にあるカフェ・グロリエ...

    何となく遠いかなと思ってこれまで行ったことがなかったシェーンブルン宮殿。暇だったので行ってみることにした。遠いかな、と思ったけど地下鉄4号線(U4)のシェーンブルン駅(Schönbrunn)はKarsplatzから20分程度。そんなに遠くなかった。ちなみに帰りに分かったけど、グロリエッテ(丘の上)からも入れて、地下鉄6号線(U6)のマドリング駅(Meidling)から路線バスで2駅くらいでグ...

  12. 【1人飲みや夕飯にも◎】ウィーンのソーセージスタンドは食事代わりにも、立飲屋にもなって1食500円くらい - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【1人飲みや夕飯にも◎】ウィーンのソーセージスタンドは...

    ウィーンはソーセージが有名らしい。確かにドイツ近いもんね…。有名なのを知らなかった。地下鉄の駅を出たところ、トラムの駅が集まる町中、人が集まる至るところにウインナースタンドというウインナーを立ち食べできるキオスク的な店がある。大体400円~500円。デカいウインナーを1本食べられるので、それだけで日本人なら1食分くらい賄えちゃうのでは、と思う。食べ方としては、パンにはさむか、ウインナーそのも...

  13. 【200年前の姿を残すカフェ】シュペール@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【200年前の姿を残すカフェ】シュペール@ウィーン

    ウィーンのカフェ文化、一時モダンなカフェに押されて廃れかけた事もあったらしい。ただ、そこで一念発起したカフェの人たちが頑張り、ある時ウィーンのカフェ文化は世界無形文化遺産として認定され、そこから再び客足が戻るようになったそうだ。日本でも、色々なものが昭和~平成の時代に姿を変えたけれども、老舗として伝統や古いものを守り続けたり、お店やそのお店の調度品を大切に使い続けることで出る空気感や雰囲気は...

  14. Air BNB使って、ウィーンの知らないおっちゃん宅に14泊 - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    Air BNB使って、ウィーンの知らないおっちゃん宅に14泊

    14泊も泊まるとなると、ほぼ生活を維持出来る場所に泊まりたい。だからキッチンや冷蔵庫、洗濯機は必須。しかしドミトリーみたいに同じ部屋に常に人がいる、パーソナルスペースベッドだけ…みたいなところは、最近は2泊がもう限界。…というわけで、エアビーを使って宿を探してみたら、あるわあるわ。大丈夫?というくらい、ウィーンの宿代が安い。だいたい2000〜3000円台。場所もリンクと呼ばれる中心部のほぼ側...

  15. ウィーンの温泉、意外と良い!テルメウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    ウィーンの温泉、意外と良い!テルメウィーン

    実は温泉大国だというウィーン。ローマ時代からハンガリーと並んで、温泉保養地として親しまれていたそう。これは温泉好きとしては入っておかねば…ということで日本から調べて、必要道具一式を持ち込んで(結構かさばるが)ウィーン入りをした。ちなみにウィーンの温泉と日本の温泉の大きな違いは1)水着着用必須2)サウナは裸だけど、男女混浴まずは持ち物として、これを持ち込んだ。・水着と帽子・ビーチサンダル(これ...

  16. 【400円でオペラ】ウィーン国立歌劇団のオペラ、立ち見 観劇記 - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【400円でオペラ】ウィーン国立歌劇団のオペラ、立ち見...

    ウィーンのオペラ、何となく敷居が高くて手が出せなかった。なおオペラにめちゃくちゃ興味がある訳ではない。1度、新卒になったばかりのころ、経験…と思って渋谷のオーチャードホールで「カルメン」の海外公演をやっていたとき、1回だけ行ってみた。その時は何言ってるか分からない、遠いから見えない、周りの客層も渋い(失礼だろ)、音楽あんま興味ない、舞台セットの良さも今一つ分かんない…。と、まあ今ひとつハマら...

  17. 【個人的には世界一のチョコケーキ】デメルのアンナトルテ@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【個人的には世界一のチョコケーキ】デメルのアンナトルテ...

    ウィーンのスイーツといえば「ザッハトルテ」というチョコケーキが有名…だが、以前に2回ウィーンに行ったときは名物だからザッハトルテしか食べなかったけど、今回それ以外のケーキを色々食べたら(個人的には)ザッハトルテよりもおいしいケーキがいっぱいあったことに気付いた。いや、ザッハトルテは相変わらず好きなのだが、それをうわまった…というか、完全に個人的な好みがこっちのケーキだったってだけなのだが。そ...

  18. 【優雅だな…】ウィーン国立歌劇場『パルジファル』ボックス席 観劇記 - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【優雅だな…】ウィーン国立歌劇場『パルジファル』ボック...

    サロメを見たその日、オペラ座の空間・雰囲気に酔ってしまい、その日のうちに「ちゃんとした席で見たい!!」熱が一気に上昇。家に帰る道すがら、家に帰ってもオペラの席について色々急ピッチで調べ出しているわたしがいた。残り10日以上あるタイミングだったので、何を見よう…とラインアップを見てみる。もちろんこれまで色々とオペラを見ている訳ではないので、名前聞いた事あるくらい…みたいなのものばかり。その中で...

  19. 【クセが魅力的な店員】カフェ シュヴァルツェンブルク@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【クセが魅力的な店員】カフェ シュヴァルツェンブルク@...

    ウィーンにいると、普段どれだけ忙しく時間に追われていたんだろう…とか、何で色んな事を、自分に無理や我慢をしてまでやってるんだろう…と、気づかされることがある。ウィーンは、何となく店員さんも国全体も、無理をしない。だから客も平気で待たせるが、できる範囲のことを粛々とやっているだけなのでそれが生じるのは当たり前だ。それが当たり前だから、そうしたことを見越して、気長に客も対応している感じもある。カ...

  20. 【さすが音楽の都】楽友協会 黄金の間でパイプオルガンコンサート@ウィーン - サボリーマンOL、ほぼ1人で海外ふらふらした記

    【さすが音楽の都】楽友協会 黄金の間でパイプオルガンコ...

    楽友協会といえば、「ウィーンフィル」「ニューイヤーコンサート」「黄金の間」というイメージだった。そして多分、よほどのことがなければチケットが手に入らないと思っていた。だけど、意外と演目によっては、入れることを旅行して初めて知った。そして意外とそういう日が多かった。HPを見ていると回数が多いのは「モーツァルトオーケストラ」だ。有名な黄金の間で、モーツァルトの格好をした楽団員たちがヨハン・シュト...

総件数:320 件

似ているタグ