ウクライナのタグまとめ

ウクライナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウクライナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウクライナ」タグの記事(10)

  1. 6.マフノ叛乱は建設的な社会プログラムを持っていたのか? - ONLINEアナキズム

    6.マフノ叛乱は建設的な社会プログラムを持っていたのか?

    (アナキズムFAQより。原文は、http://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html#app6) 持っていた。マフノ叛乱はかなりのエネルギーと努力を費やし、自由社会がどのように創造され、運営されるべきかについて自分たちの思想を発展させ、宣伝し、説明していた。マイケル=マレが記しているように、「マフノ叛乱を主導していた人々は理想的な社会組織形態につ...

  2. 5.マフノ叛乱はどのように組織されていたのか? - ONLINEアナキズム

    5.マフノ叛乱はどのように組織されていたのか?

    (アナキズムFAQより。原文はhttp://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html#app5) マフノ叛乱は、アナキズム思想に影響を受け、リバータリアンの方針に沿って組織されていた。つまり、民間領域と軍事領域双方において自主管理が実践されたのである。このセクションでは、この運動の軍事組織について論じ、次のセクションで社会的側面について論じる。 自...

  3. 4.マフノ叛乱運動の概要はどのようなものか? - ONLINEアナキズム

    4.マフノ叛乱運動の概要はどのようなものか?

    (アナキズムFAQより。原文はhttp://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html#app4) FAQのこのセクションは1918年7月(マフノがウクライナに戻った時)から、遂にボルシェヴィキ軍に打ち負かされた1921年8月までの簡単な概要を示す。これは主として軍事史になる。この運動の社会・政治的側面はセクション6(理論)とセクション7(実践)で論...

  4. 3.何故、マフノは「バチコ」と呼ばれていたのか? - ONLINEアナキズム

    3.何故、マフノは「バチコ」と呼ばれていたのか?

    (アナキズムFAQより。原文はhttp://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html#app3) ネストル=マフノはこの運動で「バチコ」と呼ばれていた。ウクライナ語で「父親」の意味である。アルシノフはどのようにして、どのような情況でマフノがこの名を付けられたのか説明している。 マフノがウクライナの革命反乱の指導者として、「バチコ」と呼ばれるようにな...

  5. 2.何故この運動の名前はマフノに因んでいるのか? - ONLINEアナキズム

    2.何故この運動の名前はマフノに因んでいるのか?

    (アナキズムFAQより。原文はhttp://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html#app2) マフノ叛乱運動は正式には「ウクライナ革命叛乱軍」と呼ばれる。実際には、通常、「マフノ運動」(ロシア語で「マフノフシチナ」)もしくはマフノ叛乱運動と呼ばれる。当然ながら、トロツキーはこのことを大きく取り上げた。 マフノ運動の反人民的性格は、グリャイポーレ...

  6. 1.ネストル=マフノとは誰か? - ONLINEアナキズム

    1.ネストル=マフノとは誰か?

    (アナキズムFAQより。原文はhttp://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html#app1) マフノ叛乱運動は、この運動の始まりから重要な役割を果たしてきたウクライナのアナキスト、ネストル=マフノの名前にちなんで命名された。マフノフシチナは文字通り、マフノ運動を意味しており、彼の名は永遠にウクライナ南東部の革命と結びついているのである。では、マ...

  7. 何故マフノ叛乱運動はボルシェヴィズムの代案を示していたと言えるのか? - ONLINEアナキズム

    何故マフノ叛乱運動はボルシェヴィズムの代案を示していた...

    (アナキズムFAQより。原文はhttp://anarchism.pageabode.com/afaq/append46.html) ロシア革命におけるボルシェヴィキの行動をレーニン主義者が擁護する際のキーワードは、他に選択肢がなかったというものである。革命が獲得したものとロシアにおける革命賛同左翼をボルシェヴィキが攻撃が攻撃したのだと告発すると、白色テロル・ロシアの原始的状態と反動的農民・帝...

  8. ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(7) - HOME★9(ほめ・く)別館

    ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(7)

    5日目はキエフから黒海の街オデッサまで航空機での移動です。早朝にホテルを出発、キエフ空港からウクライナ航空に搭乗、約1時間でオデッサ空港に到着。オデッサはウクライナ最大の港湾を備え、ウクライナを代表する工業都市、リゾート地としても知られています。 ロシア帝国時代には黒海に面する港湾都市であるオデッサはロシア帝国と外国の経済・文化の交流の拠点となっていました。オデッサの名称は、この地に古代ギリ...

  9. ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(6) - HOME★9(ほめ・く)別館

    ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(6)

    キエフは東ヨーロッパ最古の都市であり、キリスト教の聖地でもあります。それだけに歴史的な教会や修道院が数多く存在します。キエフの中心部に立つのは聖ソフィア大聖堂。ウクライナ最初の中央政権国家キエフ・ルーシ最大の聖堂として1037年に建立されました。その後何度か修復を重ね、現在の姿になったのは1740年で、外部はウクライナ・バロック様式に塗り換えられています。1740年の修復の時に建てられた塔。...

  10. ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(5) - HOME★9(ほめ・く)別館

    ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(5)

    3日目の昼にベラルーシを出国、陸路でウクライナに入国。出入国審査は思ったよりスムースにゆき、2時間程度で済みました。ウクライナに入国して最初に感じたのは道路の違いです。ベラルーシに比べ道路の整備が悪いようで、バスがガタガタと音を立てています。ウクライナは最も標高の高い所で400m程度といいますから、国全体が真っ平なのです。先ずは昼食。ここもビールが安い。ミネラルウオーターと値段が変わらないの...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ