ウスイロオナガシジミのタグまとめ

ウスイロオナガシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウスイロオナガシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウスイロオナガシジミ」タグの記事(26)

  1. ウラミスジの開翅とオナガ3兄弟 - 蝶超天国

    ウラミスジの開翅とオナガ3兄弟

    7月24日つづき2つ目のポイントに到着すると・・・なんと・・知り合いがウラミスジシジミを撮影しているではありませんか。取り敢えず撮影させてもらいました。まさにピカピカの新鮮個体です。狙っていた開翅を待ちますが・・・なかなか開かず・・・・手っとり早くLEDを試すと見事に開翅・・・・??でも写真は不自然ですね。LEDをどかすと直ぐに閉じてしまい上手く行きませんでした。途中を飛ばして・・・・2回目...

  2. 雑木林のゼフたち - 蝶超天国

    雑木林のゼフたち

    7月24日予想では午後は確実に雨ですが・・・雨が持てばラッキーと思って賭けに出ました。この日はウラミスジシジミの開翅を狙ってゼフの雑木林に向かいました。早朝、現地に到着したころは・・・曇りで少し暗くて何頭か見失いました。少しずつ明るくなると・・・エゾミドリシジミが降りて来るのが確認できました。このエゾは口吻を出して・・笹の上でくるくる回っていました。エゾは♀ばかりですが・・そこそこの数が降り...

  3. 高原撮影第6弾、早くも遭遇、アサギマダラ(2020/07/22)群馬遠征①_1 - 里山便り

    高原撮影第6弾、早くも遭遇、アサギマダラ(2020...

    今回の出動は、今期初 「RanRan-KM隊」です。勿論隊長は「暖蝶寒鳥撮り師」の 'Tkd彡' です。最新鋭の車の試運転をかね、お声がけを頂いた。いつもの 'Sit彡' もご一緒です。ピッカピカの新車に同乗、ピッカピカの蝶も撮れました。..........POTD.........ご自慢とはいかなかったのですが、いきなり遭遇です。------...

  4. ウスイロオナガシジミの開翅ラッシュ - 蝶超天国

    ウスイロオナガシジミの開翅ラッシュ

    7月18日雨の予報でしたがこの日を逃すと新鮮な個体に出会えないと思い・・・ウスイロオナガシジミなどを狙ってミズナラの多い雑木林に行きました。早朝現地に到着すると雨もほぼ上がり絶好の天候になりました。まずは♀が開翅してくれたこの日一番のシーンです。雨上がりの笹の上に降りて来た個体ですが・・・他の個体も全て縁毛も翅表も翅裏も(序に水玉も)メチャクチャ綺麗です。朝一番に戻り・・・6時前はシャッター...

  5. 鳴呼ぁ!! 今回ゼフィルス証拠撮り(2020/07/12)群馬遠征①_1 - 里山便り

    鳴呼ぁ!! 今回ゼフィルス証拠撮り(2020/07/...

    ここの所毎日天気予報とにらめっこ。自宅前のフィールドさえ出向けない有様だった。近場の "ミニ遠征" でさえも、出向いては見たものの途中で天気が変わり、引き返す日々が続いていた。そんな中、また今回も 'maximiechanさん' に同行、'高原のゼフィルス' を楽しむ機会を戴いた。現場では 'cactussさん&#03...

  6. 再び高原へ - 不思議の森の迷い人

    再び高原へ

    そして一週間後、再び高原に集合しました。今日のメンバーはNAGUさんご夫妻、Yさん、私の4人です。Yさんと私は最寄り駅でNAGUさんの車に便乗させていただきました。お陰様でバスで行くより40分は早く着きます。長靴に履き替え、さっそくミドリシジミを探します。ミドリシジミの仲間を何頭か見ましたが、その中で1頭だけが低い位置に留っていました。アイノミドリシジミです。林の中で、スポットライトのように...

  7. ウスイロオナガシジミ札幌ゼフの旅(その2) - 蝶のいる風景blog

    ウスイロオナガシジミ札幌ゼフの旅(その2)

    日本列島に前線がでんと居座って大雨の被害が出ている。札幌もその影響を受け、あまり天気が良くない。2日目の8日も天気が悪かった。昨年は晴天続きでゼフィルスが乱舞していたというが、やっぱりツキの問題か。ホテルで朝食を摂って8時に市内の公園に行ってみた。メスアカミドリシジミが多いというが曇り空ではまったく飛ばなかった。しばらく探索して札幌郊外の沢に行ってみた。気温15度、強い風が吹いていてさすがに...

  8. ウスイロとエゾの越冬卵 - 蝶超天国

    ウスイロとエゾの越冬卵

    1月25日例年なら雪深くて行けないような場所も今年は雪が殆どないようなので・・・早起きして山地性のゼフ卵を探しに行きました。雪がない暖冬とは言え・・・現地の気温は氷点下で周りでは霧氷も見られました。今回の狙いはミズナラの枝に産卵するエゾミドリとウスイロオナガです。両種は殆ど同じような場所に産卵するため一挙両得と行きたいところです。まず、見つけたのはエゾミドリシジミです。このようなミズナラの日...

  9. ゴマシジミ - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ゴマシジミ

    撮影日2019年8月13日 ゴマシジミのシーズンですが連日の猛暑で撮影に行くのをためらっていました。とはいえ、ほぼ毎年会いに行ってきたので今年も思い切って西の青いゴマシジミに会いに行ってきました。早朝にポイントに着くといつもの場所の足元に1♂1♀とまっています。あとは、朝陽が当たれば翅を開くはず。勝利を確信していました。ただ、陽が差すと一気に気温が上がるのでワンチャンスと思いスタンバイし...

  10. ウスイロオナガの開翅と翅裏比較 - 蝶超天国

    ウスイロオナガの開翅と翅裏比較

    7月20日昨夜から小雨が降り続き・・・空が明るくなっても小雨が・・・こんな天気では・・・と困っていたら何とか雨は止んでくれました。この日の一番の狙いはウスイロオナガシジミです。竿を伸ばして枝に立てかけただけなのに・・・・いきなり飛び出しました。とても新鮮な個体です。その後も次々と・・・(少し言い過ぎです)どれも新鮮な個体です。これは標準的な翅裏模様ですが、気にしてみると個体差が面白いです。開...

  11. ウスイロオナガシジミ - 風任せ自由人

    ウスイロオナガシジミ

    最近4回のゼフ探索で4回とも見つかったのはウスイロオナガシジミ。1回目の時に撮影したウスイロオナガシジミは「ゼフ三昧」の記事で既に紹介済み。2回目はメスアカミドリシジミの雌(未掲載)などとの出会いがあった高原で、最後の最後まで残った3人の前に舞い降りてきてくれた個体。3回目は霧雨も降るような悪条件の中での探蝶で撮影した個体。この日は数匹のウスイロオナガシジミが見つかったが、ここに掲載するのは...

  12. 広島県のその他ゼフ等(2019/06/16) - Sky Palace -butterfly garden- II

    広島県のその他ゼフ等(2019/06/16)

    その他、ヒロオビミドリシジミのポイントで撮影したチョウたちを紹介します。このポイントはウスイロオナガシジミが5,6頭出てきました。あまりまとまって見られない種なので、ここは珍しく多産地なのでしょう。■ウスイロオナガシジミAntigius butleriウラナミアカシジミも多く見られました。逆にアカシジミは1頭遠くで見たのみ。■ウラナミアカシジミJaponica saepestriataここも...

  13. ゼフ三昧 - 風任せ自由人

    ゼフ三昧

    薄曇りという天気予報を信じ、それなら早朝からでなくても大丈夫だろうと、いつもだったら早朝に到着するように出かけるカシワの林に5時半頃の出発で出かけた。途中、青空が広がっている場所もあってちょっと焦ったが、8時頃到着した現地は期待通りの薄曇りだった。このポイントを訪れたのは何年かぶりだったが、カシワの木も含めて林がかなり切り開かれて畑が広がっていた。それでも、ちょうどゼフの適期だったようで、多...

  14. ジョウザンミドリシジミ・ハヤシミドリシジミ他 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ジョウザンミドリシジミ・ハヤシミドリシジミ他

    撮影日2019年6月29日とうとう梅雨入りしました。天気予報では撮影予定のゼフィルスポイントは雨時々雲。テリ張は望めなくても、雨の止み間にたたき出しで楽しめるかもと行ってきました。昼前に最初のポイントに到着。このポイントの狙いはミズナラ系ゼフィルスとまだ綺麗な写真が撮れていないウスイロオナガシジミ。最初に降りてきたのは、たぶんエゾミドリシジミの♀次は念願のウスイロオナガシジミ少し離れたゼフの...

  15. 三度目の始発電車で - 不思議の森の迷い人

    三度目の始発電車で

    私にとって一番活動する時期は5月下旬から7月下旬の2ヶ月です。そして今シーズン3度目の始発電車に乗ることになったのです。オオミドリシジミを見に行った日に、神奈川のYさんから日帰り遠征のお話を伺いお供させていただいたのです。そして、初めて見るチョウセンアカシジミです。発生してからだいぶ日にちが経っているようで翅の鱗粉はかなり剥がれてしまっています。”アカシジミ”という色には見えません。トネリコ...

  16. 2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(5)ウスイロオナガシジミ2018.7.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(5)ウス...

    2018.7.3(続き)前日と同じメスアカミドリシジミのポイントに着くと、青空が見え始める。まだ薄暗い中、すぐに1頭が飛んで来て翅を拡げるが距離は遠い。一度姿を消すが、日が当たり始めるとすぐ戻ってきた。日の当たる場所が増えるにつれ近くにもやってきたが、頭の向きが問題。遠くても頭がこちら向きだと4翅とも輝く。が、トリミングすると解像度がまるで不足。やっと、距離5~6mでも翅を拡げるものの、前日...

  17. 岩手遠征-2 ゼフィルス - オヤヂのご近所仲間日記

    岩手遠征-2 ゼフィルス

    ■今回岩手の遠征で出会えたゼフィルスたち今回の目的の二つ目はゼフィルス撮影。日本には25種のゼフィルスが生息しているのですが、改めて過去出会えた種類を思い出してみると、恐らく10種に満たない位かと。デジタルカメラを持った2012年頃は、昆虫なら何でも撮影していて、美しいゼフィルスも機会を見ては行ける範囲で撮影。ただ次第にトンボ中心になってしまい、今ではご近所のミドリシジミ位(でも今季は冬の卵...

  18. 3週続けての同じ東京都の山でハヤシミドリシジミ他色々観察〜2018年6月17日、6月24日、7月2日 - 蝶・花・山~自然の色使い

    3週続けての同じ東京都の山でハヤシミドリシジミ他色々観...

    それ以前にあまり満足なオオミドリシジミが見られなかったので、東京都の山に向かったのが6月17日。6月20日に風邪(?)で倒れ、酷く腹を壊したため23日までまともに食事ができていないまま、復帰のリハビリとして登った6月24日。(体が水分の吸収能力が落ちていたのか、結局昼過ぎに熱中症でダウン。現地で会った蝶友さんに車で最寄り駅まで送ってもらってしまった。)前週にハヤシミドリシジミが発生しているの...

  19. ジョウザンミドリシジミ磐梯山麓で - 蝶のいる風景blog

    ジョウザンミドリシジミ磐梯山麓で

    土曜、日曜と磐梯山麓に行って来た。妻、息子夫婦の4人の蝶の旅である。あまり無理は出来ないので、金曜日の夜車で出発、宇都宮で前泊し、福島に向かった。ゼフィルスの採集が目的で蝶友のUさんにポイント情報を事前に教えて頂いた。午前6時にポイントに着いた。しかし、有名ポイントとあって既にT屋の採集ツアーのネットマンが6人、その他の採集者数人と主なところは採集者が陣取り、肩身の狭い撮影となった。ちょうど...

  20. ヒロオビミドリとウスイロオナガ - チョウ!お気に入り

    ヒロオビミドリとウスイロオナガ

    西方面に足を向けます。ヒロオビミドリを狙いますがこの日、降りてくるのは♀ばかりでした。すごすごと帰る途中、車道の横に立派なナラガシワが有ったので車を停めしばらく観察してみました。ヒロオビミドリの♂もいるようで卍巴飛翔をしていました。高いところを何度も長い時間絡んでいました。残念ながら止る姿はほとんど見られず止っても開翅はしないという状況でした。それでも元気なヒロオビミドリの姿を確認することが...

総件数:26 件

似ているタグ